香水の有名ブランド18選と代表作品30選【レディース・メンズ】

香水の有名ブランド18選と代表作品30選【レディース・メンズ】

香水デビューを考えている人、大事な人やお世話になった人にプレゼントを考えている人、今までとは違った種類を試してみたい人。でもブランドがたくさんあるから、どれにしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、香水の有名ブランド18選とそれぞれの代表的な30作品(レディース・メンズ)を網羅しました。まだ試したことがないブランドや見落としていたものがないか、是非チェックしてみてくださいね。

  1. クロエ
    1. 【レディース】クロエ オードパルファム
    2. 【レディース】ローズ ド クロエ
  2. ブルガリ
    1. 【メンズ】ブルガリ プールオム
    2. 【レディース】オムニア クリスタリン
  3. シャネル
    1. 【レディース】チャンス オー タンドゥル
    2. 【メンズ】ブルー ドゥ シャネル
  4. クリスチャン・ディオール
    1. 【レディース】ミスディオール ブルーミングブーケ
    2. 【レディース】ジャドール
  5. カルバンクライン
    1. 【ユニセックス】ck one(シーケーワン)
    2. 【ユニセックス】ck  be(シーケービー)
  6. エルメス
    1. 【ユニセックス】ナイルの庭
    2. 【ユニセックス】李氏の庭
    3. 【ユニセックス】ヴォヤージュ ドゥ エルメス
  7. ジバンシィ
    1. 【メンズ】アンサンセ ウルトラマリン
    2. 【レディース】プチサンボン
  8. ランバン
    1. 【レディース】エクラ・ドゥ・アルページュ
    2. 【レディース】マリー・ミー!
  9. ランコム
    1. 【レディース】ミラク
    2. 【レディース】トレゾァ
  10. ドルチェ&ガッバーナ
    1. 【レディース】ライトブルー
  11. サルヴァトーレ・フェラガモ
    1. 【レディース】インカントチャーム
  12. グッチ
    1. 【レディース】ラッシュ2
  13. ジルスチュアート
    1. 【レディース】リラックス オード ホワイトフローラル
  14. イヴ・サンローラン
    1. 【レディース】モン パリ(MON PARIS)
  15. サムライ(SAMOURAI)・サムライウーマン(samourai woman)
    1. 【メンズ】サムライ
    2. 【レディース】サムライ ウーマン01
  16. アナスイ(Anna Sui)
    1. 【レディース】アナスイ オードトワレ
  17. ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
    1. 【レディース】ローズ・デ・ヴァン(Rose des Vents)
    2. 【レディース】ルジュール・スレーヴ(Le Jour Se Lève)
  18. ティファニー(TIFFANY&Co.)
    1. 【レディース】ティファニーオードパルファム
  19. さいごに

クロエ

クロエ

フランスの人気ファッションブランド「クロエ」。ここから発表されている香水はとってもフェミニン。「モテ香水」「愛されフレグランス」と呼び声高く、清楚で上品なフレグランスで女性の魅力をこれでもかと引き出してくれます。

【レディース】クロエ オードパルファム

単に「クロエ」と言ったら、この「クロエ オードパルファム」のことを指すほど、ブランドの顔となっています。@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門では2009年・2010年と連続1位、2011年には殿堂入りをするほどの実績があります。

清楚さと可愛らしさを表現できる女性らしいふわっとしたフレグランス。きつくないので初心者にもおすすめ。

  • トップノート…ピオニー・ライチ・フリージア
  • ミドルノート…マグノリア・ローズ・リリーオブバレー
  • ラストノート…ムスク・アンバー・シダーウッド

【レディース】ローズ ド クロエ

爽やかで上品なローズのフレグランス。それはまるで花束を抱えたよう。ローズフローラルで大人の女性を演出できます。嫌味な感じはなく、いろんな場面に対応できる使いやすさも好評です。

  • トップノート…ベルガモット・タラゴン・ライチ
  • ミドルノート…ダマスクローズ・マグノリア・シダー
  • ラストノート…ホワイトムスク・アンバー

ブルガリ

ブルガリ

ローマの宝石商から始まった、イタリアを代表する有名ブランド「ブルガリ」。腕時計や眼鏡のフレームそしてフレグランスと幅広く展開。今ではリゾートホテルの経営をするほどに。

ハズレがないとまで言われるほどの評価をされており、特にメンズは「モテる男の必須アイテム」と言われるほど。女性でも使えるのも人気の理由ひとつでしょう。

【メンズ】ブルガリ プールオム

メンズでありながら愛用者の半分近くが女性という、まさに万人受けを実現したブルガリを代表する作品。腕時計の「BVLGARI-BVLGARI」をモチーフにしているボトルがエレガントさを表現しています。

1995年発売にも関わらず、2003年から2007年にかけて@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門で5位以内に入賞するほどです。

透明感ある爽やかさに始まって、そのあとは優雅なフローラルに。スパイシーさもありながら、最後は温かみのある心地よさへと移っていきます。

  • トップノート…ダージリンティー・ベルガモット・オレンジフラワー・ブラックカラント・ウォーターリリー・ミュゲ
  • ミドルノート…トルコカルダモン・ペッパー・ローズウッド・イリス・グァヤックウッド
  • ラストノート…ムスク・クリアアンバー

【レディース】オムニア クリスタリン

透明感あふれる、それはアジアの女性の純粋さを表したもの。宝石のように輝くそのボトルは無限を表しています。苦手な人でも使いやすいさっぱりとしたフレグランスです。

瑞々しいトップノートに始まり、甘さを感じるフローラルとリラックスできる上品なミドルノート、そしてラストは温かみとちょっと官能的な雰囲気に。

さっぱりとした嫌味のない香りは、男性が付けても魅力的。

  • トップノート…シトラス・梨・竹
  • ミドルノート…蓮の花・白芍薬・スズラン
  • ラストノート…バルサウッド・サンダルウッド・アンバー・ムスク

シャネル

シャネル

1910年にパリで始まった帽子屋さんがスタートのブランド。それまで女性が縛られていた社会通念を取り払った革新的な発想のファッションで、世界に大きな影響を与えました。シャネル自身が美しい人だったこともあり本人が広告塔になることも。現在のテレビやネットに出る社長のはしりとも言えますね。

「香水を付けない女性に未来はない」と強気なプロモーションをするくらいのシャネル。それだけ自信をもっておくられる作品は、どれも魅力を最大限に引き出してくれる上質なフレグランス。

【レディース】チャンス オー タンドゥル

自分でチャンスをつかみ取る、ポジティブに生きる女性のためにつくられたフレグランス。丸みを帯びた可愛らしいボトル。もちろん香りも素晴らしく、@cosmeでは2011年から上位に入賞し続けるほどの実力です。

甘く優しく香るフルーティとフローラルでふんわりとしたフェミニン感があります。キラキラとした透明感がありロマンティックな雰囲気に。

変化の少ないシングルノート。グレープフルーツ・マルメロ・ジャスミン・ホワイトムスクなどが含まれています。

【メンズ】ブルー ドゥ シャネル

誰かの期待のために生きるのではなく、自分らしく自由に生きる男を表現したフレグランス。2010年発売当初はそれほど評価されてはいませんでしたが、女性受けがいいということが評判になりました。

レモンやオレンジのシトラスにペッパーなどがスパイシーに加わり、ちょっと苦みも感じるトップノート。ミドルノートではジャスミンのアロマティックな芳香。ラストノートではサンダルウッドなどウッディで男性的な魅力を演出します。

  • トップノート…レモン・オレンジ・グレープフルーツ・ピンクペッパー・ペパーミント・ナツメグ
  • ミドルノート…シダー・ドライノート・ベチバー・ジンジャー・ジャスミン
  • ラストノート…パチュリ・フランキンセンス・サンダルウッド・ラブダナム

クリスチャン・ディオール

クリスチャン・ディオール

1946年設立のフランスを代表するファッションブランド「クリスチャン・ディオール」。「ディオール」の名で親しまれていますね。戦後間もない時期に、女性に優雅さと美を再発見してもらいたいという思いで手掛けてきたデザインは「ニュールック」と呼ばれました。。

美を強く意識しているブランドならではの、上品でエレガントな女の子らしいフレグランスが展開されています。

【レディース】ミスディオール ブルーミングブーケ

「幸せを運ぶフレグランス」とまで呼ばれる、女性から絶大な支持を得ています。@cosmeで2015年・2016年とベストフレグランス1位を獲得するほど。

名前が表すと通り、ブーケが咲き誇っている様子を表現した、上品で優しいフローラル。

瑞々しいフルーティなトップノートに始まり、ミドルノートではフェミニンなフローラルが広がります。ラストノートではホワイトムスクやパチュリで可憐で清々しい印象に。甘さだけで女の子らしさを出すのに飽きてしまった人におすすめ。

  • トップノート…マンダリン・ベルガモット
  • ミドルノート…ピオニー・ローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク・パチュリ

【レディース】ジャドール

フランス語で、大好きという気持ちを表す言葉の「ジャドール」。ボトルは女性的な曲線でとてもエレガント。色々な花のフレグランスを組み合わせて作った、想像上の花を表現したエモーショナルフローラルで愛らしさを表現しています。年代を問わず使いやすいです。

フルーティな甘さを持ったトップノートから、次第に豊かなフローラルのミドルノートへと変化します。ラストノートでも甘さを漂わせながら優しく包み込みます。

  • トップノート…マンダリン・アイビーリーフ・チャムパックフラワー
  • ミドルノート…オーキッド・ローズ・バイオレット
  • ラストノート…ダマスカスプラム・ボアドゥアマラント・ブラックベリームスク

カルバンクライン

カルバンクライン

アメリカのファッションブランド「カルバンクライン」。洗練されながらも使いやすく、世界的にロングセラーの香水を発表しています。使いやすくてもありきたりにならない「ひねり」があるのが特徴。

【ユニセックス】ck one(シーケーワン)

FiFi賞で2010年に殿堂入りするほど世界的に有名。ユニセックスフレグランスのパイオニア、デビューがシーケーワンだった人は男女問わず多いのではないでしょうか。

フルーティな瑞々しさから始まるトップノートに、甘さを纏ったフローラルのミドルノートが続きます。ラストノートではセクシーさもあります。嫌味もなくいろんなシーンで使える、優秀な逸品。

  • トップノート…ベルガモット・カルダモン・パパイヤ
  • ミドルノート…へディオン・バイオレット
  • ラストノート…ムスク・アンバー

【ユニセックス】ck  be(シーケービー)

シーケービーよりもセクシーさが増して、若干メンズ寄りになった印象。とはいえ抑えめなので女性でも安心して使えます。

スパイシーさのあるフルーティなトップノートに、甘さがあるフローラルのミドルノート。ラストノートでは温かみのある大人な色気を演出。シーケーワンと両方を持っていて気分で使い分けている人もいるほどヘビーユーザーから定評があります。

  • トップノート…ベルガモット・ジュニパーベリー・ミント
  • ミドルノート…マグノリア・ピーチ・ラベンダー
  • ラストノート…オポポナックス・トンカビーン・サンダルウッド・ホワイトムスク

エルメス

エルメス

世界中の女性のあこがれとも言われるイタリアブランド「エルメス」。ジュエリーやバッグなどが人気ですね。ハイブランドだからこそできる高級感で、デキる大人を演出してくれます。

気高い雰囲気を出しながらも使いやすく、周りに馴染むけれどもちゃんとした存在感を表す洗練されたフレグランスを提供してくれます。

【ユニセックス】ナイルの庭

「庭園のフレグランス」の中で一番人気。名前の通りナイル川にある庭園をイメージしたフルーティ&グリーンなフレグランス。ユニセックスで男女ともに使いやすくなっています。

日本人に馴染みやすく、甘さ控えめでTPOを気にせず使えます。

  • トップノート…グリーンマンゴー・ロータスフラワー、など
  • ミドルノート…イグサ・シカモウッド、など
  • ラストノート…インセンス・シクラメンウッド、など

【ユニセックス】李氏の庭

「庭園のフレグランス」シリーズの第5作目。調香師ジャン=クロード・エレナ氏が実際に訪れた中国の庭園と、彼が思い描く想像上の庭を重ねたフレグランスです。「李」が中国でポピュラーな姓であることからこの名前になったとか。

FiFi賞ではメンズ部門とレディース部門の両方で大賞を受賞。青みがあるグリーンシトラスに始まり、徐々にジャスミンを感じながらムスクに優しく包まれます。

使われている香料は、ジャスミン・ムスクの他、キンカン・ミントなど。

【ユニセックス】ヴォヤージュ ドゥ エルメス

ジバンシィ

ジバンシィ

オードリー・ヘップバーンも愛したブランド「ジバンシィ」

エレガントでありながら一般にも使いやすい衣類を作った「モードの神童」ジバンシィ。香水も同様にエレガントさを演出する上質なものばかりです。

【メンズ】アンサンセ ウルトラマリン

1995年発売で当時の若者に大流行、今もなお愛されているロングセラー。クールで何ごとにも束縛されない自由な男性を描いています。マリンノート・ブルーフレグランスというジャンルを開拓した、時代に残る名香です。

爽快感や透明感にはじまり、甘さを感じさせながらも男性的な力強さを演出。ですがそれほど強いメンズ感ではないので、甘々が苦手という女性の使用者も多いのが特徴。

  • トップノート…ベルガモット・ウォーターフルーツ・ガルバナム・シクラメン
  • ミドルノート…ミント・ローズ・カルダモン・マダガスカルクローブ・セージ
  • ラストノート…シダー・オークモス・ベチバー・ムスク

【レディース】プチサンボン

フランス・パリの高級子供服ブランド『タルティーヌ・ショコラ』とコラボしてつくられた、世界初のベビー用香水。アルコールフリーで肌に優しく、爽やかな清潔感が評価され、若い女性を中心に大人気になりました。

トップノートはシトラスノートに少し苦みがある印象。続くミドルノートでは柔らかく優しいフローラル。ラストノートでは癒しが包み込んでくれます。

  • トップノート…オレンジ・ビターオレンジ・シシリアンレモン・ミント
  • ミドルノート…ジャスミン・スズラン・ハニーサックル
  • ラストノート…西洋スギ・ムスク・オークモス・ガルバナム

ランバン

ランバン

1899年創業のフランスのファッションブランド「ランバン」

愛情を表現するフレグランスで、恋愛に効く・結婚に導くとされています。ふんわりとしたさりげないフレグランスで男性受けも良く、元祖モテ香水のブランド。

【レディース】エクラ・ドゥ・アルページュ

@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門で2005年から上位に入り続け、2014年に殿堂入りしている、絶大な人気を誇るフレグランス。丸みを帯びた可愛らしいボトルも女性受けがいいです。

近づいた時、すれ違ったときなどにほのかに香ってくる、柔らかくて上品なフレグランス。

グリーンとシトラスノートに少し甘さのあるトップノート始まり、ミドルノートではフローラルが顔を出します。ラストノートではウッディが優しく包み込みます。

  • トップノート…シシリアンレモンリーブス・グリーン・ライラック
  • ミドルノート…リアブロッサム・グリーンティーリーブス・ピーチブロッサム・レッドピオニー
  • ラストノート…ホワイトシダーウッド・スイートムスク・アンバー

【レディース】マリー・ミー!

名前の通り、結婚を引き寄せるとして若い女性を中心に支持されているフレグランス。可愛らしいピンクが柔らかい印象を与えてくれます。おまじないとして持っている人も多いです。

透明感あるジューシーなトップノートに、甘酸っぱさを感じるフローラルのミドルノート。ラストノートは上品で控えめな印象に。

  • トップノート…ビターオレンジ・ホワイトピーチ・フリージアブーケ
  • ミドルノート…サンバックジャスミンアブソリュート・マグノリアブリーズ・ローズペタル
  • ラストノート…ホワイトシダー・ビブラントアンバー・ムスクベール

ランコム

ランコム

1935年にスタートしたブランド「ランコム」。「エコール ランコム」という、ランコム独自の美容大使を育成する学校をつくり、多くの人材を輩出してきました。それだけ「美」にこだわりぬいた「色気のある香水」として、知的でセクシーな魅力を演出してくれます。

【レディース】ミラク

「ミラク」は英語で言うところの「ミラクル」にあたる言葉。フレッシュな印象で、まさに軌跡を起こしてくれるような、前向きにさせてくれるフレグランスです。

@cosmeで2004年と2005年のベストコスメ大賞フレグランス部門で第1位を取るほどの実力。

爽やかなフルーティのトップノートに、甘酸っぱいフローラルに少しスパイシーさが加わるミドルノート。このスパイシーさで、さらにフレッシュさが際立ちます。ラストノートではフローラルがブレンドし、大人の可愛らしさを思わせるフェミニンに。

  • トップノート…ライチ・フリージア
  • ミドルノート…マグノリア・ジンジャー・ペッパー
  • ラストノート…ジャスミン・アンバー・ムスク

【レディース】トレゾァ

90年代を代表する名香のひとつ「トレゾァ」。「トレゾァ」は英語の「トレジャー」に当たる言葉で、まさに宝物のような高貴な香りとエレガントな見た目。アルコールフリーなのもうれしいですね。

ローズとピーチからなる華やかで気品があるトップノート。ミドルノートでは優雅なフローラル。ラストノートでは落ち着いた中にも大人の色気が感じられます。

  • トップノート…ローズ・アプリコットブロッサム・ライラック・ピーチ
  • ミドルノート…イリス・ヘリオトロープ・ミュゲ・ジャスミン
  • ラストノート…サンダルウッド・アンバー・ムスク・バニラ

ドルチェ&ガッバーナ

ドルチェ&ガッバーナ

ドルガバの相性でお馴染みの、イタリアを代表する高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」。スタイリッシュなデザインの時計や財布などを出しています。

洗練されたエレガントなファッション同様に気品あふれる作品を展開し、世界中で人気を博しています。

【レディース】ライトブルー

ドルガバと言えばライトブルー、というほど定着しています。初心者にも使いやすい爽やかなフレグランスは、「迷ったときは、これを付けていれば問題ない」と評判です。

男性でも使いやすいユニセックスタイプ。フレッシュな石鹸のフレグランスが万人受けします。

フレッシュなトップノートに始まり、甘さのあるフローラルへと続きます。ラストノートではムスクとウッディの深みのある印象に。

  • トップノート…シチリアンシトロン・ブルーベル
  • ミドルノート…ジャスミン・バンブー・ホワイトローズ
  • ラストノート…シダーウッド・アンバー・ムスク

サルヴァトーレ・フェラガモ

サルヴァトーレ・フェラガモ

イタリアを代表するトータルファッションブランド、通称「フェラガモ」。始まりは靴職人だっただけあって、見た目と使いやすさにこだわった作品を多く出しています。初心者にも使いやすい癖のないフレグランス。

【レディース】インカントチャーム

有名な彫刻家セルジュ・マンソー氏による、可愛らしさとエレガントさが同居したボトルデザイン。香りは甘いフローラルでとっても女性的。@cosmeで2006年から2010年まで3位以内に入賞。2008年には1位を獲得しているほど。仕事でもプライベートでも使えます。

清々しい印象から始まり、次第にフローラルが出てきて、ちょっとしたセクシーさも顔を出します。最後には柔らかくまとまっていきます。

  • トップノート…ハニーサックル・パッションフルーツ
  • ミドルノート…ジャスミン・オスマンローズ
  • ラストノート…アミリスウッド・ムスク

グッチ

グッチ

1921年にイタリア・フィレンツェで革製品店をオープンしたことが始まりのブランド。創業者グッチオ・グッチの名前からとった「G」を2つ使ったロゴ。デザイナーの名前からロゴを取るのは、このグッチが世界初。このことから「ブランドの元祖」とも呼ばれています。

香水はオフィスでも邪魔になりにくい爽やかさが特徴的。ボトルもシンプルでありながら洗練されたデザイン。好き嫌いもなく、プレゼントにもおすすめ。

【レディース】ラッシュ2

少女っぽさを感じながらも、大人の女性をイメージさせるセクシーさ、そんな神秘的なフレグランス。透明感があって、普段使いしやすいです。

フルーティなトップノート。ミドルノートではフローラルへと変わり、清楚な印象。ラストノートでは深みのあるセクシーさが垣間見えます。

  • トップノート…ナルシス・スズラン・パームウッド
  • ミドルノート…ローズ・フリージア・ガーデニア
  • ラストノート…カシス・ムスク・オークモス

ジルスチュアート

ジルスチュアート

1993年に設立された若いブランド。少女のような透明感と大人のエレガントさを感じさせるオシャレなボトル。ふんわりとした印象で纏った女性をより可愛らしくみせるフェミニンなフレグランス。

【レディース】リラックス オード ホワイトフローラル

@cosmeベストコスメアワードのベストフレグランス部門において2014年に1位、2015年に3位、2017年に2位を獲得、ジルスチュアートの人気No.1です。

甘くて爽やかでフェミニンな印象。強くないので会社学校でも周りに不快感を与えずに使えます。

爽やかなフルーティなトップノートに続き、アロマティックなフローラルが広がるミドルノート。ラストノートでは心落ち着くリラックスできるムスキーな印象に。香調としてはアロマティックフローラルブーケとなります。

イヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン

フランスを代表するファッションブランド「イヴ・サンローラン」

可愛らしくて洗練されたボトルと女性の魅力を引き出す魅惑的なフレグランスが特徴的。

【レディース】モン パリ(MON PARIS)

これまでのシプレー系レディース香水とは一線を画す、ベリー系の甘さでフェミニンな印象を演出します。

ベリー系のトップノートに続いてミドルノートではフローラルの甘さがブレンド。ラストノートでは落ち着きのある大人の官能的な印象に。

  • トップノート…ストロベリー・ラズベリー・ベルガモット・ペアー
  • ミドルノート…オレンジフラワー・ジャスミンサンバック・ホワイトピオニー・ダチュラ
  • ラストノート…パチュリ・ホワイトムスク・アンバー

サムライ(SAMOURAI)・サムライウーマン(samourai woman)

フランスの俳優アラン・ドロンが、日本の侍にインスピレーションを得て開発したメンズフレグランスシリーズ「サムライ」と、その女性バージョンの「サムライウーマン」

男性用のサムライは、武士の礼服である裃(かみしも)をイメージしたボトル。青色も武士の持つ、高貴で清廉潔白なイメージを連想させます。

サムライウーマンは、曲線美がありながらも、大和撫子を思わせるしっかりとした構えのボトル。芯の通った凛とした立ち姿ですね。

【メンズ】サムライ

爽やか系の王道。メンズランキングでも常に名前が上がる定番中の定番で、女性受けも抜群。

トップノートは上品なフローラルで始まり、ミドルノートでペッパーなどのスパイシーさで爽やかさが出てきます。ラストノートはサンダルウッドなどの落ち着いた雰囲気とバニラなどの甘さで、セクシーさを奏でます。

スパイシーですがメンズ感が強く出てこないので、女性の愛用者もいるユニセックス寄りのフレグランスです。

  • トップノート…ジャスミン・ローズ・ヘスペデリック
  • ミドルノート…レッドペッパー・タラゴン・シダーウッド
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・バニラ・ムスク

【レディース】サムライ ウーマン01

一大ブームとなった「サムライウーマン オードトワレ」のリニューアルバージョン。

フレッシュなフルーティノートに始まり、ミドルノートでは女性らしさを感じさせるフローラルが出てきます。ラストノートでは温かみのある落ち着いた雰囲気に。甘さもありますが女の子らしさを出すものではなく、爽やかで凛とした大人を思わせます。

  • トップノート…グレープフルーツ・タンジェリン。カルダモン・グリーンティー・ベルガモット
  • ミドルノート…ミモザ・ジャスミン・ローズ・イランイラン・ピーチ
  • ラストノート…シダーウッド・サンダルウッド・ムスク

アナスイ(Anna Sui)

1980年に、中国系アメリカ人のアナスイによってアメリカで誕生したファッションブランド。ファッションにアジアンテイストを取り入れたパイオニア的存在です。

日本には1997年に表参道に進出。瞬く間に若い女性を中心に話題になり、芸能人やモデルにも愛用者が多く出ました。

【レディース】アナスイ オードトワレ

個性的なボトルが特徴的。甘くてロマンティックでありながら、どこか挑発的な小悪魔的な芳香。ファッション同様にアナスイの個性を出しているフレグランスです。

爽やかなフルーティなトップノートから、ミドルノートでは優雅なフローラルへ。ラストノートでは落ち着いた雰囲気が神秘的な魅力を醸し出します。

  • トップノート…ベルガモット・ラズベリー・アプリコット
  • ミドルノート…ローズ・スズラン・ジャスミン
  • ラストノート…シダーウッド・サンダルウッド・パウダリートンカ

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

1854年に設立されたフランスのファッションブランドで、元々の始まりは世界初の旅行鞄の専門店です。ルイ・ヴィトン自身も鞄職人であり、また荷造り職人でもありました。

創業者がそういった経歴の持ち主のため、同ブランドの製品は旅人の気持ちに寄り添った展開をしてきました。そして2016年には旅をテーマにしたフレグランスコレクション「レ・パルファン ルイ・ヴィトン(Les Parfums Louis Vuitton)」がスタート。

このコレクションは70年ぶりに発表されたフレグランスで、調香は世界三大調香師の一人、ジャック・キャバリエによるもの。はじめは7作品で始まりましたが2018年10月現在14作品が展開されています。

【レディース】ローズ・デ・ヴァン(Rose des Vents)

ブルガリア・トルコ、そしてジャック・キャバリエの出身地であるグラース。この3つの産地のローズをメインに、イリス・シダー・ペッパーなどを組み合わせたフレグランス。

はじめはフルーティさもあって可愛らしいですが、パウダリーやスパイシーが利いてくることで、優しくもあり、またキリッと引き締まった印象も出る、高級感ある作品。3種類のローズを使っているのに重々しくならないのもさすが。

名前の「ローズ・デ・ヴァン」は英語の「ウィンドローズ」で日本語の「風配図」を意味します。風配図とはある場所での風の向きと強さを示したもので、昔は方角を知るために使われていました。旅をテーマにしているコレクションらしいネーミングですね。

【レディース】ルジュール・スレーヴ(Le Jour Se Lève)

2018年3月に新たにコレクションに加わった作品。メインになるのはジャック・キャバリエが「奇跡とも呼べる果実」と評価しているマンダリンです。その他にはサンバックジャスミン・キンモクセイ・ブラックカラントなどが使われています。

トップノートではマンダリンのフレッシュさがはじけて、ふさぎ込んでいた気持ちも吹き飛ばしてくれそう。次第にシトラスは弱まりフローラルへと変化。甘さはスッキリとしているのですが、ラストノートになるとムスクっぽさも出てきます。

ルジュール・スレーヴは夜明け」という意味。夜から朝に変わっていく、その明るい日差しの様子をマンダリンのフレッシュさを使って表現しているのでしょうか。新たな旅路への出発を元気にづけてくれる爽やかな香りです。

ティファニー(TIFFANY&Co.)

言わずと知れた世界的有名ジュエリーブランド、『TIFFANY&Co.』

【レディース】ティファニーオードパルファム

約15年ぶりに発表されたティファニーの新作。

トップノートでは躍動感あふれるマンダリンが香り立ちます。その後続くミドルノートでは、ティファニーの代名詞「アイリスの花」が上品に漂います。ラストノートでは、パチュリ・ムスクが心地よく包み込みます。

力強くて女性的、それでいて官能的な洗練された香りです。

  • 香調:フローラル ムスク調
  • トップノート…ヴェール ドゥ マンダリン
  • ミドルノート…ノーブルアイリス
  • ラストノート…パチュリ・ムスク

さいごに

今回は香水の有名ブランドとそれぞれの代表的な作品をレディース・メンズに分けて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

いままで見落としていたり、チェックできてなかったものは見つかりましたか?これを機にまだ試したことがないブランドにもぜひチャレンジしてみて下さいね!

併せてこちらもチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました