アメリカブランド『エリザベスアーデン』を代表する人気の香水10選!

『エリザベスアーデン』を代表する人気の香水10選!

誰からも好感を持たれる、使いやすい香水を探している人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなブランドが「エリザベスアーデン(Elizabeth Arden)」です。

エリザベスアーデンというとあまりにも有名なフレグランス『グリーンティー』をイメージする人も多いかと思いますが、実はそれ以外にもいろんなタイプを展開しているんですよ。ということで今回は、エリザベスアーデンを代表する人気の香水を厳選して紹介したいと思います。

爽やかさと癒しのある香りで、女性からも男性からも好印象を持たれること間違いなし!軽やかで嫌味がなくTPOを気にせず使えるので、香水慣れしていない人にもおすすめです。

性別の区分はレディースとなっていますが、グリーンティーシリーズは甘さが抑えられていて爽やかさがあるため「男性でも使いやすい」という声が多く、ユニセックスな傾向です。なので男性もチェックして下さいね。

なお、エリザベスアーデンはアメリカを代表する化粧品ブランドで、香水と同じ香りを採用したボディクリームなども展開し、そちらも大人気となっていますので併せて紹介していきます。



グリーンティー

「エリザベスアーデンと言えばグリーンティー」というイメージができているくらいの、ブランドを代表する一番人気作品。自然の素材を12種類も使っていて、とてもナチュラルで使いやすくなっています。日本においては「ヒーリング系の定番」と言われるほどの大ヒットを記録しました。

レディースですがメンズにも使いやすいと評判で、「ユニセックスで使えるフレグランス」としてもお馴染みです。

  • トップノート…ベルガモット・レモン・オレンジ・ペパーミント
  • ミドルノート…グリーンティー・ルバーブ・ジャスミン・セロリシード・カーネーション
  • ラストノート…オークモス・アンバー・ムスク

柑橘系の清涼感あるトップノートに始まり、ミドルノートではグリーンティーのさっぱりとした雰囲気にフローラルやスパイシーも加わることで引き締まった印象に。ラストノートではリラックスできる、深みと優しさに包まれます。

リフレッシュできるほどの爽やかさで、女性だけでなく男性からも人気。さりげなく自然に付けれる香りなので、強い香水が苦手な人はもちろんのこと、初心者にもおすすめです。シーンに関係なく使えて好感度も高いので、学校や会社にも問題なく付けて行けます。

なお、このグリーンティーのボディクリームも大人気製品となっています。体臭が気になる夏はもちろん、お肌の乾燥しやすい秋冬におすすめです。

グリーンティーの口コミ

「彼女が使っている香水のひとつです。たまに「付けてみる?」といろんなものを渡してくるのですが、唯一付けてみて気に入ったのが、エリザベスアーデンのグリーンティーです。さっぱりとしていてわざとらしくないお茶系の香りで、リフレッシュ&リラックスできる感じ。これだったら付けている自分も不快感がありません。」
「とっても爽やかな、好印象を与えるいい匂いです。ユニセックスで使えるレディースらしいので彼氏にも試しに付けてもらいました。香水はそんなに好きではない彼氏でも、付けていて嫌じゃないということだったので、とても使いやすい万人受けするタイプだと思います。匂いも強くないので食事の時に邪魔にならないし、使い勝手がいいです。」
「柑橘系のフレッシュさで始まる清潔感。会社に付けて行っていますが、周りに邪魔にならない軽やかさです。紅茶のようないい匂いで、社内はもちろんのこと営業先からも褒めてもらったことが何回もあります。夏場でも使いやすいのがいいですね。」

グリーンティー リバイタライズ

2006年に発売された、「グリーンティー」のシリーズ。オリジナルの「グリーンティー」を残しながら、さらに爽やかさが強くなった作品となっています。

  • トップノート…ジューシーマンダリン・スウィートブラッドオレンジ・レモングラス・ウォーターミント
  • ミドルノート…クリスバンブー・グリーンティー・ロータスフラワー・京都のマグノリア
  • ラストノート…フルイドムスク・ホワイトパーチ・ホワイトモス

シトラスとミントによるキリッとした清涼感あるトップノートから、ミドルノートではグリーンとフローラルでスッキリさと癒し。ラストノートでは甘さもある穏やかさに包まれます。グリーン系の爽快感があるので、こちらもユニセックスな傾向があるようです。

グリーンティー リバイタライズの口コミ

「ノーマルのグリーンティーよりも爽やかですね。好き嫌いはあるでしょうけれど、私はこちらの方が気に入っています。持続時間はオードトワレなので短めですが、その分仕事の休憩中に付け直すことになりますが、それが逆に気分転換にちょうどいいです。グリーンなのでどことなくメンズ要素もあり、リバイタライズもユニセックスで使えるのではないでしょうか。」
「シトラス系が強めに出て、すっきりさっぱりとしています。名前の通りに元気を取り戻させてくれる生き生きとした印象で、夏の暑い時期に大活躍しています。ちょっと苦みがあるのでグリーンティーよりはやや男性的かも。ミドルあたりでお茶っぽいところが出てきて、癒される雰囲気は同じですね。」
「友達に、普通のグリーンティーに爽やかさと苦みを加えた感じ、と言われたのですが、私の肌では甘さが少し強めに出てきてしまうようです。といっても嫌じゃありません。上品な中に甘さがあって好感持たれると思います。ただ、私の期待とはちょっと違ったので主人にあげました。主人は仕事中にリフレッシュしたいときに嗅いでいるそうです。」

グリーンティー チェリーブロッサム

2012年に発売された、「グリーンティー」のシリーズ。咲き誇る桜の下で花見を楽しむ日本の文化。桜がきらめくわずかな時間を大切にする日本人の美意識にインスパイアされた作品です。パッケージとボトルには桜と思われる花が描かれています。

  • トップノート…シアーベルガモット・スパークリングレモン・グリーンティー
  • ミドルノート…グリーンティーリーブス・チェリーブロッサム
  • ラストノート…チェリーツリーバーグ・アンジェリカムスク・ホワイトバーチ・モス

シトラス調にどこかアロマティックな雰囲気もあるトップノートに始まり、グリーンが混ざったフローラルに、少しパウダリーな甘さもあるミドルノートへと続きます。ラストノートでは優しい温かさに包まれます。

グリーンティー チェリーブロッサムの口コミ

「大好きなグリーンティーに桜のバージョンもあると知って思わず購入してしまいました。よくよく考えたら桜の匂いを良く知らない(笑)でも桜を知らなくても楽しめる上品ないい匂いです。お花の中に葉っぱのような青っぽいところもバランスよく混ざっています。あとグリーンティーに比べるとちょっと甘さがあるかな。」
「柑橘系のさっぱりしたあとに、甘さのあるフローラルが出てきます。これだけだったら好みにどストライクだったのですが、青っぽい草が私には強く出てしまって、ちょっと微妙な感じ。花のはかなさを演出しているのかフローラルがちょっと弱いかな。草があまり出ないように体温が低めなところに付ければ、それなりにいい感じでした。サクラの花というよりは花が咲いている草原のようだというのが感想ですね。」
「お花の香りがする中にどこか和風な優しい温かさを感じました。いかにもサクラではないのですが甘さのある可愛らしいフローラル。そこにお茶の爽やかな香りも加わって透明感ある上品な印象。嫌味もなくて軽やかなので香水デビューの人でも気軽に使えそうですし、会社などでも周りに迷惑になることもないと思います。」

グリーンティー ユズ

2014年に発売された、「グリーンティー」のシリーズ。グリーンティーとユズの爽やかさで心を癒してくれます。パッケージとボトルには、葉っぱだけでなく柚子の果実の断面図も描かれています。そして漢字で「柚子」の文字も描かれていて、シリーズの中でも印象的なデザインとなっています。

  • トップノート…ユズの果汁・ベルガモット・レモン・グリーンティーアコード・レモンツリープチグラン
  • ミドルノート…ユズの実・ワイルドタイム・スペアミント・ブラックカラント・チュニジア産ネロリ・グリーンティーの葉
  • ラストノート…ムスク・ホワイトパーチ・アンバー

ユズがほんのり香る透明感あるグリーンシトラスのトップノート。ミドルノートでもユズ、ハーバルでちょっとクールな香りが出てきます。ラストノートでは落ち着いた中にもどこか色気のある官能さを演出。

グリーンティー ユズの口コミ

「ほのかな柚子を感じることができて、とても気に入っています。甘さもあるけれどしつこくないし上品、万人受けするものだと思います。会社に付けて行っていますが、周りからも好評です。香水が苦手な男友達からも褒めてもらえたので、苦手な人は少ないのではないでしょうか。」
「思ったよりもユズが香らなかったので期待外れです。もっと「ユズ!!」って言うくらいあるのかと思っていましたが、そんなに前面に出てこなかった。匂い体はいい匂いで、柑橘系の爽やかさでリフレッシュできるし、嗅いで不快に思う人はいないんじゃないかな。持続も短いので、今は気分転換用のルームフレグランス的に使っています。」
「レギュラーのグリーンティーが無くなりそうだったので買おうとしたときに、箱の「柚子」の文字に惹かれて購入。爽やかな甘酸っぱい柚子で、レギュラーとはまた違ったリフレッシュ感があります。友達に見せたところ、「柚子」と書かれているのがダサいと言われてしまってちょっとショックでしたけど。」

サンフラワー

名前の通り、夏のヒマワリをイメージした明るく元気な印象。陽気で生き生きとした雰囲気を表現しています。ヒマワリの花が大きく描かれている箱も目を引きますね。

  • トップノート…ベルガモット・メロン・ピーチ
  • ミドルノート…ジャスミン・シクラメン・ティーローズ・オスマンサス
  • ラストノート…サンダルウッド・ムスク・モス

元気いっぱいな活発さを表現するフルーティなトップノート。ミドルノートではフローラルが甘さのある清々しいフローラルに。ラストノートでは心落ち着く、まるで日向ぼっこをしてくつろいでいるかのよう。

サンフラワーの口コミ

「まさに夏にピッタリな、甘酸っぱさがあるすっきりとした香り。元気のあるガーリーな活発さがあってとても気に入っています。嫌味がなく使いやすくて、プライベートでも会社でも大丈夫。女友達からも褒めてもらえています。」
「心地よい爽やかさに、若々しい印象。だけど子供っぽさはなくて大人です。夏っぽいフルーティな甘さだけど、夏以外の季節でも使えそう。ちょっと瓜っぽさもあるけれど、アクアティックはそれほど感じませんでした。」
「爽やかで明るく、そこにやさしさも同居しています。本当にヒマワリが似合いそうな、夏でも元気よく活発な女の人っていう感じ。どこか心安らぐ気もします。甘ったるくはないので会社に付けて行っても問題なさそう。男友達から褒めてもらえているので男性受けもいい方だと思います。」



フィフスアベニュー

エリザベスアーデンの最初のサロンができたニューヨーク5番街をイメージした作品。ちょっと都会的で知的な雰囲気のある仕上がりとなっています。

  • トップノート…ライラック・菩提樹の花・マグノリア・スズラン・マンダリン・ベルガモット
  • ミドルノート…ブルガリアンローズ・バイオレット・イランイラン・ジャスミン・インディアンチュベローズ・ピーチ・クローブ・ナツメグ
  • ラストノート…アンバー・ムスク・サンダルウッド・イリス・バニラ

フローラルとフルーティが香り、しなやかでエレガントなフェミニンさ。そこに少しスパイシーな部分がアクセントを加えることで、知的でクールな印象も醸し出します。ニューヨークを闊歩する都会はビューティーといったところでしょうか。

フィフスアベニューの口コミ

「ふんわりとした上品さで、大人の女性を思わせるフローラル。甘いだけじゃない落ち着いた雰囲気。品があるので会社につけていっても周りに不快な思いをさせる心配はないと思います。年代的には若い世代よりはちょっとキャリアを積んだ世代の方が似合う気がします。」
「高級石鹸のような上質な清潔感もありながら、どこか魅惑的な女性の魅力もあります。あからさまな色気を振りまいている感じではなくて、デキる女から出てくるイイ女感。使う場面は仕事場だけじゃなくてデートのときにも似合うと思います。」
「甘めだけれども品があって、いかにも女を強調した甘ったるさはありません。男友達から「これだったら大丈夫。仕事ができるっぽい」と言ってもらえたので、比較的万人受けする方ではないでしょうか。さっそく会社に付けて行ったら、そこでも「仕事ができる人っぽい」と言われました。褒めてくれているのでしょうけれど、普段どれだけ仕事ができないと思われているのやら…。」

スプレンダー

透明感あるライトな付け心地で、TPOに関係なく使える万人受けする香り。清楚と官能を備えた女性を演出するフローラル。ヨーロッパではフローラルの定番として人気なんだとか。

  • トップノート…スイートピー・ウィステリア(藤)・ヒヤシンス・ホワイトピオニー・フリージア
  • ミドルノート…スイレン・ジャスミン・マグノリア・ローズ・ポピー
  • ラストノート…ローズウッド・サンダルウッド・ホワイトムスク・アンバー

トップノートは可愛らしい印象のフローラルで始まり、それがミドルノートになるとちょっと大人な雰囲気も出てくるフローラルへと変化。ラストノートはふんわりとした甘さも感じられます。

スプレンダーの口コミ

「女性らしいお花の香り。最初は可愛らしいけれども、だんだんとフレッシュさも出てきて品があります。お値段のわりに安っぽくならないのもいいですね。鼻につく感じもないのでとっても使いやすいです。会社でエレベーターの中で一緒になった人に褒めてもらえたので、密室内でも迷惑にならずにすむようです。」
「世間的にはエリザベスアーデンと言ったらグリーンティーの方だと思いますが、私の場合はスプレンダーです。どちらもいい香りですが、スプレンダーの方が気持ちが安らぐ気がします。柔らかく優しく香ってくるフローラルが私の好み。透明感あるすっきりとした中に色気もあって、旦那も気に入ってくれています。」
「清楚なお嬢さんが花束を抱えているような、清潔感・透明感、そして適度なフローラルです。誰かが「フローラルの定番」と言っていたのですが、わかる気がします。フェミニンな部分を出せるけれど、甘ったるくならないので、どこか凛とした大人の魅力も出せます。嫌味のない爽やかさなので使いやすいのもいいですね。」

レッドドア

エリザベス・アーデンのサロン一号店。真っ赤な扉が印象的なことから、「レッドドア」の愛称で呼ばれるこの由緒あるサロンは、今も尚ハイソの御用達として親しまれています。

89年に発売の、このレッドドアの名を冠した今作は、その重厚で優美な佇まいを見事に香りで表現したフローラル・フローラルの高品質な香り。

レッドローズワイルドバイオレットジャスミンユリオーキッド(蘭)フリージアイランイランプラムピーチムスクハニーなどの数多くの貴重な成分が、落ち着いた甘さを築き上げます。

アントールド オー フレッシュ

2015年に発売されたレディス香水。アントールド(はてしない)というネーミングのこの作品は、すっきりとしたクリアなシトラス・フローラル・ムスキーの香調がベース。

トップはホワイト・ティーマンダリンペア(洋ナシ)など。ミドルはリリー・オブ・ザ・ヴァレイ(スズラン)オレンジ・ブロッサムフリージアなど。ラストはカシミア・ウッドベチバームスクなど。

とても透明感のあるシトラス・フローラル系の作品で、プライヴェートなシーンでマルチ・ユースできる、便利なアイテムといえそうです。

オールウェイズレッド ファム

2016年に発売されたレディス香水。香りは、マイルドでチャーミングなフルーティー・フローラルの香調がベース。

トップはブラックカラントレモングリーン・ペア(洋ナシ)など。ミドルはピーチ・ブロッサムリリー・オブ・ザ・ヴァレイ(スズラン)ダヴァナ・フラワージャスミンなど。ラストはパチョリオークモスシダーウッドバニラなど。

オーソドックスなフルーティー・フローラル・バニリックのトーンで、ソフィスティケートされた品のよさが、アーデンらしいイメージです。

まとめ

今回はアメリカの化粧品ブランド「エリザベスアーデン(Elizabeth Arden)」の香水を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。爽やかで男女問わず好感持たれる香水が多く展開されているのがエリザベスアーデンの魅力ですね。

価格帯がお手頃なものが多いところも人気の理由。手にしやすい価格ですが安っぽくないですし、ありきたりな印象にならないのも嬉しいですね。

何を付ければいいか迷ったときのために、手堅く『グリーンティー』を抑えておくのもおすすめですが、あえて使っている人が少ない香水で、さりげなく周りと差別化してみるのもいいかもしれませんね。