スポンサーリンク

「ジャスミンの香りが好き!」そんな男女におすすめの香水とは?

「ジャスミンの香りが好き!」そんな男女におすすめの香水とは?

ジャスミンの香りが好きな女性は多いのではないでしょうか。「香りの王様」と呼ばれるほどの存在感があって、それでいて色々なフレグランスと相性も良いので、たくさんの香水に使用されています。

その香りは女性の魅力を存分にアピールしてくれると言われているほど。かのクレオパトラも愛したんだとか。

この記事では、そんなジャスミンが使われているおすすめの香水を厳選して紹介していきたいと思います。メインはレディースになりますが、メンズ・ユニセックスで使えるものも、記事の最後に紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。


ジャスミンが使われているおすすめのレディース香水

それでは、おすすめの香水をみていきましょう。男性が使っても違和感ないものも多いので、レディースであってもユニセックスとして使えるかと思います。

ブルガリ『モン ジャスミンノワール オー エキスキーズ』

ブルガリらしい高貴なフローラル。初夏の頃の新緑にインスパイアされた作品。

  • 香調:フローラル、ウッディフレッシュ
  • トップノート…ピンクポメロ・フレッシュグリーンアーモンド
  • ミドルノート…グランディフローラムジャスミン・ホワイトティージャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク・ディライトフルウッズ

トップノートで若干柑橘系っぽい感じが出ますが、それほど強くありません。ミドルノートでフローラルが出てきて、ラストノートで、ウッディ・ムスクが出ます。爽やかでくどくない芳香です。全体を通してまろやかで優しい印象。レディースですが甘さもそれほど強くないので男性でも使えます。

ブルガリの香水に対して、「いかにもブルガリ」といった独特な癖のイメージを持っている人が多いようですが、そういう先入観的がある人でも使いやすい。そんな口コミを挙げている人が多いのが特徴です。

甘さも強くない、さっぱり系の軽いフレグランスなので夏をメインにした春~秋向けですが、「冬でもあり。」と寒い時期でも大丈夫という人が多いのも特徴です。

逆に甘さがそれほどでもない分、「甘さのあるフェミニンな感じ」を期待している人には物足りないかもしれません。系統としてはフェミニンやセクシーではなく、安らぎある雰囲気のタイプです。

持続時間は短めで3~4時間くらいでしょうか。アトマイザーで持ち運んでいる人も多くいます。

ボトルの形状も特徴的でかわいいと好評。黒いリボンも◎。グリーンカラーが爽やかさと合っていてイメージ通りです。

モン ジャスミンノワール オー エキスキーズの口コミ

甘いものが苦手で、ローズ系は持っているので、それ以外のものを探している、とBAさんに相談した時に勧められました。爽やかで上品。甘さもあるもののくどくなくていい。気に入っています。(30代女性)
男ですが使っています。さわやか・さっぱりといった感じでオフィスでも浮きません。嫁も気に入っていて、私のものをたまに使っています。甘さがないのが気に入っているそうです。(30代男性)
持続時間は短めですね。朝付けて出社して、お昼休憩時に付け直すのがデフォです。その分強く自己主張しないのでとても気軽に使えます。汎用性が高くていいです。(20代女性)
セクシーとはまた違った路線で、男性にアプローチできる。私と一緒にいると安らぐ、みたいな。落ち着いた大人の品がある感じとでもいうんですかね。(20代女性)
ナイルの庭に似ている感じですが、こちらの方が瑞々しいフローラルノートですね。ナイルはフルーティーといった感じでしょうか。ジャスミンがやっぱり気に入りました。(30代女性)

爽やかという印象を受けた内容の口コミが多く挙がっていました。好みの差はあるものの比較的万人受けするタイプで、ユニセックスで使える作品と言えます。癖もなく使いやすい印象です。

アランドロン『サムライウーマン ブルージャスミン』

「幸せの青い鳥」というお話があるように、「青」は幸せを表す色。それと「愛の花」ジャスミンを合わせたネーミング。実際にはこの花は存在しないようですが、だからこそ幸せのイメージを無限に膨らませることができる、高貴なフローラルになるのです。

  • 香調:アロマティック、フローラル
  • トップノート…ジャスミン・フローズンレモン・ガーデニア
  • ミドルノート…ブルージャスミン(想像上の花)・ローズ・ミュゲ・アクアティックブリーズ
  • ラストノート…クリスタルムスク・シダーウッド

トップノートはレモンなどで爽やかな印象。ミドルノートで透明感のあるフローラルが包み込みます。ラストノートでは落ち着きのある優しいフェミニンな印象をクリスタルムスクから受けます。

「女性らしい」「女の子っぽい」との印象を受ける口コミも多くありましたが、「ユニセックスっぽい」「男性でも使える」とユニセックスであることを思わせる口コミもそれなりにありました。

甘さも「ミドルから際立ってくる」という人もいますが、全体的には「甘すぎない甘さ」レベル。きつくないので万人受けすると思われます。

ひとつ気になるとすれば「それほどジャスミンを感じない」人がそれなりにいたところです。しっかりと感じることを期待しすぎると物足りない可能性が高そうです。

基本的には爽やかなフローラルなので、夏など暑い時期向けです。香りの持続時間は短いという人が多く、アトマイザーを使用している人も多かったです。

ボトル形状はサムライウーマンのまま、名前と同じくブルーのカラーリング。中央には花が付いています。ボトルデザインが気に入っている人も多くいました。

サムライウーマン ブルージャスミンの口コミ

上品な甘さのフローラルで、職場でも邪魔にならないです。ナチュラルなので香水初心者の方でも使えるのではないでしょうか。(20代女性)
トップノートでツンとくるものが苦手なので、そう思わないものを探していたところ、紹介されました。これは柔らかくて大丈夫でした。(20代女性)
彼氏にいい匂いって褒められちゃいました。男友達にもいいねって言われます。男子受けはいいんじゃないかな。女子からも爽やかって褒められます。(10代女性)
私の肌ではジャスミンはあんまり感じず、ちょっとアクア系な印象を受けました。ですが香り自体はとてもいいです。甘さもあるけどしつこくないです。(30代女性)
エクラドゥアルページュに似ていると思いました。でも、あちらは合わなかったんですが、こちらは大丈夫でした。相性って面白いですね。(30代女性)

透明感がある爽やかなフローラルなのですが、人によってアクア系に感じてしまう傾向もあるようです。その分ジャスミンをあまり感じない人もいるようです。もちろんしっかり感じている人もいますので、付け方を工夫してみるといいかもしれません。

ラブパスポート『シェリー ジャスミン』

吉川ひなのさんがプロデュースのブランド「ラブパスポート」から、夏向けの香水として登場。爽やかで使いやすく、汗をかく夏場でも嫌な臭いになることなく使えます。水には海洋深層水を使用しています。

  • 香調:フローラル、マリンノート
  • トップノート…グリーンアップル・ジューシーピーチ・ペア
  • ミドルノート…エジプト産ジャスミン・ミュゲ・ブルガリア産ダマスクローズ・オレンジフラワー
  • ラストノート…ホワイトムスク・マリン・サンダルウッド・ヘリオトロープ・アンバー

トップノートは瑞々しいピーチなどのフルーティーな甘さ。そこにミドルノートでローズやジャスミンなどのフローラルが混ざり合い優しくエレガントに香ります。ラストノートでホワイトムスクなどで上品な甘さが続きます。

瑞々しい甘さがあってとてもガーリーな印象の香水。その若々しい印象から、やはり若者向けと言えます。甘さはありますが、甘いものが苦手な人でもコレは大丈夫という人もいます。それくらい上品できつくないフレグランスです。

ボトルも可愛らしく爽やかで優しい印象。見た目で気に入って買ってしまった人もいるくらいです。それほど大きくないので持ち運びもしやすいと思います。

シリーズ最高傑作と言われていますが、意外とまだ使用者が少ないのがこの製品のおすすめのポイントでもあります。周りと被ることも少ないかも。

シェリー ジャスミンの口コミ

爽やかで石鹸っぽい感じ。あんまりフローラルは無いような。甘さもあるので女の子な印象が強いです。持続はそれほど長くないですね。(20代女性)
ピュア、清純、清楚、無垢、そんな印象を受ける香りです。穢れを知らない少女のよう。甘ったるいわけじゃないので使いやすいです。ジューシーなところがとても好みです。(20代女性)
海辺の木陰で涼んでいるような爽やかな雰囲気です。フローラルマリンノートということですが、フローラルよりフルーツを強く感じました。(30代女性)
トップのフルーツ系がちょとキツイかなと思ったけど、すぐに良い匂いに変わりました。ミドルノート辺りの花の香りが気に入っています。花束を抱えたようなイメージです。(30代女性)

爽やかでとてもピュアな印象。フルーツの甘さもあって、大人の女性というよりは少女の印象です。フローラルは感じる人とそうでない人と分かれる傾向があります。

天然香料を使用しているので、付ける箇所の体温次第で、他の香料との香り方が変わってしまうのかもしれません。あまりフローラルが出てこなかった人は、付ける場所を変えてみるといいかもしれません。

ランバン『マリーミー』

言わずと知れた、ランバンのマリーミー。「恋愛・結婚」をテーマに、それをランバン風に解釈した名香。香りもさることながら見た目もエレガントで、持っているだけで幸せな気持ちにさせてくれるアイテムです。

  • 香調:ハッピー、シアー、フローラル
  • トップノート…ビターオレンジ・ホワイトピーチ・フリージアブーケ
  • ミドルノート…サンバックジャスミンアブソリュート・マグノリアブリーズ・ローズペタル
  • ラストノート…ホワイトシダー・ビブタントアンバー・ムスクベール

トップノートのフルーツが瑞々しく元気に飛び出し、透明感のある甘さ。そこにミドルノートでジャスミン・マグノリアといった甘酸っぱさがあるフローラルが折り重なります。ラストノートでムスクやアンバーがそれらとうまく調和してとても上品に仕上がります。

婚活香水とも言われるマリーミーはフェミニンさを凝縮し、女性に贈られたフレグランスです。元気な快活さもありながら上品さも官能的なところもある魅惑的です。

男女ともに好評の万人受けする香り。甘さもありますがスッキリとしていて上品な甘さ。単に甘いだけではない女子力の高さを思わせる甘さです。

デートのときなどにはもちろん、香らせ方次第では会社に付けていっても違和感なく馴染めます。

持続時間は人によって感じ方が分かれる傾向が強いです。逆に言えば付け方の工夫でいろいろ調整できるのかもしれません。

ボトルの可愛らしさは言うまでもありません。持っているだけで女子力が上がると、空になっても残している人もいます。

マリーミーの口コミ

癖もなく爽やか。甘さもあるけれども嫌な甘さにならないです。男女ともにいい匂いって言ってくれます。(20代女性)
普段使いの香水として何年か使っています。フローラルが上品で、甘さもあっていい感じです。たまに付けないと、彼氏から、なんかいつもと違う、と香りについてツッコミが入ります。(30代女性)
合コンの時に付けていったらイイ感じになれました。コレのおかげかどうかはわかりませんが、自分自身に自信が持てます。(20代女性)
主人が気に入っています。無くなりそうになるとおねだりするのですが、なんだかんだ言って毎回買ってくれるくらい気に入ってもらえています。(40代女性)
人によって持続時間が短いっていう人がいるようですが、私は半日くらい持ちましたので特に不満はないです。さりげない優しさで上品です。苦手な人はあんまりいないんじゃないでしょうか。(30代女性)
爽やかで上品。甘さもあって理想的な女性的要素を凝縮したような逸品です。(20代女性)

ニナリッチ『レールデュタン』


ニナリッチ レールデュタンEDT 100ml
【Amazonで見る】

かのダイアナ妃も愛用していたと言われているレールデュタン。ダイアナ妃のイメージにピッタリくるような、知的で上品な女性らしさを感じさせる、それでいて甘さのあるフローラルです。

作品のコンセプトは「平和」で、平和の象徴ハトが2羽ついばみあっているデザインがキャップに施されています。

  • 香調:フローラル、スパイシー
  • トップノート…ベルガモット・シトロン・ピーチ・ジャスミン・ガーデニア
  • ミドルノート…ローズ・カーネーション・イリス・イランイラン・リリー
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・シダー・クローブ・ブラックペッパー・ナツメグ・バニラ・ムスク

大人っぽい雰囲気から始まって、次第に甘さも感じられる優雅なフローラルブーケ。1948年発売と歴史がある作品な分クラシカルな印象もありますが、現代に合うようなバランスも持ち合わせています。

ラストにウッディ調があり落ち着いた雰囲気に。凛とした雰囲気を出せるので、かしこまった場面に付けて行けば、それこそ品格のある女性を演出できると思います。

クリスチャンディオール『ミスディオール ブルーミングブーケ』

幸せを呼ぶフレグランスといわれる人気作品。発売されて時間がたっていますが、いまだにランキングの上位に入るほどで、口コミサイト@cosmeでは殿堂入りを果たしています。

  • トップノート…マンダリン・カラブリアンベルガモット
  • ミドルノート…ピオニー・ダマスクローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク・パチュリ

瑞々しさのあるフルーティーノートで始まって、次第に幸せの象徴といわれるピオニーなどのフローラルが加わります。ローズが上品な女性らしさを演出し、ラストのムスクが落ち着きのある柔らかさで包み込みます。

サルヴァトーレ・フェラガモ『インカントチャーム』

香りが強くなく初心者におすすめ香水としてもよく取り上げられるインカントチャーム。ボトルデザインも可愛らしくて人気があります。爽やかな甘さで万人受けするフレグランスです。

  • トップノート…ハニーサックル・パッションフルーツ
  • ミドルノート…ジャスミン・オスマンローズ
  • ラストノート…アミリスウッド・ムスク

フレッシュさのあるフルーティ&フローラルで始まって甘酸っぱさがある女性らしさ。そこに柔らかい甘さのフローラルが加わってきますが、くどくない軽やかなフレグランス。

見た目からして若い世代をターゲットにしているように見えますが、愛用者は幅広く、40代以上も多くいます。中には男性使用者も。

ゲラン『モン ゲラン』


モン ゲラン オードパルファム 100mL
【Amazonで見る】

名香ミツコなどで有名なゲランが、アンジェリーナ・ジョリーにインスパイアされて作った、現代の女性らしさを表現する作品です。

  • トップノート…ラベンダー・ベルガモット、など
  • ミドルノート…ジャスミンサンバック・ピオニー・ローズ、など
  • ラストノート…バニラ・サンダルウッド・クマリン・ベンゾイン・パチュリ、など

少し甘さのあるフローラルで始まって、次第に上品さをまとった女性的なフローラルへと変化。ラストはバニラの甘さにサンダルウッドが加わり、官能的でありながらエレガントな装いを残します。

ジャスミンの香水は男性にもおすすめ!

香り自体は甘さがあるので女性的ではありますが、ナチュラルな爽やかさもあるので男性でも使いやすいです。女性がデートのときに付けていって女性の魅力をアピールするのもいいですが、男性が付けて女性にアピールするのも、二人の関係をより密接にしてくれるでしょう。

ジャスミンが含まれているメンズ香水は非常に少ないのが実情ですが、あえておすすめするならレイヤードフレグランス。レイヤードフレグランスは男女共用・ユニセックスタイプのボディスプレー(ボディミスト)なので、女性はもちろん男性にも使いやすいフレグランスとなっています。

レイヤードフレグランス『ベルガモットジャスミン』

レイヤードフレグランス『ホワイトムスク』

こちらはホワイトムスクやバニラと一緒にジャスミンが含まれています。単体ではないので弱めですが、女性ウケの良い香りでレイヤードフレグランス一番人気となっています。

レイヤードフレグランスについての詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

さいごに

はるか昔から愛されてきたジャスミンは、この現代においても様々な方法で多くの人々に愛されています。ジャスミンの香りが好きな方、是非コレクションのひとつにいかがでしょうか。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました