『カルバンクライン』を代表する人気の香水8選!(ユニセックス・レディース・メンズ)

『カルバンクライン』を代表する人気の香水8選!(ユニセックス・レディース・メンズ)

アパレルを中心に幅広いアイテムを展開しているアメリカのファッションブランド「カルバンクライン」。1968年に幼馴染と一緒に設立し、1973年から1975年の3年連続で「コティ賞」を受賞するほどの人気と実力を兼ね備えたブランドです。

香水に関しては1972年にコスメ・パフューム部門の会社が設立されたのが始まり。レディース・メンズを問わず世界中で愛されていて、ロングセラーも多数。

カルバンクラインの香水は、洗練された香りでありながら使いやすいのが特徴。レディースは洗練された中にも可愛らしさや清潔感を感じさせてくれます。メンズは爽やかさの中にも大人っぽい雰囲気が加わり、他の柑橘系と被らないような、ひとひねりが加えられています。

使いやすくありながらも、よくありがちな香りにならない「らしさ」を持っているところが人気のポイント。

それでは今回は、カルバンクラインを代表する人気の香水ユニセックス(男女兼用)・レディース・メンズの順に紹介していきたいと思います。



カルバンクラインの人気ユニセックス香水

ck one(シーケーワン)

カルバンクラインを代表する香水のひとつ。1994年発表当時に若者のブームとなり、2010年にFiFi賞で殿堂入りを果たすほど世界的に人気。ユニセックス香水のパイオニア的存在と言えます。

  • トップノート…ベルガモット・カルダモン・パパイヤ
  • ミドルノート…へディオン・バイオレット
  • ラストノート…ムスク・アンバー

瑞々しいフルーティーなトップノートに始まり、甘さもあるフローラルのミドルノートへと次第に変化します。ラストノートのころになるとセクシーさも感じられますが、嫌味はなく、幅広く受け入れられるライトなフレグランス。

特に若者に人気ですが、いろんなシーンに対応できる万能さで幅広い年代に愛されています。香水デビューからずっとこれを使っている人も少なくないですよ。学校に会社にと付けて行っても嫌がられることがない爽やかさは普段使いにもってこいですね。

シーケーワンの口コミ

「何を付けて行こうか迷ったときに付けてます、というくらいどこにでも馴染める万人受けする香水です。使い始めて何年も経っていますが、常にストックしています。」
「爽やかで職場にも付けて行きやすいです。スッキリしていて夏でも問題なく使えますね。年齢も気にせず使えるので、ずっと使い続けると思います。」
「甘い系統が苦手なので使っています。清潔感や透明感があり、とても使いやすいです。いわゆる女の子らしい香りとはちょっと違うけど、このスッキリさが気にいています。」
「彼氏の香水デビューにプレゼントしました。特に場所を選ぶことなく使えると気に入ってくれています。私もたまに借りておそろいでお出かけすることもあります。」
「結構持続するしコスパもよくてありがたいです。クリアな中に、甘さやセクシーさも不快感を与えないレベルで入っていて、とてもいい匂いで気に入っています。」

ck be(シーケービー)

1996年にシーケーワンの次に発表されたユニセックス香水。シーケーワンよりもセクシーさが増して、ちょっと夜の雰囲気に。でも嫌味がなく上品な香りにまとめてきているのは流石です。発売から20年経っても売れている、シーケーワンに並ぶほどの人気です。

  • トップノート…ベルガモット・ジュニパーベリー・ミント
  • ミドルノート…マグノリア・ピーチ
  • ラストノート…オポポナックス・トンカビーン・サンダルウッド

ちょっとスパイシーなシトラスフルーティーのトップノートに、甘さのあるフローラルのミドルノートが続きます。ラストノートではちょっとムスキーな、優しさと温かさを感じさせる大人の色気のある甘さ。

全体を通して、甘さはあるもののそれほど強いものではなく、クールな色気を演出する、いいアクセントとなっています。スパイシーさも強いものではないので、メンズっぽくはならず、女性にも安心。

シーケービーの口コミ

「シーケーワンとシーケービーの両方を持っています。ビーの方が大人ですね。色気がある甘さがあって、デートのときにはこちらを使っています。」
「ブラックのボトルが香りの雰囲気を表していていいですね。大人の男っていう感じがします。ユニセックスのようですが、男性から香ったときの方がより色気が増して、よさを堪能できる。自分でも付けますが、彼氏からの方がいい匂いです。」
「会社には付けて行かないのですが、休みの日に出かけるときはこれ。清潔感があるので、会社でも問題ないと思いますよ。」
「トップのスパイシーさがちょっと男性整髪料っぽく、若干メンズよりかな、といった印象。でも女性が使いにくいほどではないので、甘いものが苦手な人には好まれるタイプじゃないかな?」
「クール系女子が付けたら、より一層カッコよくなれると思いました。残念ながら私はそういうキャラではないので、彼氏にあげました。香水に興味がない彼氏ですがたまに使っているので、比較的いろんな人に馴染みやすいと思います。」



カルバンクラインの人気レディース香水

エタニティ

カルバンクラインを代表する王道のレディース香水。1988年発売で翌年にFiFi賞を受賞。2003年には殿堂入りを果たすなど、その人気は名前の通り「永遠」です。

自身の結婚を記念してつくられた、まさに永遠の愛を誓う象徴の作品です。

  • トップノート…フリージア・マンダリン・セージ
  • ミドルノート…スズラン・ホワイトリリー・マリーゴールド・ナルシス
  • ラストノート…サンダルウッド・パチュリ・アンバー

爽やかなトップノートに始まり、ミドルノートでは様々な花が奏でる、柔らかくて丸いフローラルに。ラストノートでは温かく優しく落ち着きのある雰囲気に。

女性らしい甘さと優しさを持つ大人の香り。きつくない甘さで周りからも好印象、会社に付けて行っても問題なく、クセのないセクシーさで男性からも好評です。

年齢問わず使いやすいので、長年の愛用者もたくさんいます。

エタニティの口コミ

「昔使っていて出産を期に使わなくなりましたが、たまたま友達にもらったので付けてみました。思い出補正もありますがやっぱり品があっていい匂いですね。毎日ではなくても気分転換に活用しています。」
「高級というか上品、でも私のような小娘でも使いやすいです。セクシーさもありながら、いかにもっていう感じにはならないです。」
「石鹸とかボディソープとかお風呂上がりな匂いって言われます。人に不快感を与えない系統の、万人受けすると思います。」
「品のある優しい香りで、花束を持っているような素敵な雰囲気があります。カルバンクラインはいくつか持っていますが一番のお気に入り。」
「スッキリシャキッとしててフォーマルな雰囲気。でも堅苦しくなるものではなく普段使いもできるので、しっかりとした大人なイメージを持たせたいときにいいのではないでしょうか。甘さもあるので男性からも好評でした。」

エスケープ

フルーティーフローラルの代表格的存在の香水。フルーティーな甘さと、フローラルが広がる中にスパイシーさもあって、甘いながらも大人な印象を与えてくれます。

  • トップノート…ピーチ・アプリコット・メロン・グリーンノート・ベルガモット
  • ミドルノート…カーネーション・イランイラン・シダーウッド・ローズ・スズラン
  • ラストノート…バニラ・アンバー・ムスク・サンダルウッド

フルーツの甘さが広がるトップノートと、ふわりとしたフローラルのミドルノートで開放的な気持ちになります。その中にもスパイシーなアクセントがあり、大人の雰囲気です。

オードパルファムなので強めです。付けすぎてしまうと香害になる恐れがありますが、適度ならアダルティな魅力を演出できます。ミュージシャンの椎名林檎さんも愛用していたそうで、個性的で色香があるこの独特な香りは彼女のイメージにぴったりですね。

エスケープの口コミ

「本当に個性的だと思います。甘くてフレッシュ。なのにスパイシーさもあって艶っぽさもある。この独特さはある意味芸術ですね。」
「最初は瓜系の青さな匂いが出てきます。メロンでしょうか。瓜系が苦手な私でもなぜか大丈夫でした。濃厚なので付けすぎないようにして楽しんでいます。」
「濃くて甘い香り、冬向きかな。周りにはきついようで、彼氏に臭いと言われてしまいました。腰回りに少し付けるようしたら彼氏からも好評だったので安心しました。」
「ちょっと量の加減が難しいかもしれませんね。付けすぎちゃうと夜のお仕事のお姉さんな感じになっちゃう。ほんのり出るくらいにすると上品な色気のある甘さになる。すごく個性的です。」
「海外旅行のお土産でもらいました。周りで使っている人がいないので被ることはないのはうれしいです。甘いけれど女の子っていうよりは大人の女の人。上品に使えばパーティーなんかには色気が出せていいかも。やりすぎちゃうとキャバ嬢な感じかな。」

ユーフォリア ブロッサム

花が優雅に咲き始めるところをイメージしたフレッシュなフローラル。爽やかさと瑞々しさを兼ね備えた上品でフェミニンな香水です。

  • トップノート…ザクロ・キンカン・グリーンアコード
  • ミドルノート…オーキッド・ピンクピオニー
  • ラストノート…ブロンドウッド・アンバー・シアームスク

爽やかさから始まる柔らかい香りで、ユニセックスと感じる人もいるくらい。ですがオジサン的ではなく、甘さ控えめでキリッとしたフローラルです。

スタイリッシュを演出でき、甘さの強いレディース香水が苦手な人にもおすすめです。

ユーフォリア ブロッサムの口コミ

「優しいフレグランス。入浴剤とか石鹸とかそういった癒される系です。華やかさもあるけれど出すぎることない、バランスのいい強さです。」
「フェミニンを感じさせますが、いかにも女ではなくて、凛としたクールな中に優しさがあります。」
「最初はメンズって程ではないけど男っぽさを感じますが、それが逆に甘くなりすぎないようにしてくれているんだと思います。それでキャリアウーマンな仕事ができる女性のイメージになっているのかな、と。」
「爽やかでありながらセクシーさがある香り。甘さが強く出ないので嫌味があるものではなく、クールビューティーなカッコいいセクシーさです。フローラルでフェミニンですけど、ふわふわした女性らしさにはなりません。」
「仕事のできるキャリアレディっぽさ。お花の匂いもあるけれど、可愛らしいとかではなくカッコいい系、でもキツさはなく素敵な女性っていう感じ。」

 

次のページでは、カルバンクラインの人気メンズ香水を紹介して終わりにしたいと思います。