『ミスディオールブルーミングブーケ』は幸せを運ぶフレグランス!?それってどんな香りなの?

『ミスディオールブルーミングブーケ』は幸せを運ぶフレグランス!?それってどんな香りなの?

人気急上昇中の ディオール(Dior) の香水 ミスディオール ブルーミングブーケ (Miss Dior BLOOMING BOUQUET)』 。ゴールデンタイムに流れているクリスチャンディオールのオシャレなCMでも話題ですよね。

「幸せを呼ぶフレグランス」と言われているブルーミングブーケの香りやコンセプトなどを紹介したいと思います。

パッと見の印象は、何といってもそのボトルデザインの可愛らしさですね。その淡いピンク色とリボンの美しさ、ついつい手に取ってみたくなる洗練されたデザインです。それでは見ていきましょう。

突如人気ランキングに現れた『ミスディオール ブルーミングブーケ』

ブルーミングブーケはレディース人気ランキングに突如ランクインし、今でも必ずと言っていいほど上位に入っている実績と実力を持つフレグランスです。口コミサイトの@コスメでは2015年・2016年にベストフレグランスで1位を獲得。今では殿堂入りを果たしています。

☆の数は、私がチェックしたタイミングですが、@コスメで5.4もありました。他の口コミサイトでも5段階中☆4.4~4.6と高評価。Amazonや楽天などのショッピングサイトでも☆4を超えています

☆の多さや口コミ・レビュー数が1000件を超すことからも、いかに注目されているのかがわかりますね。愛用している年代は10代~40代と幅広く、特にクセのない万人受けするフェミニンな香りで、甘甘なガーリーやセクシーさを主張しすぎないオードトワレという分類。

もともとは『シェリー ブルーミングブーケ』

実はこのブルーミングブーケは、2014年1月に 『シェリー ブルーミングブーケ』 から名称が変わりました。今では最新型として発売されていますが、まだ製品名に「シェリー」が付いている旧バージョンも販売されていますので、購入の際はくれぐれも注意しましょう。

歴史を簡単に説明すると、まず1947年にオリジナルの『ミスディオール』が発売されました。そしてその現代版として2005年に『ミスディオール シェリー』が作られたんです。

アジア限定のフレグランス

そののちの2008年、まだアジアの人達の期待には応えられていないという思いから、アジア人にしっくりくるようにこだわった アジア限定フレグランスが作られました。それが『ミスディオール シェリー ブルーミングブーケ』なんです。

2011年に一度調合を変え、2014年に今の『ミスディオール ブルーミングブーケ』になりました。

その昔、ディオールの香水はVIP専用香水でした

時代を遡ると、昔、ディオールではドレスやアパレルのファッションを購入した人だけが特別に購入できるというVIP専用の香水があったことが始まりです。

大衆向けではなく一部の限られた人だけに販売されていて、それがとても気品溢れる上質な香水で、それが欲しくてディオールを愛用していた人もいるほど。

そんな時代背景がある中で、本格的に一般発売がされました。元々VIP専用ということもあって、他のブランド香水と比べて価格は少し高めな設定となっています。

ブルーミングブーケは女性の目を引くお洒落な淡いピンクのボトルが人気

ブルーミングブーケの人気のポイントはボトルデザインにもあると言います。透明に近い淡いピンクのリボン型オブジェがついていて、つい飾っておきたくなるような女の子向けの可愛らしいデザイン。

細部にまでこだわったつくりは高級感があり、置いておくだけでインテリアやオブジェとして楽しめる要素も込められています。この淡いピンクのデザインからも「美しさ」をコンセプトにしていることが分かります。

「ボトルを見ただけで、思わず欲しいと思って買っちゃいました。」という人がいるくらい、女性の心を惹きつけるデザインです。

ブルーミングブーケの香りは幸せを呼ぶフレグランス!?

幸福の象徴「ブライダルブーケ」のように、 幸せのオーラに包まれるみずみずしいフローラルフルーティブーケ。 幸せを呼ぶフレグランス と言われ、優雅で気品溢れるフェミニンなフレグランス。

甘すぎないフローラル系で、普段使いにもお出かけ用として使うのにもOK。TPOに関係なく、だれでもいつでもどこでも気軽に使えるオールマイティな香水です。

またこの香りは男性を引き寄せるそうです。幸せを呼ぶフレグランス、まさに彼氏が欲しい女性にはおすすめですね!

それではその具体的な香料をチェックしてみましょう。

  • 調香師:フランソワ・ドゥマシー
  • トップノート…マンダリン・カラブリアンベルガモット
  • ミドルノート…ピオニー・ダマスクローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク

付けてすぐのトップノートは、マンダリンやベルガモットのフルーティノート。そして続くミドルノートでは、ピオニーやローズとジャスミンが優しく出てきます。ラストノートは、ホワイトムスクの柔らかく包み込むような、落ち着いたシプレーとなって感じられます。

全体を通しての香調は、フルーティ、フローラルブーケといったところでしょうか。ピオニーのピンク色を思わせる、フェミニンな香りです。香調自体はよくあるものかもしれませんが、他の製品とは一線を画すクオリティとなっています。

ちなみに公式では以下のようにコメントされています。

幸せの象徴ピオニーと優美なローズ ノートの花束が、カラブリアン ベルガモットのみずみずしい輝きと、ホワイト ムスクの繊細なレースにふんわりと包まれたフレッシュ フローラルの香り。語り継がれるクリスチャン・ディオールの花々への情熱にオマージュを捧げる、可憐なフローラル ブーケ。

引用:Dior

この花々が陽気に咲き誇る印象が、まさに「ブルーミングブーケ」なわけですね。きつくない強さで、かといって軽すぎもない絶妙なバランスで調合されているのが、さすがフランソワ・ドゥマシーです。

なお、ブルーミングブーケの 甘さを強調 したのが 『アブソリュートリーブルーミング』です。ふんわりと甘い香りが好きな女性は、甘さ控えめのブルーミングブーケよりもアブソリュートリーブルーミングの方が向いているかもしれません。

ミスディオールブルーミングブーケはこんな人・こんなシーンにおすすめです!

それでは使用者の口コミなどを参考にしながら、どういう人におすすめなのか、どんなシーンに使えるのかを見ていきたいと思います。

女性らしさを自然にアピール

付けた初めのところから、もう女の子って感じのいい匂い。これだけで「女子力上がった」って気がしてテンション上がります(笑)

もっと甘いタイプかと思っていたんだけど、想像以上にサッパリした感じです。ホントにふんわりとしてて、さりげなくまわりに香らせられます。(10代女性)

私がボトルの見た目からイメージしていた通りで、さわやかで気品あるお花のフレグランスです。なんていうか、清楚で可愛らしさのあるお嬢さん、みたいな。

私とは全然違う女性像ですが、それでも付けて出かけるといい匂いって言ってもらえます。わざとらしさがないちょうどいい強さだから、自然な感じで周りに馴染ませられると思います(30代女性)

先にもミスディオールブルーミングブーケはフェミニンなフレグランスと紹介してきましたから、当然と言えば当然ですよね。フルーツ系のさわやかな甘さにお花の優しさが重なって、嫌みなく上品な女性らしさを印象付けられると思います。

男性へのさりげないアプローチ

ある趣味の団体に所属していて、月に何回か集まっているんですが、そこにいる男性に 「いい匂いですね、何付けてるんですか?」って聞かれたのがブルーミングブーケです。それまでは違うものを付けていたんですが、これに変えて2回目に参加した時の打ち上げの飲み席で聞かれました。

一度聞かれたら、他の男性も「僕もそう思ってた」なんて言って来て、 ちょっとモテた気持ちになれました(笑)とは言ってもその男性陣はみんな妻子持ちですから、その先は期待できないですけど。。。

聞いてきた一人が「嫁さんにも付けてもらいたい」なんて言っていたから、結構男性受けがいいんじゃないかな。(20代女性)

きつさがなくて上品なお花の香り。甘さとか可愛らしさとか、「これぞ男の子が好きな女の子」っていう要素がギュッと詰まっていると思います。

今私は大学生でバイト代を貯めて買ったんですが、大学に付けて行ったら周りの男子が今までよりも話しかけてくるようになりました。そんなに話したことがなかった人も話の輪に加わってきたので、勘違いじゃないと思いたいです。(20代女性)

幸せを呼ぶ、なんて言われているくらいですから、女性が付けた時の男性からの反応が悪いわけはありませんよね(笑)

男の人って、女の人からするいい匂いが好きな割に、ちょっと強すぎたりして好みに合わないと「香水臭い」って言ったりするから、ほんとワガママ。

でもこれだったら、そんなワガママな男性陣でもいい匂いだと納得してくれるはず。

どんなシーンにもピッタリ

これぞ万人受けするレディースフレグランスだと思います!心地よい爽やかさの中に甘さがあって、嗅いでいる自分も気分がいいです。変な癖がないから会社とか食事の時でも周りに嫌な気持ちをさせることなく使えると思います。くどくないから暑い時期でもOK。(20代女性)
娘の小学校卒業式にコレを付けていきました。せっかくのハレの舞台なので、いい思い出を残してあげるためにも親が嫌な匂いをまき散らしてたら嫌じゃないですか。 周りの保護者の方からもいい匂いですねと言われました。式が終わった後に、娘からママいい匂い~って言ってもらえましたよ。(30代女性)

香水はTPOをわきまえないと、ある場面では高評価でも他の場面では不評を買う、なんてことはあるあるですよね。だからそれに対応できるように、いくつも使い分けている人も多いかと思います。

でも、それって結構めんどくさい…。っていう人には1つでいろんなシーンに馴染める香水がおすすめ。ブルーミングブーケは、季節も含めていろんなシーンで活躍している様子が口コミからうかがえます。

年代問わず使えます

大学生の時、当時付き合っていた彼氏からもらったのをきっかけに、今でも使い続けている香水です。もう何本目になったかなぁ。

清楚なイメージを出せるフェミニンな香りで、特に年代を選ばず使えると思います。これ以上にいい匂いに出会うまでは、ずっと使い続けると思います。(20代女性)

姪からプレゼントされて使い始めました。そろそろ40になるオバサンがお花の甘い匂いだなんて、ってはじめは思ったんだけど、そんなに甘さが出てこないし上品さがあるから、思ってたよりも使いやすい

仕事場に試しに付けて行ったら、「キレイなにおい」って褒められちゃいました。匂いがキレイなら私自身もきれいでいなきゃ!って気持ちになりました(笑)(30代女性)

可愛らしいボトルデザインやピンクの色合い。甘さのあるフローラル。このあたりから若い女性にしか似合わないと思われるかもしれませんが、使用者の年代は幅広くなっています。

プレゼントにおすすめ

ピンク色が好きなので、ボトルの色だけでも好きになっちゃいそうなんだけど、リボンが付いているのも可愛くていいですよね。

彼氏とデートのときにお店に寄ったことがあって、その時に、覚えてないんですけど「いいなぁ。」って言っていたらしいんです。彼氏がそれを覚えていてくれて、誕生日にプレゼントしてもらいました。値段もちょっと高めだったから、自分で買うかどうしようと悩んでいたので、ホント嬉しかったです。(20代女性)

ある友達が気になっていた様子なので、友人数人で出し合ってプレゼントしてあげたことがあります。あげた時に早速付けてくれたんですが、フローラルとフルーティがバランスよくて、とってもフェミニン。私が男だったら、こんな香りがする女の子が近くにいたら、それだけで好きになっちゃいそう(笑)

ボトルも素敵で気に入ってくれていて、使い終わった今でもお部屋に飾っておいてくれています。(30代女性)

使いやすくて評価が高い中身ですが、外見の良さも評価が高いのが特徴。高級感があってインテリアとしても使えそうなデザイン。ピンクのオブジェもかわいらしさを出しています。色合いも淡いピンクで、いかにも女の子が好きそう。

そんな作品ですから、プレゼントとして贈った・贈られたという口コミを見かけます。万人受けする傾向だからもらった側が「合わない」と感じることはめったにないでしょうし、万が一合わなくてもインテリアとして使えますからね。

男女別10選!彼女彼氏に香水をプレゼントするならコレがおすすめ!
彼女や彼氏、好きな人など、自分にとって大切な人に香水をプレゼントしたいと考えている人に向けてご提案!プレゼントとしてはどれがおすすめなのか、実際に選ばれている人気香水を男女別に紹介しています。

実際に使った方からは、他にもちょっと気になる口コミが…

持続時間は短い傾向?

オードトワレなので持続時間はそんなに長めではないです。朝付けてもお昼頃には香りが飛んでいるかも。仕事の後に用事があるときは会社で付け直しをしています。
ボトルを持ち歩いてせっかくきれいなボトルを壊しちゃったら嫌なので、アトマイザーに入れています。(30代女性)

持続時間は短めと感じる方もいるようですね。口コミにある通り、オードトワレだから仕方がないところかと思います。

中には「自分では匂いを感じなくなったけど、近くに来た同僚には匂いがすることも」という口コミもありました。持続時間は体温などによる個人差も大きいので、周りの反応を見ながら付け直しをしたほうがよさそうですね。

まとめ

「男性の気持ちを引き寄せる」と言われる、『ミスディオール ブルーミングブーケ』。まさに彼氏が欲しい女性におすすめの香水と言えます。その香りの評価は非常に高く、意外にも10代20代の若者よりも30代~40代の女性から好評を得ています。

ボトルのデザインからフレグランスまで総じて若々しい雰囲気があるので20代向けの印象ですが、上品さもあるので30代以降でも問題なく、10代から40代まで幅広い愛用者が見受けられます。

元々はVIP専用香水であったことからも分かるように、品質も価格も高級であり、チープさを感じさせないことが愛用され続ける理由になるのではないでしょうか。

サイズは30ml、50ml、100mlと3種類ありますが、一番人気は大容量の100mlサイズとなっています。

また、ミスディオールからシリーズ品としてヘアミストやボディミストもリリースされていますので、強い香りが苦手な人はこちらの方が使いやすいかもしれませんね。

ミスディオールの香水関連記事

タイトルとURLをコピーしました