幸せを呼ぶフレグランス!Dior『ミスディオールブルーミングブーケ』の香りと口コミ

人気急上昇中のディオールの香水『ミスディオール ブルーミングブーケ(Miss Dior BLOOMING BOUQUET)』。ゴールデンタイムに流れているクリスチャンディオールのオシャレなCMでも話題ですよね。

幸せを呼ぶフレグランスと言われているブルーミングブーケの香りや愛用者の口コミ、コンセプトなどを紹介したいと思います。

パッと見の印象は、何といってもそのボトルデザインの可愛らしさですね。その淡いピンク色とリボンの美しさ、ついつい手に取ってみたくなる洗練されたデザインです。

突如人気ランキングに現れた『ミスディオール ブルーミングブーケ』

幸せを呼ぶフレグランス!Dior『ミスディオールブルーミングブーケ』の香りと口コミ

ブルーミングブーケはレディース人気ランキングに突如ランクインし、今では常にトップ10に入っている実績を持つフレグランスです。アットコスメランキングで1位を獲ったことも多々あります。

ランキングサイトで口コミやレビュー数が1000件を超すことからも、いかに注目されているのかがわかりますね。愛用している年代は10代~40代と幅広く、特にクセのない万人受けするフェミニンな香りで、甘甘なガーリーやセクシーさを主張しすぎないオードトワレという分類。

実はこのブルーミングブーケは、2014年1月に『ミスディオール シェリー ブルーミングブーケ』から名称が変わりました。今では最新型として発売されていますが、まだ製品名に「シェリー」が付いている旧バージョンも販売されていますので、購入の際はくれぐれも注意しましょう。

歴史を簡単に説明すると、まず1947年にオリジナルの『ミスディオール』が発売されました。そしてその現代版として2005年に『ミスディオール シェリー』が作られたんです。

そののちの2008年、まだアジアの人達の期待には応えられていないという思いから、アジア人にしっくりくるようにこだわったアジア限定フレグランスが作られました。それが『ミスディオール シェリー ブルーミングブーケ』なんです。2011年に一度調合を変え、2014年に今の『ミスディオール ブルーミングブーケ』になりました。



余談ですが…ディオールの香水は元々VIP専用香水です

時代を遡ると、昔、ディオールではドレスやアパレルのファッションを購入した人だけが特別に購入できるというVIP専用の香水があったことが始まりです。

大衆向けではなく一部の限られた人だけに販売されていて、それがとても気品溢れる上質な香水で、それが欲しくてディオールを愛用していた人もいるほど。

そんな時代背景がある中で、本格的に一般発売がされました。元々VIP専用ということもあって、他のブランド香水と比べて価格はかなり高めな設定となっています。

お洒落な淡いピンクのボトルデザインが人気

お洒落な淡いピンクのボトルデザインが人気

ブルーミングブーケの人気のポイントはボトルデザインにもあると言います。透明に近い淡いピンクでリボンのオブジェがついていて、つい飾っておきたくなるような女の子向けの可愛らしいデザイン。

細部にまでこだわったつくりは高級感があり、置いておくだけでインテリアやオブジェとして楽しめる要素も込められています。この淡いピンクのデザインからも「美しさ」をコンセプトにしていることが分かります。

「ボトルを見ただけで、思わず欲しいと思って買っちゃいました。」という人がいるくらい、女性の心を惹きつけるデザインです。

幸せを呼ぶフレグランス!『ミスディオール ブルーミングブーケ』の香り

幸せを呼ぶフレグランス!ミスディオールブルーミングブーケの香り

~クリスチャンディオールが愛した花々とアジアへのオマージュを込めて~

幸福の象徴「ブライダルブーケ」のように、 幸せのオーラに包まれるみずみずしいフローラルフルーティブーケ。幸せを呼ぶフレグランスと言われ、優雅で気品溢れるフェミニンなフレグランス。

甘すぎないフローラル系なので、普段使いにもお出かけ用として使うのにも適しているため、TPOに関係なく、だれでもいつでもどこでも気軽に使えるオールマイティな香水です。

またこの香りには男性を引き寄せる効果があるそうです。幸せを呼ぶフレグランス、まさに彼氏が欲しい女性にはおすすめですね!笑

それではその具体的な香料をチェックしてみましょう。

  • 調香師:フランソワ・ドゥマシー
  • トップノート…マンダリン・カラブリアンベルガモット
  • ミドルノート…ピオニー・ダマスクローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク

付けてすぐのトップノートは、マンダリンやベルガモットのフルーティノート。そして数分してから漂ってくるミドルノートでは、幸せの象徴でもあるピオニー、そしてフェミニンなローズとジャスミンが優しく出てきます。付けて30分以上たってから残るラストノートは、ホワイトムスクの柔らかく包み込むような、落ち着いたシプレーとなって感じられます。

全体を通しての香調は、フルーティ、フローラルブーケといったところでしょうか。ピオニーのピンク色を思わせる、フェミニンな香りです。香調自体はよくあるものかもしれませんが、他の製品とは一線を画すクオリティとなっています。

ちなみに公式では以下のようにコメントされています。

フレッシュでいきいきと弾けるミス ディオール ブルーミング ブーケは、たくさんの花々が刺繍された繊細なドレスのようにデザインされたフレグランス。

伝説となったクリスチャン・ ディオールの花々への愛情に捧げる、香りのオマージュです。ピオニーとダマスク ローズのやさしいアコードを、美しく仕立てる輝くカラブリアン ベルガモット。余韻が響く詩的なハーモニーは、やがてホワイト ムスクの香りにふんわりと包まれます。陽気でチャーミングなミス ディオールのための、春の花々が香るクリエイションです。

この花々が陽気に咲き誇る印象が、まさに「ブルーミングブーケ」なわけですね。きつくない強さで、かといって軽すぎもない絶妙なバランスで調合されているのが、さすがフランソワ・ドゥマシーです。

なお、ブルーミングブーケの甘さを強調したのがこの『アブソリュートリーブルーミング』です。ふんわりと甘い香りが好きな女性は、甘さ控えめのブルーミングブーケよりもアブソリュートリーブルーミングの方が向いているかもしれません。

『ミスディオール ブルーミングブーケ』の口コミ

ミスディオールブルーミングブーケの口コミ

ここからは使用者の口コミを紹介していきたいと思います。是非ご購入の参考にしてくださいね。

いろんなシーンで使える

心地よい爽やかさの中にも甘さがあります。でも瓶の可愛らしさから想像するより大人っぽいかな?癖はないので誰でも、どんなシーンでも使いやすいんじゃないかなと思います。
フルーティーで甘いのにすっきりしています。毎日仕事に行く時に使っていますが、職場でもいい香りだね、どこの香水?と良く聞かれます。付けてすぐでもふんわり優しい、ふわふわ漂う感じがお気に入りです。
娘の小学校卒業式でこれを付けていきました。せっかくのハレの舞台なので、いい思い出を残してあげるためにも。親が嫌な匂いをまき散らしてたら嫌じゃないですか。周りの保護者の方からもいい匂いですねと言われました。式が終わった後に、娘からママいい匂い~って言ってもらえましたよ。

女の子らしい香り

トップから女の子らしい匂いがして女子力が上がった気分になれます。これこそ万人受けといった感じ。この匂いが嫌いと言う人はあまりいなんじゃないかなと思います。
いかにも甘そう、女の子!な匂いがしそうだなーと、今まで避けていましたが、友人からプレゼントでもらったのをきっかけに使うようになりました。実際つけてみるとイメージよりずっと爽やかでビックリ!べたべたせず、ふわっと香るさりげなさがいいですね。
可愛らしくて清純なイメージの女性にぴったり。香り自体も強くないので、いかにもつけています、といった感じがしないのが、学生の私にとっても使いやすくて嬉しいポイントです。
甘くて爽やかで若々しいイメージです。ボトルもピンク系の可愛らしい見た目で、20代の女性が使うにはいいんじゃないでしょうか。30代以上になるとちょっと可愛らしすぎるかも。



男性受けは上々

ある趣味の団体に所属していて、月に何回か集まっているんですが、そこにいる男性に「いい匂いですね、何付けてるんですか?」って聞かれたのがブルーミングブーケです。それまでは違うものを付けていたんですが、これに変えて2回目に参加した時の打ち上げの飲み席で聞かれました。

一度聞かれたら、他の男性も「僕もそう思ってた」なんて言って来て、ちょっとモテた気持ちになれました(笑)とは言ってもその男性陣はみんな妻子持ちですから、その先は期待できないですけど。

聞いてきた一人が「嫁さんにも付けてもらいたい」なんて言っていたから、結構男性受けがいいんじゃないかな。

きつさがなくて上品なお花の香り。甘さとか可愛らしさとか、「これぞ男の子が好きな女の子」っていう要素がギュッと詰まっていると思います。

今私は大学生でバイト代を貯めて買ったんですが、大学に付けて行ったら周りの男子が今までよりも話しかけてくるようになりました。そんなに話したことがなかった人も話の輪に加わってきたので、勘違いじゃないと思いたいです。

高校生の弟がいるのですが、マンションのエレベーター前ですれ違ったときに文句を言われました。それは「せっかくいい匂いがして、綺麗なお姉さんが近くにいるのかって期待したら、ねえちゃんからだったからムカツク」というよくわからないものでした。

女友達からも好評ですが、弟さえもその気にさせるくらいですから、男性受けもいいんだと思います。

人気がある分、他の人と被る傾向が高い

ある時テスターで嗅いでみて、「探していたものはこれだ!」って思うくらい気に入りました。価格がちょっと高めなのでその時は買わなかったんですが、お給料が入った後思い切って購入。次の週末のデートのときにさっそく付けて行ったんです。

そうしたら彼氏が、「この香水、会社の女子社員も使ってるやつだ。」って言ったんです。しかも二人もいるようです。せっかく奮発して買ったんだから、彼氏にも「素敵な匂いだね。」なんて言ってもらえるかな、なんて期待していたので残念でした。それでも香り自体は気に入っているので使ってはいますけど

 街中でよくする良い匂いの香水です。思っていたよりも人気が高いようで、女性の多い場所に行くと高確率でかぶります。個性的なものでなく、とにかく単純に良い匂い好きな人には良いかも知れません。

妹が大学を無事卒業して社会人になるので、お祝いとしてプレゼントしてあげたんです。今まではプチプラしか使っていなかったとのことなので、初めてのブランド物で大喜び。それだけ喜んでくれたら、あげた私も大満足です。

ところが、いざ入社してみたら先輩社員で使っている人がいたんだとか。まぁ人気香水だから仕方ないかなと思いますが、妹としてはせっかく気に入ったものが被っていたのがショックだったようです。しかも相手は先輩だから、社内で被らないように使うのはプライベートの時だけにしたそうです。

持続時間は短い傾向?

出かける前に付けると、午後には飛んじゃっています。オードトワレだから、そんなものかな?そう考えると特別早いということもなく、持ちはそこそこだと思います。
朝つければお昼頃まではきちんと持続します。夕方には付け直しが必要です。塗布する部分をあらかじめ保湿しておくと、何となく香りの広がり方も持ちも良い気がします。
朝出かける前に付けて会社に向かっています。お昼休みのころには弱くなっているのでまたつけ直しをしています。夕方帰ってくるとほのかに残っているくらいなので、仕事上がりにどこかに寄る予定があるときは、もう一度付け直してから会社を出るようにしています。
オードトワレなので短時間しか持ちません。慣れてくると自分では匂いがしなくなってしまいます。ただ案外他人の香水は強く感じたりもするので、時間が経った時にどのくらい香っているか、周りの人に聞きながら付け直すタイミングを調整して使っています。
持続時間はそんなに長めではなく、朝付けてもお昼頃には香りが飛んでいるかも。仕事の後に用事があるときは、アトマイザーに入れて持ち運びをして付け直すのがおすすめです。

 ボトルが素敵でプレゼントしても贈られる

ピンク色が好きなので、ボトルの色だけでも好きになっちゃいそうなんだけど、リボンが付いているのも可愛くていいですよね。

彼氏とデートのときにお店に寄ったことがあって、その時に「いいなぁ。」なんて言っていたらしいんです。彼氏がそれを覚えていてくれて、誕生日にプレゼントしてもらいました。値段もちょっと高めだったからどうしようか悩んでいたので、ホント嬉しかったです。

去年ボーナスが思ったよりもらえたので、その時に思い切って買いました。フローラルとフルーティの絶妙なバランスで、とってもフェミニン。私が男だったら、こんな香りがする女の子が近くにいたら、それだけで好きになっちゃいそう(笑)

でも素敵なのは中身だけではなくてボトルも、ですよね。このキラキラした感じが、見ているだけで気持ちが上がります。まだ中身は残っていますが、無事使い切った後もボトルを捨てずに飾っておきたいと思います。

まとめ

男性を引き寄せる香りを放つ、『ミスディオール ブルーミングブーケ』。まさに彼氏が欲しい女性におすすめの香水と言えます。その香りの口コミ評価は非常に高く、意外にも10代20代の若者よりも30代~40代の女性から好評を得ています。

ボトルのデザインからフレグランスまで総じて若々しい雰囲気があるので20代向けの印象ですが、上品さもあるので30代以降でも問題なく、20代から40代まで幅広い愛用者が見受けられます。

元々はVIP専用香水であったことからも分かるように、品質も価格も高級であり、チープさを感じさせないことが愛用され続ける理由になるのではないでしょうか。

サイズは30ml、50ml、100mlと3種類ありますが、一番人気は大容量の100mlサイズとなっています。

また、ミスディオールからシリーズ品としてヘアミストやボディミストもリリースされていますので、香水が苦手な方はこういったアイテムの方が使いやすいかもしれませんね。

ミスディオールの香水関連記事