ディオールを代表する人気の香水12選!レディース・メンズ別まとめ

ディオールを代表する人気の香水12選!レディース・メンズ別まとめ

それまでとは違う革新的なデザインでレディースファッションをけん引してきた「ディオール」。もともとは服飾のブランドですが、皮製品・宝飾品・時計・コスメそして香水まで発売している、フランスを代表する名ブランドです。

戦後間もない頃に創業し、女性の優雅さや美を意識していたブランドは、今なお世界中から人気を集めています。可愛いボトルはもちろん、優雅でありながら使いやすく初心者にもおすすめ。女心を知っているブランドがつくるメンズ香水も女性受けはバッチリ。

今回はそんなディオールを代表する人気の香水レディースメンズに分けて紹介していきます。最後にブランドルーツについてもまとめましたので、興味のある方は知識を深めてみて下さいね。

まずはレディースからいきたいと思います。メンズだけチェックしたい方はこちらから。

ディオールの人気レディース香水

ジャドール

1999年に発売された、ディオールを代表するレディース香水。商品名の「ジャドール」はフランス語で大好きという気持ちを表す言葉。女性的な曲線美が美しいボトルもあいまって、愛らしさを感じさせてくれるフレグランスです。

香調はエモーショナルフローラルといった新しいもの。実在する花ではなく、いろいろな花を組み合わせて作った象徴的な想像上の花のフレグランスです。

  • 調香師:フランソワ・ドゥマシー氏
  • 香調:エモーショナルフローラル
  • トップノート…マンダリン・アイビーリーフ・チャムパックフラワー
  • ミドルノート…オーキッド・ローズ・ヴァイオレット
  • ラストノート…ダマスカスプラム・ボアドゥアマラント・ブラックベリームスク

フルーティーで嫌味がないトップノートに始まり、次第にフローラルのミドルノートへと心地よく変化していきます。ラストノートも甘さを持ちながらも濃厚すぎることなく優しく包み込みます。

フレッシュから始まるエレガント、年代を問わず使いやすいと人気です。ヘアミストやボディクリームも発売されています。

ジャドールの口コミ

「大人の雰囲気を纏わせてくれます。甘さもあるけれどしつこくなくスッキリ、使いやすいです。」
「洗練されているってこういうものを言うんでしょうね。上品なお嬢様って感じ。でも敷居が高いわけじゃないので一般人の私でも使いやすいです。」
「ボトルが綺麗で飾っておくだけでも心が満たされますね。適度に付ければお姉さんな雰囲気になれます。お花の香りも豊かで心癒されますね。」

アディクト

英語の「addict」は「中毒になる・夢中になる・大ファンになる」といった意味。宇多田ヒカルさんの歌に『Addicted To You』がありますが、こちらの意味は「あなたに首ったけ」となります。アディクトにも、それほどの魅力があります。

香りの強さは「オーフレッシュ」「オードゥトワレ」「オードゥパルファン」とありますが、それぞれ香りが異なっているのが特徴。

オーフレッシュ(ピンク色)

花々とフルーツが弾けるスパークリング フローラル
フリージアとスズランの輝くようなフローラル ブーケをカラブリアン ベルガモットが際立たせ、ホワイト ムスクがやさしく包み込みます。
花々とフルーツがはじけるスパークリング フローラル。

オードゥトワレ(黄色)

洗練を極めたフレッシュなウッディ フローラル
シシリアン マンダリン、サンバック ジャスミン アブソリュート、ネロリが奏でる煌めき。
センシュアルなサンダルウッドが包み込む、洗練されたフレッシュなウッディ フローラル。

オードゥパルファン(藍色)

甘く官能的なオリエンタル フローラル
バーボン バニラをベースに、オレンジ ブロッサムとサンバック ジャスミン アブソリュートが出逢う、甘く官能的なオリエンタル フローラル。

調香師は3つともフランソワ・ドゥマシー氏です。フローラルの香調であることは共通していますが、使われている香料が違いそれぞれに魅力的な個性があります。同じ「アディクト」を冠するリップ・グロスも出ていて、併せて使えば意中のカレを自分に首ったけにできる女子力を身に着けられますよ。

アディクト使用者の口コミ

「優しくてとげとげしい感じがしない、とてもフレッシュです。その分持続はしないけれど付け直せばいいだけだし、使い勝手もいいと思います。」
「フェミニンです。いかにも強いものは苦手ですが、これは大丈夫でした。甘さもそこまで強くないので夏でも鬱陶しいとかはないんじゃないかな?」
「付けると元気になるようなフレッシュさが気に入っています。強さはそれほどではないので、主張しすぎず、いろんなシーンで付けられますよ。」

プワゾン

1985年発売の「自立する女性」をイメージしたフレグランス。「毒」を意味するその名前と完成度の高いフレグランスで瞬く間に有名になった、歴史ある香水です。

その毒のような魔力的な魅力で、纏った女性を妖艶なイメージに変えてくれます。

  • 調香師:フランソワ・ドゥマシー氏
  • トップノート…コリアンダー、など
  • ミドルノート…ワイルドベリー・オレンジハニー・チュベローズ、など
  • ラストノート…ナポポナックス、など

フルーティー・フローラル・スパイシーなノートが重なり合い、神秘的でありながらも挑発的な官能さも感じさせる、魔性の女の匂い。

プワゾンの口コミ

「濃厚でセクシー。甘くてとても気に入っています。会社に付けて行くにはちょっと違う感じですけど、遊びに行くときにはピッタリ。」
「バブル時代の人気香水ですね。今では付ける人は少ないかもしれないけど、その分周りとも被らないのでいいですね。濃厚なので付け方には注意が必要です。」
「若いお嬢さんよりはキャリアウーマンのイメージ。会社には使いにくいかもしれないけどドレスを着るようなシーンではセクシーさをアピールできていいかも。」

プワゾンガール

2016年に発売された、プワゾンの現代解釈バージョン。妖艶な雰囲気はそのままに現代風にしたことで、若い世代にも使いやすくなったスパイシーフローラルです。

  • 調香師:フランソワ・ドゥマシー氏
  • トップノート…ビターオレンジ
  • ミドルノート…ダマスクローズ・グラースローズ
  • ラストノート…トンカビーン・サンダルウッド・バニラ・アーモンド・トルバルサム

上品な甘さと濃厚なフローラルの中に苦みもあり、その苦みが大人なセクシーさのアクセントとなって魅惑的な女性を演出してくれます。

プワゾンガールの口コミ

「バニラの甘さがあってとても気に入っています。濃い目なので苦手な人もいるかもしれませんね。付けるシーンや量に気を付けないのはいけないのはプワゾンと一緒。でも大好きな香りです。」
「甘さがあるけどお菓子系の子供っぽさはなくて、芳醇なお酒みたいな大人の甘さです。私に酔いなさい、みたいな色っぽいお姉さま的な。」
「ガールになっているだけあって、もとのプワゾンよりも若い世代に使いやすいですね。フローラルでフェミニンですが、ちょっとビターで大人な雰囲気も。若い世代でなくても使えますよ。」

デューン

砂丘を意味するデューンですが、砂漠のような乾燥した場所ではなく、海辺の花も咲いている砂浜といったイメージでしょうか、自然を感じさせてくれるナチュラルなフレグランスです。

  • トップノート…ハリエニシダ
  • ミドルノート…ニオイアラセイトウ・ボタン
  • ラストノート…アンバー・リケン

ゆったりとした濃厚さですが、嫌味はなくセクシーさもある不思議な印象。大自然に包まれたような柔らかさと癒しが感じられます。

デューンの口コミ

「香りの持続もあって濃厚。いかにも女性らしくていい匂いですが、苦手な人がいるところでは不向きなので付けるシーンは選ぶかも。」
「シプレー的なメンズ感もある不思議な香り。付ける人を選ぶと思うので似合わない人だと香害になります。キリッとしたシャープな魅力があります。」
「深呼吸したくなるような癒しの香り。お香的な落ち着きがあって自然の中に身を委ねているような雰囲気です。友達にはアジアン雑貨店といわれました。今ではルームフレグランスとして自分だけで癒されています。」

フォーエヴァー アンド エヴァー

バラの優しいフローラルで人気のフォーエヴァー アンド エヴァー。名前の通り、永遠に続く想いを乗せたフレグランスです。

  • トップノート…フリージア・ウォータージャスミン
  • ミドルノート…ワイルドローズ・アーモンドブロッサム・ゼラニウム
  • ラストノート…バニラ・ムスク・アンブレッドシード

清楚なフローラルで、すっと肌に馴染んでいきます。きつさもないので誰でも使いやすいと人気です。

フォーエヴァー アンド エヴァーの口コミ

「とても柔らかさのあるフェミニンなフレグランスです。かなり万人受けするタイプだと思います。フローラルも濃厚ではないので、夏とかでも重くなりませんよ。」
「フェミニンですが媚びた感じにはならないフレッシュさがあります。周りからも評判がよく、接客業ですが仕事でもつかえています。」
「香水嫌いの人がいても、付けすぎなければ許容範囲になるくらいの柔らかさ。ガーリーだけど上品さもあるお花のイメージです。清楚なお姉さんになれる香りですね。」

ミスディオール

レディース香水で一番人気のシリーズ。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

 

次のページでは、ディオールの人気メンズ香水ブランドルーツを紹介して終わりにしたいと思います。