全米女性香水部門で受賞!CMでも人気のディオール『ジャドール』の香りと口コミ

第29回FIFI賞スター・オブ・ザ・イヤー(全米女性香水部門)を受賞した、クリスチャンディオールのレディース香水『ジャドール』

この度さらにリニューアルし、より爽やかで、より華やかなフローラルになりました。早速雑誌でも取り上げられ、テレビCMも「そのお洒落な世界観」が話題になったので記憶している方も多いでしょう。

頑張った自分自身へのご褒美に購入している方も多い高級香水で、とにかく香りが良いと好評です。ふわっと鼻腔をくすぐり、一度嗅いだら虜になってしまうという人も少なくありません。まるでブーケに包まれたように華やかで繊細さが大人気。

また、さりげなくジャドールを纏えば気品ある大人の女性を演出できるため、結婚式やパーティーなどのイベントにも使えますし、会社でも使えます。

その香りを纏っただけで、その人の心も雰囲気までも上品な大人にさせる、そんな『ジャドール』のコンセプトや使用者の口コミをまとめてみました。

ジャドールのコンセプト

全米女性香水部門で受賞!CMでも人気のディオール『ジャドール』の香りと口コミ

商品名の『ジャドール』はフランス語で「J’adore=とっても大好き」というような意味。「好き」を表す言葉の中でも最上級の想いを表し、もともとは神にのみ捧げる言葉だったとか。そんな高貴な言葉を冠したこの香水は、その高貴さを体現するかのような、とっても芳醇なフローラル。

それはまるで、たくさんの花からなるブーケを抱えたよう。世界中の花を合わせた、崇高なる芳香。上品で洗練されたフローラルノートの神髄。大人の女性の媚びない甘さ、そしてセクシーさを併せ持つ高貴なフレグランスです。

今回のリニューアルで新たな香りも加わり、フローラルの芳醇さも増し、それでいて爽やかで重くない、使いやすい香水となっています。



ジャドールの香り成分

  • 香調:エモーショナルフローラル
  • トップノート…マンダリン・アイビーリーフ・チャムパックフラワー・イランイラン、など
  • ミドルノート…オーキッド・ダマスクローズ・バイオレット、など
  • ラストノート…ダマスカスプラム・アマラント・ブラックベリー・ムスク・ジャスミン、など

トップノートはフレッシュでみずみずしくフルーティ。その中にもフローラルと、ちょっとウォータリーも。

ミドルノートではフローラルが本格的に出てきます。華やかで女性らしいフローラル、まるで花束を持ったかのよう。

ラストノートではムスキーさが出てきますが、ミドルノートが少し残りフローラルが残った甘い印象を受けます。

ジャドール使用者の口コミ

ジャドールの口コミ

フローラルの香り

まず挙がってくる口コミは、フローラルの香りについて。さまざまな言葉でこの上品な香りの良さを表現しています。

代表的なものを紹介すると

  • とってもエレガント。その中に上品な甘さもあります。
  • うっとりするような優雅さ、そして華やかさを感じます。
  • 瑞々しく、フェミニンな花束を抱えたような雰囲気に包まれます。
  • 気持ちが温まる、とっても優しいお花の香り
  • フレッシュ感があり、嫌味のないフローラル。
  • 甘すぎず、セクシーさも感じられた。

といったものが挙げられます。「これを付けただけで、ちょっと大人になれた気分です。」という人もいます。まさに「気品ある高貴な花のブーケ」と言ったところでしょうか。

女性らしい香りではありますが、「いわゆる、女っぽいとは違う、凛とした大人の女性。」と口コミがあるように、ガーリーではなくマニッシュな印象です。

とにかく香りが好き!

上品さ、高級さ、爽やかさ…。いろいろと良いところはありますが、何だかんだ言っても香りが気に入って使っている、という声が一番多く挙がっています。

ついに念願のジャドールを手に入れました。私はファッションも気にしているのですが、その中でも重要なのが香りだと思っています。もはやファッションの一部です。どんなに良い衣服を着飾っていても、香りがダメだと下品になってしまいます。

高級感溢れる香り

ジャドールは大人の女性に似合う官能的なフレグランスとして作られ、その上品さや高級感が評判を集めています。派手過ぎずシックなので、どんなシーンでも長く愛用できますね。そんな高級感に関しては次のような声も。

先日、彼氏からのプレゼントでジャドールをもらったので、デートで実際に使ってみました。とても高級感のある、シックなフレグランスという感じです。鼻の奥に残るのではなく、スーッと抜けていくような感じなので、嫌な感覚が一切ありません。

彼氏からも「良い匂いだね」と言ってもらえて、嬉しいです。ちょっといいレストランへ行きましたが、そういった場でも悪目立ちすることなく、品があるのでちゃんとしたい時でも付けられます。

圧倒的な高級感溢れる香りは自分自身を高めてくれるし、シーンに合わせてこういう高級品を一つは持っておきたいです。



意外と濃厚

雑誌やテレビcmの影響もあったのでしょうか、爽やかで軽やかなイメージを持っていた人が、「イメージと違って、意外と濃厚だった。」と口コミが寄せられています。

とはいっても重すぎるわけではないようです。先入観を持っていると違和感を覚えるかもしれませんが、「爽やか」「フレッシュ」といった声もあるように、それなりに使いやすくなっているようです。リニューアルで爽やかさも増したようです。

ただ「苦手な人にはきついと思う」ともありましたので、軽やかなものをお求めの場合は、注意が必要かもしれません。

オールシーズン使える

甘さが強いと夏などの暑い時期は使いにくく、春夏と秋冬、または春夏秋冬で使い分けている方も多いでしょう。しかしジャドールなら、重すぎない爽やかな甘さで、通年で使うことができます。

オールシーズン使える香水がないかなと思って、クセがないジャドールを選びました。ディオールは昔から色々とお世話になっているのですが、やっぱり安定して商品の質は高いです。
私ももう20代後半なこともあって少し大人になったのですが、大人になればなるほどジャドールの良さがわかってきます。
オールシーズンでも使えるようにジャドールにしたのですが、肝心の香りは本当とても良いです。これなら春でも夏でも、秋でも冬でも使えると思いますよ!

柑橘系の甘みのあるフレグランスなので、夏の方が爽やかさを演出できるかもしれませんが、逆に冬に使ってエレガントな雰囲気を醸し出すのもありです。上手に使えばどんなシーン、季節でもはずすことはないでしょう。

秋冬の香水

その、「意外と濃い目」なところを受けてか、「秋冬に合う香水です。」といった口コミがありました。中には「夏でも大丈夫。」「付け方次第で一年中いける。」という人もいます。ですが、「夏場だとむわっとする」という人もいます。

秋冬の、空気が冷たく引き締まった環境でのほうが似合いそうな香りです。暖かくなってきたころには付け方に注意しておきましょう。

 

ジャドールの口コミはまだまだあります!香りが苦手…という人の意見も参考にしてみて下さい。