時代を先行くシャネルの香水!レディース・メンズ別の人気香水まとめ

 時代を先行くシャネルの香水!レディース・メンズ別の人気香水まとめ

もはや説明不要の有名ブランド「シャネル」。ファッションや宝飾に興味がなくても、いつの間にか名前を憶えているくらい有名ですよね。高級なイメージを持っている方も多いかもしれません。

創業当時から革新的なアイテムを世に送り出し、ファッション業界だけでなく生活全体にまで影響を与えたと言われています。過去から現代まで、女性の心をつかみ続けているファッションリーダーであり、時代のパイオニア的存在と言えます。

香水の分野でも同じように、世界中から愛されています。シャネルのファッションがレディース中心なのでメンズはないのかと思いきや、しっかり展開しています。その完成度の高さは今やレディースと同じぐらいの人気を獲得しています。

今回は、シャネルの中でも特に人気の香水を厳選し、レディースメンズに分けて紹介していきます。記事前半はレディース、後半はメンズとなっています。

また、最後にシャネルのブランドルーツや香水の歴史についてもまとめてありますので、興味がある方はそちらも併せてご覧ください。



シャネルの人気レディース香水

No5(シャネルの5番)

言わずと知れた名香。シャネルが一番最初に出した香水ですね。マリリン・モンローの「寝るときにつけるのはシャネルの5番だけ」のセリフであまりにも有名なレディース香水。

名前の由来もご存知の方が多いかと思います。発売日はすでに5月5日(ココ)に決まっているなか、サンプル品を確認した時に5番目が気に入ったので、「No5」と名付けられました。シャネルにとって5はとっても縁のある数字のようですね。

調香師はエルネスト・ボー氏。

  • トップノート…ネロリ・レモン・ベルガモット・アルデヒド、など
  • ミドルノート…ジャスミン・ローズ・イリス、など
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・アンバー・ムスク・シベット、など

アルデヒド(アルデハイド)を使った初めての香水です。ジャスミンやローズを中心としたエレガントな甘さのあるフローラルで女性らしさを演出してくれますが、香りが濃厚なので、苦手な人もいるかもしれませんね。

柔らかく包み込み、気品ある落ち着いた印象。だからといって大人かというとそうでもなく、年を重ねた女性から若い清楚なお嬢さんにまでしっくりきます。まさに時代を越えた名香ですね。

クラシカルで粉っぽさがあるので苦手に感じてしまう人もいるようですが、ハマる人は何年も使い続けるくらいですよ。

No5 ロー

オリジナルのNo5が持つ複雑さを抑えて現代版にリニューアルしたレディース香水。このローをつくることで、No5が如何に素晴らしかったかを改めて伝えることができたのではないでしょうか。

オリジナルにあったクラシカルを現代風にアレンジしたことで、オリジナルのよさを残しつつもフレッシュさが生まれ、よりナチュラルな魅力が加わっていますよ。

調香師はオリヴィエ・ポルジュ氏。

  • トップノート…レモン・マンダリンオレンジ・ネロリ・ベルガモット・ライム・アルデヒド、など
  • ミドルノート…ローズ・ジャスミン・イランイラン、など
  • ラストノート…シダー・ホワイトムスク・バニラ・オリスルーツ、など

新たに加わったフレッシュなシトラスが広がるトップノート、そして続くローズやジャスミンのキレイなフローラルがイランイランと混ざり合います。フローラルが去った後、ラストノートではムスキーとともにシダーの力強さを感じながら優しく包まれます。

オリジナルよりも軽やかなフルーティー&フローラルでフェミニンを演出。パウダリーなところも軽減されたことで、オリジナルを敬遠していた人でも使いやすくなっています。

チャンス

ラウンド ボトルのフローラル フレグランス。いつ訪れるかわからない、予期せぬ瞬間、チャンスは幸福と幻想に満ちた風の中にあなたを連れて行く。チャンスの世界へようこそ。

ピンクペッパー、ジャスミン、アンバー パチョリの香りが絡み合う、フローラル フレグランス。予測不能な刻々と変化する香り、フローラル、スパイシー、センシュアルな香りが次々と香る。

チャンス オー タンドゥル

丸いボトルで見た目も可愛いと人気のレディース香水。中身もちゃんと人気で、@cosmeにおいて、2013年~2017年のベストコスメアワードのフレグランス部門で上位に入り続けています。あまりの人気で、好きな香りだけど周りと被るから付けない…なんて人も出てしまうほど。

調香師はオリヴィエ・ポルジュ氏。

  • 香調:フローラル、フルーティー

あまり大きな変化がないシングルノート。グレープフルーツ・マルメロ・ジャスミン・ホワイトムスク、など。フルーティーな甘さと優しいフローラルにホワイトムスクが混ざり合います。

上品で甘すぎずきつすぎず、爽やかで使いやすい優しいフローラル。付けた本人だけでなく、それを嗅いだ女性も幸せな気持ちにさせてくれます。

ココ マドモアゼル

1984年に発売された「ココ」の流れを継ぐ、2001年に発売されたレディース香水です。調香師はともにジャック・ポルジュ氏。シャネル本人をイメージしてつくられているので、ブランドの結晶ともいえる作品ですね。その甲斐あってか、みごと2002年のFiFi賞を受賞していますね。

  • 香調:オリエンタル、フレッシュ
  • トップノート…シチリアンオレンジ・カラブリアンベルガモット
  • ミドルノート…ローズ・オリエンタルジャスミン
  • ラストノート…パチュリ・ベチバー・バニラ・ムスク

爽やかな柑橘系で始まるトップノートから上品なフローラルのミドルノートへ。そして甘さと官能さがあるラストノートへと変化します。

「ココ」よりもライトですがしっかりとした存在感で、洗練された印象を周りに与えられます。上品で甘さもありとってもフェミニン。「マドモアゼル」という名前ではありますが、若々しさよりもしっかりとした大人な雰囲気ですね。

キツさがないためプライベートだけでなく仕事の現場にも違和感なく使えますよ。

ガブリエル シャネル

シャネルの出生名である「ガブリエル」を名前に冠したレディース香水。2017年9月発売で瞬く間に人気になり、@cosmeベストコスメアワード2017年下半期フレグランス新人賞を獲得したほどです。

自身からインスピレーションを得ているところは「ココ マドモアゼル」と同じですが、「ガブリエル シャネル」は、デザイナーとしてではなく一人の女性としての自身を表した作品です。

情熱にあふれ、なりたい自分になることを追い続けたガブリエル・シャネル。その名前を冠するこの香水は、現代の自分らしさを求めている女性を応援。

調香師はオリヴィエ・ポルジュ氏。

  • 香調:フローラル

オレンジブロッサム・イランイラン・ジャスミン・グラース産チュベローズ・サンダルウッド・マンダリン・グレープフルーツ・ブラックカラント、などからなるシングルノート。

4つの白い花のフローラルに他の要素を織り交ぜることで、唯一無二の白い花のフローラルを作り上げることができました。上品で透明感のある優しいフローラル。

アリュール

1996年に発売され世界的ベストセラーになったレディース香水。日本でも発売から4年たった2000年に@cosmeベストコスメ大賞レディスフレグランス部門で3位になるほど。

特筆すべきは人によって出てくる香りが違うシンクロノート。フレッシュ・フルーティー・フェミニンフローラル・イメジナリーフローラル・ウッディー・オリエンタルの6つのうち、どれが出てくるかが人によって変わるという個性的な香りです。

調香師はジャック・ポルジュ氏。

ベルガモット・マンダリン・ジャスミン&ローズ・ウォーターリリー&マグノリア・ベチバー・バニラ

付ける人によって違うということは、付けた人の個性を反映しているということですよね。言葉では表せない個性を香りで表現、その人独自の魅力を奏でてくれる独特の作品。

ココ ヌワール

真っ黒なボトルが目を引くレディース香水。まずボトルが先に開発されていて、それに見合った中身を作ったとか。シャネルは黒色に女性の魅力を引き立てる特徴を見出していて、ファッションにもよく使われています。まさにそれが反映されています。

調香師はジャック・ポルジュ氏。

  • 香調:オリエンタル、フローラル
  • トップノート…ベルガモット・グレープフルーツ・ピンクペッパー
  • ミドルノート…ジャスミン・ローズ・ナルキッソス・ゼラニウム・シダー
  • ラストノート…バニラ・トンカビーン・サンダルウッド・ベチバー・フランキンセンス・パチュリ・ホワイトムスク

トップノートはフレッシュで始まりますが、フローラルを経由して、次第にボトルのイメージ合った、どこかミステリアスでセクシー心地よい雰囲気に包まれます。

No19 プードレ

シャネルの誕生日8月19日にちなんで名付けられた「No19」の現代解釈版に当たるレディース香水「No19 プードレ」。オリジナルのクオリティをそのままに、グリーンっぽさを抑えて、ライトなパウダリーなフレグランスに仕上がっています。

調香師はジャック・ポルジュ氏。

  • 香調:パウダリー、グリーン、フローラル
  • トップノート…ネロリ・マンダリンオレンジ・ガルバナム
  • ミドルノート…イリス パリダ・ジャスミン
  • ラストノート…ベチバー・トンカビーン・ホワイトムスク

トップノートのグリーンも適度に抑えられ、メンズ的な印象は和らいでいます。ミドルノートからフローラルな甘さにパウダリー、そしてラストノートでは落ち着きのある優しい雰囲気になります。

ふわっとした柔らかさ、かつ大人の上品さを感じさせてくれます。オリジナルが少し男性的でシャープだったのに対し、プードレはもう少し丸くなって、甘さもありながら芯に強さを持っています。

 

 



シャネルの人気メンズ香水

ブルー ドゥ シャネル

2010年にリリースされたメンズ香水。メンズとしては実に11年ぶりの作品。黒に近い濃い青色のボトルが男性的でシャープな印象を強く表しています。

自分らしく生きる男の力強さを魅惑的な香りで表現、シャネルの強い信念を男性に置き換えたフレグランスと言えます。

緒香師はジャック・ポルジェ氏。

  • 香調:ウッディ・アロマティック
  • トップノート…レモン・オレンジ・グレープフルーツ・ピンクペッパー・ペパーミント・ナツメグ
  • ミドルノート…シダー・ドライノート・ベチバー・ジンジャー・ジャスミン
  • ラストノート…パチュリ・フランキンセンス・サンダルウッド・ラブダナム

スパイシーさがあるシトラスのトップノートに始まり、ミドルノートではジャスミンやシダーなどが広がりアロマティック。ラストノートではウッディで落ち着きを。

発売された当初は日本ではあまり人気がなく、ありきたりなものとさえ言われていましたが、女性受けがいいと噂になり人気に火がつきました。ラストノートのラブダナムにリラックス効果があります。

アリュール オム

アリュールのメンズ版「アリュール オム」。

カリスマ性と内面の強さを持ち合わせた大人の男性のための香り、「アリュール オム」。フレッシュ、スパイシー、ウッディな香りが包み込む。

フレッシュ、スパイシー、ウッディ出構成される調和のとれた香り。マンダリンと、ほのかに刺激的なコリアンダーのフレッシュなトップ ノートが、強いセダーの香りに溶け込む。ヴェネズエラ産 トンカビーンとシトラス ラブダナムのコンビネーションが、センシュアルな香りを創りだし、それをマダガスカル産 ブラックペッパーがより高める。

アリュール オム スポーツ

「アリュール オム」の派生シリーズ「アリュール オム スポーツ」。名前の通りスポーツの時に気分転換できます。

スポーティーでカジュアルなスタイルの魅力に満ちたアリュール。フレッシュでセンシュアルな香りが、完全なハーモニーで体と心を包み込みます。

エレガントなニュアンスをもつ、フレッシュかつセンシュアルな香り。マンダリンのはじけるようなさわやかさが、力強いセダーに調和し、センシュアルな トンカビーンがホワイトムスクとともに深く包み込むような余韻をもたらします。

大人の男の色気、柑橘系の爽やかさとともに苦みやスパイシーさも感じられます。甘さも強くないのでスポーツの時や夏場に使いやすくなっています。

メンズ感はそれほどでもないので、女性でも使いやすいと好評です。

アリュール オム エディシオン ブランシュ

アリュールのメンズ版「アリュール オム」のアレンジバージョンです。

  • トップノート…マダガスカルブラックペッパー・ピンクペッパー
  • ミドルノート…シチリアンレモン・カラブリアンベルガモット
  • ラストノート…ブラジルトンカ・ホワイトムスク・ベチバー・サンダルウッド

爽やかさ、清潔感、クール、そして甘さや暖かさ、これら相反する要素をバランスよく感じさせてくれる不思議な香り。

体温による影響を受けやすいのか、男女で付けた時の印象が変わりやすいのが特徴です。つかみどころがなく、ハマる人は抜け出せないくらいなんだとか。

エゴイスト

メンズの定番「エゴイスト」。現代人にとってシャネルのメンズの歴史はここから始まったと言っても過言ではありません。多分(笑)

圧倒的な個性がドラマティックに展開するフレグランス。意志が強く、魅惑的で、圧倒的な個性を放つ男性を表現した香り。強烈なほどのオリジナリティにあふれた、ウッディ オリエンタル ノート。

他にはない強い個性をもった、ウッディ、スパイシー、アンバーが調和した香り。マンダリンとコリアンダーのフレッシュなトップ ノートから、華やかなオリエンタル ローズを中心とするミドルノート、ニューカレドニアのサンダルウッドとバニラ、アンブレット シードの温かくセンシュアルな余韻に包まれる、ラストノートへ。

エゴイスト プラチナム

「エゴイスト」のアレンジバージョン。オリジナルのエゴイストを継承しつつ、さらに使いやすく中性的にアレンジした香りで、2000年の@cosmeベストコスメ大賞でメンズフレグランス部門3位になったほど。

オリジナルのエゴイストがメンズにも関わらず女性の愛用者が増えたため、より使いやすいようにアレンジされたのがエゴイストプラチナムです。要するに、男女で使えるユニセックスに仕上がっているということですね。

調香師はジャック・ポルジェ氏。

  • トップノート…ラベンダー・ローズマリー・プチグレン
  • ミドルノート…クラリセージ・ゼラニウム・ガルバナム
  • ラストノート…ベチバー・シダー・ラブダナム

フレッシュなトップノートに始まり、ミドルノートでは男性的な快活さを思わせます。ラストノートでは温かみのある落ち着いた雰囲気に。クールな大人の男といった印象を受けますが、同時に爽やかな軽やかさも持ち合わせています。

プール ムッシュウ

1955年発売の、シャネルが存命時代に発売された唯一のメンズ香水。当時のメンズは爽やかではあったけどそれだけの印象が強かったとか。そこでシャネルは女性に訴える魅力を加えたものを作ろうとして生まれたのがこのフレグランスです。

ピカソなど、親交があった男性に贈ったとのエピソードもありますので、大切な男性への贈り物にもいいかもしれませんね。

調香師はアンリ・ロベール氏。

  • 香調:シプレー
  • トップノート…レモン・ネロリ・プチグレイン、など
  • ミドルノート…カルダモン・ホワイトペッパー、など
  • ラストノート…シダーウッド・ベチバー、など

歴史あるだけあって、とてもクラシカルな印象を受ける、シプレー系の王道と言えますね。凛とした強さを持った男性の雰囲気。若い人には使いこなすのは難しいと言われますが、エゴイストやアリュールオムに比べて知名度が低い分、周りと被らないので狙い目でもありますね。

シプレー好きの女性におすすめという声もあります。

アンテウス

ギリシャ神話に登場する巨人の名前からとったメンズ香水です。存在感があって力強い魅力を醸し出します。深紅の箱と黒いボトルがそれを強調しています。

調香師はジャック・ポルジェ氏で、氏の初のメンズフレグランス。

  • トップノート…レモン・ラベンダー・ベルガモット・ペパーミント・コリアンダー、など
  • ミドルノート…ローズ・ジャスミン・バジル、など
  • ラストノート…パチュリ・アンバー・ムスク、など

スパイシー・ウッディでありながら、強さだけでなく優しさや包容力を思わせる、二面性のある香りです。ジャスミンやローズの影響でしょうか。甘さもあるので、力強くも優しいその懐に包み込まれたい気持ちに。

シャネルのブランドルーツと香水の歴史

シャネルのブランドルーツと香水の歴史

最後に、ブランドルーツとその影響力、そして香水について解説して終わりにしたいと思います。

ブランドの始まりは1910年。パリに「シャネル・モード」という帽子屋を開業したことが始まりです。当時の主流だった装飾が多く施された帽子ではなく、シンプルでデザイン性の高い帽子で人気になります。それをもとに服飾へと事業の幅を広げていきました。

いまでこそ高級なイメージが強いですが、シャネルは幼少期を孤児院や修道院で過ごし、その間に洋裁の技術を身に付けていました。このような幼少期こそがブランドのルーツと言えます。

シャネルのファッション哲学は、今までの常識、特に女性が縛り付けられていた価値観を壊す革新的な発想で、世界にとても大きな影響力を与えていきます。当時は男性用とされていたパンツルックを女性用にしたのもシャネルですし、喪服のイメージしかなかった黒色をファッションに取り入れたのもシャネルです。

片手がふさがってしまうハンドバッグしかなかった時代に、ショルダーバッグをつくって両手を開放できるようにしたのもシャネルと言われていますし、ファッションの世界に大きな影響を与えたことは間違いないでしょう。



最初に始めた帽子屋の時点で、当時の主流ではないタイプを作るといった革新的なファッション哲学は完成していたのではないでしょうか。もしシャネルがいなかったら、ファッションだけでなく、人々の生活も今と違っていたのかもしれませんね。

またシャネル本人もとても美しい女性でしたので、自分自身が広告塔として表舞台に出ることもあったようです。今でこそテレビやwebで顔を出して会社の広告塔になる社長は多くいますが、その始まりとも言えます。

髪を切ればショートカットが流行るぐらい影響力があり、ブランドから発表されるアイテムはファッション・装飾・時計・コスメ、そしてフレグランス、どれもがレディースに力を入れてきています。

日本には1994年、銀座・並木通りにブティックがオープンし、バブルの影響もあってか若い女性を中心に人気になりました。記憶に新しいですが「シャネラー」という言葉まで生まれました。2004年には同じく銀座に「銀座シャネルビル」ができるほど、その人気はいまだ健在です。

シャネルの香水の歴史

シャネルの香水の歴史

1921年にかの有名な、「No5(シャネルの5番)」が発売されます。この「No5」は、人工香料であるアルデヒド(アルデハイドとも言います)を初めて使った香水ですので、世界でも革新的だったと言えます。

それまでは、「貴族が付けるフローラル」「夜のお仕事の女性が付ける動物的なセクシー系」なイメージで、一般ではあまり縁がないものでした。

シャネルはまずこの常識から変えてしまいました。もっと普通の女性が日常的に使えるものをつくろう、それでできあがったのが「No5」なのです。

それまで香料を単体で使っていて強めの香りだったものを、アルデヒドを使って調香することで、とても使いやすいフレグランスが生まれました。これ以降他社からもアルデヒドが使われるようになったので、香水の歴史を変えた作品と言えるでしょう。

シャネルはファッションやコスメでレディースに力を入れていることから、必然的に女性向けが多くリリースされています。でもメンズをおろそかにしているわけではないのです。

「女性は嗅覚で恋をする」なんていう言い方をされるくらい、香りは大切な要素です。そんな気持ちを考えるからこそ、男性から香ってほしいフレグランスを手掛けているのではないでしょうか。

メンズアイテムの少ないシャネルなのに、メンズフレグランスはそれなりの数で展開されているのは、実はそういった秘密があるような気がします。女性の心を掴んでいるからこそ作れるメンズ香水とも言えますので、男性が購入するのはもちろん、彼氏や旦那様にプレゼントで贈るのもいいかもしれませんね。



まとめ

世界的なブランド「シャネル」の人気香水(レディース・メンズ)と、ブランドルーツについて紹介してきました。

時代の常識を変えてしまう革新的、香水の常識も変えてしまったその実力は現在にも受け継がれ、とても上質なフレグランスで楽しませてくれます。

レディースブランドのイメージが強いですがメンズもあり、女性から好印象なのはもちろん、エゴイストプラチナムなど男女問わず使いやすいものもあります。

歴史ある名香も多いので、その奥深さを体験してみるのもいいですね。

ちなみに個人的におすすめなのは、レディースなら『ガブリエル シャネル』、メンズなら『ブルー ドゥ シャネル』ですね。どちらも新作で、今後注目されていくのは間違いないかと思われます。

併せてこちらもチェック!