スポンサーリンク

付ければ愛される!名香と呼ばれる【レディース香水】人気ランキング20選!

付ければ愛される!名香と呼ばれる【レディース香水】人気ランキング20選!

いい匂いがする女性はとっても魅力的で憧れるものですが、そのために素敵なフレグランスを見つけるのも一苦労。

香水ってたくさん種類がありすぎるし、買う前に試しに使ってみることもなかなかできないものです。

なりたいイメージも、可愛らしい、可憐、清楚、綺麗、知的、クール…などなどみんな様々ですし、特に初心者さんにとっては香水選びがひとつのハードルになるんじゃないでしょうか。

ということで今回は、世の中ではどんなレディース香水に人気が集まっているのか、特に口コミ評価が高いレディース香水のみを厳選してピックアップしてみました。

なりたい自分になるために、これからの香水選びに参考にしてみてくださいね。

PR:【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

Dior『ミスディオールブルーミングブーケ』

ゴールデンタイムのお洒落なテレビCMで話題となった『ミスディオールブルーミングブーケ』。

アットコスメのベストコスメアワードでは、2015年と2016年に2年連続で1位を獲得。そして2019年には殿堂入りを果たした人気作品。

2018年2月にはローラーパールバージョンも発売されましたが、こちらも同じくベストコスメアワードで、2018年上半期ベストフレグランスで1位を獲得。まさに飛ぶ鳥落とす勢いです。

「エチケットをしっかりと守る姿勢」が人生のプラス的側面につながっていくという世界観。強い意志、自身の価値観にしっかりとした芯を持った女性に付けてもらいたいフレグランスです。20代はもちろん、30代~40代と幅広く愛用されています。

ブルーミングブーケの繊細な香りによる違いを楽しみながら、日々のライフスタイルに取り入れて行きましょう。

Chloe『クロエオードパルファム』

王道のブランド香水、クロエオードパルファム。清潔感のあるエレガントなフレグランスで、年齢を問わず幅広い年代の女性から支持されています。

初めて買った憧れの香水がクロエオードパルファムだったという女性も大勢い舞ます。自分用としてはもちろんのこと、大切な人への贈り物としても喜ばれる一品。容器も可愛らしく、中身を使い切った後でもお洒落な小物として飾っておけます。

アットコスメのベストコスメアワードでは2009年と2010年に2年連続で1位を獲得。2011年には殿堂入りを果たしています。

オードパルファムのため持続時間は長く、付け過ぎには注意が必要です。香りは下から上へとのぼっていくので、足首や太ももの裏などの下半身につけると体全体がいい感じに包まれます。

Chloe『ローズドクロエ』

上品でほのかな薔薇に、クロエの特徴的なホワイトムスクとアンバーの香りがふんわりと漂います。男性からはもちろん、女性からも好感がある繊細で優しいフレグランスです。飾っておいて画になる高級感あるボトルも人気です。

薔薇の香りなのに、ローズのエッセンシャルオイルを使うことなく再現している匠の技。

Dior『ジャドール』

ジャドールはCMでその美しい世界観が話題となり、女性から圧倒的な支持を得ている高級香水です。全米女性香水部門で受賞しているほどの実績がありますが、その中身は時代の最先端に柔軟に合わせ、常に進化しています。

ジャドールは年代を問わず、ちょっと背伸びして愛用している10代もいれば、50代の気品あるキャリアウーマンからも支持されています。

ナチュラルプランツ『リビドーロゼ』

雑誌【an・an】に掲載されたこのリビドーロゼは、『モテ香水』と言われ、異性や第三者から好感を持たれるためのフレグランス。『とにかく男性ウケが良い香り』を狙って開発されました。

フェロモン香水の部類ですが、あからさまなものではなく、普通の香水としてカジュアルに気楽に普段使いができます。香水自体が元々 「異性にアピールするために身に付けるもの」 として利用されてきました。それを現代にアレンジして、いかにも誘うためのものではなく、もっと自然に、日常に馴染むように仕上げられています。

ベッド専用とネーミングされていますが、『男性を魅了する』といった、本能にさりげなく訴えかける色気漂うフレグランスを採用しています。デートの時など気になる男性と至近距離になるシチュエーションの時におすすめ。

ランバン『エクラ ドゥ アルページュ』

レディース人気トップ10にはほぼ必ずランクインする人気作品で、歴史ある名香『アルページュ』の名を受け継ぐランバンのシンボルです。

ひと際目立つ存在になったエクラドゥアルページュは、どんなシーンにもマッチしていく嫌みのないフレグランス。エレガントであり、モダンな洗練された女性のイメージ。フローラルムスクを基調に、透明感あるほのかな甘さへと広がり、格調高い香りへと変化します。

女性にピッタリの要素が揃っていて、それに加えて可愛らしいボトルデザインにも愛着が持たれています。香水初心者の女性にプレゼントすれば間違いなく喜ばれます。

アットコスメのベストコスメアワードでは、2005年に2位を獲得したのを皮切りに、2006年と2007年に2年連続1位。その後も1位から3位の間に君臨し続け、ついに2014年に殿堂入りを果たしました。人気の高さは文句なしです。

ただ、逆に言えばそれほど定番化してしまったので、他の人と被ってしまう可能性が高めです。

TIFFANY&Co『ティファニーオードパルファム』

約15年ぶりとなるティファニーの新作フレグランスとして登場!淡いエメラルドグリーンが目を惹きます。

さすがジュエリーブランドだけあって、ダイヤモンドカットのまさに宝石のようなボトル、そしてお馴染みのブルーボックスなど、その卓越したデザイン性にファッション業界からも注目が集まっています。

外見のデザインだけじゃなく中身も洗練されており、「目に見えないジュエリー」と言われるほどの完成度。これほどハイクラスな香水もなかなか見当たりません。

ティファニーのジュエリーが入っているブルーボックスと同じデザインの箱に入っているので、より一層高級感を感じさせます。プレゼントにも最適です。

ドルチェ&ガッバーナ『ライトブルー』

ドルガバの愛称で親しまれているイタリアの高級ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」。そのドルガバを代表する香水が、この『ライトブルー』です。

発売からかなりの年月が経っているのにいまだに売れ続けているロングセラーアイテム。発売は2001年なのですが、アットコスメの2019年ベストフレグランス第2位に選ばれました。それだけ多くの人に馴染みやすい作品と言えますね。

どこまでも広がっていく地中海の青い海、降り注ぐ太陽の光。そんな澄みきった雰囲気を詰め込んだフレグランス。とてもライトで爽やかなので、初心者はもちろん、男性使用者も多く、まさに万人に愛されている作品です。

香調はフローラル、フルーティ。最初は爽快なシトロンにアップルとブルーベルが合わさり爽やかで甘酸っぱい印象。次第にジャスミンやホワイトローズのフェミニンなフローラルが出てきて、そこにバンブーが加わることで、フレッシュでそしてどこか癒される雰囲気に。最後はムスクも出てきて深みのある中にセクシーさも感じられます。

爽やかな中にも女性的な甘さがありますが、しつこくないライトな香りなので気軽に使うことができます。デートに付けて行っても爽やかさと甘さで好印象。会社に付けて行っても周りを不快にさせることない、癖も嫌味もない香りです。

男性も使えるのでカップルで共有するのもお洒落ですね。

エリザベスアーデン『グリーンティー』

名前の通りにお茶をイメージさせる、とても日本人に馴染みやすい香り。実際に人気が高く、アットコスメで2004年ベストコスメフレグランス部門で3位を獲得しています。

ただ、お茶と言っても日本人が普段飲んでいる緑茶というよりは、優しい甘さのレモンティーのような雰囲気。トップノートにベルガモットやレモンが使われていて、そのシトラスがレモンティーのような爽やかさを生み出します。

自然の素材を使っているので、その香りはとってもナチュラル。さりげなく使えるので、会社や学校などいろんなシーンに馴染ませることができます。強い匂いが苦手な人や香水デビューの人にもおすすめです。

レディースに区分されていますが、男性にも使いやすいと評判。ユニセックスで使える香水としても評価が高いですし、紹介しているサイトによっては初めからユニセックスに分けているところもあります。カップルで一緒に使うのもよさそうですね。

カルバンクライン『エタニティ』

カルバンクライン本人の結婚へのオマージュとして作られたフレグランス。エタニティ(=永遠)というのも結婚を連想させるネーミングですね。

発売は1988年でその翌年には香水界のオスカー賞「FiFi賞」を受賞していて、今なお高い人気ですから、そういう意味でもエタニティな作品と言えますね。

始めはシトラス調ですがミドルからは甘さのあるフローラルに変化。ラストに近づくにつれて、落ち着きのある雰囲気に変わっていきます。

歴史がある香水だけあってクラシカルな印象もある一方、現代の若者にも使いやすいという非常にバランスが取れた、まさに名香。発売当初から使い続けている人もいれば、最近になってから使い始めた人も大勢います。

職場などに付けて行っても問題ないですし、フォーマルなシーンにもしっくりきます。

カルバンクライン『エタニティ モメント』


【カルバン クライン】エタニティ モメント 100ML EDP
【Amazonで見る】

2004年に発売されたエタニティシリーズの新バージョンで、恋に落ちたその瞬間を表現したフレグランスです。

フレッシュでフルーティーな甘さが、恋する乙女の輝いている様子と愛らしい表情を思い浮かばせます。そして次第にフローラルが出てきてフェミニンさを際立たせて、最後にはムスクなどで甘く優しく包み込みます。

それにしてもエタニティ(=永遠)とモメント(=瞬間)という、正反対ともいえる言葉を組み合わせたこのネーミングは素晴らしいですね。恋をしているその時の、永遠に続くような感覚と、すぐに時が過ぎ去ってしまうような感覚の組み合わせ。爽やかな甘さで女性らしいフレグランスで、好きになってしまえば何度でも嗅ぎたくなります。

シャネル『ガブリエル シャネル』

シャネルとしては十数年ぶりの新作で、発売して瞬く間に人気急上昇!なんでも無料配布サンプルが転売されるほどだったとか。それだけの人気ですので、当然のようにアットコスメの2017年下半期フレグランス新人賞を獲得しました!

シャネル創業者であるココ・シャネルの名前「ガブリエル」を製品名にしている、その高貴な名にふさわしい新時代の名香と言えます。

4種類の白い花を組み合わせて作られたホワイトフローラルブーケで、ピュアな女性らしさを感じさせながらも、どこか芯の強さも感じさせるフレグランスです。そんなところが、なりたい自分になるために情熱を燃やしてきたシャネル自身を想わせますね。

上品で女性らしい香りなのでデートやパーティーなど、ここぞと言うシーンで使えるワンランク上の香水です。

シャネル『チャンスオータンドゥル』

可愛らしいピンク色がパッと目に付くのがシャネルのチャンスオータンドゥル。

その名前にふさわしく『訪れるチャンスを大切にし、前向きに幸せに生きられるように』という願いが込められています。ポジティブで前向きになれる、女性のためのフレグランス。

ミストのように軽い付け心地で強い主張がなく、初心者でも抵抗がないのも人気の理由。アットコスメのベストコスメアワードでは、1位の獲得こそないものの、2011年から2017年まで3位以内を獲得し続けています。

フェミニンで清潔感があり、普段も特別な日も使えるオールマイティな香りです。始めはゆりのような上品さがあり、中間では優しさが感じられるフローラル、最後は甘く、といったように時間によって変化を楽しめます。

ナチュラルな香りのため酔うこともなく、気品のあるOL系やお姉さん系を目指す方におすすめです。

シャネル『ココマドモアゼル』

上品な大人っぽさを演出したい貴女にぴったりなのがシャネルのココマドモアゼル。『洗練された女性の香水』

オレンジ、ベルガモット、ジャスミン、ローズ、パチョリ、ベチバー、バニラ、ムスクなどで構成されたフレッシュでスパイシーなオリエンタルノート。

高温多湿の日本でも重くなり過ぎることなく、フォーマルなシーンはもちろんのこと、デイリーにも使いやすいです。

オードトワレやオードパルファなどの香水以外にも、同じフレグランスのボディローション、ボディクリーム、ヘアミストなどのアイテムが豊富に揃っていることもココマドモアゼルの特徴です。

夜の仕事をしている大人びた20代、もしくは30代や40代の女性にピッタリです。

ヴィヴィアンウエストウッド『ブドワール』


ヴィヴィアンウエストウッド Vivienne Westwood ブドワール EDP 30ml
【Amazonでチェック】

口コミ評価が全てとは言いませんが、使用者から圧倒的な人気を誇るのがヴィヴィアンウエストウッドのレア香水『ブドワール』。

そのあまりの人気から、いまとなっては入手困難、希少な存在となっています。特に20代に圧倒的な人気がありますが、落ち着きもあるので30代や40代でも違和感なく使えます。

可愛らしさもありながら官能的なところもある魅惑的なフレグランス。

イッセイミヤケ『ロードイッセイ』

  • トップノート…ロータス・シクラメン・ローズウォーター・ピオニー、など 
  • ミドルノート…カーネーション・ホワイトリリー・スズラン、など
  • ラストノート…オスマンサス・チュベローズ・アンバー・ムスク、など

1992年に発売された作品で、冒頭で触れたように「オゾンノート」というジャンルを浸透させたフレグランスです。製品名を日本語にすると「イッセイの水」で、三宅一生氏の考える水のイメージが込められています。

水のような清らかさ、森林を流れる清流のような心地よさ、そんな清々しさを演出。ラストノートでは官能的でロマンティックな雰囲気もあるフレグランスです。

レディースですが、男性でも使えそうとの声もチラホラとあります。

ランコム『ミラクオードゥパルファン』

奇跡を呼ぶ香水、ランコム『ミラクオードゥパルファン』。ネーミングのミラクはそのまま「ミラクル」からきています。そのコンセプトは『朝日が昇るように希望に満ち溢れ、自分自身で運命を切り開く女性達へ送られる神秘的な香り』

まさに男性受けするセクシーなフレグランス。強いて例えれば、信念を持って夜のお仕事をしている大人なお姉様に似合うイメージ。(※あくまで例えです。笑)

実際には万人受けするほのかな甘さとクールさがあり、老若男女問わず長年愛され続けています。アットコスメのベストコスメアワードでは、2004年と2005年の2年連続で1位を獲得しています。

ランコム『トレゾァ オードゥパルファン』

90年代を代表する世界的ベストセラーのレディース香水、ランコム『トレゾァオードゥパルファン』。名香と呼ばれるそのフレグランスは、ローズとピーチの王道の組み合わせで万人を魅了します。

名前は宝物という意味で、その名には恥じない宝石のようなきらびやかなデザインになっています。段差になっている作りによって、入り込む光が中身にあたってキラキラとするところも素晴らしいです。香りだけでなく見た目でも女性の気持ちを高めてくれますね。そんなところからでしょうか、女性へのプレゼントに最適!という口コミも多いです。

ジルスチュアート『リラックスオードホワイトフローラル』

ジルスチュアートと聞くと女性のファッションブランドの印象が強いですが、最近はコスメでも有名ですね。スキンケア用品やメイクアップ用品など様々なアイテムがあり、フレグランスの人気はこの『リラックスオードホワイトフローラル』。

アットコスメのベストコスメアワードでは2014年に1位を獲得。2017年は2位でしたが、2018年は1位に返り咲いています。シトラス、ベリーの甘さ、ホワイトとピンクのフローラルが融合した、ピュアで魅惑的な余韻が残る心地良い香りです。

オーデコロンなので香りは他の製品に比べると弱め。そのおかげで強く出すぎることがないので初心者さんにおすすめです。

ボトルのデザインも、うっとりしてしまうキュートなデザインですので、男性から女性にプレゼントするのもおすすめです。

リニューアルのために一度廃盤になり、次に紹介する『オード ホワイト フローラル』として生まれ変わりました。香りの傾向は基本同じなんですが、オードトワレになったこともあってか、この旧式の方を求めるファンも多くいます。

リニューアルした『オード ホワイト フローラル』

ジルスチュアート オード ホワイトフローラル 50ml
【Amazonで見る】

上に書いた通り、リニューアル登場した作品で2019年5月に発売されました。オードトワレになったことで強さも持続性も増しています。とは言ってもきついレベルになっているわけではないので前作同様に使いやすくなっています、もちろん初心者さんにもおすすめです。

ボトルも変わっていますが、女性らしさを感じる丸いフォルムにキラキラとしたデザインなところは同じ。こちらもお部屋に飾っておきたくなっちゃいますね。

ヴェルサーチ『イエローダイアモンド』

ヴェルサーチ イエローダイアモンドEDT 90ml
【Amazonで見る】

名前の通りに、ダイヤモンドのようにキラキラと輝く黄色のボトル。これだけでも女性の気持ちをギュッと掴みます。

その香りも透明感があって鮮やかです。はじけるような爽やかさに始まって次第にエレガントなフローラルが加わります。ラストになるとウッディな大人の色気を感じさせながらも明るい印象を残します。

全体的には甘さのあるフルーティーフローラル調ですが、透明感が品のある雰囲気も出すのでプライベートだけでなくフォーマルなシーンでも活躍します。

レディース香水人気ランキングまとめ

今回、口コミ評価が特に高いレディース香水を厳選して紹介してきましたが、気になる香りは見つかりましたか?どの香水も大勢の人から評価されていますので、選んで間違いはないと思います。

どの香水もそれぞれに個性があってとても魅力的。出せる雰囲気も違っていますから、いくつもコレクションして、その日のテンションやシーンに合わせて使い分けてもいいですね。

あるときは可愛らしい女の子なのに、また違うときは知的でクールなお姉さん。普段は清楚な雰囲気なのに、ここぞというときにはセクシーさを演出するというのもギャップが出せていいかもしれませんね。

併せてこちらもチェック!

タイトルとURLをコピーしました