「THE モテ香水」と称えられる『クロエ』の人気香水まとめ

「THE モテ香水」と称えられる『クロエ』の人気香水まとめ

世界中の女性から愛されているフランスのファッションブランド「クロエ」。高級素材を使用した既製服を世に広めたパイオニア的存在です。発表しているアイテムは高級服だけでなく、バッグや小物類、そして化粧品や香水と幅広く手掛けています。

2008年に発売されたレディース香水「クロエ オードパルファム」が絶対的一番人気。「クロエ」と言ったら、この「クロエ オードパルファム」を指すぐらいブランドを代表していますが、実はそれ以外にも魅力的な香水がたくさんあるんです。

今回は、「付けているだけでモテる」「THE モテ香水」と称えられるほどのクロエの人気香水を一挙まとめてご紹介します。最後にブランドルーツもまとめましたので、ぜひ知識を深めてみて下さい。


クロエ オードパルファム

「クロエと言えばコレ」というぐらい代表する看板香水。人気がありすぎて「街を歩けばこの匂いを嗅ぐ」「デパートの匂い」と言われるほど一世を風靡しました。そのことで世に認知され、新作のたびに話題になるほどの有名ブランドになりました。

2008年の発売からその人気はすさまじく、@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門において、2008年に3位、2009年と2010年に1位を獲得、そして2011年に殿堂入り。2018年現在でもその人気は絶えず、常にトップに君臨し続けています。

  • 香調:フレッシュ、フローラル
  • トップノート…ピオニー・ライチ・フリージア
  • ミドルノート…マグノリア・ローズ・リリーオブバレー
  • ラストノート…ムスク・アンバー・シダーウッド

トップノートは瑞々しく透明感のあるフレッシュさ。ミドルノートではローズを生かした優雅なフローラルが、ラストノートでは石鹸のような清潔感と落ち着きを感じさせます。

上品でふわっとした柔らかい感触でとってもフェミニン。きつさもないので強いフレグランスが苦手だという人でも使いやすいと人気です。清楚でありながら可愛らしさも備えた大人を演出。仕事でもプライベートでも好印象を与えられますよ。

オードパルファムなので朝付けて出かけても夕方まで残っています。強く出ないように注意が必要ですね。

クロエ オードパルファムの口コミ

「かれこれ6年くらいは使い続けています。清楚な女性らしさを出せてとても気に入っています。他の香水を試してもまた戻ってきちゃいます。それくらいハマっています。」
「上品さと甘さがあるお花のにおい、とても大好きです。オードパルファムなので付けすぎると強く出てしまうそうなので、空中に吹いたものをサッと被る程度にしています。」
「会社に付けて行っていますがとても好評です。女性陣から可愛いと言ってもらえたり、男性陣からもいい匂いって言ってもらえたりしています。」
「ボトルもオシャレだし、フェミニンな感じでとても気に入っています。周りからいい匂いって言ってもらえるのでよく使っています。友達と被ったこともありますが、それだけ人気ということですよね。」
「初めて買ったのがこれでした。きつくなくて使いやすく、みんなから好評です。初めての人に特におすすめ。」

クロエ オードパルファムの香りをアレンジした「アブソリュ ドゥ パルファム」

10周年を記念して限定発売されたこの「アブソリュ ドゥ パルファム」は、クロエ オードパルファムの香りをベースにしてアレンジしたフレグランスです。

抑えきれないほど魅力的な、クロエのオリジナルを濃密にした香り。

ダマスクローズの深みのある濃密の香りを今まで以上に贅沢に使用するとともに、グラース産セントフォリアローズをブレンド。そこにバニラアブソリュートの丸みのある滑らかな香りが広がりながら、パチョリがほんのり表情をのぞかせる香りは最も魅力的なクロエらしいフレグランス。

ローズ ド クロエ オードトワレ

軽やかで豊かなローズの香り。ローズが好きな人におすすめ。

  • トップノート…ベルガモット・タラゴン・ライチ
  • ミドルノート…ダマスクローズ・マグノリア・シダー
  • ラストノート…ホワイトムスク・アンバー

ベルガモットが広がる柑橘系のトップノートにダマスクローズの瑞々しさが加わるミドルノート。ラストノートではアンバー、ホワイトムスクの優しさと温かさを感じられます。

まるでローズの花束を抱えたような気持ちにさせてくれます。バラのフローラルで大人の女性を演出できると評判です。

ローズ ド クロエ オードトワレの口コミ

「気分によってオードパルファムとこちらを使い分けています。こちらはノーマルにトップからローズをブレンド、上品な大人のお姉さんな印象です。落ち着いた雰囲気の場所に出かける時やそういう服装の時に付けています。」
「上品で優しい匂いです。バラ好きなのでこれを一番先に買いました。自分で付けていて自分で嗅いでしまうくらいいい匂いですよ。」
「普通のクロエは自分には合いませんでした。なのでサンプルを貰ったときにどうしようか迷ったんですが、試しに付けてみたところ大丈夫でした。こちらはもっと柔らかい感じで、優しいバラの匂いがします。」
「香りは薄めな傾向ですね。よほど付け過ぎない限りは香害レベルにならないのではないでしょうか。若い人向けのイメージでしたが上品だったので30代でも大丈夫だと思います。」
「プレゼントでもらって使っています。男女ともにいい匂いって言ってくれる香水ですね。きつくないので会社に付けて行っても問題ないです。若干消えるのが早いかな?人によってはつけ直しをするかも。」

フルール ド パルファム

フルール ド パルファムは花の中でも最も柔らかく、その神髄ともいえる「花蕊(かずい)」だけで作られた贅沢なブーケ。

ベースとなるローズに、バーベナがフレッシュな清潔感を添え、繊細で贅沢なローズを引き立てます。それはまるで肌にまとう官能性の結晶のような香りです。

ラブストーリー オードパルファム

程よい甘さでセクシーさをアピールできるフレグランス。名前の通りこれからの二人の関係を語り継いでいくのに欠かせない、忘れられないフレグランスです。

  • トップノート…ネロリ
  • ミドルノート…オレンジブロッサム・マダガスカルジャスミン
  • ラストノート…ムスク・シダー

爽やかなネロリに始まり、フェミニンであり官能的でもあるホワイトフローラルへと続きます。大人の女性の魅力が溢れます。

甘さも爽やかさも兼ね備えていて周りからの好感度もバッチリ。仕事の時に付けるよりはデートの時の方が女性的な部分をアピールできます。

主張しすぎるセクシーさではないので、嫌味になることなく大人の女性をアピールできます。女の子なイメージのものから一歩大人に進みたい人におすすめです。

ラブストーリー オードパルファムの口コミ

「高級な石鹸のようなイメージとでも言うのでしょうか、高級感、清潔感、ちょっと甘さもあって大人な感じです。爽やかなので周りに嫌がられることはないと思います。」
「ジャスミンの匂いがお気に入りポイント。家で自分で嗅いでいて心落ち着きます。彼氏からもいい匂いって言ってもらえているので、お家で一緒にごろごろしているときにクッションとかにもかけてます。」
「セクシーさはありますが強く出てくるものではありません。なのでそんなに使う場所を意識しないでも大丈夫です。持続は、私の肌では3時間前後といったところです。ちょっと短く感じました。」
「甘さはあるけれど品があり、周りからいい匂いと言ってもらえます。付けたすぐはちょっときついかなとも思いましたが、馴染めばとても素敵な匂いです。」
「比較的万人受けする方だと思います。くどくない適度な甘さがあって。印象としては大人の女性なのでノーマルのクロエと服装で分けて使っています。」

ラブストーリー オー センシュエル オードパルファム

上品さと楽しさを兼ね備えたオードパルファム。

オレンジブロッサムが、バニラのようなヘリオトロープとサンダルウッドでロマンチックに甘く引き立てられています。

パリが琥珀色に染まる夕暮れ時、無意識に彼を魅了してしまうパリジェンヌのセンシュアルさが表現されています。

ラブ クロエ オードパルファム

気品ある様子と官能的な雰囲気を併せ持った大人の女性のフレグランス。甘さを強調したものではなくすっきりとした印象を与えてくれます。

  • トップノート…アフリカンオレンジブロッサム・ピンクペッパー、など
  • ミドルノート…イリスアブソリュート・ライラック・ヒヤシンス・ウィステリアブロッサム、など
  • ラストノート…パウダリームスク・ライスパウダー、など

甘さとスパイシーさがマッチしたフローラルにパウダリーが加わり、官能的な甘さに変わります。

クロエらしい上品な清潔感で、パウダリーと合わさって高級石鹸のよう。適度な甘さが加わることで、優しい甘さにもなれば、ちょっとした色気にも変わります。

甘さが強いわけではないので、嫌味を感じさせる色気にはなりません。スパイシーさがあるからでしょうか、「付けるとキリッとした気持ちになれる」と仕事場で使う人、営業に出かける前に付けて行く人がいるようです。

ラブ クロエ オードパルファムの口コミ

「さっぱりとしていて使いやすくとても気に入っています。甘さもあるので女性らしさもしっかりアピールできちゃいます。持続もあって強めなので、付けすぎには注意ですね。」
「清潔感がある女らしい香水。石鹸っていう口コミがあったけど納得です。お花の香りを入れた石鹸のようで、自分で嗅いでリラックスしています。旦那も気に入ってくれているので二人でお出かけする時にも使ってます。」
「香りが濃い目なので、手首じゃなくて下半身に付けるようにしています。好みは分かれてしまうようで、妹に貸したときは無理って言っていました。私は甘くてもさっぱりしているところが好きで、遊びに行くときよく使っています。」
「スーツとかしっかり決めている服装に合うイメージです。しっかりとしたお姉さん的な感じ。」
「付けた人によって印象が変わるって聞いたんだけど、本当にそんな感じ。ある友達は可愛らしい感じで、違う友達だと爽やかなお姉さん。服装のイメージもあるけど、体温の影響が大きいのかな?」

ロー ド クロエ オードトワレ

ローズウォーターを贅沢に使い、シトラスとパチュリを併せた、ちょっとメンズ的な印象も受けるフレグランス。甘さよりも爽やかさが強めでフレッシュです。

  • トップノート…グレープフルーツ・セドラ・ピーチ
  • ミドルノート…ローズペタル・ローズウォーター
  • ラストノート…シダーウッド・パチュリ・アンバー

シトラスで爽やかさから始まり、ミドルノートで清々しさを纏ったローズが出て全体を通してピュアな印象に。

クロエの中では趣向を変えた香水になっています。甘さ控えめでラストノートもメンズ的なので、ユニセックスに近いイメージです。

甘さを求める人には物足りないかもしれませんね。逆に甘さが重くなる夏には、この爽やかさが使いやすくなると思います。公私ともに使いやすい、普段使いに向いています。

ロー ド クロエ オードトワレの口コミ

「甘いものは苦手ですが、こちらは甘さ控えめと聞いて試してみました。甘さがないわけではないですが、爽やかな印象がそれに勝っていて、ちゃんと使うことができました。夏にはよさげ。」
「清潔感ある香りで、ひと嗅ぎしただけでとても気になってしまいました。結局ノーマルクロエのストックを買う予定だったのに両方買ってしまいました。気温に合わせて暖かい日には、こっちを使うようにする予定です。」
「いわゆる女の子っぽさよりは、ボーイッシュまで言わないけどサバサバした印象です。ラストはメンズっぽいので、中性的な男性でもアリかもしれません。」
「凛とした雰囲気のある大人とでもいうのでしょうか、ちょっと男性的というか。いい意味でクロエっぽくないです。」

クロエのブランドルーツ

クロエのブランドルーツ

創立者のギャビー・アギヨンは1921年エジプト生まれ。富裕層の家庭で育ち、その自宅ではパリの最先端の服を作らせていたとか。パリのエレガンスを身につけやすい環境で育ち、そして18歳でパリに留学。様々な芸術家と親睦を深める中、幼少期に身に着けた感性に磨きをかけ、1952年にクロエを設立するに至ります。

ブランド名の由来は、古代小説『ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボス物語』を原作にするバレエ音楽『ダフニスとクロエ』の主人公からとったもの。主人公の魅力がブランドイメージに合っているからとったものです。

ブランドのコンセプトは「ラグジュアリー・プレタポルテ」で「贅沢な既製品」という意味になります。当時の衣服と言えば、富裕層は高級店で自分に合ったものをつくってもらうオーダーメイドで、一般層はそれらよりクオリティが下がる模倣品を着ていました。そのギャップを埋めようとしたのがクロエです。

クオリティの高い生地を使った着心地もいい既製品を作り、着心地なども追及し女性の魅力を引き出せるものを作成。それが世の中に評価され、瞬く間に人気ブランドになります。高級素材を使用した既製品を世の中に広めていった第一人者のブランドと言えますね。

「香水好きの女性なら、クロエの香水を1回は使ったことがあるはずだ」と言われるほどです。

まとめ

今回はクロエの人気香水をまとめて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ファッション同様、高級感がありながらも敷居が高くない使いやすいフレグランスに仕上がっていて、上品なフローラルで大人の魅力を纏わせてくれます。

女性らしさを感じさせる香水を多く展開し、とってもフェミニンなブランドイメージ。特に男性から好印象で、「THE モテ香水」と言われるぐらいですから、付ければ女子力アップ間違いなし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました