独創的な世界観『コムデギャルソン(COMME des GARÇONS)』の香水まとめ

独創的な世界観『コムデギャルソン(COMME des GARÇONS)』の香水まとめ

独創的な世界観を持つ日本発のファッションブランド「コムデギャルソン(COMME des GARÇONS)」。イッセイ・ミヤケやヨウジ・ヤマモトとともに、1980年代以降のファッションに世界的な影響を起こした一大ブランドです。

既存の概念にとらわれない個性的なファッションで有名になったブランドだけあって、香水も個性的です。それまで常識となっていた調香のルールや考え方に縛られない自由な発想で、これまでになかった新しい香りを作っていると評価されています。

性別の区分けも独自のスタンス。レディース・メンズ・ユニセックス(男女兼用)と作られていますが、あまりその枠にとらわれない香りとなっています。例えば、レディースだけどメンズでも使える、かといってユニセックスのような使いやすさではなくてちょっと癖があるような。ファッション同様に人を選ぶ傾向があると言えそうですね。

今回はそんなコムデギャルソンの香水をまとめて紹介していきたいと思います。この機会に是非チェックしておきましょう。また記事最後にはブランドルーツもまとめましたので、興味のある方は併せてご覧下さい。



コムデギャルソン オードパルファム

1994年に発売された、コムデギャルソン第一弾の香水。「香水と薬のアプローチ」というアバンギャルドなコンセプトを一発目から提示してくるところはコムデギャルソンらしい独創観と言えます。

トップノートはカルダモン・コリアンダー・ガルバナム・ナツメグ・シナモン・ペッパーなどから、キリっとしたスパイシーな印象。ミドルノートではローズやハニーがスパイスに甘さを重ねます。ラストノートではラブダナム・シダーウッド・サンダルウッド・アンバーなどがスパイスをまろやかにして馴染ませてくれます。

甘さがあまりないユニセックスな傾向ですが、スパイスが強めに出る人にはメンズ寄りと感じられるようです。

またスパイスのためか「胃腸薬」や「漢方薬」のイメージを持つ人もいるので、「香水と薬のアプローチ」がしっかり実現できているのではないでしょうか。薬っぽく感じてしまっても、それを苦手と思う人だけじゃなく好意的に受け入れる人もいるのが、この香水の不思議なところ。

コムデギャルソン オードパルファムの口コミ

「友達から、思ったよりメンズっぽかったから合わない、ということでもらいました。私は嫌いなにおいではなかったのですが、確かに人を選びそうです。スパイスが利いたにおいが最初から出てきて、徐々に弱まりながら甘さと馴染んで行く感じかな。私にはきりっとしたクールビューティーな女性のイメージ。」
「甘いタイプは苦手なので、これくらいスパイシーさがある方が逆に私には使いやすいです。ですが、いわゆる女の子らしいものではないので、デートのときに付けて行って男性に好印象を与えるものではありません。むしろ自分のスタイルを突き通すかっこよさかな。そういう意味ではギャルソンらしいですね。」
「時間が経つと白檀のような香りがしてきて、どことなくお香の雰囲気漂っています。それにスパイシーさが加わって、どことなくセクシーさもあるかな。スパイスが強いところはちょっと苦手ですがお香のところは好き。外出前に部屋に吹いておいて、帰宅時した時にお香で癒されるような使い方をしています。」
「濃い目のスパイシーさにウッディの要素。上品で知的な男性を演出できるので、何年か前から僕の愛用品になっています。周りで使っている人がいないので被らないのもいいです。女性が付けても仕事ができるキャリアウーマンなイメージを演出できるのではないでしょうか。ただ好き嫌いが分かれそうですが。濃い目なので付けすぎも注意ですね。」

コムデギャルソン2 オードパルファム

1999年委発売された、日本の書道をイメージしてつくられた作品。シプレーとフローラルの香調で、男性的とも女性的ともとれる要素がバランスよく調和しています。

テクノとオーガニックという正反対の要素をうまく調和させている、芸術性の高い独特な作品。書道をイメージしているだけあって墨が使われていますが、学校の習字の時間に使う墨汁ではなく、ちゃんとした上質な墨を感じさせます。

トップノートはテクノ(技術的、科学的)な香料のアルデヒドに、マンダリンオレンジ・アンジェリカといった香料が重なり合うことで、フレッシュさと甘さを演出します。

ミドルノートはナツメグ・マグノリア・ウェストインディアンリーフなどから、フローラルの中にグリーンとスパイスも混ざった、華やかになりすぎない落ち着いた雰囲気に。

ラストノートは墨やパチュリ・アンバー・ムスクなどから、オリエンタルでウッディな香りに包まれます。

コムデギャルソン2 オードパルファムの口コミ

「墨やウッディによるものなのでしょうか、お寺のお香のような香りを感じました。でもただそういう古風というか東洋的なだけでなく、ちょっと現代的なシャープさもあるので、それがテクノとオーガニックの融合なのでしょうか。和な落ち着きと都会的現代的なクールが同居する不思議な香水です。」
「友達が持っていて試しに1回借りたのですが、お香っぽいところに何か違和感があってダメでした。他のお香っぽいものは特に問題なかったのですが、なぜかギャルソン2は無理でした。友達はアルデヒドが強めだからかもね、と言っていました。その友達から香る分には気にならないんですけどね。ギャルソンの服のように気に入るかどうかハッキリわかれる傾向があるのではないでしょうか。」
「ユニセックスで使えると口コミで見ましたが、もっとレディース寄りで、もし男性が使うなら若い年齢の人までかな、と個人的には思います。私の肌だとフローラルもあるし、ラストの方でウッディの中にもパウダリーな甘さもあり、同じ匂いを男性から嗅いだら違和感があります。私が自分で付ける分には、周りからも褒めてもらえるし、とても気に入っています。」
「フローラルの中にちょっと尖がったスパイシーさがあって、最初自分には合わないかなと思ったのですが、だんだんとお香のようなウッディな雰囲気になって、甘さもあったので大丈夫でした。ユニセックスで使えるという口コミが多いだけあって、フェミニンではなくて、ピシッと決めたスタイリッシュな印象です。」

ワンダーウッド

名前の通りウッド系の香料をふんだんに使った神秘的な香水。ウッドの他にスパイスやお香っぽい印象もあり、落ち着きのある大人の雰囲気を感じさせます。

トップノートはペッパーやベルガモットでキレのあるスパイシーな爽快感。ミドルノートからラストノートにかけては落ち着いたウッディに。シダーウッド・アガーウッド・ガイアックウッド・サイプレス・パチュリ・サンダルウッド・ベチバーとまさに樹木を再現するかのようなウッディノート。その中に甘さも感じられて癒しのある香りに包まれます。

ウッディなので男性的ですが、サンダルウッドなどのお香的な香り好きな女性も愛用しています。

ワンダーウッドの口コミ

「名前の通り木の匂いです。ウッディ系のニュアンスではなく、本当にウッド・樹木というほど木を感じられます。それこそ、森林浴をしているようなという感想はワンダーウッドのためにあるぐらい。ほのかに甘さもあるのが樹液を思わせ、僕の心を森の中に連れて行ってくれます。」
「旦那が使っていて私も大好きな香水です。スパイシーから始まって、その後は神々しい木々に囲まれるような、気持ちが清らかになります。私にはメンズ風になりすぎるので出かける時には付けず、家でリラックスしたいときに勝手に旦那のものを借りてソファーとかにプッシュしています。」
「実家に帰省した時に父が付けていて存在を知りました。サンダルウッド好きの私はすぐに反応、試しに借りたところ、好みにどストライク!さっそくメモって購入しました。ウッディなのでいわゆるフェミニン感は全くと言っていいほどありませんが、女性が付けてもかっこよくなれると思います。少なくとも私は周りから褒めてもらえていますので、リピート間違いなしです。」
「ウッディの中にグリーンもあって、草木が茂る森を歩いているイメージ。特にミドルノートからのウッディが何ともいえない魅力を放ちます。樹木の温かみに包まれて心癒されます。紳士的な雰囲気を演出したいときにおすすめ。彼女も、なんか落ち着くと言って臭いを嗅いでくるので女性受けも悪くはないと思います。」

アメイジングリーン

ボトルの色から連想されるグリーンノートにガンパウダーを加えた独特な調香。有機物とミネラルにフレッシュな香りを加えた絶妙なバランスの作品となっています。

  • トップノート…パームツリーリーブス・グリーンペッパー(ピーマン)・霧(dew mist)・ジャングルの葉
  • ミドルノート…ツタの葉・オリスルート・コリアンダーシード・サイレックス
  • ラストノート…ガンパウダーアコード・ベチバー・スモーク・ホワイトムスク

ピーマンを割ったようなちょっとスパイシーさがあるグリーンにアクアティックなフレッシュさが加わって、自然を感じさせるトップノート。それをミドルノートでマイルドに包み込みます。ラストノートではスモーキーの中に、ムスクの甘さや温かみが感じられます。

スパイシーさがあるメンズっぽい瑞々しさで始まりますが、女性でも使えるという声も多いユニセックスな香水です。

アメイジングリーンの口コミ

「はじめの方はスパイシーさがあってメンズっぽいんだけれど、時間が経ってくると甘さも出てきてちょっとスモーキー。何故かこの香りが私には癒しになるというか落ち着きます。私にはメンズ感が強めなので会社に付けて行くことはないですが、一人で出かける時や家でのんびりする時に癒しとして使っています。」
「友人カップルが二人で使っていて、私も一度借りてみました。ユニセックスで使えると思いますが、私は男性から香ってきた方が素敵だと思いました。女性が使う場合は、トップがメンズっぽいので男性的なキャラの人でないと違和感があるかも。」
「見た目通りのグリーン系の爽やかさでスッキリとしています。会社にも付けて行っているのですが同僚からもいい匂いだと言ってもらえるし、取引先の人からも何の匂いか聞かれることもあるくらい。最初はアクアっぽいスパイシーさとフレッシュさだけど、ラストの方になってくるとムスクな甘さも出てきて、女性でも使えそうな柔らかい雰囲気になります。」
「女性でも使いやすいメンズ香水、といった感想。それが悪いわけではないのですが、ギャルソンだったらもうちょっと癖が強いのかなという先入観が強すぎたせいか、ちょっと物足りない。逆を言えばギャルソンの中では比較的使いやすいのかなとも思います。最初の方は葉っぱや草のグリーンで、だんだんと落ち着いてきて、ウッディスモークな印象になっていきました。」

 

もう少しありますので後半へ続きます。最後にはブランドルーツも紹介して終わりたいと思います。