イタリアブランド『ディーゼル』の香水(メンズ・レディース)まとめ

 

イタリアブランド『ディーゼル』の香水(メンズ・レディース)まとめ

 

デニムでお馴染みのイタリアのファッションブランド「DIESEL(ディーゼル)」。カジュアルでありながらも上品さもあって男女ともに人気。デニムウェア以外にも家具や雑貨も扱っていて、さらには音楽やアートと関わるプロジェクトを起こしていたりと、幅広く活躍しているブランドですね。

いろいろなことを手掛けているだけあって、当然香水も扱っています。素敵な香りはもちろんのこと、個性的なデザインのボトルが人気の秘密。飾っておいてもいいですし、プレゼントで贈っても喜ばれるでしょう。

ではそんなディーゼルの香水メンズレディースに分けて見ていきたいと思います。自分用にプレゼント用にと、気になるアイテムがないかチェックしてみてくださいね。

後半にはディーゼルのブランドルーツについてもまとめてありますので、そちらも併せてごらんください。

まずはメンズからいきますので、レディースはこちら2ページ目からどうぞ。



ディーゼルのメンズ香水

オンリー ザ ブレイブ

ディーゼルが所属するファッショングループの名前「オンリー ザ ブレイブ」を商品名にした、ディーゼルを代表する作品。2009年発売で欧米で大ヒットとなりました。握りこぶしのボトルがとっても個性的ですね。

  • トップノート…レモン・マンダリン
  • ミドルノート…シダーウッド・バイオレット・コリアンダー
  • ラストノート…アンバー・スティラックス・ラブダナム・ベンゾイン

シャープな印象のシトラスノートに始まり、次第にスタイリッシュに変化していきます。ラストではウッディ・レザーといった男性的な力強さに甘さのあるセクシーも感じさせます。

オンリー ザ ブレイブの口コミ

「まず何といっても目を引くのが、このボトルです。握りこぶしが名前の「ブレイブ」を連想させますよね。もっと男くさい感じなのかなと思っていたのですが、案外爽やか。でも爽やかすぎるっていうこともなく嫌味がない感じ。」
「終わりの方でレザーっぽいメンズ感はしっかりあるけれど、個性的過ぎることがなくて、見た目のインパクトとは違って思ったよりも使いやすい。ジーンズのブランドだけあってカジュアルに使える香水だと思います。」
「若い男性が気軽に使うといった、本当にジーパン感覚で使えそうな香りですね。爽やかな感じですが男性的な印象もあるし、その中に甘さもあるので女性ウケもいいです。付けているときに女友達から、何付けているか聞かれたことも何回かあります。」

オンリー ザ ブレイブ タトゥー

「オンリー ザ ブレイブ」のシリーズ品として2012年に発売されました。オリジナルの雰囲気を残しつつも、さらに男性的なダンディズムな色気を演出します。ボトルも黒くなったことで、より重厚感が出て男性的に。

  • トップノート…アップル・マンダリンオレンジ
  • ミドルノート…セージ・バーボン・ペッパー
  • ラストノート…アンバーウッド・ベンゾイン・パチュリ・タバコリーフ

温かみと甘さのあるジューシーなシトラスノートで始まり、スパイスの利いたハーバルなミドルノートでシャープ。ラストノートではウッディで大人の男を感じさせる、落ち着きと深みのある色気が感じられます。

オンリー ザ ブレイブ タトゥーの口コミ

「タトゥーなんていう名前だから、もっと攻撃的でハデハデしいのかなと勝手に思っていましたが、落ち着きのあるダンディなオジサマといった感じ。最初はフルーツ系の爽やかさがあるんだけど、その後スパイスが利いてきて、だんだんと余裕のある知的な男性といった香りになっていきます。」
「良くしてもらっている上司に借りて一度付けてみました。オリジナルの、ボトルがもっと明るいやつと比べると、前者が春夏・昼間、っていうイメージで、こちらが秋冬・夜、っていうイメージです。こちらはバーで一人で飲んでいる渋いダンディな男性と勝手にイメージしてしまいました。いい匂いだけど僕みたいな若造にはまだ早いかも。」
「最初に嗅いだ時に、大人の男の色気ってこういうのを言うんだろうなって直感的に思いました。渋みや落ち着きを感じさせながら、甘い雰囲気も持ち合わせていて優雅さと色気もある。これを付けて雰囲気で女を口説ける、そんな男になりたい!」

フューエル フォー ライフ プールオム

ディーゼル燃料にあやかって付けたブランド名の、まさにそのコンセプト通りの「生活・人生のため燃料」というネーミング。2008年発売。水筒のようなボトルもまた、ネーミングとぴったりですね。

  • トップノート…アニス・グレープフルーツ
  • ミドルノート…ラズベリー・ラベンダー
  • ラストノート…ヘリオトロープ・ドライウッド

フゼアパウダリーという独特な香調をベースにした、シンプルながらもハイセンスな香り。フルーティですっきりとしたトップノートに、甘さと優しさがありながらキリッとした印象のミドルノート。ラストノートではウッディ、そしてパウダリーで落ち着きのある雰囲気の中に色気も感じさせます。

フューエル フォー ライフ プールオムの口コミ

「男性用だけれど甘さがそこそこありますね。メンズ香水を付けている女性だったらパンツスーツに合わせてみたらかっこよく付けこなせるかも。男性が付ければセクシーなかっこよさを出せるかな。」
「ちょっと香りが強めだなというのが第一印象。日本で付けるのであれば付ける量を調整しないと香害になってしまうでしょう。でもちょうどよく付けられればスタイリッシュな印象を与えられそう。上級者向けの香水だと思います。」
「イメージで言うと、ジーパンにTシャツを着た、セクシーでかっこいい外人男性な感じかな。具体的にいうと「2002年サッカーW杯のころのベッカム」というのが、私が嗅いで勝手に連想した人物像です。ワイルドな香りの中に甘さもあってそれがとってもセクシー。」

バッド

2016年発売の、不良少年をイメージしたようなチョイ悪な香り。クラシカルとモダンを融合させた、力強さとセクシーさを感じさせます。

  • トップノート…ベルガモット・カルダモン・ラベンダー・バイオレットリーフ
  • ミドルノート…キャビア・オリスルート・セージ
  • ラストノート…タバコ・ウッディノート・トンカビーンズ・アンバー・パチュリ

キリッとしたシトラス系のトップノートに、キャビアのソルティなアクセントが特徴的な、ハーバルなミドルノート。ラストノートはダンディさも感じさせる男性的な色気。

バッドの口コミ

「友達からプレゼントでもらいました。革製品のようなデザインのボトルが目を引きますね。高級感があり、名前通りちょっと怖そうな悪そうな、そんな雰囲気の見た目です。一方中身は、付けた時は爽やかに始まります。だんだんと男性的というのでしょうか、落ち着きと渋みを感じさせます。」
「バッド=ワルなイメージだけど、単なる荒くれものじゃなくて、自分が信じる者のために戦う少年漫画的な不良、という説明を友達がしていました。よくわからないので物は試しで借りてみました。柑橘系で少年的な若々しさがありながらも、タバコやウッディの男性的な雰囲気で力強さがを表現しているのでしょうか。マンガの例えはよくわかりませんでしたが、何とも言えない色気と魅力は感じました。」
「キャビアが香料に使われているのが気になっていました。ミドルノートに使われているようですが、そのあたりでスタイリッシュな感じがしたのがキャビアなのかな?そのスタイリッシュさで、オーソドックスなメンズ感にはならずにキレのあるハーバルになりました。」

 

後半は、ディーゼルのレディース香水と、ブランドルーツについて紹介しています。