オシャレなネーミングがイイ!エルメス『ナイルの庭』は男女で使えるユニセックス香水!その香りと愛用者の口コミ

高級ブランドHERMESから発売されている香水ナイルの庭

「香水なに使ってるの?」と聞かれたら、「エルメスのナイルの庭だよ(キリッ)」と、つい言いたくなっちゃうぐらいオシャレなネーミング。いかにも「カッコつけてます」感のない、自然なシャレオツ感。さすがハイブランドといったところでしょうか。

ちなみに私も「ナイルの庭」愛用しています。(・ω・)キリッ

パッと見のデザインは、下にいくにつれて濃くなるグリーングラデーション。透明感があって見るからに爽やかな印象です。

ナイルの庭は、通称「庭シリーズ」と言われるエルメスの「庭園のフレグランス」のひとつで、この庭シリーズは他にも『屋根の上の庭』『地中海の庭』『モンスーンの庭』『李氏の庭』があります。

ナイルの庭は、庭シリーズの中で一番人気、そしてメンズ人気ランキングでも1位を獲得。自然をイメージして作られたフレグランスなので男女問わず使えるユニセックス香水としても有名です。

今回はエルメスの『ナイルの庭』について、その香りの特徴や使用者の口コミを紹介していきます。

エルメス『ナイルの庭』のコンセプトや特徴

オシャレなネーミングがイイ!エルメス『ナイルの庭』は男女で使えるユニセックス香水!その香りと愛用者の口コミ

2004年にエルメスの専任調香師に就任した、天才調香師ジャン=クロード・エレナ。彼によって生み出された5つの作品からなる「庭園のフレグランス」シリーズ。その中の第二弾として発表され、かつシリーズナンバーワンの人気を誇るのが『ナイルの庭』です。

庭園のフレグランスは、彼が世界中を旅してまわった中で、そこで感じた雄大な自然からのインスピレーションを元に生み出したフレグランス。都会で生活していても、このフレグランスを身に付けることで、心をまるで自然の中へにいるかのような世界へと導いてくれます。

『ナイルの庭』は、名前からわかる通りナイルの壮大で豊かな自然にインスパイアされ、そのイメージにあったフレグランスをつくりあげた香水。発売は2005年で、10年以上たった現在でも高い人気を誇るエルメスを代表する作品のひとつです。

ナイルと言えばやはりナイル川が有名ですが、これはアフリカ大陸にある世界最長の川です。たしか全長6,000キロぐらいの長さがあったかと思いますが、これは日本2つ分の長さ。とんでもないスケールですね、そりゃインスパイアされてしまうのも頷けます。もしインスパイアされたのがアマゾン川だったら「アマゾンの庭」になったのでしょうか?

ナイルの庭だけに限らず、このシリーズは透明感があって万人受けしやすいのが魅力のひとつ。それもそのはず、香水文化がヨーロッパほど根付いていないアジア圏をターゲットにしているから。そのため、いわゆる「香害」とされてしまうことがない、とても軽やかなフレグランスに仕上がっています。

ユニセックスフレグランスの定番

ユニセックスフレグランスの定番

レディース・メンズとちゃんと分けられれている香水は、当然それぞれに魅力がありますが、時には独特の甘さやスパイシーさが苦手に感じることも。その点ユニセックスの場合はそういった癖がなく、文字通り男女どちらでも使えます。万人受けしやすく初心者にもおすすめのタイプです。

そのユニセックス香水の中でも、定番とされているのがこの『ナイルの庭』。ジャン=クロード・エレナがエルメスの香水を手掛けるようになってから、売り上げが3倍にも伸びたと言われていますから、それがこのシリーズの品質の高さを物語っていますね。

香水を使ったことがない男性が恋人からプレゼントされて初めて付けたのがナイルの庭で、そしてそのまま数年たった今でも使っている。というケースもありますし、パートナーが使っているのを借りて、気が付いたらカップルで一緒に付けていることもあるくらい。

それくらい初心者でも使いやすく、男女関係なく使いやすい作品。10年以上人気であり続けている、まさにユニセックス香水の定番と言えます。



@cosme香水人気ランキングでメンズ部門第1位!

洗練されたコンセプトと高級感漂うデザイン、そして『ナイルの庭』という一見変わったお洒落なネーミング。特にメンズからの人気が高く、人気ランキングのメンズ部門では『ブルガリ プールオム オードトワレ』と並んで常に1位2位の座を争っています。

その香りは爽やかで嫌みがないため、ビジネスやフォーマルなシーンで使えると評判。しかし男性用として垣根があるわけではなく、女性でも使用できるユニセックス香水として認められています。

フルーツのフレッシュさとほのかな甘さ。香水といった人工物でありながらも、そう思わせないとてもナチュラルな仕上がり。いかにも香水といったイメージがなく、そういったところが男女隔てなく愛されているのも頷けます。

高級感ある柔軟剤のような『ナチュラルなフレグランス』

ナイルの庭は高級感ある柔軟剤のような『ナチュラルなフレグランス』

  • 香調:フルーティー、グリーン、ウッディ
  • トップノート…グリーンマンゴー・ロータスフラワー、など
  • ミドルノート…イグサ・シカモアウッド・ピオニー・ヒヤシンス、など
  • ラストノート…イリス・インセンス・シクラメンウッド、など

トップノートはシトラス、グリーンマンゴー、ロータスフラワーがフレッシュに出てきて、ミドルノートはイグサ、シカモアウッドが癒しのグリーンノートを放ち、ラストはウッディが安らぎを演出します。

最初にフルーツのフレッシュな酸味が感じられ、徐々に甘さのある香りに変化していきます。

ナイルの庭は私も日常使用しているのですが、友人からは『柔軟剤の香りがする』と言われることが多いです。柔軟剤と言っても様々ですが、共通している特徴は、無難な爽やかさ。せっけんというかベビーパウダーというか、そういった清潔感ある雰囲気があります。

いかにも「香水使ってます!」とは気づかれないぐらいナチュラルで、気分転換やリラックスできます。睡眠前に枕や布団に軽く吹きかけたりして、アロマの感覚で使えるぐらい刺激のない優しいさ。

  • 『刺激と嫌味のないふんわりとした軟らかい爽やか』
  • 『上品なグレープフルーツのような柑橘系』 
  • 『誰からも好かれる万人受けする』 
  • 『個性を主張しすぎないユニセックスフレグランス』

中には「グリーンマンゴーの匂いがする」と例える人もいるぐらい爽やかな甘さがあります。ただ、ベリー系などのいかにもなスイーツの甘い匂いが好きな人には少々物足りないかもしれません。

グリーン系に分類される理由としては、イグサという畳に使われる草の香りが使用されているからです。夏の雰囲気も感じますね。完全なグリーン系は独特の青臭さが目立ちますが、このナイルの庭は一部にグリーン系成分を使用しているだけなので、嫌な青臭さはありません。

ナイルの庭の香りを色に例えると、青や緑をイメージできるかと思います。全体としての香調は、フルーティー、グリーン、ウッディといったところでしょう。

クリアなグリーングラデーションの洗練されたボトルデザイン

ボトルデザインも洗礼されており、蓮をイメージした緑色の美しい見栄えで、多くの口コミからも人気の高いデザインです。

  • 『芳醇でキラキラと輝くいのちと光のフレグランス』
  • 『ナイルのほとりに広がる緑と砂の黄金色のボトル』

エルメスがデパートでの販売を主流としていたため、過去にデパートで購入した方が多い香水でもあります。まるで化粧品のような、使用後はオブジェクトとしてそのまま部屋に飾れるぐらいの高級感を感じます。

なお、容量は30ml、50ml、100mlがあり、ボトルの高さのサイズが変わってきます。デザイン的には50mlは可愛くてお洒落な感じ、100mlは高さがあるためスタイリッシュでお洒落な雰囲気があります。

ナイルの庭の口コミ

エルメス『ナイルの庭』の口コミ

ここからは使用者の口コミを紹介していきますので、参考にしてください。

香りの印象は?

フローラル系とシトラス系が、複雑に混じりあっていて最高です。安っぽさを全く感じさせないのは、エルメスの実力といったところでしょうか。付け始めの個性的な香りから、ラストにかけての優しさまで完璧です。
爽やか系は大好きなのですが、こちらはちょっと苦手でした。大人の女性が付けるにはフレッシュさが目立ちますし、男性には少し甘いというか、女性的な感じがします。
夏に使いたい涼しげな香りで気に入っています。しっかり香るのにしつこくなく、高級感もあるので職場に付けていっても目立ちません。主人と共用で使っていますが、どちらも周りに良い匂いだねと言われるので、さすがエルメスだなと思います。
少し付けただけでもしっかり持続しますので、塗布量には要注意です。スパイシーで大人っぽく、仕事でも遊びでも、シーンを選ばず使えるので長年愛用しています。私の中では春~夏につける定番になっています。
夏によく使うという人が多いようですが、私はオールシーズン愛用しています。グリーン系の爽やかさに加え、品の良い甘さがバランスよく香るので、つけるだけで癒されます。



レモンのような、すっきりとした香りがします。正直サンプルをかいだ時はそこまで好みではなかったのですが、実際に付けてみるとそこまで強く匂いが出ないし、ちょっとかっこいい女性になった気分になれると思います。
決して強くはないんですが、なんと言うか、鼻の奥まですーっと入り込んでくるような匂いがします。爽やかなのに濃厚、不思議な香水です。

爽やかで嫌味がなく、使い勝手がいい印象を受けますね。軽いので会社などでも不快感を与えることはないでしょう。甘さが強くないので、甘いものが苦手な女性にも好かれているようです。

夏っぽい印象ですが寒い時期に使えないということではありません。冬用のお気に入りを決めているわけではないのであれば、一年通して使っても問題ありません。

男性も女性も使える

周りにいる男の人たちが何人か使っていて、はじめはメンズだと思っていました。でもいい匂いなので気になっていたので、ユニセックスだと知ってすぐに購入。香料に花はありますがレディースにありがちなフローラルはあまり出てこなくて、グリーンぽさとシトラス系がある清潔感と爽やかさ、っていうところかな。私が付けていてもいいねって言われるので男女関係なくいけますね。
ユニセックスらしく、男性でも使える香りです。甘くて重いものを求める人には向かないかな?私は軽めなのが好きなので、使いやすくて重宝しています。
甘い系が苦手なのでメンズを使っている時期がありましたが、今はこれ一本です。上品ですっきりとしていてとても好感を持たれます。私が付けている時だけじゃなくて、たまに彼氏も付けるんですが、その時も周りに好評。以前二人でお揃いで付けて出かけていた時、バスで一緒になったおばあさんに、二人ともいい匂いだねって言ってもらったことがあるくらいです。

きつさがなくてとても使いやすい

香水に興味があったものの、付けすぎて周りを不快にさせたらどうしようという気持ちが強くて、20代半ばの今まで使ったことがありませんでした。そんな悩み(というほど大袈裟じゃないですけど)を友達に言ったら、そういう人におすすめなのがこれだと教えてもらい試しに買ってみました。確かにツンとくるようなところもなく、においも後まで残る嫌な存在感がなくてサッパリ。僕みたいなビギナーでも無理なく使えました。
鼻が敏感なためか、香水を付けると気持ち悪くなってしまうことがほとんど。その私が、気持ち悪くならずに匂いも気に入ったのが、このナイルの庭。この上品で透明感があるフレグランスはさすがエルメス。嗅いでいると癒されますね。他のシリーズもちょっと気になっています。
接客業をしているのですが、仕事の時に付けて行っても周りに迷惑にならない素敵な香りです。普段は仕事中には付けていなかったのですが、ある休日に急遽出勤することになって、その時すでに付けていたのでやむを得ずそのまま出勤。その日にあるお客様から香水のことを褒めてもらったので、それに気を良くして次の日から付けるようになりました。強い自己主張をしないで、しっかりと好感触なのでとても使いやすい。もっと前から使っていればよかった。

それ以外にもいろんな口コミが

人気作品だけあって、上で紹介したもの以外にも様々な口コミがあります。
旦那の加齢臭対策で何かフレグランスでも付けさせよう、と考えていた時に友達から勧められたのがこれ。とりあえず旦那には「仕事ができる、知的で爽やかな男」が演出できるよ、と適当なことを言って使わせています。会社で女子社員から褒めてもらえたことがあったようなので、そのまま気に入って使い続けてほしいな。
これを嫌いだという人はいないんじゃないかって言うくらい、とてもきれいないい匂い。男女どちらが使っても違和感ないし、嗅いだ方もいい匂いって思います。これぞ万人ウケっていう感じ。付けすぎなければ香害になることもないとおもいます。
思っていたより香りの持続性は長くありません。時間の経過による変化もそれほど感じませんでした。あっさりしているので飽きずに使い続けられます。
特別持ちが良いとは思いませんが、朝つけて出かければ昼過ぎまではほのかに香っています。ただ付ける量を間違えると途端にきつく香ってしまうので、その点は注意しながら使わないといけませんね。
ビンはイメージにぴったりなグリーン系のグラデーションがとても綺麗です。シンプルでゴテゴテせず、飾っておくだけでも絵になります。品が良いので、友人の誕生日プレゼントにもよく利用しています。

持続性はあまりないようですが、それはそれでこのフレグランスの個性として受け入れましょう。弱くなれば付け足せばいいだけですし、必要以上に持続してしまう香水に比べたらかなり使いやすいですよ。あとで付け足すのが面倒だからといって、一度に大量に付けるのは控えましょう。

ナイルの庭以外の庭シリーズもチェックしておこう!

エルメスを代表する香水「庭シリーズ」こと「庭園のフレグランス」。一番人気はナイルの庭ですが、他にも『屋根の上の庭』『地中海の庭』『モンスーンの庭』『李氏の庭』があります。こちらもまた変わったネーミングでお洒落ですね。

それぞれにコンセプトや香りの特徴が違いますので、エルメスが好きな上級者はシチュエーションや季節に合わせてこの庭シリーズを複数使い分けています。

『屋根の上の庭』

『地中海の庭』

『モンスーンの庭』

『李氏の庭』

まとめ

今回はエルメスの香水「庭園のフレグランス」から一番人気の『ナイルの庭』について紹介しました。

自然にインスパイアされて作り上げた香水ということもあって、その香りは至ってナチュラル、強すぎることもなく、性別場所問わず誰にでも使いやすいユニセックスタイプのフレグランスと言えます。

「学生時代に出会ってから、今でもずっと使っています。」という社会人も多く、ビジネスにもプライベートにも幅広く活躍してくれるはず。いかにも「香水付けてます!」な安っぽさもなく、どちらかというと落ち着きのある大人向け。良い意味で30代や40代にも似合うと言えそうですね。

まだ香水を使ったことがない初心者さんにもおすすめ!ドラッグストアに置いてある廉価なフレグランススプレーを使うより、ナイルの庭でワンランク上の雰囲気を醸し出してみてはいかがでしょうか。

記事中でも紹介しましたが、他の「庭園のフレグランス」の記事もありますので、併せてチェックしてみて下さい。

エルメスの香水関連記事