エルメス『ナイルの庭』は男女で使えるユニセックス香水!香りと口コミ

高級ブランドHERMESから発売されている香水ナイルの庭。目を引くお洒落なネーミングと洗練されたコンセプトが特徴。

パッと見の印象はグリーンで爽やかなイメージ。『ナイルの庭』は、通称「庭シリーズ」と言われるエルメスの庭園フレグランスのひとつで、この庭シリーズは他にも『屋根の上の庭』『地中海の庭』『モンスーンの庭』『李氏の庭』があります。

『ナイルの庭』は、庭シリーズの中で一番人気、そしてメンズ人気ランキングでも1位を獲得。ですが、自然をイメージして作られたフレグランスなので男女問わず使えるユニセックスな香水としても有名です。

今回はエルメスの『ナイルの庭』について、その香りの特徴や使用者の口コミを紹介していきます。

エルメス『ナイルの庭』のコンセプト

エルメス『ナイルの庭』は男女で使えるユニセックス香水!その香りと口コミ

ナイルの庭は、2004年にエルメスの専任調香師に就任した天才調香師ジャン=クロード・エレナの作品。ナイルの壮大で豊かな自然にインスパイアされ、そのイメージにあったフレグランスをつくりあげた香水です。

ナイルと言えばやはりナイル川が有名ですが、これはアフリカ大陸にある世界最長の川です。たしか全長6,000キロぐらいの長さがあったかと思いますが、これは日本2つ分の長さ。とんでもないスケールですね、そりゃインスパイアされてしまうのも頷けます。

もしインスパイアされたのがアマゾン川だったら「アマゾンの庭」になったのでしょうか?笑

@Cosme香水人気ランキングでメンズ部門第1位!

洗練されたコンセプトと高級感漂うデザイン、そして『ナイルの庭』という一見変わったお洒落なネーミング。ナイルの庭は特にメンズからの人気が高く、人気ランキングのメンズ部門ではブルガリプールオムオードトワレと並んで常に1位2位の座を争っています。

その香りは爽やかで嫌みがないため、ビジネスやフォーマルなシーンで使えると評判。しかし男性用として垣根があるわけではなく、女性でも使用できるユニセックス香水として認められています。

フルーツのフレッシュさとほのかな甘さ。香水といった人工物でありながらも、そう思わせないとてもナチュラルな仕上がり。いかにも香水といったイメージがなく、そういったところが男女隔てなく愛されているのも頷けます。



高級感のある柔軟剤のような『ナチュラルな香り』が人気の理由

柔軟剤のような『ナチュラルな香り』が人気の理由

トップノートはシトラス、グリーンマンゴー、ロータスフラワーがフレッシュに出てきて、ミドルノートはイグサ、シカモアウッドが癒しのグリーンノートを放ち、ラストはウッディが安らぎを演出します。

最初にフルーツのフレッシュな酸味が感じられ、徐々に甘さのある香りに変化していきます。

ナイルの庭は私も日常使用しているのですが、友人からは『柔軟剤の香りがする』と言われたりすることが多いです。柔軟剤と言っても様々ですが、共通している特徴は、無難な爽やかさ。せっけんというかベビーパウダーというか、そういった清潔感ある雰囲気があります。

いかにも「香水使ってます!」とは気づかれないぐらいナチュラルで、気分転換やリラックスできます。睡眠前に枕や布団に軽く吹きかけたりして、アロマの感覚で使えるぐらい刺激のない優しいさ。

  • 『刺激と嫌味のないふんわりとした軟らかい爽やか』
  • 『上品なグレープフルーツのような柑橘系』 
  • 『誰からも好かれる万人受けする』 
  • 『個性を主張しすぎないユニセックスフレグランス』

中には「グリーンマンゴーの匂いがする」と例える人もいるぐらい爽やかな甘さがあります。ただ、ベリー系などのいかにもなスイーツの甘い匂いが好きな人には少々物足りないかもしれません。

グリーン系に分類される理由としては、イグサという畳に使われる草の香りが使用されているからです。夏の雰囲気も感じますね。完全なグリーン系は独特の青臭さが目立ちますが、このナイルの庭は一部にグリーン系成分を使用しているだけなので、嫌な青臭さはありません。

ナイルの庭の香りを色に例えると、青や緑をイメージできるかと思います。全体としての香調は、フルーティー、グリーン、ウッディといったところでしょう。

洗練されたボトルデザイン

ボトルデザインも洗礼されており、蓮をイメージした緑色の美しい見栄えで、多くの口コミからも人気の高いデザインです。

  • 『芳醇でキラキラと輝くいのちと光のフレグランス』
  • 『ナイルのほとりに広がる緑と砂の黄金色のボトル』

エルメスがデパートでの販売を主流としていたため、過去にデパートで購入した方が多い香水でもあります。まるで化粧品のような、使用後はオブジェクトとしてそのまま部屋に飾れるぐらいの高級感を感じます。

なお、容量は30ml、50ml、100mlがあり、ボトルの高さのサイズが変わってきます。デザイン的には50mlは可愛くてお洒落な感じ、100mlは高さがあるためスタイリッシュでお洒落な雰囲気があります。

では次のページでは『ナイルの庭』の口コミを紹介していきます。

エルメス『ナイルの庭』の口コミ

エルメス『ナイルの庭』の口コミ

ユニセックスらしく、男性でも使える香りです。甘くて重いものを求める人には向かないかな?私は軽めなのが好きなので、使いやすくて重宝しています。
フローラル系とシトラス系が、複雑に混じりあっていて最高です。安っぽさを全く感じさせないのは、さすがエルメスといったところでしょうか。付け始めの個性的な香りから、ラストにかけての優しさまで完璧です。
爽やか系は大好きなのですが、こちらはちょっと苦手でした。大人の女性が付けるにはフレッシュさが目立ちますし、男性には少し甘いというか、女性的な感じがします。
夏に使いたい涼しげな香りで気に入っています。しっかり香るのにしつこくなく、高級感もあるので職場に付けていっても目立ちません。主人と共用で使っていますが、どちらも周りに良い匂いだねと言われるので、さすがエルメスの香水だなと思います。
少し付けただけでもしっかり持続しますので、塗布量には要注意です。スパイシーで大人っぽく、仕事でも遊びでも、シーンを選ばず使えるので長年愛用しています。私の中では春~夏につける定番になっています。
夏によく使うという人が多いようですが、私はオールシーズン愛用しています。グリーン系の爽やかさに加え、品の良い甘さがバランスよく香るので、つけるだけで癒されます。



レモンのような、すっきりとした香りがします。正直サンプルをかいだ時はそこまで好みではなかったのですが、実際に付けてみるとそこまで強く匂いが出ないし、ちょっとかっこいい女性になった気分になれると思います。
決して強くはないんですが、なんと言うか、鼻の奥まですーっと入り込んでくるような匂いがします。爽やかなのに濃厚、不思議な香水です。

爽やかで嫌味がなく、使い勝手がいい印象を受けますね。軽いので会社などでも不快感を与えることはないでしょう。甘さが強くないので、甘いものが苦手な女性にも好かれているようです。

夏っぽい印象ですが寒い時期に使えないということではありません。冬用のお気に入りを決めているわけではないのであれば、一年通して使っても問題ありません。

思っていたより香りの持続性は長くありません。時間の経過による変化もそれほど感じませんでした。あっさりしているので飽きずに使い続けられます。
特別持ちが良いとは思いませんが、朝つけて出かければ昼過ぎまではほのかに香っています。ただ付ける量を間違えると途端にきつく香ってしまうので、その点は注意しながら使わないといけませんね。
ビンはイメージにぴったりなグリーン系のグラデーションがとても綺麗です。シンプルでゴテゴテせず、飾っておくだけでも絵になります。品が良いので、友人の誕生日プレゼントにもよく利用しています。

持続性はあまりないようですが、それはそれでこのフレグランスの個性として受け入れましょう。弱くなれば付け足せばいいだけですし、必要以上に持続してしまう香水に比べたらかなり使いやすいですよ。あとで付け足すのが面倒だからといって、一度に大量に付けるのは控えましょう。

『ナイルの庭』以外の庭シリーズもチェック!

エルメスを代表する香水「庭シリーズ」こと「庭園フレグランス」。一番人気は『ナイルの庭』ですが、他にも『屋根の上の庭』『地中海の庭』『モンスーンの庭』『李氏の庭』があります。こちらもまた変わったネーミングでお洒落ですね。

それぞれに香りの良さがありますので、エルメス好きな方はシチュエーションや季節に合わせてこの庭シリーズをいくつも使い分けているそうです。

『屋根の上の庭』

『地中海の庭』

モンスーンの庭

『李氏の庭』

まとめ

今回はエルメスの香水「庭シリーズ」から一番人気の『ナイルの庭』について紹介しました。

自然にインスパイアされて作り上げた香水ということもあって、その香りは至ってナチュラル、強すぎることもなく、性別場所問わず誰にでも使いやすいユニセックスタイプのフレグランスと言えます。

「学生時代に出会ってから、今でもずっと使っています。」という社会人も多く、ビジネスにもプライベートにも幅広く活躍してくれるはず。いかにも「香水付けてます!」な安っぽさもなく、どちらかというと落ち着きのある大人向け。良い意味で30代や40代に似合と言えそうですね。

まだ香水を使ったことがない初心者さんにもおすすめ!ドラッグストアに置いてあるような安っぽいフレグランススプレーを使うより、「ナイルの庭」でいきなり上級者を目指してみてはいかがでしょうか?笑

他の「庭シリーズ」の記事もありますので、併せてチェックしてみて下さい。

エルメスの香水関連記事