優雅で魅惑的なバラの香り『ローズ』が含まれている香水11選!

優雅で魅惑的なバラの香り『ローズ』が含まれている香水11選!

クレオパトラやマリー・アントワネットも愛してやまなかったと言われる、優雅で魅惑的な「ローズ(薔薇:バラ)」の香り。クレオパトラが男性を誘惑する時にも使ったんだとか…なんとも恐ろしい香りですね。笑

薔薇は古代ギリシャの詩人サッフォーに「花の女王」と評価されるほど、花界を代表する存在です。

そんなバラのフレグランスは、「デパートの一階」「オバちゃんの臭い」「BBA臭代表」などと揶揄されちゃうこともありますが、それは一昔前の話。今では香水にしてもスキンケアにしてもとても上品に仕上がっているものがほとんどで、ぜひ持っておきたいコレクションのひとつ。

そして薔薇の魅力はフレグランスだけじゃありません。例えば、心を落ち着かせる鎮静作用。イライラした気持ちを抑えてストレス緩和が期待できたり、さらには女性ホルモンのバランスも整えてくれるそうなので、香水として使う上でも色々とメリットがありそうです。

この記事では、ローズを含んでいる香水に焦点を当てて紹介していきたいと思います。レディースだけじゃなくメンズにも含まれており、華やかで上品な印象を演出したい人に愛用されています。

なお、バラの香りを強く感じられるものから、他の香料に混ざってほのかに感じられるものまで、「ローズ感」は製品によってまちまちなのでご注意ください。

まずはレディースからスタート、続いてユニセックス(男女兼用)メンズと進んでいきます。



ローズを含んでいるレディース香水

クロエ『クロエ オードパルファム』

一般的に「クロエの香水」と言えばこの『クロエ オードパルファム』を指すぐらい、クロエを代表する作品。その知名度と人気ぶりはレディース全体の中でもトップクラスに君臨しています。

2008年発売ですが、その年の@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門で第3位を獲得し、さらに2009年と2010年には同賞で2年連続1位を獲得、2011年には殿堂入りを果たしたほどです。

上品で柔らかく、優しい女性像を思い浮かばせる香りで、可愛らしさと清楚さを演出してくれます。少女的な雰囲気を残しながら、大人の魅力も感じられます。

  • トップノート…ピオニー・ライチ・フリージア
  • ミドルノート…マグノリア・ローズ・リリーオブバレー
  • ラストノート…ムスク・アンバー・シダーウッド

可愛らしさがあるフルーティ&フローラルのトップノートに始まり、ミドルノートでは大人の雰囲気を感じさせる艶やかなローズが出てきます。ラストノートでは穏やかな中に甘さもあり、上品なフェミニンに。

クラシカルな印象を残しつつも現代的でフレッシュな香りで、仕事にもプライベートにも使いやすくなっています。

ボトルも人気の理由のひとつ。高級感漂う洗練されたデザインで、使い終わったあとは飾っておきたいという人がいるくらい。

クロエ オードパルファムの口コミ

「見た目も中身も大人可愛い、素敵な香水です。女性的なフローラルで、甘さがあるけれどもくどくならずさっぱりしています。薔薇が使われている石鹸のような感じで、清潔感、清楚さをアピールできるので、女子にはおすすめ。」
「知的な女性のイメージ。とってもいい匂いで、私が男だったら、このにおいをさせている女子がいたらそれだけで好きになっちゃいそう。昔人気過ぎてみんなが付けていたって言われるのもわかる。今は当時ほど周りと被らないようなのでチャンスなのかな?」
「都会的なきれいなお姉さんのような印象です。でもケバいわけじゃなくて、清楚で知的なお姉さん。いろんなお花が使われていて、お花の香りがする高級石鹸のような、落ち着きと清潔感です。エレガントなデザインの容器もいいですね。」

クロエ『ローズ ド クロエ』

『クロエ オードパルファム』の新しいバージョンとして、クロエの60周年を記念してつくられた作品です。オリジナルと同じ洗練されたボトルデザインの色違いとなっています。

  • トップノート…ベルガモット・タラゴン・ライチ
  • ミドルノート…ダマスクローズ・マグノリア・シダー
  • ラストノート…ホワイトムスク・アンバー

フレッシュでフルーティなトップノートに始まり、ミドルノートでは甘さもありながらエレガントで上品なローズをメインにしたフローラル。ラストノートでは落ち着いた雰囲気でお淑やかな女性らしさをイメージさせます。

ローズ ド クロエの口コミ

「名前の通りバラのフレグランスで、大人な魅力を演出できます。瑞々しくて素敵なバラに包まれて、とても癒されます。普通のクロエよりもさらに大人っぽくて上品。」
「ノーマルのクロエはちょっと相性が悪かったんだけれど、ローズの方はそんな違和感もなく使えています。ノーマルはどこか女の子を主張しすぎているところが感じられたのですが、さっぱりとしていてとても上品な印象でした。」
「あまり強くないフェミニン系といったところでしょうか。ローズ感がしっかりあるのにきつくなくて、いろんなシーンに合わせられるので使いやすいです。会社に付けて行っていますが、同僚から男女どちらからもいい匂いって言ってもらえています。」

フェラガモ『インカント チャーム』

セルジュ・マンソーがデザインしたボトルに、万華鏡をイメージしたイラストとターコイズカラーの組み合わせで、名前の通りにチャーミングな作品。

  • トップノート…ハニーサックル・パッションフルーツ
  • ミドルノート…ジャスミン・オスマンローズ
  • ラストノート…アミリスウッド・ムスク

透明感あるフルーティとフローラルのトップノートに始まり、ミドルノートではジャスミンがオスマンローズを包み、エレガントで官能的に。ラストノートではウッディの苦味もあって、女性的な中にも芯の通った印象を与えます。

若々しくてフレッシュでとってもチャーミング。癖がないので会社でもプライベートでも使いやすくなっています。その使いやすさのおかげでしょうか、@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門で2006年から2010年まで3位以内に入賞し続けるという快挙を成し遂げています。

インカント チャームの口コミ

「爽やかで甘いフローラルとフルーツで、誰からも好かれます。大学時代からもう何年も使っていますが、いろんな人から褒めてもらえていますので、かなり万人受けするのではないでしょうか。さりげない強さなので香水慣れしていない人にも使いやすいと思います。」
「昔、ボトルが可愛らしいのが気になって彼氏に買ってもらいました。それ以来今でもたまに使っているくらいのお気に入り。甘さも強すぎないし、上品なお花がとってもフェミニン。軽やかなんだけど、その分持続があんまりないのがちょっと残念。」
「お値段もお手頃だし、見た目も可愛らしいし、若者向けっていう感じです。使いやすいのに安っぽくならないのはさすがフェラガモと言ったところでしょうか。高校生や大学生の香水デビューにおすすめできます。かくいう私も大学の時に使い始めて、社会人になった今でも付けています。」

ジバンシィ『オードモワゼル フローラル』

ジバンシィの人気レディース香水『オードモワゼル』の妹的存在として2012年に発売されました。オリジナルよりもガーリーな若々しい印象に仕上がっています。

  • トップノート…ペアー・ウォータリージャスミン
  • ミドルノート…ワイルドローズ
  • ラストノート…ブロンドウッド・ムスク

ジューシーでフルーティなトップノートが、ミドルノートのワイルドローズのフローラルと合わさることで、清々しく可憐な女性を思わせます。ラストノートでは温かみのある優しい雰囲気に。

オードモワゼル フローラルの口コミ

「優しい女性らしさの中に、適度な甘さや爽やかさがあってとっても気に入っています。特にジャスミンとローズのフローラルが好きです。強さもきつくないので周りに出すぎてしまって迷惑になることもないと思います。その分持続は短めかな。」
「ふんわりとしていて優しいフルーティな感じです。はじめの洋ナシとジャスミンが可愛らしく爽やかで、そこにローズが加わることでちょっと大人なエレガントな雰囲気も出てきます。」
「ボトルがどことなくクラシカルなのが私好み。軽やかで食事の時にも邪魔にならないのが気に入っています。主張しすぎない上品さ、男性受けは結構いいです。男性から誉めてもらったのはこれが初めてです。」

グレ『カボティーヌ ローズ』

ロングセラーアイテム『カボティーヌ』の妹版。ボトルの可愛らしさは健在で、この『カボティーヌ ローズ』は可愛らしいお花のように見えますね。

オリジナルの香りを残しながらも、その中にチュベローズなどのフローラルを加えた、より現代的で女性的。

  • トップノート…チェリーブロッサム・マンダリン・ペア・グリーンリーフ
  • ミドルノート…ミモザ・グリーンペッパー・ピカケフラワー・チュベローズ・ピオニー
  • ラストノート…プルメリア・サンダルウッド・ベチバー

フルーツとフローラル、そしてグリーンがフレッシュに顔を出すトップノートに始まり、ミドルノートではフローラルが優しく表れてきます。ラストノートではプルメリアとウッディで落ち着付きのある印象に包まれます。

カボティーヌ ローズの口コミ

「嫌味のないフローラルでとってもつけやすいです。爽やかさもあってお花の香りの石鹸のような、ちょっと心落ち着くところもあります。気軽に使えるので会社や学校に付けて行っても大丈夫だと思います。入れ物も可愛らしくていいですね。」
「ローズという名前なんだけれど、思ったより感じられませんでした。いかにもなものを期待すると期待外れかな。でもいい匂いなので私は気に入っています。品があって、万人受けする系統だと思います。」
「緑色のカボティーヌに爽やか系ローズを加えました、といった感じです。ものによっては強すぎると思うことがあるのですが、カボティーヌローズは大丈夫でした。可愛らしい甘さもあるので、さりげなく女の子らしい印象を出したいときにいいかも。」

ランバン『Marry me!(マリーミー)』

「結婚を引き寄せる香水」とも言われる、そのままストレートなネーミングの『マリー ミー!』。その名前のおかげでしょうか、2010年発売ですが瞬く間に定番香水の仲間入りを果たしました。恋愛をテーマにしているだけあって、男性受けはかなりいいです。リボンが付いた可愛らしいボトルも、女子力があがると人気です。

  • トップノート…ビターオレンジエッセンス・ホワイトピーチブロッサム・フリージアブーケ
  • ミドルノート…サンバックジャスミンアブソリュート・マグノリアブリーズ・ローズペタル
  • ラストノート…ホワイトシダー・ビブタントアンバー・ムスクベール

可愛らしささえ感じる軽やかなフルーティのトップノートから始まり、ミドルノートではとても優雅なフローラルが広がります。ラストノートでは上品で甘さもある、アロマティックな雰囲気を醸し出します。

Marry me!(マリーミー)の口コミ

「とってもいい匂いで、私が惚れてしまいました。最初のフルーティさも好きですが、少し経って出てくるお花の匂いがとっても大好き。ジャスミンとバラかな?透明感があってフェミニンな匂いで、付けている自分が幸せな気持ちになれます。」
「甘い紅茶のようだという口コミを見たのですが、私にはジャスミンティーにバラの香りを付け足したフレグランスティーといった感じでした。上品で優雅で嫌味がありません。みんなから受けが良くて、プライベートでも会社でも何を付けているのか聞かれます。」
「フルーティな可愛らしさと花束を抱えたような優雅な芳香で、自分が癒されます。ボトルも飾っておけるような可愛らしさで、見た目でも楽しませてくれます。彼氏にもバイト先の男性陣にもいい匂いって言ってもらえるので、モテ香水というのも大げさではないのかも。」

ジョーマローン(JO MALONE)『レッドローズコロン』

世界中から探し求めた7種類のバラをブレンドしました。 スミレの葉とレモン、スペアミントが香る、まるで摘みとったばかりのブーケのような清々しい香りのフレグランスです。



ローズを含んでいるユニセックス香水

ロクシタン『ヴァーベナ』

「恋を呼ぶハーブ」と呼ばれるヴァーベナを使ったロクシタンを代表する製品。その人気ぶりはヴァーベナと言えばロクシタンの香水と言われるほど。

フランス・プロヴァンスのオーガニックな原料を使っているので、低刺激で肌にも優しい仕上がりとなっています。

  • トップノート…レモン・オレンジ
  • ミドルノート…フレッシュ・ヴァーベナ・プチグレン
  • ラストノート…ローズ・ゼラニウム

スッキリとしたシトラス系トップノートで始まり、クールなハーバルなシトラスのミドルノートへ。ラストノートはローズとゼラニウムでエレガントなフローラル。

ヴァーベナの口コミ

「柑橘系のさっぱりした香りでリフレッシュしたいときにおすすめです。季節に関係なく使いやすいですが、特に夏場にはこの爽快感が癖になります。私は自分に付けるだけでなく、ルームフレグランスとしても使っています。」
「癖がなくて気分がよくなるいい匂いです。強さもちょうどよく、付けすぎなければ周りに嫌な思いはさせないでしょう。ラストでバラとかのフローラルがありますが、全体を通してフレッシュなので女性的になりすぎることがないので、男性でも使えると思います。」
「シトラス系ですが、安っぽくはないし、シトラスが利きすぎて男性整髪料のような感じになってしまうこともない、とても上質な香りです。爽やかなんだけれど、どこか心落ち着くような温かみや癒しもあります。フォーマルでもカジュアルでも使えるし、万人受けする使い勝手のいい香水ですね。」

imp.『インプ 3 ローズバニラ』

イギリスのティータイムの文化にインスピレーションを受けてつくられたシリーズ。天然香料を惜しみなく使っている上質な芳香が特徴です。シンプルなボトルも上品な香りのイメージを際立たせますね。

  • トップノート…ダージリンティー・ベルガモット・ピーチ
  • ミドルノート…ワイルドローズ・チュベローズ・ローズゼラニウム・ジャスミン・イリス・ミュゲ
  • ラストノート…バニラ・ダージリンティー・シダーウッド・アンバー・ムスク

清涼感あるダージリンティーにピーチの甘さとベルガモットの清涼感が加わったトップノート。ミドルノートでは何種類ものローズを含んだ幸福感あふれる華やかなフローラルブーケが広がります。ラストノートでは上質なバニラにダージリンティーが重なり、ぬくもりのある甘美な雰囲気に包まれます。

インプ 3 ローズバニラの口コミ

「紅茶をイメージしているシリーズとのことですが、私には紅茶よりもバラの方が強かったです。でもバラが強すぎるわけじゃなくてとても上品な感じ。次第にバニラも出てきますが、こちらも強すぎない丁度いいバランスで嫌味がなく使いやすいです。」
「私の肌にはちょっとバニラが強く出てしまうのか、甘さが強かったです。紅茶にローズのエキスを入れたような。インプの中ではレディースよりですが、甘さが強く出ない人であれば男性でも使えそうなさっぱりとした清涼感も感じられました。」
「強すぎることなく柔らかい雰囲気のバラを感じました。周りの人たちに匂いを誉めてもらえましたし、何を付けているかも聞かれました。香水が苦手な弟でさえ褒めてくれるほどです。」

ローズを含んでいるメンズ香水

サムライ『サムライ オードトワレ』

俳優のアラン・ドロンプロデュースの、日本の侍をイメージしてつくられたブランド「SAMOURAI」。そのフレグランスラインから1995年に発売された代表作です。ボトルデザインは侍の服装である裃(かみしも)をイメージして、侍の力強さや躍動感を直線と曲線を織り交ぜて表現しています。

  • トップノート…ジャスミン・ローズ・ベルガモット
  • ミドルノート…レッドペッパー・タラゴン・シダーウッド
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・ムスク

爽やかで清涼感あるトップノートに始まり、ミドルノートでスパイシーさも感じさせながら、ラストノートでは甘みと落ち着きのあるセクシーな印象に。

ボトルやパッケージの青色からのイメージ通りに清潔感ある香りで、メンズ感もそれほど強くないので、女性の愛用者も多いユニセックス香水です。

サムライ オードトワレの口コミ

「昔からずっと使っています。爽やかさの中にほんのり甘さもあってセクシーさもアピールできますが、会社でも問題ないレベルなので重宝しています。普段いくつかの香水を使い分けているのですが、迷ったときはサムライにしておけば問題ない、って言うくらい安定感があります。」
「旦那が結婚前に使っていました。今は使っていないので余ったのをもらったところ気に入ってしまい、今は私が使っています。きつくなくて嫌味でもない、メンズ的なところも強くないので誰でも使いやすいですね。ラフな格好でちょっとお出かけという時によく付けています。」
「学生のころに友達にもらったのが初めての出会いでした。香水に興味はなかったのですが、使い始めてから女子にいい匂いと言われることが増えて、それ以来今でも使っています。爽やかな感じで始まるんだけど、だんだんとバニラっぽい甘さになってきますね。」

ライジングウェーブ『フリー ライトブルー』

元プロ野球選手の新庄剛志氏がプロデュースした、2010年に日本フレグランス大賞にも選ばれている人気作品。メンズにしては珍しいフローラル系で、女性にも使いやすくなっています。

  • トップノート…レモン・グレープフルーツ・オレンジオイル・ローズ・パイナップル・ピーチ
  • ミドルノート…フレンチローズ・ラズベリー・スズラン・ジャスミン
  • ラストノート…シダーウッド・サンダルウッド・アンバー・ムスク・バニラ

瑞々しいフルーティなトップノートから、エレガンスなフローラルのミドルノートへと変化。ラストノートでは落ち着きと安らぎがある印象の中に甘さもあって色気を感じさせます。

フリー ライトブルーの口コミ

「メンズなんだけどフローラルの部分がとっても気に入っていて、彼氏が持っていたものを貰って、今では私が愛用しています。とっても爽やかなんだけどフローラルが混ざってるから女性でも付けやすい。友達にも褒めてもらえています。」
「洗練されたスタイリッシュなイメージで、爽やかさと甘さがある。周りにはとっても評判がいいです。変な癖もないし強すぎることもないのでとっても使いやすい。季節も気にせず使えるのがありがたいです。」
「爽やかで癒される、とってもいい匂いです。ユニセックスで使えるので私と彼氏で一緒に使っているですが、二人とも大学の友達から男女関係なく褒めてもらえるので、とっても万人受けすると思います。持続時間が短めなので、もっと長続きしてくれたら文句なしなんだけどな。」

まとめ

今回の記事ではローズが含まれている香水を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。「いかにも薔薇の香り」なのか「ほんのり香る程度」なのかは製品によってバラつきがあります。

バラの香りはクレオパトラが愛してやまないほどだったと言われることから分かるように、個々の魅力を全力で引き出せる「魅惑的な香水」が多いです。

また、香水がない時代にはお風呂に薔薇を浮かべてフレグランスを楽しんでいたそうですから、付ける側と嗅ぐ側のどちらにも愛されやすく使いやすい香りと言えそうです。

ローズの香水、まだ持っていない人はコレクションのひとつに加えて活用シーンの幅を広げていきましょう!

併せてこちらもチェック!