清潔感で万人ウケ!石鹸の香りの香水10選【レディース・メンズ・ユニセックス】

清潔感で万人ウケ!石鹸の香りの香水10選【レディース・メンズ・ユニセックス】

どんな人にでも好印象を持ってもらえる定番の香りと言えば「石鹸」ではないでしょうか。一般的に言うボディソープやシャンプーも同じですね。嫌味がなくてナチュラル、そして清潔感ある香り。きつい香水が苦手な人でも受け入れやすい、包み込まれるような柔らかい雰囲気が魅力です。

そんな石鹸の香りがする香水は、男女問わず万人ウケすると言っていいでしょう。会社や学校にも付けて行きやすく、フォーマルやカジュアルなどのシーンも選ばず、非常に使い勝手が良いです。

そこで今回は石鹸の香りがする香水を、レディース×4、メンズ×2、ユニセックス(男女兼用)×4、計10アイテムに厳選して紹介します。いかにも石鹸といったものからほんのりと感じられるものまで、製品によって多少の違いこそありますが、どれも人気のものばかりを集めてみました。

ここではメーカー設定のレディースメンズユニセックスに分けましたが、性別に関係なく中性的に使えるものも少なくありません。

個人的におすすめなのは、石鹸をモチーフとした人気ブランド「クリーン」の香水です。これはメンズとユニセックスにそれぞれ掲載しました。

それではまずはレディースから順に見ていきましょう。



石鹸の香りのレディース香水

ジバンシィ『プチサンボン』

フランス・パリにある高級子供服ブランドの「タルティーヌ・ショコラ」の依頼で、ジバンシィが共同開発して1988年に発売した子供用の香水です。そのためパッケージやボトルも、どことなくベビー用品のような、親しみやすい優しい雰囲気となっていますね。

子供用となっていますが、実際は高校生や大人から人気があります。学生から社会人そして子供を持つ母親から、発売されて30年たつ今でも人気のロングセラー作品となっています。

  • トップノート…オレンジ・ビターオレンジ・シシリアンレモン・ミント
  • ミドルノート…ジャスミン・スズラン・ハニーサックル
  • ラストノート…西洋スギ・ムスク・オークモス・ガルバナム

サッパリとした中にグリーンな印象もあるシトラスのトップノート。ミドルノートでは瑞々しく優しいフローラルが広がり、ラストノートでは清々しい中にもムスキーが広がります。

お風呂上がりの石鹸を感じさせる清潔感で、シーンを選ばずに使えると好評です。ベビー用香水ということもあって、出産を機に香水の使用をやめてしまった母親から、子供と一緒に使えると人気です。

アルコールフリーで肌への負担が少ないところも人気のポイント。日本の女子高生やOLの間で大流行し、1995年には輸入香水No.1を記録したほど。今でも本国フランスより日本でのほうが人気が高いと言われているくらいです。

余談ですが、海外では「ジバンシィ」の製品ではなく「タルティーヌ・ショコラ」の製品というのが一般的のようです。

プチサンボンの口コミ

「子供用なのを知らないで、中学生のころから10年近く使い続けていました。高校生・大学生が付けていても違和感があるわけではないし、社会人なら清潔感があって好感持てると思います。今は他のものをメインで使っていますが、懐かしさもあってたまに付けています。」
「高校の時に姉からもらって使い始めました。肌が弱いので香水とかを使うのは不安があったのですが、特に問題なく使えています。学校でも男女問わずの友達からいい匂いしてるって褒めてもらえていました。今は姉が子供を産んだので、姉のところに行くときに付けるようにしています。」
「きつくなくてどんなシーンにも馴染んで周りを不快にさせない、とっても使い勝手のいい香水だと思います。柑橘系の爽やかな感じで始まるので、気持ちをリフレッシュしたいときにもいいですね。会社でも問題ないし、特に年代も気にしないで使えるし、とっても重宝します。」

レールデュサボン『センシュアルタッチ』

シリーズ累計で100万本出荷した「レールデュサボン」の一番人気作品。洗いたての洗濯物を思わせる、清潔感ある優しい雰囲気。徐々に放出される「香りカプセル」配合で、オードトワレの中では持続時間も長めになっています。

ボトルはまるで固形石鹸のよう。手に収まりのいい形状で、ボディにはブランド名が彫り込まれています。

  • トップノート…ペアー・アルデハイド・オゾン
  • ミドルノート…ローズ・フレンチミュゲ
  • ラストノート…マリン・ムスク

フルーティから始まり、ミュゲ(すずらん)とオゾンが重なり合う瑞々しく清潔感ある香りへと続きます。レディースですが男性でも使えるという口コミが多く挙がっています。

センシュアルタッチの口コミ

「嫌味なところがない、爽やかなフレグランスです。いかにもな感じがするものは苦手なのですが、レールデュサボンはとても使いやすかったので気に入っています。男性でも使えそうという口コミがある通り、レディースよりはユニセックスに近いかな。甘さも感じられるけどフレッシュさが強く感じられるので、レディース的な甘さではありません。」
「クリーンランドリーだけあって、洗濯用洗剤・柔軟剤な感じですね。ボトルは石鹸みたいなのに。どちらにしても清潔感のある、いわゆる万人受けするタイプだと思います。香水が苦手な旦那も、これだったら嫌じゃないと言ってくれています。」
「他の2種類とテスターを嗅いでみて、一番爽やかな印象を受けたので購入しました。外に出るときに付けるのもいいですが、私はたまにルームフレグランスとしても使っています。どこか癒されるというか落ち着くので、なかなか寝られないときに枕や布団にかけると、いつの間にか眠りに落ちています。」

クロエ『クロエオードパルファム』

「クロエの香水」と言えば、この『クロエオードパルファム』を指す、紛れもなくクロエを代表している香水。

その人気はレディース全体でみてもトップクラスで、@cosmeベストコスメ大賞フレグランス部門で2008年に3位、2009年・2010年と連続2位、2011年には殿堂入りを果たすほど。一時期は「みんなが使ってるから付けたくない」と言った声が挙がるほど愛用している人がたくさんいました。

その香りに関して、「ローズ」という口コミと共に多いのが「石鹸」。上品でもあるので、さながらローズを閉じ込めた高級石鹸といったところでしょうか。「大人のお姉さんの香り」と評判です。

  • トップノート…ピオニー・ライチ・フリージア
  • ミドルノート…マグノリア・ローズ・リリーオブバレー
  • ラストノート…ムスク・アンバー・シダーウッド

フローラルとフルーティでキュートな少女といった印象のトップノート。ミドルノートでは一転、大人の女性を思わせる艶やかなフローラルが出てきます。ラストノートでは柔らかく落ち着いた中に凛とした大人の上品な雰囲気に。

クラシカルな上品さもありながら現代的なフレッシュさもあり、仕事でもプライベートでも使いやすくなっています。

クロエオードパルファムの口コミ

「好感の持てる清楚な印象と言ったところでしょうか。バラの中にソープの清潔感と落ち着いた雰囲気があって、それが清楚さを出しています。会社に付けて行ったところ、男性社員から褒めてもらえたので男性受けはいいと思います。先輩女子社員からは、昔流行ったやつだねと嫌味な言い方をされてしまいましたが…。」
「友達が、バラの石鹸っぽい匂いだよと言いながらプレゼントしてくれました。今までガーリーやフェミニン的なタイプは使ったことがなかったのですが、品があるので使いやすかったです。母親からはボディソープ変えた?と聞かれたので、あながち大袈裟ではないようですね。私はそれほど感じなかったのですが。」
「甘さがある上品なフローラルで、とてもフェミニンです。友達からも可愛い匂い、いい女の匂いと褒めてもらえました。お風呂の爽快感もどことなくあって、品のあるお嬢さんの雰囲気を出せます。ボトルもオシャレで持っているだけで女子力上がりそう。」

ジェニファー・ロペス『グロウ バイジェイロー』

アメリカの歌手・女優でありファッションデザイナーもあるジェニファー・ロペスがプロデュースした作品。「ジェイロー(J. Lo)」とは彼女の愛称。

ジェニファー・ロペスはアメリカでセクシーな女性としての一面もあり、ボトルのデザインは彼女のボディーラインを、手触りは彼女の肌触りを再現していると言われています。

そんなセクシーな彼女ですが、香水はセクシーだけでなくフレッシュ・クリーンをコンセプトに作られていて、シャワー後のソープの優しい残り香をイメージしています。

  • トップノート…ネロリ・オレンジブロッサム・ピンクグレープフルーツ
  • ミドルノート…ローズ・サンダルウッド・アンバー
  • ラストノート…ソフトムスク・ジャスミン・イリス・バニラ

シトラス系の爽やかさで始まるトップノートに続き、ミドルノートではローズなどのちょっとセクシーな印象が続きます。ラストノートでは瑞々しく爽やかな中にほんのり色気を感じます。

グロウ バイジェイローの口コミ

「ちょっと強めな香りかな。アメリカではちょうどいいかもしれないけれど、日本だと付けすぎ注意です。付けてからしばらくするとボディソープが出てきて、清潔感と色気が同居しています。周りからの反応はかなり良くて、褒めてくれる人がほとんどで、何を使っているか聞いてくる人もいました。」
「最初は花やフルーツの華やかさで始まって、それらが落ち着いてくると石鹸が出てきます。アメリカでは彼女がシャワーを浴びている広告が人気になったとのことですが、それを踏まえると、花やフルーツのボディーソープで体とか洗って、それを洗い流した残り香とも取れますね。」
「彼氏がとても気に入ってくれているのですが、「付けたてはちょっときついかも」と言われてしまいました。でもそこさえ終われば「ずっと嗅いでいたくなる」そうです。高級石鹸のような上品さもありながらどことなくセクシーさがあって癖になるとのことです。」



石鹸の香りのメンズ香水

ライジングウェーブ『フリー コーラルホワイト』

夏の海を思わせるトロピカルなライトフレグランス。シャボンの清潔感が、海の家でシャワーを浴びたようなさっぱりとした印象。ボトルの白さも、白い砂浜を思わせますね。

  • トップノート…パッションフルーツ・グアバ・スターフルーツ
  • ミドルノート…ホワイトシャボン・ハニーサックル・ローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ホワイトムスク・ウッディノート

トロピカルなジューシーフルーティのトップノート。ミドルノートではフローラルが出てきて、その中に清涼感ある爽やかさが。ラストノートは落ち着いた雰囲気に。メンズになってはいますが、フルーティやフローラルがあって女性でも使えるユニセックスよりになっています。

フリー コーラルホワイトの口コミ

「彼氏が使っているのですがたまに私も借りて使っています。甘さもあって癒されるし結構お気に入りで、自分用に一本買おうかどうか迷っているくらいです。周りからもいい匂いと好評なのですが、ちょっと持続が短めなのが残念なところ。」
「自分にはちょっと甘さが強く出てしまうようです。もう少し抑え目になればよかったのですが…。そのせいかシャボンのところも、取り立てて素晴らしいわけではなく、可もなく不可もなく、かな。嫌いな匂いではないので外出時ではなくルームフレグランスとして使うことになりそうです。」
「最初は夏を思わせるさっぱりとしたフルーツの甘さ。そこから少しするとシャボン的な爽やかさに花も感じられるかな。砂浜でフルーツジュースを飲んだあとにシャワーを浴びてきてサッパリとしてきました、みたいな。」

クリーン『シャワーフレッシュ フォーメン』

石鹸の飾らない清潔感でラグジュアリー感を引き出すブランド「クリーン」。基本的にユニセックスで展開しているクリーンの、数少ないメンズのひとつが、この『シャワーフレッシュ フォーメン』です。

  • トップノート…ベルガモット・レモン・タイム
  • ミドルノート…カルダモン・ミュゲ・ナツメグ・スペアミント
  • ラストノート…シダーウッド・ジャスミン・ティー

シャキッとしたシトラスグリーンのトップノートで始まり、ミドルノートではスパイシーなクールさが出てきます。ラストノートではシンプルで透明感のある印象に。全体を通してシャワーを浴びた後の心地よい雰囲気を味わえます。

シャワーフレッシュ フォーメンの口コミ

「クリーンはお気に入りブランドなので、メンズですが思わず買ってしまいました。他のユニセックスとなっているものよりは確かにメンズ的で、男性用のシャンプーっぽいです。スパイシーなところもありますが、レディース的な甘いものが苦手な私には逆に使いやすい方です。ただ、ユニセックスというほど女性に使いやすいものではないと思います。」
「爽やかな柑橘系で始まってとてもすっきり。朝シャワーを浴びた後に付けているのですが、爽快感がさらに増すようなクールさです。しばらくして落ち着いてくると、洗濯物の清潔感、そんな雰囲気が出てきます。」
「最初は柑橘系がちょっと強めですが、すぐにそれも落ち着きます。そのあとは名前の通りに、入浴後の爽快感を味わえます。トップ以外はきつくなかったので、比較的使いやすい部類なのではないかなと思います。」

 

最後に、男女兼用で使える石鹸の香りがするユニセックス香水を紹介して終わりたいと思います。