強さと色気を追求!ライジングウェーブの香水『FREE ライトブルー』他

強さと色気を追求!ライジングウェーブの香水『FREE ライトブルー』他

香水は身だしなみを整える際や、気分をリフレッシュして落ち着かせたいときに欠かすことのできないアイテムですよね。爽やかで清潔感ある香りはみんなから好感を得ることができます。

ところで、万人ウケする香水と言えば、フィッツコーポレーションの『ライジングウェーブ FREE(フリー)』シリーズ。こちらは香りの良さはもちろんですが、価格の安さからもコスパ最強と噂されるほど、日本国内において男女問わず抜群の人気を集めています。

今回はそんな『ライジングウェーブ FREE(フリー)』シリーズの中でも人気No.1に君臨している『ライトブルー』をメインに、ライジングウェーブその他の人気香水と併せてその香りや使用者の口コミを紹介します。



ライジングウェーブのコンセプト

ライジングウェーブのコンセプト

ライジングウェーブのコンセプトは、男の強さとは、色気とは何かを追求。

過去に日本フレグランス大賞フレグランス・オブ・ザ・イヤーを獲得。フレグランス業界でトップクラスの人気を誇り、ライジングウェーブというネーミングからも高波のように新たな時代を開拓する気持ちが感じられます。

鋭い感性で流行を察知し、賢明にかつ柔軟にといったコンセプトを元に、おしゃれでスタイリッシュなボトルデザイン。

ライジングウェーブ『FREE(フリー)』は他人とは被らない独自のスタイル。メンズ・レディース共に絶大な支持を集めており、芸能人が愛用していることでも有名です。

男性が付ければほんのり甘さのある色気とフェミニンさで魅了をする一面を持ちます。爽やかさ、冷静さ、そして海のように澄んだ青さを表現することができます。

やはり男性向けなイメージが強いかと思いますが、女性も受け入れることができる優しいラインナップ。ユニセックス香水としても好評で、実際に男女の垣根を超えて使用されています。

また、香水イコールどぎつい匂いのイメージを取り去ってくれるほどの爽やかさですから、「普段香水を使わないけど、身なりをきちんとするときには付けたい」という方にも受け入れられること間違いありません。

香水は上手く使えないと逆効果になりかねませんが、ライジングウェーブのように汎用性が高く、クセがなくどんなシーンでもつけることができるのは、人気の大きな理由のひとつと言えそうです。

ボトルのデザインは黄金比に基づいて計算された無駄のないスタイリッシュなシルエット。重厚感のある瓶は高級感と頑丈性を兼ね備えているため、持ち運びはもちろん、お部屋にインテリアとして飾ってもいい感じです。

FREE ライトブルー

トップノートにレモン、グレープフルーツ、オレンジオイルなどの柑橘系を取り入れ、爽やかでみずみずしい香りがします。そのあとにだんだんと甘く色気のある香りに包まれます。

柑橘系の他、ローズ、パイナップル、ピーチを使用しており、ローズのセクシーでフェミニン、フルーツ系のフレッシュな甘さを使用しています。

ミドルノートにフレンチローズ、ラズベリー、スズラン、ジャスミンのフローラル・フルーティー系を入れることで、柑橘系の匂いが弱まった30分から1時間後には優しいフローラルへと変化します。

フローラルの中にもラズベリーを入れることで甘すぎない仕上がりとなっています。種類が豊富なバラの中でも一際芳香性の高いフレンチローズ。その中にもラズベリーの甘酸っぱさが混ざることで、キリっとした歯切れの良さに仕上がっています。

ラストノートにはシダーウッドやサンダルウッド、アンバー、ムスク、バニラを置くことでトップノートとはガラリと変わるフレグランスを醸し出します。シダーウッドやサンダルウッドは異性を引き付けるとも言われ、異性との距離をぐっと縮めるのに最適。デートに付けて行くおすすめな香水です。

フレッシュなみずみずしさ、そしてほどよい甘さのバランスが絶妙。オールシーズンで使いやすく、万人ウケする理由はここにありそうですね。

FREE ライトブルーの口コミ

買うつもりはなかったが、通販サイトでミニボトルがおまけでついてきて、付けてみました。その爽やかさにはまり、ミニボトルはすぐに使い切ってしまいました。そのため大きいボトルを買い、今はライジングウェーブの虜です。新作も捨てがたいため、ライトブルーと交互にリピートしています。
自分はおしゃれは似合わないオタク系ですが、身なりを整える必要がある時に香水があればと思ってライジングウェーブフリーライトブルーを手に取ってみました。強すぎないのがドストライクでした。初めて使用しましたが気に入ったものを買えて満足しています。
ライトブルーは男の香水という印象でした。でも付き合っていた彼氏が使っていていい匂いだったので私も自分用に購入しました。カップル揃ってライトノートを使用しています。
スッキリとした匂いでお気に入りです。寝るときにお気に入りの香水に包まれると落ち着いて睡眠がとれます。寝つきも良くなった気がします。
香水は苦手だったけれど、主張しすぎないライトブルーの香りならずっと付けていられます。
夏の季節でもシュッと一吹すれば気分爽快!夏にピッタリで、嫌味がなくずっと嗅いでいたくなります。
ライトブルーとオーシャンベリーを使っています。ライトブルーの方がやや甘さを感じますが、甘ったるいほどではありませんので、カジュアルにもフォーマルにも使えます。オーシャンベリーの方が甘さがないので、清潔感や爽やかさを重視するビジネスマンにおすすめです。
持続性は弱め。わりとしっかりと付けても数時間で飛んでしまいますが、逆にそれぐらいでちょうどいい感じです。

FREEシリーズのラインナップ

ライトブルー(人気No.1)

コーラルホワイト

サンセットピンク

オーシャンベリー

ゼロブラック

モテる男の必須アイテムとして人気を博しているライジングウェーブシリーズ。その中でもプレゼンタブルな大人の香水として、この『ゼロブラック』が登場しました。

プレゼンタブルとは「人前に出て恥ずかしくない格好」という意味です。大人のマナーとして、服装などの身だしなみを整えておくことは大切です。その身だしなみの中には「香り」も含まれています。

そして黄金比に基づいてつくられたボトル。クールでインテリジェンスな雰囲気のある黒いグラデーション。

爽やかで嫌味がないところから、メンズでありながら女性での使用者も多くいます。特にこの『ゼロブラック』は、他のライジングウェーブシリーズよりも大人の印象が強く、セクシーさ・ダンディさが強めになっています。

「ライジングウェーブの中で一番お気に入り。」「ゼロシリーズの3つの中で一番よくつけている。」という人がいるように、シリーズの中でも特に人気が高いと言えます。

ゼロブラックの香り

洗練された大人の香り。フレッシュなシトラスと、深く優しいアロマティックが暖かく包み込み、そこから人を引き付ける色気が漂ってきます。

  • 香調:シトラス アロマティックノート
  • トップノート…ベルガモット・レモン・バイオレットリーフ
  • ミドルノート…ブラックペッパー・イランイラン
  • ラストノート…シダーウッド・ムスク・アンバー

トップノートではベルガモット、爽やかなシトラス。そのあとミドルノートではアロマティックな大人な雰囲気、そしてちょっとスパイシーでセクシーに。ラストノートでは優しさと甘さが出て、さらにセクシーさを引き立てます。

ゼロブラックの口コミ

ゼロブラックの口コミ

爽やかなトップノート

トップノートでの柑橘系の爽やかさについて口コミを挙げる人が多くいました。「最初はシトラス系です。」「清潔感・清涼感のある柑橘系の匂いです。」

特に癖もなくきつすぎるということもなく、また上品で使いやすいと好評です。

甘さとセクシーさ

ミドルノート以降でセクシーさが出てきます。

「大人の色気がある。」「甘いけれど嫌味にならない。」
「ブラックペッパーのスパイシーさがアクセントになって、とってもセクシー。」
「ピリッとしたスパイシーさから、甘さと爽やかさのバランスが取れた、とても魅惑的な香りです。」

全体的にバランスの取れた、洗練された香水です。

ビジネスシーンで活躍

プレゼンタブルなので、ビジネスシーンでも問題なく活用することができます。

「甘い感じがするけれど、嫌味ではないので、会社でも問題なく使えています。」
「これを付けていて嫌なに匂いだと言われたことはないです。」
「旦那が付けていて、会社でもいい匂いだって言ってもらえているようです。」

など、オフィスで問題なく使えている様子がうかがわれます。



夜のデート等で活躍

セクシーさの部分を生かすためか、「夜、活躍してくれるアイテムです。」という人もたくさんいました。

その他には

  • 「夜、デートに行くときに付けています。」
  • 「合コンの時に使います。」
  • 「夜に遊びに行くときに、これを付けるのが基本になってます。」

と、夜のシーンで活躍している様子がわかりますね。

周りから高評価

「仕事場でいい匂いですね。と言われる。」
「付けてる香水が何か聞かれる、周りからうらやましがられることもあります。」
「女の子の方からにおいを嗅ぎに来ることもありますよ。」

女性でも使いやすい

メンズっぽい癖もないので、女性の愛用者が多いのも特徴的です。甘さが強くなく、爽やかさとのバランスが絶妙。アロマティックで優しい色気を出せるところも人気のポイントです。

「スーツなどでビシッと決めた格好の時に付ければ、カッコイイ女っていう雰囲気を出せていいです。」

レディースの甘ったるいところが苦手な人で、これを気に入っている人も少なくありません。

年代的には大人向けの傾向

付けている人は、若者よりはもう少し上の年代が多い傾向があります。もちろん若者でも使っている人はいますが、「大人の男が使うと、ダンディな雰囲気を出せる。」という人もいるように、年齢高めの方が魅力を存分に引き出せる傾向があります。

製品コンセプト的にも「スマートでエレガント、大人の余裕を持つオトコ」的な印象なので、必然、年齢層もある程度キャリアのある30代からのイメージがしっくりきます。

「30代~40代がおすすめ。」「60近いオジサンですが、これにはまっています。」と上の年代に似合いそうと思わせる口コミも挙がってました。

加齢臭対策にも?

加齢臭対策にも?

加齢臭対策でこれを手にした、という人も。そして「消臭効果があるのか、とてもいいです!」との声も上がっています。コショウには消臭効果もあるので、それが功を奏しているのでしょうか。上の年代にお勧めな理由も、もしかしたら加齢臭対策の意味なんかもあるのかもしれませんね。

「中高年の年代になってから、それなりに気に入る香水を見つけることができるのは、そうはないこと。なので、残りが少なくなってきたころには店頭で見つけ次第、すぐ購入するようにしています。」なんて男性もいました。

ボトルがカッコいい

スタイリッシュなボトルも高評価です。黄金比に基づいた洗練されたデザイン。ブラックのグラデーションも知的でクールな男の魅力を思わせます。高級感・重厚感もあり、置いてあるだけで絵になります。

「ボトルの見た目に惹かれて、思わず購入してしまいました。」などなど。

プレゼントとしてよく贈られる

見た目のかっこよさもあってか、プレゼントであげました・もらいました、という口コミが他の香水よりも目立ちました。

「旦那にプレゼントしましたが、自分の方が気に入ってしまい、いつの間にか私のものになっていました。」
「父親のバースデープレゼントとして買いました。加齢臭対策で。」

最後の一言がちょっと悲しい気もしますが、加齢臭対策としても使えるので、悪い選択肢ではないでしょう。

香り自体は強くなく、癖もない

「そんなに強くないので使いやすいです。」「上品で落ち着いていて、嫌味がないです。」と香りはそんなに強くないことを思わせる口コミが見受けられます。

「どうしてもマナー的な理由で香水を何かつけておかないといけない場合、これだったら周りにも不快感を与えないので、いいと思います。」初心者でも使いやすい、ちょうどよい香りの強さとのことでしょう。

その分飛びやすい傾向がある

香りが強くない分、持続時間は短い傾向があります。感じ方は人それぞれですが、持続時間に関して口コミをしている人の大部分が「持続時間は短め」と感じるようです。

「1時間でなくなる。」「朝付けて、出社したころには飛んでいる。」、中には「5分持つかどうか。」なんて人までも。体温によって持続時間は変わりますが、短めな傾向がうかがわれます。「アトマイザーで持ち歩いています。」夜に効果を発揮させたい人は、アトマイザーは必須ですね。

逆に持続時間は長めだという人もいます。「腰回りに付けていけば、夕方帰ってきてもほのかに香っていますよ。」

体質との相性もありますので、自分自身ではどうなるのか確認しておきましょう。

一年中使える

似合う季節に関しては、「きつくなく、クドさもないので、夏でも使えます。」「スパイシーさもあって、秋とか冬のイメージです。」というように、特にどこかの季節に偏ることなく合う人もいます。総じて、一年中問題なく使えると言って差し支えないと思われます。

セイコーダイバーズウォッチとのコラボ『トランスオーシャンオードトワレ』&『トランスオーシャンサージブルー』

「ライジングウェーブ」と、腕時計ブランド・セイコーのダイバーズウォッチ「トランスオーシャンモデル」がコラボして誕生したメンズ香水、ライジングウェーブ『トランスオーシャンオードトワレ』『トランスオーシャンサージブルー』

これまでに数々のメンズ雑誌で紹介されており、「デキるオトコ」や「海」をコンセプトにしたアイテムが好きな男性にはたまらないかもしれません。

ボトルデザイン

ボトルの青のカラーリングは、何度も試行錯誤し、コラボした時計「トランスオーシャンモデル」の文字盤と同じ深い青のグラデーションに。サイドには時計のメタルバンドをイメージしたシルバーのプレートで時計の重厚感を表現しています。

ダイバーにはお馴染みの水深の目盛りのプレートを継承し、カラーリングでは海中で見えるグラデーションを演出。ターコイズブルーで透明感のある澄み渡る海を表現しています。

  • 『トランスオーシャンオードトワレ』…底に行くほど深くなる海中を想起する深い青。
  • 『トランスオーシャンサージブルー』…太陽光がキラキラ輝く透き通った海を想起する透明感のある青。

『トランスオーシャンサージブルー』はダイバーにしか見れない海の世界を表現。海中のグラデーションを表現するためにカラーリングのインク一滴に至るまで追求したそうです。

パッケージは海をイメージした深い青色に高級感あるマット素材の紙を使用して、中央のホットスタンプをよりいっそう輝かせてくれています。

また、真ん中にあるシルバーラインが海中に差し込む一条の光を表現しています。

その割には「黒いキャップが安っぽい」という声もあったりするのですが、ボトルがかっこよくて飾っている人も多くいます。

トランスオーシャンオードトワレ

『トランスオーシャンオードトワレ』は繊細でありながらも、力強さを持つオトコの香りがコンセプト。輝く都会においても壮大な海原を前にしても纏うただ一つ。二つの世界を自在に行きかうオトコに確かな自信を!

ビジネスシーンにおいては、重要なプレゼン前やクライアントと会う前などに付けるのもおすすめです。クリアベルガモットで清潔感を漂わせながらもワイルドなビジネスマンを演出できます。

プライベートにおいては、お気に入りの音楽をかけながらゆっくりとリラックスする休日に。オーシャンローズの優しい香り。潮風感じるドライブやゆったりと海辺を散歩する、そんな心地よさでリラックス効果を高めてくれます。

『トランスオーシャンオードトワレ』の香り成分

  • トップノート…クリアベルガモット・マンダリン・ピンクグレープフルーツ
  • ミドルノート…ヴァイオレット・ジンジャー・ペッパー・ティー・ガーデニア・ジャスミン・オーシャンローズ
  • ラストノート…ムスク・バニラ・トンカ

色気のある爽やかな瑞々しいマリンフローラル。トップノートではワイルドでタフな印象を与えつつ、ミドルノートから優しい甘さに包まれます。自然からあふれ出る透明感と安らぎに満ちた海を思わせる印象です。

トランスオーシャンオードトワレの口コミ

爽やかで甘みのある香り
  • 夏にぴったりの爽やかさ。海を感じられる。
  • 甘めでセクシー。メンズですが尖った感じしないので、女性が使ってもおかしくない。
  • 嫌味がない、好感が持てます。
  • 程よいさわやかさとフローラルな甘さ。
  • ラストのバニラの甘さが長く残る。

印象としては、爽やか・ほのかな甘さ、といった内容が目立ちます。よく晴れた夏の海のような爽快感。明るい日差しの中マリンスポーツをするイメージでしょうか。「Tシャツやアロハシャツの時に付けたい香り」という方もいましたので、やはり「夏の海」といった雰囲気でしょうね。

スパイシーさも含んでいるのですが、そこに触れているコメントは少なく、「スパイシーさはあまり感じない」「スパイシーさはあまり強く残らないので、スパイシーさをアピールするなら会う直前くらいに使うのがおすすめ」との意見も。

香りが強い

どんな香水も付けすぎてしまっては自分も周りも不快になってしまうもの。香りの自己主張がそれなりにあるので、少量に抑えておけば問題ありません。

  • 付けすぎると強いので膝裏に少しだけにしています。
  • 足元にワンプッシュしたら、ちょうどよい強さになった。
  • 腰にひと拭きするくらいがいい。
  • ビジネスシーンでは控えめにすれば問題ない
  • 女性ですが、ハンカチになじませて使っている。

香り自体に不快感があるというよりは、付けすぎてしまったときにウッとくるからこのように調整していますとの内容が大部分です。同じ香水でも、スーツの時とアロハシャツの時では香り方も変わってくるでしょう。自分の適量が分かるまでは控えめなところから始めた方がよさそうです。

似合う年代は?
  • 35歳くらいの男性なら嫌味にならない。
  • 30代からの男性がターゲットだと思う。
  • ダンディーで、かっこいいおじさまに似合う。
  • 若者向けの活動的な感じもするし、少し大人びた感じもする。

ダイバーズウォッチとのコラボですので、それを購入できる年代からがターゲット(=香りが似合う年代)といったところでしょうか。



トランスオーシャンサージブルー

『トランスオーシャンオードトワレ』の新作『トランスオーシャンサージブルー』は、そのコンセプトを受け継ぎさらに進化しました。水中のキラキラしたイメージの透明感のある香りに。ビジネスでもプライベートでも活躍する香り、ここに極まれり!

『トランスオーシャンサージブルー』の香り成分

  • トップノート…アップル・ピーチ・ベルガモット・ガルバナムグリーン
  • ミドルノート…ローズ・ミュゲ・ラズベリー
  • ラストノート…ホワイトムスク・サンダルウッド・アンバー

『トランスオーシャンオードトワレ』よりもフルーティーさを感じさせます。トップノートでタフな男の色気を演出し、ミドルノートで透明感のある瑞々しさのあるフルーティーなマリンフローラル。水と光が奏でる透明感のある海の世界を思わせる印象です。

『トランスオーシャンサージブルー』の口コミ

フルーティーな香り

『トランスオーシャンオードトワレ』よりもフルーティーな香りがするというコメントが挙がっています。

  • マリンを想像していましたが、思ったよりフルーティーでした。
  • ムスクの甘さがありますが、フルーティーでフェミニンな印象。
  • 柑橘系だけど、あまりきつくない。フルーツのような酸味がある感じで中性的。
  • トップノートのフルーティーがきて、そのあとホワイトムスクが香ってくる感じです。

など。『トランスオーシャンオードトワレ』ではピンクグレープフルーツだけでしたが、『トランスオーシャンサージブルー』ではアップル・ピーチ・ラズベリーとフルーツが増えています。

『トランスオーシャンオードトワレ』が、マリンスポーツなイメージなのに対して、『トランスオーシャンサージブルー』は浜辺でフルーツジュースを飲んでリラックスしているイメージでしょうか。

香りの強さは?

『トランスオーシャンオードトワレ』とほぼ同じようなコメントが挙がってきています。

  • 肌に直接吹きかけると強すぎるため、スーツの裾などにふんわりスプレーしています。
  • 汗拭き用ハンカチにシュッひと拭きして使っています。汗を拭くたびにしっかり香りがうつるので、それくらいがちょうどいい。

シリーズ品ですので同じ傾向です。肌に直接つける場合はたくさん付けすぎないようにして、ウエストや足元にした方がよさそうですね。

女性でも使いやすい

メンズ香水ですが、女性でも使いやすいとのこと。

  • 癖がなく女性でも使えると思います。
  • 普段からメンズを付けている女性ですが、清潔感があって気に入っています。
  • 男っぽい香水、ではないので男女問わず使えます。

『トランスオーシャンオードトワレ』でも挙がっていましたが、女性比率はこちらの方が多いです。フルーティーさが増している分フェミニンな雰囲気に近付いているのでしょう。

「妻からは、色気があっていい香りと言ってもらえています。」というコメントもありましたのでつけている本人だけでなく、周りの女性にも好まれるようですね。

まとめ

ライジングウェーブの香水、いかがでしたか?

『FREE ライトブルー』は男女問わず抜群の人気を誇っています。価格も安くてコスパが良いので、普段付けることがない方のファーストフレグランスとしてもおすすめと言えます。

『ゼロ ブラック』は大人な香りで人気。

そして『トランスオーシャンオードトワレ』と『トランスオーシャンサージブルー』。腕時計メーカー・セイコーのダイバーズウォッチ「トランスオーシャンモデル」とのコラボということもあり、中身だけでなく、パッケージ・ボトルの細部に至るまでこだわった逸品です。

プレゼントには悩まれる方が多いと思いますが、ライジングウェーブはクセがないので男女問わずプレゼントにも選ばれています。