ロクシタンのオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りと口コミ

石鹸やシャワージェル、ハンドクリームなどのスキンケア製品を数多く展開している「ロクシタン(L’OCCITANE)」。オーガニックハーブなどを使用した植物原料を使用した、とてもナチュラルな製品を作り出しているブランドです。

そのロクシタンが、オーガニックな香料を使用した香水をリリースしています。それが今回紹介する『ヴァーベナオードトワレ』です。

恋を呼ぶハーブと呼ばれるヴァーベナを使った香水は、その爽やかさから女性からだけでなく男性からも愛されている、ユニセックスタイプです。

それでは、男女ともに愛されるロクシタンのオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りと口コミを紹介していきます。まずはロクシタンブランドについて少し触れておきますね。

ロクシタンの歴史を振り返ってみよう!

ロクシタンの歴史

ブランドの始まりは1970年代。農家の23歳の青年オリビエ・ボーサン(Olivier Baussan)氏が、自分でエッセンシャルオイルを蒸留したことに始まります。古い蒸留装置しかなかったが故に、できあがったエッセンシャルオイルはとてもオーガニック。

フランス・プロヴァンス地方のシンボルであるラベンダーを使ったり、アフリカのシアから作ったシアバターを使ったりした、様々な製品を生み出していきます。

ヴァーベナもまた原料として使われ、『ヴァーベナオードトワレ』以外にもシャワージェルやボディローションなどのシリーズ品も作られています。

そして高い企業理念があるのロクシタンの特徴です。まず、品質の高い製品を作り続けるために徹底した品質管理を行っています。それ以外には動物性の原料不使用だったり、基金を設立したり、点字ラベルを採用したりと、肌だけでなく社会や地球に対しても優しいブランドです。

そんなブランドだからでしょうか、創業から50年に満たないですが、すでに世界中に2,000店舗を構えるほどの一大ブランドに成長しています。

日本には1997年にショップがオープン。日本での歴史はまだ浅いですが、若い女性を中心に人気があります。自然素材を使ったスキンケアアイテムは低刺激で肌にも優しく、漂う香りも溶剤の香りがせず、とてもナチュラルな印象を受けるのが人気の理由のひとつです。

またそのパッケージも人気の理由のひとつと言われています。シンプルでクラシカルな、どこかノスタルジーを感じさせるボトル。ハンドクリームなどは絵の具のチューブのような可愛らしいデザインが女性に受けているとも言われています。葉っぱの形をしている石鹸も可愛くて人気です。



ロクシタンの人気香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りと特徴

フランス・プロヴァンスの北、デュレット産の採れたてのヴァーベナを使っています。オーガニックな原材料を主体としているので、低刺激でお肌に優しい香水です。

  • 香調:ピュア、シトラス
  • トップノート…レモン・オレンジ
  • ミドルノート…フレッシュ・ヴァーベナ・プチグレン
  • ラストノート…ローズ・ゼラニウム

トップノートはレモン・オレンジといったシトラス系です。ミドルノートでもフレッシュさを感じさせつつも、ヴァーベナの花の香りが出てきます。ラストノートはローズやゼラニウムからの甘さもあり、とても女性的な印象を受けます。

全体的には爽やかで瑞々しい印象。気持ちも高めてくれると評判です。オーガニックな香料なので香りも低刺激で優しくナチュラルな印象でもあります。変な癖もないので初心者にも使いやすいと言えます。

男性でも使いやすいユニセックスタイプでもありますので、カップルで一緒に使っている人たちもいるようです。

クラシックな印象を受けるボトルも好印象。ガラス部分にも葉っぱの形と「L’OCCITANE」という文字が彫られています。

オードトワレだからこその使いやすさ

オードトワレだからこその使いやすさ

『ヴァーベナオードトワレ』は、ネーミングから分かる通り「オードトワレ」です。

香水は濃度の違いで種類がわかれます。原材料のエッセンスを酒精、つまりアルコールに溶かして、アルコール成分が抜けた後に残る香りの強さで違いがあります。

その濃度を賦香率といい、香料濃度が高い方から「パルファン」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」の順となります。この賦香率が高い方が一般的に香りの持続時間が長くなる傾向があります。

日本にある香水のほとんどはオードトワレで、アルコールが約80%、香料が約5~10%、残りは蒸留水などになります。香りの持続時間は一般的に2~4時間ほどですが、香料によって変わります。

もし持続時間が短いと感じる場合は、アトマイザーに入れて持ち歩いて、休憩時間などに付け足しましょう。

またアルコールが多い分揮発性も高くなります。そのため、付けたての香りが強く感じることがよくあります。人に合う直前などに付けてしまうと、相手にも不快感を与えかねません。使用のタイミングを考えないと香害になってしまいますので、注意が必要ですね。

体温が高めの場所に付ければ、その分アルコールが早く飛びやすくなります。そうすると香料だけが残り香りが長めに続きます。

『ヴァーベナオードトワレ』は一般的なオードトワレと比べて香りの持続を短く感じる人が多いので、香りもそれほど強いとは思わない人が多いようです。香りを強く出したいとか、アトマイザーで持ち運ぶのが面倒だから、といって一度にたくさん付けすぎてしまうと、いくら弱めの心地よい香りでも香害になりますので注意です。



ロクシタン『ヴァーベナオードトワレ』の口コミ

ヴァーベナオードトワレの口コミ

ここからは『ヴァーベナオードトワレ』の口コミを紹介していきます。

とても爽やかでいい香り

香りに対してとても好印象の口コミも少なくありません。「爽やか」「癒される」「レモン的な爽やかフレッシュ」「レモングラスとアイスティーみたい」といった口コミは数知れずありました。

この香りが気に入ったという口コミの代表的なものを以下に紹介させていただきます。

「一目惚れならぬ一嗅ぎ惚れして、そのまま購入して帰りました。一度嗅いだだけで気持ちを持っていかれました。この爽やかさと心地よさは忘れられません。外出時につけるのはもちろんですが、自宅内でもルームフレグランスみたいに使っています。家族も気に入っているので、もしかしたら家の中で使う分を別で買うことになるかもしれません。」
「とてもやさしい印象を受ける香りです。トップノートが終わるころには甘さも出てきます。何故か、また付けたくなります。このやさしさと爽やかさに癒されるので特に疲れた日なんかだと、寝る前にシュッと枕元に吹いています。」
「香水はそんなに好きなわけではないですが、なぜかこれは気に入ってしまいました。きつくないので付けていても鼻に負担にならないし、周りからも爽やかさが好評です。そろそろ2本目を購入する予定です。」
「友達が付けていて私も気に入って買ってしまいました。このレモン的なシトラスがたまりません。そして香水だけでなく、ハンドクリームとボディローションまで。それくらい好きになってしまった香りです。」

「〇〇なところが気に入っています」というものだけではなく、一嗅ぎ惚れのように、理屈抜きで気に入ってしまう人が多いのも特徴的です。

トップノートが好き

特にトップノートが好きという人が目立ちました。

「ヴァーベナのこのトップノートがたまらなく好き。このシトラス系のフレッシュさが癖になってしまい、気分転換とかリフレッシュに使うだけじゃなくて、朝の目覚めの一嗅ぎみたいに、起きてからすぐ嗅いでいます。それにきつさを感じないので、他のオードトワレみたいに、付けた瞬間にウッってならないし使いやすい。」

「ミドルノートからは苦手な匂いなんだけど、トップノートが好きすぎて困る…。世間的には珍しいのかもしれませんが、私はこのロクシタンヴァーベナが全体を通しては苦手なんです。

でもトップノートだけは気に入っているので、ティッシュに付けてトップがなくなったら捨てるという、ある意味でぜいたくな使い方をしています。」

これに関係がある口コミで、「トップノートがキツくない」というもの。一般的な傾向として、オードトワレはアルコールが多い分「トップノートは強い」という印象を受けやすいのですが、こちらはキツく感じる人はほとんどいませんでした。

オーガニックな香料のため、香料から有機溶剤の臭いなどがしないで、トップノートから使いやすくなっているのだと思われます。

持続時間が短い

オーガニックな香料である分、持続時間が短くなる傾向があります。オードトワレの中でも短い方で「持続時間はかなり短いです。」と感じる口コミがあり、それを残念に思っている人もいるようです。

持続の短さにガッカリした。持ちが悪いという口コミをみましたが、私が使った場合もそうでした。オードトワレなので短めだというのはわかっていたんですが、それでも思ったよりも持続しないですね。いい匂いなだけに、残念な気持ちが強くなっちゃいます。」
「香りが素敵なだけに、この持続時間は残念です。別に朝付けて夕方まで続いているというほどのものを求めてはいませんが、せめて朝付けて会社につくまでは持って欲しかったなぁ。個人差はあるとは思いますが、私の肌では1時間持つかどうかで、すぐに全く感じなくなります。」

一方、持続が短いことを「逆に使いやすくて良い」と思う人も!私もあまり強すぎない方が逆に好きです。

持ちがよくない分、普段使いとして使いやすいです。さっと気軽に使えるので、ちょっとした外出の時に重宝しています。下手に持続が長いと他の人の香水と混ざって変な臭いになっちゃうことがありますからね。これの場合、気が付いたら無くなっているくらいだから、そんな心配もありません。」
「私は酔ってしまうので香水自体は苦手なんです。それでも何か付けていった方がいいような場所に出かけるときに付けています。無駄に長く香りが出ないのが私にとって一番ありがたいポイントです。とりあえずその用事の時さえ香ってくれていればいいので。」
「持続時間に関してはアトマイザーで付け直せば問題ないので、私にとっては対した問題ではないです。持続があるものだと、その分キツイことが多いですし。」

持続が短いのを気にしない人、むしろそれがメリットだと捉える人も少なくないようです。

短くて残念と思う人でも、「それでもリピートしました。」という人もたくさんいます。デメリットと思ってしまう人でも、それを上回る香りの魅力があるフレグランスのようですね。



日常使用がしやすくて重宝している

好感持たれるフレッシュな香りで、きつさもないのでとても使いやすいという口コミもたくさんあります。

「きつくなくて周りに干渉しないから、とっても使いやすいですね。季節も関係なく夏だけじゃなくて冬にも使えるのがいいです。爽やかで好感持たれる系統なので、どこに付けて行っても問題ない。香水を始めて使う人にもおすすめです。さらに男女関係なく使えるだなんて、ダメなところが見当たらない(ほめ過ぎ??)。」

「スッキリしたトップノートがとっても好みで、まず頭がリフレッシュできます。そのあとに花の香りが出てきて、でもそれもいわゆる「お花の香りですよ」っていうものだけじゃなくて、どこかキリッとしたところもあります。

女性的なところもあるけれど、男の僕が付けても違和感がないです。周りの人からも爽やかでいいですねって褒めてもらえるので毎日付けています。それでも飽きないのがまたすごいところです。」

「もう何年使い続けているのかな?とっても使い勝手がよくて、いくつかの香水をローテーションで付けているんだけど一番出番が多いです。覚えているだけですでに4本は使っています。

冬でも使えるけど夏場なんかは特に出番が多くて、外出先でもリフレッシュに使いたいからアトマイザーで持ち歩いています。子供たちも好きみたいで、ロクシタン付けて~っておねだりされたことがあるくらいです。」

オーガニックのためナチュラルな香りになるところが、使いやすさの秘密だと思われます。季節に関係なく使えるのもうれしいですね。きつく出ないですから、香水初心者にも使いやすいようですよ。

男性でも使いやすい!

甘さがあり花の香りもするので女性的な印象を受けますが、男性でも使いやすいです。

「男性ですが使っています。普通のメンズとは違った使いやすさがあります。特に付けた最初の柑橘系のところがいいですよね。仕事中に気分転換でトイレで付けることがあるんですが、戻ってくると「いい匂いですね」なんて言われくらいで、周りに迷惑にもならないのでいいです。」

「車の芳香剤も兼ねて毎日使っています。会社には車で行っていますが、毎朝車内にひと吹きして、会社についてから自分にも付けて、それで仕事にとりかかっています。付けるとシャキッとした気持ちで仕事に取り組めますね。

一度仕事帰りに先輩を車に乗せて駅まで送ったことがあって、癖でその時も車内に吹いてしまったんですが、先輩も気に入ってくれました。後日、他の人から「お前の車、いい匂いなんだって?」って言われました。」

「私が付けると自分には嫌な匂いになってしまいました。ユニセックスなので旦那に試しに付けてみたら、とてもいい匂いがしました。香水が無駄にならなかったのはうれしいですが、なんか悔しいです。しかも会社で女子社員から褒められたとか嬉しそうにしているのがムカツク。」

もし彼氏や旦那さんが香水を使わない人でしたら、この機会に試しに付けてもらうのもいいかもしれませんね。初心者でも使いやすいタイプなので、よほど付けすぎなければ失敗はしません。

いい香りを纏っていればそれだけで魅力が上がりますから、会社での評判にもいい影響がみられるかも?

まとめ

今回はロクシタンの『ヴァーベナオードトワレ』について紹介しました。爽やかで優しい印象のある香水です。これもオーガニック香料がなせる業でしょうか。そのためかとても使いやすく、初心者にもおすすめと言えます。

苦手に感じる人もほとんどいませんでした。苦手な香りだから無理という人はいますが「むわっと出てきてちょっと…」との口コミはありませんでした。あえて難点を挙げれば持続時間が短いくらいですが、アトマイザーを利用すれば大きな問題はありません。

ロクシタンのハンドクリームが香りに定評があるのと同様に、香りを嗅ぐだけでハマってしまう人もいるぐらい魅力的なオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』。ぜひ一度試してみて下さい。