『ヴェルサーチ』の人気香水【メンズ・レディース】まとめ

『ヴェルサーチ』の人気香水【メンズ・レディース】まとめ

イタリアを代表するファッションブランド「Versace(ヴェルサーチ)」。高級素材を使い、シンプルでありながらも洗練されたデザインで、世界中のセレブから愛されているブランドです。

展開しているアイテムはアパレルだけにとどまりません。バッグや靴、眼鏡や時計、香水はもちろんのこと、家具までと幅広く展開、さらにはホテルまでオープンするほど。

ヴェルサーチから展開されている香水は、官能的&モダンな香りで特にセレブから人気があります。異性を魅了するようなレディースから、メンズでありながら女性でも使いやすいといった多面的な魅力を持つものまで展開されています。

今回はヴェルサーチの人気の香水を、メンズレディースに分けて紹介していきます。最初はメンズからいきますので、レディースは後半からどうぞ。

また最後にヴェルサーチのブランドルーツもまとめましたので、深く興味のある方はそちらもチェックしてくださいね。



ヴェルサーチの人気メンズ香水

ブルージーンズ

ジーンズのように気軽に身に付けほしいという思いが込められたシリーズ。青色の缶には太陽のようなイラスト、その太陽の中にはジーンズを履いたカウボーイ風の少年がギターをもって歌っている様子が描かれています。

缶から取り出したボトルは、液体の青色も相まってまるで飲料水のようなデザイン。

  • 香調:アロマティック、ウッディ
  • トップノート…シトラス・ベルガモット・ガルバナム・ジュニパー・ローズ・ゼラニウム
  • ミドルノート…ラベンダー・ジャスミン・バイオレット・ナツメグ
  • ラストノート…シダー・イリスウッド・サンダルウッド・ベチバー・ムスク・アンバー・バニラ

シトラスの爽やかなトップノートに始まり、ミドルノートではグリーンで落ち着きを感じさせます。ラストノートでは甘さや暖かさ、そしてちょっとしたセクシーに包まれます。

基本的にメンズですが、女性でも使用者が多く、ユニセックス香水として愛用されている傾向があります。

ブルージーンズの口コミ

「香水には興味がなかった高校生の弟に、特に意味はないのですがなんとなくプレゼントしてみました。あげた時は見た目が面白いと喜んでくれました。興味がなかった割には休みの日に付けてくれたようで、思ったよりいい!と香りも気に入ったようです。最近仲良くなっている女の子にも好評のようで、あげた姉としてはうれしい限りです。」
「彼女が使っている香水で、初めて見た時はジュースを飾っているのかと思っちゃいました(笑)爽やかでありながら甘さもあって、ちょっとスパイシーもあるかな。いわゆる女の子っぽい感じではないけど、活動的な印象の彼女には合っていると思います。僕もたまに借りていて、一緒に付けてお散歩デートとかしています。」
「メンズ用ですがユニセックスでも使えると聞いてちょっと試してみました。控えめな甘さでくどくない。強いのは苦手なのですが、癖がなく適度なので大丈夫でした。持続もそれなりにあるのでコスパも悪くないです。カジュアルなコンセプト通り、気軽に付けられます。」

エロス

ギリシャ神話の愛の神「エロス」の名を冠した、男性の情熱的・精力的な魅力を表現する香り。彫刻のようなデザインで神話に出てくる神殿の壁のような印象を与えるとともに、その青色で男性的なたくましさも与えてくれます。ボトルキャップにヴェルサーチのアイコン・メデューサがデザインされています。

  • 香調:フレッシュ、オリエンタル、ウッディ
  • トップノート…ミントオイル・レモンイタリーオピュール・グリーンアップル
  • ミドルノート…ベネズエラントンカビーズ・アンバー・ゼラニウムフラワー
  • ラストノート…マダガスカルバニラ・ベチバー・オークモスアコード・ヴァージニア&アトラス産シダーウッド

まるで輝くような鮮烈な爽やかさで始まるトップノート。ミドルノートではオリエンタルな雰囲気が加わり、ラストノートではウッディで男性的な強さが現れ、情熱的で魅惑的な男性を演出します。

エロスの口コミ

「思わず名前に惹かれて買ってしまいました(笑)名前のイメージ通りに官能的な印象を与えるようで、女友達からはセクシーと言ってもらえています。ちょっと強めなので付けすぎてしまうと周りからクレームものかな。適度に香らせられれば大人の男の官能を出せます。」
「旦那が友達の海外旅行プレゼントでもらった香水です。若い人よりはそれなりに年齢を重ねた男の人のダンディーな色気というのでしょうか、そういう魅力を感じます。この香りだけで魅力が何割か上がりますね。遊びに来た私の妹も旦那のことをいい匂いと言っていたので、女性受けはいいのではないでしょうか。」
「ボトルと名前が気に入って買ってしまいました。爽やかな中に甘さがあってセクシー。「香水変えてみた」と彼女に嗅いでもらったところ、気に入ってくれた様子。ずっと嗅いでいたくなると言って普段よりも近い距離で接してきました。」

マン オー フレッシュ

ターコイズブルーにクロコダイル柄のパッケージ。さらにボトルは彫刻のように彫り上げられた美しいデザイン。中の液体がキラキラと輝いて煌びやかな魅力を放ちます。名前の通りに爽やかな印象で、重量感あるスクエアボトルが目を引きます。

  • 香調:アロマティック、ウッディ
  • トップノート…ホワイトレモン・ローズウッド・カランボラ(スターフルーツ)
  • ミドルノート…タラゴン・シダーリーフ・クラリセージ
  • ラストノート…ムスク・アンバー・シカモアウッド

少しスパイシーなシトラスで始まるトップノート。ミドルノートではグリーン系、ハーブ系の爽やかさがスパイシーさを伴って現れます。ラストノートでは上品で落ち着きのある雰囲気に。

軽やかで万人受けするからか、女性の愛用者もいてユニセックス香水としての人気もあります。甘さはそれほどありませんので知的でクールを演出したい女性におすすめ。

マン オー フレッシュの口コミ

「男性でも女性でも使えるということで試してみました。スパイシーさもあるけれどメンズ感が強いわけではないです。少し甘さもあって優し気な印象で、周りからは男女問わずいい匂いって言ってもらえています。いわゆるレディース的な匂いが苦手な私にはちょうどいい感じです。」
「バランスが取れていて初心者にも使いやすいかなと感じました。スパイシーさがあるけれども、男性のセクシーさを演出できる甘さ。スタイリッシュに決めたビジネスマンなイメージかな。」
「嫌味のない甘さにちゃんと抑えられています。セージとかでスパイシーさもあるけれど、それも強く出過ぎないので、いかにもなメンズ香水といった印象がないです。男性だったら爽やかセクシー、女性だったら女を主張し過ぎないクールビューティー系かな。」

ディランブルー

鮮やかな青色ときらびやかなゴールドが織りなす、クラシカルで男性的なスクエアボトル。中央には金色のメデューサが。

  • 香調:フゼア・ウッディ・アロマティック
  • トップノート…カラブリアンベルガモット・グレープフルーツ・アクアティックノート・フィグリーフ
  • ミドルノート…バイオレットリーフ・ブラックペッパー・パピルスウッド・アンブロックス・パチュリ
  • ラストノート…ミネラルムスク・トンカビーン・サフラン・ピリジンインセンス

ベルガモットやグレープフルーツのシトラス系に、アクアティックノートで深みを与えたトップノートに、ミドルノートではブラックペッパーのスパイシーさとパピルスウッドやパチュリのウッディで男性的な印象を。ラストノートでは情熱的な官能さが包み込み、独特な個性を醸し出します。

ディランブルーの口コミ

「個性的な香りなので好みは分かれるかと思いますが、私はとても気に入っています。40代のオッサンですが会社に行くときに付けていますが、不評を買ったことはありませんし、妻からも好評。ウッディが強めですが、若い世代でも落ち着きある雰囲気なら使いこなせるのではないでしょうか。」
「アクア系と柑橘系が混ざった感じですかね。そのあとウッディの深みがあるというか。だいぶ個性的で不思議な香りで、今まで試してきた香水で似た系統のものがありません。爽やかなので会社などに付けて行っても問題はないでしょう。」
「爽やかではあるけれどウッディが特徴的だと思います。ムスクもあって大人の落ち着いた魅力のあるタイプですが、シトラスやアクアもあるのでいかにもオジサマではなく若者でも使えると思います。とは言え、若い世代がこぞって使うタイプではないと思うので、香りで個性を出したい若者におすすめかな。」



ヴェルサーチの人気レディース香水

ブライト クリスタル

美しく輝く、まるで宝石のように洗練された美麗なデザイン。透明感あるピンクの液体がさらにエレガントなきらめきを演出します。

  • 香調 : フローラル フルーティ ムスキー
  • トップノート…ユズ・アイスドアコード・ザクロ
  • ミドルノート…ピオニー・マグノリア・ロータスフラワー
  • ラストノート…アカジュ・ベジタルアンバー・ムスク

ザクロやユズのフルーティなトップノートに始まり、ミドルノートでは透明感あふれるフローラルが顔を出します。ラストノートではアンバー・ムスク・アカジュで大人な雰囲気に。

ブライト クリスタルの口コミ

「甘ったるくなり過ぎない、サッパリとした雰囲気を演出してくれる素敵な香り。職場でも好評で、ほぼ毎日使っています。容器がキラキラとしているのも素敵です。おいておくだけで部屋の中まで煌びやかになります。持続も案外あるのでうれしいです。」
「フルーティで甘さがあるんだけど、フローラルが瑞々しく新鮮さがあります。可愛らしさと大人らしさの雰囲気を両立しているような。ラストでムスクっぽいのが出てきますが、そんなに強くないので穏やかな色気になります。」
「ピンクで可愛らしくてキラキラしていて、見た目だけで買っちゃいました。甘さが強い香りかと思いきやそうでもなく、いかにも若い子という感じではなく大人の落ち着きがあります。周りから、特に男性から好評で、いい匂いと褒めてもらったり、何を使っているか聞かれたりします。」

ヴェルセンス

クラシカルとモダンを融合した、シンプルながらも洗練されたボトル。中央にはヴェルサーチのアイコン・メデューサが。

  • 香調 : フローラル、ウッディ
  • トップノート…ベルガモット・グリーンマンダリン・オプンティア(ウチワサボテン)
  • ミドルノート…ヒメノカリス・カルダモン・ジャスミン
  • ラストノート…サンダルウッド・シダーウッド・オリーブツリー・ムスク

シトラスフルーティで始まるトップノートにミドルノートの活力あるフローラルが加わり、自信にあふれた女性を表現。ラストノートでは様々なウッディノートで気品ある雰囲気を演出します。

グリーンノート、ウッディノートが特徴的で、男性でも使いやすいユニセックス寄りの香水となっています。

ヴェルセンスの口コミ

「いつもはメンズを使っている私ですが、ヴェルセンスでレディース香水デビューしました。付け始めはメンズっぽいグリーンなので、私でも抵抗なく使えました。いかにもなレディースを付けている人は苦手に感じるかも。それでも甘さもあるし、クールでありながらセクシーさも感じます。」
「爽やかでセクシーさもある万人受けする香り。周りの人からは男女問わず褒めてくれます。メンズっぽさもあるので男性でも使えるかもしれません。それだけオールマイティーで使える反面、ちょっと持続時間が短いかな。素敵な香りで癒されるのに、朝付けてお昼まで持たないです。」
「はじめはフルーティでありながらもグリーン系なところもあり、よくあるレディースとは違いました。甘さも出てきますが、媚びた雰囲気になる甘さではないので私には使いやすいです。キリッとした中にも優しい雰囲気を出したい人におすすめです。」

ヴァニタス オードトワレ

ヴァニタスにはオードパルファムとオードトワレがありますが、今回はオードトワレを紹介。通常オードパルファムとオードトワレは香料の濃度が違うだけですが、ヴァニタスの場合、使われている香料にも違いがあります。

ヴァニタス オードトワレの香りは以下の通り。

  • 香調:フラワー、ウッディ、ムスク
  • トップノート…ローズペタル・フリージア
  • ミドルノート…オスマンサス(キンモクセイ)・ティアレフラワー
  • ラストノート…ブラックティー・シダーウッド

香料濃度が高い「ヴァニタス オードパルファム」の香りは、

  • トップノート…ライム・フリージア
  • ミドルノート…ティアレフラワー
  • ラストノート…トンカビーンズ・シダーウッド

となっていますので、共通する香料もありますが違う香水とみたほうが良いですね。

ヴァニタス オードトワレの口コミ

「上品なフローラルで大人の女性らしさがあります。お花の甘さもありますが透明感もあって優しいです。ラストノートのブラックティーとシダーウッドのおかげでしょうか、落ち着きのある上品でどことなくクラシカル。」
「優しさと柔らかさがあるフローラル。特にフリージアとキンモクセイが気に入っています。はじめは瑞々しいけれど、その後甘さに変わっていきます。上品で清楚なお姉さんといった感じですね。」
「EDPと香りが違うんですね。それを解っていなくて、EDPを買った後もっと軽めがいいなと思ってEDTを購入しました。EDPにはトップにライムの爽やかさがありますが、全体としては甘さのあるフローラル。EDTはライムはないものの全体として軽めで使いやすい。EDTの爽やかさはオスマンサスかな。どちらも上品な香りですがEDPは色気があって、EDTは清純派といった感じです。」

ディランブルー フェム

2018年5月1日に発売された最新作。

  • 香調:フルーティ・フローラル・ウッディ

香料は、ブラックカラントグラニースミスクローバー忘れな草シソリアロサルビギノーサベタリアロシフォリアアイシーピーチジャスミンエゴノキホワイトスムースウッドムスクパチュリが使われています。

爽やかでフルーティのトップノートに始まり、瑞々しい幻想的なフローラルのミドルノートを経由して、ウッディなセンシュアルでエキゾチックなラストノートへと続きます。

ボトルも特徴的なデザインで、古代ギリシャ文化を連想させるアンフォラの壺のような形状。鮮やかで神秘的な印象の青色に、ヴェルサーチお馴染みのメデューサが金色しつらえられていて、高級感あふれる見た目となっています。

ヴェルサーチのブランドルーツ

ブランド『Versace』のルーツ

ヴェルサーチは1978年にジャンニ・ヴェルサーチによって立ち上げられたブランド。ジャンニは1946年に南イタリアで生まれ、母親が経営するブティックでファッションについて学びます。その後ミラノに移り、「カラガン」「ジェニー」「マリオ・ヴァレンティノ」「コンプリーチェ」でキャリアを重ねていき、1978年に独立に至ります。

兄のサントを社長に据えて会社を設立し、ミラノに第一号店をオープン。バロックやロココ、イタリアルネッサンスといった古典的なものを現代風にアレンジしたファッションが特徴的です。

1982年にイタリアのレディースウェアデザイナーの最高の賞「ゴールデン・アイ」受賞。1983年にニュヨークの「カティ・サーク賞」を受賞と、瞬く間に世界的なデザイナーとして名を知られるようになり、コレクションの他にもオペラやバレエなどの衣装も手掛けるように。

ジョルジオ・アルマーニとジャン・フランコ・フェレとともに「ミラノの3G」と呼ばれ、1980年代後半のイタリアのファッション界をけん引します。

1997年にアメリカフロリダ州マイアミで不幸にも亡くなってしまいますが、妹のドナテラが専任のデザイナーとしてブランドを引き継いでいます。

香水は1981年から展開していて、官能的でモダンな雰囲気が特徴。日本の有名人でも愛用者が多くいて、嵐の相場さんや二宮さん、他には福山雅治さんなどが愛用していると言われています。

ファッション以外では、2000年にオーストラリアのールドコーストに、内装からインテリアまでヴェルサーチのデザインでつくった「パラッツォ・ヴェルサーチ・ホテル」をオープン。2016年にはドバイにもオープンしています。そういった家具・インテリア雑貨を扱う「VERSACE HOME」が2015年に銀座にオープンしています。



まとめ

今回はイタリアのトップブランド『ヴェルサーチ』が展開する人気の香水を、メンズ・レディースに分けて紹介しました。

世界中で愛されているヴェルサーチのファッション。フレグランスアイテムの人気もあり、爽やかなものから魅惑的なものまで揃っています。

ボトルデザインにもこだわり、高級服さながらエレガントなボトルもあれば、シンプルで上品なもの、ジーンズのように親しみやすいものまで。香りはファッションの一部と考えるヴェルサーチらしいこだわりですね。

そんなファッションの一部であるヴェルサーチの香水、お手持ちの洋服と合わせて新たなお洒落を楽しんでみて下さい。

併せてこちらもチェック!