紅茶の香りが感じられる香水10選【ユニセックス・レディース・メンズ】

紅茶の香りが感じられる香水10選【ユニセックス・レディース・メンズ】

飲むことはもちろん、その香りで安らぎと癒しを与えてくれる「紅茶」。飲んでほっと一息付くだけで、身も心もリラックス&リフレッシュできたりしますよね。

そんな紅茶の香りを感じさせてくれる香水が様々なブランドから展開されています。そこで今回は紅茶の香りを感じられる香水を厳選して紹介していきたいと思います。

いかにも紅茶というものもあれば、ほんのりと感じるもの、紅茶をベースに他の香り(レモンなど)が加えられているものまで様々です。

最初にユニセックス(男女兼用)、そしてレディース、最後にメンズとそれぞれ分けましたので、あなた好みの香水を探してみてくださいね。



紅茶の香りが感じられるユニセックス香水

imp.(インプ)シリーズ

imp.(インプ)シリーズ

「一日に7杯の紅茶を飲む」と言われるほど、イギリスでは生活と切っても切り離せない存在。そんなイギリスの「ティータイム」にインスピレーションを得てつくられたシリーズ「imp.」

トップノートからラストノートまで天然香料を使った、とってもナチュラルで贅沢な芳香を堪能できる人気のシリーズです。香水が苦手な人でも使いやすい優しい香りで、男女関係なくTPO問わず使えます。

ボトルはシンプルでありながら洗練されたデザイン。無駄なものをなくしたエレガントなつくりで、見た目からも気品ある雰囲気を感じさせてくれます。

imp.シリーズは紅茶の香りをベースに作られている香水ですが、紅茶感の強さや種類は様々なので注意して下さい。

imp.5 レモンシトラス

数あるimp.シリーズの中で人気なのが、『imp.5 レモンシトラス』。名前の通り柑橘系の清涼感のある爽やかな香り。

  • トップノート…レモン・グレープフルーツ・ダージリン・ラベンダー
  • ミドルノート…ローズ・ミュゲ・ジャスミン・ローズマリー・ユーカリ・グリーンリーフ
  • ラストノート…シダーウッド・サンダルウッド・アンバー・ムスク

レモンやグレープフルーツの柑橘系で始まるトップノート。そこにダージリンが加わり、さながらレモンティーのような芳香。そしてラベンダーやミドルノートで香る様々な花のフローラルで瑞々しさと癒しを加え、ラストノートでは温かみと落ち着きを感じさせます。

imp.5 レモンシトラスの口コミ
「付けた時の爽やかな柑橘系がとても気に入っています。そのあとだんだんとダージリンが出てきてレモンティーな雰囲気が完成。そしてお花の香りが出てきて優しい印象に変わっていきました。嫌味がないので家族にも職場の同僚にも好評です。」
「若者よりも大人向けという印象を受けました。知的で落ち着きのあるジェントルマンといった感じでしょうか。スプレーがすぐに壊れてしまったのが残念ですが、アトマイザーに入れ替えて、逆に持ち運びしやすくなって便利になりました。」
「最初はシトラスがちょっときついかなと思いましたが、すぐに弱まって馴染んでいきます。今では逆にもうちょっとシトラスが続いてほしいと思うくらいに、シトラスによるリフレッシュ感にハマりました。でもその後に出てくる優しく癒される感じも素敵で気に入っています。」

imp.8 ウィステリアブロッサム

緑あふれる庭園に咲く藤(ウィステリア)の花をイメージした、清楚で透明感ある香り。紅茶はほんのりと香る程度です。

  • トップノート…ベルガモット・レモン・スイートオレンジ・ダージリンティー
  • ミドルノート…ローズ・ジャスミン・ゼラニウム・ウィステリア・フリージア・メロン・アップル・ミュゲ・ライラック・ネロリ
  • ラストノート…ベンゾイン・ピーチ・ムスク・アンバー・ウッディ・ティーツリー

フレッシュでフルーティな甘さにダージリンティーが合わさるトップノートに、ウィステリアやローズの優しく清楚なフローラルが続きます。さらにメロンやアップルの明るい甘さ、ライラックの爽やかさが加わることでとても優雅。ラストノートはウッディで温かみ安らぎがある中、そこでも優しい甘さで幸福感に包み込まれます。

imp.8 ウィステリアブロッサムの口コミ
「説明を見たら果物の名前が多く載っていたので甘いのかと思っていましたが、甘すぎることなくスッキリ。清潔感があってちょっとパウダリーなので、甘さのあるお花の石鹸、といった感じでしょうか。強くないので会社に付けて行っても周りに迷惑にならずに、いい香りに包まれながら仕事ができています。」
「柑橘系から始まって、だんだんと優しい甘さが出てくる。ユニセックスで使えるけれどレディースよりかな。紅茶もあるけれどそこまで強くないです。でも品があるのでお気に入り。もっと持続すれば言うことなしなんだけど。」
「天然香料のおかげでしょうか、主張しすぎる強い香りではなく、もっとナチュラルで落ち着いています。時間とともに爽やかさから甘さのある柔らかい雰囲気に変化していきます。私の場合は持続時間が長いようで、夕方でも匂いを嗅いでリラックスしています。」

imp.4 サクラブルーム

サクラ咲く春のころの、キラキラとした輝きと瑞々しさを漂わせます。

  • トップノート…カシス・ライム・グリーンアップル・レモン・ダージリンティー
  • ミドルノート…サクラ・ミュゲ・マグノリア・ピオニー・ダマスクローズ・ラズベリー
  • ラストノート…ムスク・アンバー・ウッディ・リッツアクベバ

甘酸っぱいフルーティノートをダージリンティーで包むトップノート。ミドルノートではサクラをはじめローズやピオニーなどのフローラルが折り重なり優雅な芳香。ラストノートではぬくもりと安らぎと落ち着いた雰囲気に包まれます。

imp.4 サクラブルームの口コミ
「甘いけれどしつこくないし、優しい香りに包まれて心癒されます。同僚にも友達にも好評で、仕事でもプライベートでも使える香水です。特にミドルノートのフローラルが気に入っていて、バラも出すぎてこないしサクラもほのかで上品。」
「瑞々しいフルーツで清涼感ある紅茶、そんなトップから始まって次第に出てくるフローラル。サクラを銘打っていますが、いかにもサクラという感じで出てくるのではなく、控えめで知的。ラストは穏やかで落ち着きがあって綺麗にまとまります。総じてimp.は上品ですが、特に4は強くそう思いました。」
「若々しく元気な印象。だけど子供っぽくはならずに、ちゃんと知性や品が伴っている大人といった印象です。サクラはそんなに強くないので、桜吹雪の遊歩道のようなイメージを持ってしまうと期待外れかも。爽やかなフローラルを探している人におすすめです。」

エリザベスアーデン『グリーンティー』

『グリーンティー』という名前ですが、レモンなどのシトラス系の香料も使われていて「紅茶」という印象を持つ人が多くいる人気の香水。緑茶をはじめとする12種類の自然素材を組み合わせた、リフレッシュできる香りです。

  • トップノート…ベルガモット・レモン・オレンジ・ペパーミント
  • ミドルノート…グリーンティー・ルバーブ・ジャスミン・セロリシード・カーネーション
  • ラストノート…オークモス・アンバー・ムスク

清涼感あるトップノートに続く、瑞々しく癒しのあるミドルノート。ラストノートでは落ち着いた雰囲気も出てきます。全体を通して爽やかでリフレッシュでき、初心者にも使いやすいはずです。

グリーンティーの口コミ

「友達は甘い緑茶という表現をしていましたのですが、僕にはレモンティーでした。最初のレモンとオレンジの柑橘系がグリーンティーとジャスミンと合わさってそんな印象になったのかな、と勝手に思っています。お茶の種類はどうあれとっても爽やか。気分転換にも使えて、休みの日に部屋に吹いたりもしています。」
「私が初めて買った香水がエリザベスアーデンのグリーンティー。お茶好きな私は何も考えず名前だけで買ってしまいましたが、緑茶を感じられてとっても満足。この爽やかさは夏は特におすすめ。周りから嫌がられることもないので使い勝手も素晴らしい。」
「女友達はこれをレディース香水と言っていましたが、男性でも問題なく使えるユニセックスタイプだと思います。現に僕は会社に付けて行っていますが、周りの女性スタッフから褒めてもらえています。甘さ控えめ。レモンティーを緑茶でつくったような中間的な感じで、言葉で表現すると不自然だけどとっても自然で癒されます。」

 

では次のページで、紅茶の香りが感じられるレディース香水メンズ香水を紹介します。