ランバン創業120周年記念の香水!『ジャンヌランバン』の香りと口コミ

ランバンの中でも一際異色を放つのが『ジャンヌランバン(JEANNE LANVIN)』というネーミングの香水です。製品名にブランド名が含まれていますが、それにはどんな意味があるのかというと、なんと創始者ジャンヌランバンへのオマージュとしてつくられた作品だからなのです。

今回は、そんなジャンヌランバンについて、コンセプトや香り、使用者の口コミを紹介していきたいと思います。

ランバン創業120周年を記念して発売された香水

ランバン創業120周年記念の香水!『ジャンヌランバン』の香りと口コミ

ランバンというブランドは1889年、フランスのパリで帽子屋さんとして創業し、2009年には創業120周年を迎えました。

時を同じくして立ち上げたブランドにはバーバリーなどがありますが、創業120年ともなると、ファッションブランドの中では世界的にみても最も古い歴史のある老舗ブランドの部類に入ります。

この創業120周年を記念して発売された香水が『ジャンヌランバン』。これは創業者であるジャンヌランバンを称え、その名前をそのままネーミングにしたアニバーサリー香水です。

ほんのり薄いピンクの色遣いに、角ばったシャープなフォルムのボトルデザイン。このデザインからも分かるように、クールさと大人な要素も取り入れられていることが分かります。

エクラドゥアルページュのような丸みのあるフォルムとは正反対で、大人世代もターゲットにしたコンセプトが含まれています。

ランバンのフレグランスは全体的に若い世代をターゲットとした甘めな香りですが、このジャンヌランバンはただ甘いとはワケが違います。


ジャンヌランバンの香りは?

ジャンヌランバンの香りは?

気になる香りは、フローラルを基調としたフェミニンでセクシーな甘さが特徴。

香り成分は以下の通りです。

  • トップノート…シトロン・ブラックベリー・ペアーネクター
  • ミドルノート…ホワイトフリージア・ラズベリー・ピオニー
  • ラストノート…アンバーグリス・サンダルウッド・ムスク

よくある『ただただ甘い』ではなく、『大人の要素』も取り入れられた仕上がりになっているため、甘いのが苦手な男性や年配の女性にも受け入れられるフレグランスです。

『甘すぎない紅茶の印象』といった言い方が正しいのかもしれません。甘さがないわけではないし、かといってよくある甘さとも違う。スパイシーさも感じたり、フルーティーやベリー系と例える人もいます。

マリーミーやエクラドゥアルページュよりも『ほんのり香る大人な香り』な位置付け。

今まではファッションからメイクやヘアスタイルなど、とにかく柔らかい雰囲気がウケる世の風潮がありましたが、最近ではそれだけでは物足りない傾向にあります。ジャンヌランバンを、雑誌でよく目にするフレーズで例えるならば『大人可愛い』がピッタリなんじゃないかなと思います。

ジャンヌランバンの口コミ

ジャンヌランバンの香りの口コミ

口コミからは、「フローラルやバニラなどの甘さは好きだけど、甘いだけの香水は苦手」という人にピッタリ。

他にも、「甘酸っぱい爽やか系」「上品」「爽やかな紅茶の香り」「フローラル」「ピンクグレープフルーツの爽やかさ」などなど。上品といった声は複数人の口コミがありました。

他に多かったのは「ベリー系」「フローラル」「ジューシー」です。

中には「ありきたりなフローラルで、使いきれなかった」なんてのもありました。また「オードパルファムなので付けすぎないようにしている」というものもありました。

「オードパルファム」は、香水の濃さを示すものです。オードパルファムは二番目に濃い濃度(10~15パーセント)で、持続時間は3~5時間とされているものです。

これらの口コミから、「ジャンヌラバン」について、どのようなイメージが持たれているのか見ていきましょう。

香りの印象

  • 「苦手な人はいないと思う」
  • 「上品でずっとかいでいたい」
  • 「品がありセクシー」
  • 「甘くて女っぽいセクシーな印象」
  • 「スパイシーで苦味がある」
  • 「朝のいい香り」
  • 「ピーチがもわっとしてきて人工的で苦手」
  • 「トップは好き嫌いがある」
  • 「万人受けする香水」
  • 「男ウケすると思う」
  • 「男性にも女性にも好かれる」
  • 「付けていると、同性からも異性からも何の匂いかと聞かれる」
  • 「わたしの香りとして定着しました」

この香水はどんな年代の人に似合うのか?と疑問に思う声もあがっています。40代、50代の女性からすると「若い女の子に似合いそう」「明るくハツラツとした若い子に似合いそう」「フェミニンな可愛らしい香り」という口コミがありました。

一方で「50代のマダムみたいなイメージ」と、30代の女性の声もありましたので、年代というよりは付ける人のイメージによるところが大きいのではないかと思われます。

その他には「ムエットだけで選んだので、はじめはなじまなかったが、付けているうちになじんできた。」という人もいました。

さて、ここで登場する「ムエット」とは何でしょう。香水を買う時には、まずは試してみることがあります。そこで、香水そのものを何の影響もなしに試すために、無色で無臭の紙切れに数滴含ませます。

紙切れは、短冊くらいの大きさで、厚手の紙です。香水を含ませても垂れてくるようなことはありません。

ムエットは、短冊状の紙そのもののことを指しています。ムエットで試したイメージと、実際に自分で付けたときでは、若干違いが出てくるようです。それでも、口コミでは好きだから使っているとのことでした。

使えるシーンは?

  • 「休日デートに向いている香り」
  • 「フレッシュで、食事の時でもOK」
  • 「付けた翌日までコートが香った」
  • 「付けていくところがないので、使いきれなかった」
  • 「普段用にはキツイ」

使えるシーンは人それぞれ。プライベートでも大丈夫という人もいればきついという人も。付ける場所によって香りの感じ方が変わるので、手首・腰回り・ふくらはぎなどいろいろな場所で試してみてはいかがでしょうか。

香りの持続性

  • 「持続性がある」
  • 「朝付けて夕方まで持つ」
  • 「付け直しがいらない」
  • 「持続性がもっと欲しい」
  • 「持続性がないので、こまめに付け直している」

オードパルファムとはいえ、持続時間には人によって差がありますね。傾向としては長く感じる人が多いです。

付け方に関して

『ジャンヌランバン』の付け方

  • 「ワンプッシュで充分香ってくる。」
  • 「3プッシュしてます。これで、1日中自分はしっかり香りをまとっています。」
  • 「太ももの裏に付けることにしている。」
  • 「髪に付けて、タイツやストッキングの上からも付ける。」

体の上の方か下の方に付けると、動いた時に残り香があるということでしょうか。露骨に香るというよりも、ほんのり香ると上品さがアップします。

香水の付け方にも、自分なりの工夫をしている人がいました。

お腹のあたりにワンプッシュ、背中にワンプッシュ、手首と首筋にちょんちょんと少量を付ける。全体としては、香水としては控えめな分量だけれど、十分に香ってくるから好きです。

香水は、体温の高い部分に付けるとよく香ってくるといわれます。効果的なつけ方と分量で、調整しているわけですね。

その他の口コミ

ジャンヌランバンの使用感の口コミ

人気香水ですから、上で紹介したもの以外にもたくさんの口コミがあります。使用者はどのような感想を持ったのか、ちょっとしたエピソードがある口コミなどを紹介していきたいと思います。

発売されて数か月後に購入したのですが、それから今までずっと使い続けています。基本的にフローラル系が好きで使ってきたんですが、今までのものとはちょっと違った大人びたところがあります。ただ単に甘いだけではない何かがあって、それが何かはちょっと伝えにくいんですが、私の心を掴みました。
柔らかさと力強さの両方を感じ取れる不思議なフレグランスです。とは言っても複雑で使いにくいとかそういうことはなくて、フェミニンな魅力を出すことができます。仕事でもプライベートでも付けて行けるしオールシーズン使えるので、使い勝手もいいです。

香水を使ったことはなかったんですが、大学卒業の時にお祝いとしてプレゼントしてもらいました。付け方がよくわからなかったので、プレゼントしてくれた伯母にいろいろ教えてもらいながら慣れていきました。

社会人デビューをして研修があけるころから会社にも付けて行くようになったんですが、先輩社員から褒めてもらえて嬉しかったのを今でも覚えています。女の子らしいけれどしっかりした人のイメージも与えられるようで、選んでくれた伯母に感謝です。

甘くて爽やかで、どこか紅茶っぽい上品なフレグランスだと思います。嗅ぐと気持ちがリフレッシュできるので、自分に付けるのとは別に、たまにティッシュに付けて匂いを嗅いでいることがあります。

休憩室で嗅いでいると、同僚からも嗅がせてって言われるので、いろんな人から好かれるタイプだと思います。今のところはクサイとかキツイとか言われたことはありません。

汗をかきやすい体質なんですが、これは混ざっても嫌な臭いにならないので重宝しています。今までは悪臭が出ないように夏場には香水をつけないようにしていたんですが、これからは大丈夫そうです。
全体を通して好きな香りですが、特にップからミドルに変わるところがお気に入りです。むしろそこだけを嗅いでいたいくらいなので、持続時間が長いのがちょっと憎らしかったりして(笑)


駅から会社に歩いていくときにすれ違った人からふんわり香ってきた。いいなあと思ってその日のうちに香水売り場に行って探してみたら見つけることができました。それがジャンランバンとの出会い。その場で購入して、それ以来5年以上愛用し続けています。
テスターで試してなんとなく惹かれて衝動買いしたら、大当たり!付けている本人よりも周りの人が気に入っています。男女関係なくいい匂いって言ってくれるので、気分がいいです。直感を信じて買ってみるのもいいもんですね。

私自身は付けていないんですが、会社で付けている人が二人います。一人は2年目の若手で、もう一人が40代のベテランです。どちらが付けていてもいい香りで、若者しか似合わないとか、逆に大人しか付けこなせないとか、そういうことなく使えると思います。

二人とも仕事に対して人一倍真面目で、それでいて近寄りがたい雰囲気もなく周りから人気のある魅力的な女性です。

甘いけれどしつこくなくて優しい香りです。持続時間も長いので、朝付けるだけでお昼に付け直さなくても大丈夫。帰宅後にもそれなりに残っています。これだけ長続きするのに、くどさがないのはいいですね。
香りも好きですがボトルも私好みです。いわゆる女の子向けといった丸みを帯びたデザインだとか、宝石のような加工がされているボトルもいいですが、シンプルな中にエレガントさがあるタイプも素敵ですよね。可愛いだけじゃない自立した女を表現しているようで、そんな人になりたい私は心惹かれました(笑)
デートのときに付けて行ったら、彼氏から「シャンプーのようないい匂いがする」って言われました。付けたすぐはちょっときついかな、って心配してたんだけど、時間が経つと自然な強さになるようで安心、しかも彼氏から好感触。お風呂上がりにも少しつけたら、本当にシャンプーだと勘違いされちゃいました。

さいごに

ランバンの創業120周年を記念してつくられた、創設者へのオマージュ作品『ジャンヌランバン』について紹介してきました。

香調はフローラル系統ですが、「よくある香水」とはならずに、気品あふれる作品に仕上がっています。それこそが創設者への敬意の表れで、ただ単に女性的な一面だけでなく、芯の通った強さも表現しています。

ボトルデザインも四角いフォルムで凛としたかっこよさがありますが、リボンが付いているなど女性らしさも忘れてはいません。この女性性と凛とした雰囲気の両立は流石です。

可愛いだけじゃ物足りない大人の魅力をプラスしたい人に、是非一度試してもらいたい作品です。

ランバンの香水関連記事

スポンサーリンク
レディース人気香水
スポンサーリンク
香水人気ランキング

香水の歴史上『名香』と呼ばれた名作、殿堂入りにふさわしい香水を厳選。

【メンズ】【レディース】に分けてあります。

新たな香水を探している方はぜひチェックしてみて下さい。

香水人気ランキング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました