グッチ『ギルティ』はどんな香り?口コミを参考にしてみよう!

グッチ『ギルティ』はどんな香り?口コミを参考にしてみよう!

今回は、Gucci(グッチ)から発売されている人気の香水『ギルティ』について、そのラインナップをレディース・メンズまとめて紹介します。

『ギルティ』は英語で「身に覚えのある」「やましいところがある」という意味があります。「有罪」という意味で使われることもあります。いずれにしてもネガティブワードですが、なんかとても意味深ですよね。

そんな名前のこの香水、一体どんな特徴があるのでしょうか。実際に使用した人の口コミもピックアップしましたので、そちらも参考にしながらその香りをひも解いていきましょう。



グッチの香水『ギルティ』のラインナップ

グッチの香水『ギルティ』は、レディース2種類メンズ2種類があります。レディースとメンズで基本的な製品名が同じなので、間違えないように注意してください。メンズは製品名の後ろに「プールオム」が付いています。

レディース

メンズ

ギルティシリーズはオードトワレ

オードトワレとは香水の種類のひとつで、賦香率(ふこうりつ)という香料濃度が5~10パーセントのものを指します。持続時間は2~5時間程度、香水の中では一番使い勝手の良いスタンダードなタイプです。

それでは、ギルティシリーズの製品をひとつずつ詳しく見ていきましょう。

【レディース】ギルティの香りと口コミ

2010年に発売されました。ギルティシリーズのメインフレグランスとなっています。香りの構成は以下の通りです。

  • 香調:オリエンタル、フローラル
  • トップノート:マンダリン・ピンクペッパー
  • ミドルノート:ラベンダー・ライラック
  • ベースノート:パチョリ、アンバー

香りは20代前半の女性によると、「さわやかさでエキゾチック」ということです。会社ではきつすぎるけれども女子会ではウケそう、あるいは大人っぽくセクシーさがあると表現しています。

また20代後半の女性は「エキゾチックで、それでいて甘い」と言っており、こんな表現している口コミも見つけました。

「つけたては化粧品売り場のようで、次第に甘くなじんできて、消えかかる前にはキャンディーのようなほどよい甘さがあります。」

評価は人それぞれですが、全体的にかなり高評価だと言えます。まずはあえて低評価な口コミを参考にしてみましょう。

ギルティの低評価な口コミ

  • トップがきつくて、苦手。
  • ちょっとメンズっぽいかなって思った。
  • ボトルの金属部分が酸化してしまって、インテリアとして使えなかった。せっかくおしゃれな見た目なのに…。
  • オフィスではちょっと使えない。強すぎるのと甘すぎるから。
  • プレゼントされたけれど、好き嫌いの個人差がある。
  • ダークできつめ。万人には向かない。
  • 強めなので好みがあり、食事中には向かない。

香りについては、どうしても個人差がでてきます。好きだという人もいれば、自分にはちょっと…と、敬遠する人もいるものです。

また、ボトルにはグッチのブランドマークがあるので飾っておくにもお洒落です。そこがサビてしまったのはとても残念ですね。製品はギフトラッピングされているので、プレゼントとして使えます。

ギルティの高評価な口コミ

口コミ全体を見て回ると、やはり多いのは高評価なもの。それをいくつか紹介していきたいと思います。

  • グッチの香水の中でいちばん好き。
  • 上品な甘さ。甘さがとっても気に入りました。秋冬用かな。
  • 夜向けのセクシー感。
  • 毎日つけても飽きない。はじめて同じ香水をリピートしたのが「ギルティ」だった。
  • また買いたい。値段の割にはよかった。何度もリピートするほど好き。
  • 持続時間が長めなところがよかった。
  • 自分の好み、イメージに合っている。
  • 男性受けがよいので、デートの時に最適。
  • 同性からも異性からも良い香りと言われた。
  • 万人に受けるタイプだけれど、どちらかというと昼よりも夜のイメージかな。
  • 彼氏も気に入っていて一緒に使っています。

甘さに関して褒めている・気に入っている内容の口コミが多くみられました。それに関連してか、「夜」「大人」「セクシー」なイメージを持つ傾向があります。

オードトワレはさほど強くはありませんが、その割には持続は良いようですね。

香水は自分に付けた時はいい匂いに感じるのに、他の人が付けた場合はあまりよく感じないこともあったりします。ですが、ギルティは周りからも評判が良いといった口コミがたくさん見受けられましたので、万人受けの傾向は高いと言えます。

【レディース】ギルティ ブラックの香りと口コミ

続いては、2013年に発売されたギルティ ブラックについて紹介していきます。

  • 香調:オリエンタル、フローラル
  • トップノート…レッドフルーツ・ピンクペッパー
  • ミドルノート…ラズベリー・ピーチ・ライラック・バイオレット
  • ラストノート…パチョリ・アンバー

トップノートはレッドフルーツにピンクペッパーが加わった、ちょっと温かみのある甘さ。ミドルノートではさらにフェミニンさが加わり、ラストノートではパチョリの優しさにアンバーが合わさり深みと官能を生み出します。オリジナルのギルティよりもセクシーで魅惑的。

20代半ばの女性は「ベリーが出てくるとより女らしい雰囲気が出てきます。大人の官能的な香りで夜遊びにピッタリ!」と言っていました。

それでは口コミから特徴を見ていきましょう。次は高評価/低評価ではなく特徴ごとにまとめてみました。

意外とフルーティ

「香調ではフローラルとかオリエンタルってあったんだけど、意外とフルーツを感じました。それのせいか、どこか可愛らしさも見え隠れします。フルーティが強いと安っぽい印象になることが多いんだけど、そうならないのはピンクペッパーとパチョリのおかげかな?上品さがあって大人な可愛らしさです。」
「トップが結構濃厚なフルーティで、私的にはそこがちょっと苦手かも。でもオードトワレなので、その部分もすぐに飛びます。その後は優しめの甘さになって、でもどこか挑発的なところもあるセクシーさ。」

レッドフルーツラズベリーにピーチとフルーツ系の香料が使われています。オリエンタルの香調だとバニラが使われることが多いのですが、これに関してはつかわれていません。バニラが苦手だけれども甘く官能的な雰囲気を纏いたい、なんていう人にはおすすめですね。

オリジナルよりも甘く、初心者には難しい

「ノーマルの方も使っていて、比べてみたいと思ってブラックの方も買ってみました。最初はあんまり変わらないなって思ったんですけど、だんだんと濃厚になってきました。ブラックの方が大人の誘惑するような甘さがあるんじゃないかな。その分ちゃんとつけこなさないと周りが不快に思うかも。香水慣れしていない人がいきなり使うのはおすすめできないです。」
「一日付けてみた感想は「官能的」です。ただ、普通のギルティも良かったですが、こっちの方がより甘美という言葉が似合う雰囲気です。それだけあって初心者が使いこなすのは難しいと思います。逆に慣れてしまえば、付ける量を調整して誘惑する女から可愛らしい女まで演じられそう。そこまでできたら、文字通りギルティな女ですね(笑)」

オリジナルのギルティよりも甘さが濃くなっているので、より魅惑的になっています。ですがその分初心者が使うにはハードルが高くなっているようですね。

濃すぎると周りに迷惑にもなりますし、自分自身が気持ち悪くなることもありますので、まずはオリジナルでシリーズの傾向に慣れて、その後で「罪な女」を演じられるようにチャレンジしてみましょう。

持続が長く強め

「オードトワレのわりには持続もするし、濃厚で強めな香り。その甘さで男を誘惑しちゃうぞ、的な感じですが、その分好みは分かれやすいかも。私は大好きですけどね。」
「持続時間は4~5時間くらいかな。トワレの中では長持ちするタイプだと思います。そして拡散性も強いので付けすぎると周りからひんしゅくを買っちゃいそう。適度に香らせれば上品な色気になるけど、強く出すぎると下品なギャルっぽいかな。」

持続が長く香りが強め。どの香水も同じですが、その中でも付けすぎ注意なタイプのようですね。これも踏まえて、初心者には難しいのかもしれません。

 

【メンズ】ギルティ プールオムの香りと口コミ

  • 香調:アロマティック、ウッディー、フゼア
  • トップノート…イタリアンレモン・マンダリン・グリーンリーブス・ピンクペッパー
  • ミドルノート…ラベンダー・カルダモン・オレンジフラワー・ネロリ
  • ラストノート…パチョリ・シダー・サンダルウッド・アンバー

シトラスのフレッシュさがはじけるトップノート。続くミドルノートではアロマティックなフローラルもひろがり、ちょっぴりユニセックスな印象も。ラストノートではパチョリやシダー、サンダルウッドでウッディーで落ち着きある色気を出します。

20代後半の男性は「メンズの中でも甘さがある、そして色気のある香り。男が付ければカッコいいですが、女の人が付けても上品でありながらセクシーだと思います。」と言っていました。

それではもっと詳しく口コミを見ていきましょう。

癖になる

「プレゼントでもらったのですが、はじめ使ったときはそれほど好印象ではありませんでした。まぁ悪くないな、くらい。だけど「せっかくもらったんだし」と使い続けていたら、気が付いたら2本目を自分で買っていました。くどくもなく安っぽくもなく上品にまとまっている。そして甘くてカッコいい香りです。」
「落ち着きと色気があります。僕の中では「若い女性が憧れる年上の男性」というイメージです。実際、使い始めたら年下の女子社員にそう言われました。褒められたからなんでしょうか、自分自身でも香りに惚れこんでしまいました。付けるのと付けないのでは気合の入り方が変わります。

女性でも使える

「あるところでテスターを嗅いで、うちの旦那に似合いそうと思って購入しました。旦那も喜んで付けてくれているのですが、それを嗅いでいて自分も付けたくなっちゃいました。友達と会う時に借りて付けて行ったら思いのほか好評。女性受けもいいし、女性でも使えると思います。」
「メンズの割には甘さがある。人によってはそこが好き嫌いが分かれるところかな。僕は気に入って使っています。彼女も気に入ったらしく、デートの時二人で付けて出かけるくらい。でもそのときあった知人に「この匂いは彼女の方が使いこなせてるね」って言われたのは釈然としない…。」

付けすぎは注意

「使われている香料を見たら私が好きなものが多くあって、口コミでも「女の人でも使えそう」ってあったので試してみたんです。第一印象は「甘すぎ!」です。強烈で個性的ってありましたが、これでは強烈過ぎて個性どころではありません。付けすぎ注意!ワンプッシュでも強すぎだと思いますよ。」
「とっても好きないい匂いなんですが、付ける量を間違えると大惨事になります。嫁にはクサいと言われクッションを投げつけられたことさえあります。空中にプッシュしたのを軽く浴びる程度の時は褒めてくれたのに…。」

【メンズ】ギルティ ブラック プールオムの香りと口コミ

  • 香調:グリーン、フゼア
  • トップノート…グリーンコリアンダー・ラベンダー
  • ミドルノート…オレンジフラワー・ネロリ
  • ラストノート…パチョリ・シダーウッド

トップノートではフローラルにスパイシーが合わさり、爽やかに。ミドルノートではオレンジフラワーなどにアロマティックなグリーンが加えられます。ラストノートはパチョリやシダーウッドで深みと色気のある落ち着きを表現。

30代男性は「クールでもありセクシーでもある。深みがあって大人の色気を出せますね。女性からも好評ですよ。」と口コミしていました。

それでは他の口コミも見ていきましょう。

30代前後におすすめ

「最終的には人それぞれだとは思うんですが、私的には30代の男性が一番しっくりくる匂いだと思いました。サッパリとした大人の雰囲気もあれば、若々しい力強さもある。それでいて色気も。20代前半にはまだ早く、40代になってくるとちょっとギャップが出てくるかな。」
「働き盛りの男性が魅力を引き出すのによさそう。年代で言うと20代後半から30代半ばくらいかな。グリーン系の爽やかさがあって好感触だし、どこか高級感もある。」

女性受けがいい

「彼氏にプレゼントであげたんですが、とってもいい匂いであげてよかったです。彼氏よりもあげた自分の方が喜んでいるくらい(笑)友達も、彼氏の匂いを褒めてくれるので女子ウケはかなりいいんじゃないかなぁ。クールでありながら爽やかでもあって、ほんと、好きです。」
「彼女とデートのときにいくつかテスターを試したんですが、その時彼女が「これがいい」と言ったので購入しました。清潔感があってスタイリッシュな雰囲気。職場ではできる男っぽいって言われます。特に女性スタッフから褒めてもらえているかな。ただ強めなので付けすぎには気を付けないといけません。」



まとめ

グッチの香水『ギルティ』シリーズにはたくさんの口コミが寄せられています。数が多いということは、それだけ人気があるということで間違いありません。

香りは個人の好みによって好きか嫌いか分かれてしまいます。けれど、初めて使った時のイメージだけでは判断しきれない部分もあります。はじめに香ってくるトップノート、しばらくしてから出てくるミドルノート、最後に残り香として顔を出すラストノート、と変化するからです。

いずれにしても、好きかどうかは最終的に自身で体験してみないことには判断できません。

ギルティのシリーズにひとつ言えることは、香水にしては珍しいほど高評価であるということ。普通は好き嫌い分かれるものですが、「好き」と感じている愛用者がたくさんいるということです。

興味を持っている方は、ぜひ一度お試しあれ。

グッチの香水関連記事