歴史あるゲランの香水『MITSOUKO(ミツコ)』の香りと口コミ

1900年代初頭のヨーロッパでは、日本文化への興味が集まっていました。1909年出版のベストセラー小説『ラ・バタイユ』では日露戦争時の英国将校と日本人女性ミツコとの秘密の恋が描かれています。ミツコのもつ慎ましやかでありながら強い意志を持つたおやかさをイメージしたのが、ゲランの香水『ミツコ』です。

小説『ラ・バタイユ』の作者のクロード・ファレールと、製作者ジャック・ゲランは友人でもあります。

発売から100年たっても色あせないその魅力。ミツコが持つ古き良き日本女性の美点を体現したものと言えるでしょう。日本文化への興味が集まっていたその時期ゆえの、どこか日本的な雰囲気もある香水です。

第一次世界大戦終了後間もない当時に求められた女性の強さが、そこにはあったのでしょうか。時代背景を知れば知るほどに、その奥深さを感じずにはいられない名香です。

今回は、そんな時代を超えた名香『ミツコ』の香りと口コミをメインで紹介します。

併せて、ゲランの新作香水『モン ゲラン』と人気の『イディールオーデパルファン』『ランスタン ド ゲラン』についても少し触れたいと思います。

ゲランの香水『ミツコ』の特徴

ゲランの歴史ある香水『MITSOUKO(ミツコ)』の香りと口コミ

「和洋折衷」。日本的な部分と西洋的な部分の融合。ミツコが持つ日本人女性の美徳。それをヨーロッパ的な解釈と手法で表現した香水がこのフレグランスです。フルーティーが、ウッディを纏いながらシプレーに溶けていく東洋的神秘を思わせる香りです。

ピーチを初めてフレグランスに用いました。濃厚なシプレーにピーチを併せるといったその大胆な方法は、海外旅行でさえ一般的でなかった時代に日本から英国へ嫁ぐ、彼女の意志の強さと大胆さ、斬新さを表しているように思えます。

ミツコの香りは?

  • 香調:シプレー
  • トップノート…ベルガモット
  • ミドルノート…ローズ・ジャスミン・ピーチ
  • ラストノート…オークモス・スパイス類・ウッド

トップノートではちょっと古風な印象の柑橘系が出ます。古臭いわけではなく上品な、高級な印象。人によってはきついと感じることもありますが、それもすぐに落ち着いてフルーティーとフローラルが顔を出します。

知的で奥ゆかしいフローラルがフルーティーをはかなげに演出。ラストノートではモスとウッディで落ち着きのある癒しへいざないます。それはまるで、花や果実の香りの残る森林の中を歩くよう。



私が生まれて初めて手にした香水、それがゲランのミツコ

私が生まれて初めて手にした香水、それがゲランの『ミツコ』。

私がゲランを始めて知ったのは「ミツコ」という名前の香水があったからです。自分の名前が香水になっているのですから、どんな香りなんだろうといつも思っていました。

私が生まれたのは今から半世紀も前のことです。当時私が田舎から東京の大学に出たころ、やっと海外からブランド品が入り始めた時代です。当時はよそ行きの洋服といえばオーダーメイドでしたし、それこそ子供のころの普段着は母親が近くの洋裁の出来るお姉さんに簡単な服を作ってもらっているような時代でした。

東京で学生生活をするようになり、生活を始めて、原宿駅からぶらぶらと表参道を青山方面へ歩いていくと、並木道には高級マンションと同潤会アパートが建ち、ところどころにブティックが見られる風景でした。

その頃にファッション雑誌の「アンアン」や「ノンノ」が創刊されるようになって、若者向けの高級ブランドがお洒落に紹介されるようになりました。今でこそデパートは海外からの化粧品ブランドで溢れかえっていますが、そのころは資生堂が一番有名な化粧品でした。

今では若い子にも香水が普通に使われるようになりましたが、そのころはまだまだ高嶺の花でした。ブランド香水なんてそれこそ一般庶民には縁のない存在。そんな時代の海外旅行のお土産の一番人気と言えば、シャネルの5番。

マリリンモンローで有名になった「シャネルのNo.5を纏って眠る」という言葉から、香水イコール「シャネルの5番」というイメージが定着していました。

世の中では次第にブランドもののファションが紹介されるようになり、服とともに化粧品が紹介されるようになり、海外ブランドの化粧品コーナーには香水も沢山置かれるようになりました。

そこで、ミツコという香水がゲランから発売されていることを知りました。ヨーロッパ伯爵夫人である日本人の女性をイメージして造った香水とのことで、とても興味が沸きました。もしミツコという名前の人がゲランの「ミツコ」の香りをまとっていたらどんなにお洒落だろうと変なことを想像するようになりました。

誰かに「素敵な香りね」といわれて、さりげなく「私の名前と同じ、ゲランのミツコよ」と答えるなんてしてみたり。そんなこともあって、それ以来私の中でゲランは憧れのブランドとなってきました。

そして二十歳になった時に、自分自身への記念に手に入れることにしました。自宅に帰って早速使ってみたところ、自分のイメージと違ってかなり濃厚な香りに戸惑ったことを覚えています。それから私にとってゲランは本当の大人のための化粧品というイメージが占めています。

自分らしい香りを見つけることの重要さを教えてくれた思い出の品物となりました。

 

後半は、ミツコ使用者の口コミを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。