歴史に残る世界一の香水『シャネルの5番(No.5)』の香りと口コミ

歴史に残る世界一の香水『シャネルの5番(No.5)』の香りと口コミ

「香水を付けない女性に未来はない」とまで言い放った、シャネル。

そんなシャネルの香水が人気の理由として、人工香料が強くなく、濃厚な香りを感じさせるという点が挙げられます。実は人工香料を配合した初めての香水を出したのがシャネルなんですよ。

他のブランド香水は万人ウケを狙った無難なタイプが多いのですが、シャネルの香水はそれぞれに独自の強い主張があり、他とは違う魅力を発揮します。そんなキレのある香水として、最近では男性でもシャネルの香水を使う人が増えているんだとか。

今回は、歴史に残る世界一の香水と名高い『シャネルの5番(N°5)』について、その香りや使用者の口コミをご紹介します。



世界一の香水『シャネルの5番』

あらゆる香水の中で世界一有名で最も歴史のある、通称『シャネルの5番(N°5)』。ココ・シャネルが帽子屋さんを創業した1910年から11年後の、1921年に発売されたシャネル創業以来初の香水なんです。

“この世のものとは思えないほどの美しさ”を香りに例え、あのマリリン・モンローが愛用し、世界中に広まった経緯があります。

『5番』というネーミングは、調香師エルネスト・ボー氏の用意したテストサンプルがフレスコに10個あり、その中からシャネルが選んだサンプル番号がNo.5だったところから付けられました。

なんともオシャレなネーミングですが、実は発売日も5月5日なんですよ。発売されてから100年の歴史があり、世界一の売上数量を誇っています。

シャネル『No.5』の香り

シャネル『No.5』の香り

  • 調香師:エルネスト・ボー氏
  • トップノート…ネロリ・レモン・ベルガモット・アルデヒド、など
  • ミドルノート…ジャスミン・ローズ・イリス、など
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・アンバー・ムスク・シベット、など

人工香料であるアルデヒド(アルデハイド)を使った画期的な香水です。それまでの香水は香料をそのまま使っていたので香りが強かったのですが、アルデヒドを使って調香することでとてもまろやかになり使いやすくなりました。

トップノートはちょっと印象があるものの、ミドルノートで女性的なフローラルが広がります。ふんわりとしたパウダリーを感じながらラストノートに優しく温かく包み込まれます。

このNo.5が発売された以降、他社でもアルデヒドを使った香水を出し始めましたので、香水の歴史を語る上でも重要な作品と言えますね。



シャネルの5番(No.5)を使用した人の口コミ

シャネル「NO.5」の口コミ

奥が深いフローラル

フローラルを感じられる部分に関して、様々な感想が挙がっています。「上品」「甘い」「苦みがある」「女性的な優しさ」「甘くて苦い」といったものまであります。

特に注目したいのは「甘さ」と「苦さ」です。単純に同時に感じられるとか、時間差でやってくるとかではなく、「苦みや渋みの裏側に存在している甘さ」ということです。甘さはあるけれど全面に出てくるわけではなく、苦みがあるその裏側に甘さが存在しています。

そのバランスがとても絶妙。苦みが感じられることでちょっとマニッシュな雰囲気や凛とした芯の強さを感じさせてくれます。そして甘さがあることで女性らしさも演出でき、かつ甘さが出すぎないことで、「女性的な媚びた甘さ」にならないようになっています。

そんな絶妙なバランスで調香されているところが、名香と呼ばれる理由なんでしょうね。

包み込むようなパウダリー

パウダリーさも感じられて、フローラルと同じように「甘い」「優しい」「格式の高い甘さ」「母性的」との口コミが挙がっています。

「奥の方に存在するパウダリーな甘さがとてもいい味(香り?)を出しています。」

フローラルでの苦みの裏側に甘さを感じさせる秘訣が、このパウダリーなのではないでしょうか。

そしてパウダリーでの特徴は「包み込んでくれる母親のような印象」です。甘さがあるパウダリーに包まれて、どこか心落ち着くようなほっとするような気持ちになれるようです。

「この香りを付けると安心します。」「癒しを感じられる香りですね。」といった癒し系と感じる声も。

寝るときに付ける

寝るときに付ける

マリリン・モンローの「寝るとき付けるのはシャネルのNo.5だけ」という有名な言葉の影響もあってか、寝るときに付ける人が多いのも特徴ですね。

始めはただ単に真似で付けた人が多いようですが、実際に寝香水で使うと素晴らしいといった声が少なくありません。上で紹介したように癒し系ですので、それが寝る時に付けても発揮されるようです。

「寝る時に付けると、なんかいつの間にか眠りに落ちています。」
「寝つきが悪い夜に付けています。何故かよく眠れるようになるので。」
「心が冴えてしまっている時でも、これを付けると眠りやすくなります。」
「寝るときに布団に吹きかけるようにしています。いい匂いの中で眠れるし、朝起きてもいい匂いが残っていると気分も上がって、いい一日を迎えられます。」

香りが強い傾向があるので外出には使いにくいと感じてしまった人は、このような活用の仕方もいいかもしれませんね。

セクシーだけど、いかにもなセクシーさではない

セクシーだけど、いかにもなセクシーさではない

こちらもマリリン・モンローの影響でしょうか、「肉感的なセクシーさ」のイメージが先行しているようですが、実際はそうではないようです。セクシーさは感じられますが、もっと慎ましやか、内に秘めたセクシーさを醸し出す大人の色気といった印象になります。

「セクシーよりは大人の色気?みたいな上品な感じです。外に向けてどんどんアピールするのではなく、自分自身からにじみ出る魅力、みたいな。」
「マリリン・モンローはナイスバディだったから、ああいったエロス的なセクシーさをイメージしちゃうけど、そういう系統のセクシーさじゃなくて、もっと落ち着きがある感じ。」
「セクシーといっても上品な色気で、社交界デビューしたいいとこのお嬢様な雰囲気ですね。」

「包み込むようなパウダリーで、外にアピールしないセクシーさになっています。」とパウダリーの影響を思わせる口コミもありました。いかにもな感じではないセクシーさをアピールしたいときにいいのではないでしょうか。

また肉感的なセクシーさのイメージから使うのを敬遠していた人でも、実は使いやすいとの感想も。苦み・渋みを感じられるところから、ちょっとマニッシュな凛としたイメージがあり、主張するセクシーさでもありません。

普段メンズ香水ばかり使っていた女性からはこんな声も。

「たまたまもらったので使いました。自分には縁がないタイプだと思っていましたが、気が付いたらすっかり馴染んでしまいました。」



良くも悪くも香りは強め

No.5が出る前の香水は香料をそのまま使っていたため、強い香りのものが主流でした。アルデヒドを使うことで使いやすくなったとはいえ、今の香水と比べるとNo.5の香りは強めの傾向があります。人工香料が少なくていいという人がいる反面、それでも香りが強くて使いにくいと思う人も多いようです。

「いい匂いで好きなのですが、強めなので会社に付けていくのは控えています。」
「20歳デビューで買った香水ですがにおいがきつめなので、大学には付けていかずにプライベートの時だけにしています。」
「母が昔から愛用していますが、ちゃんとしたところに外食に出かけるときは付けていきません。子供のころ理由を聞いたら、美味しい食事の邪魔になっちゃうからって言っていました。」

と、プライベート以外で付けるのをためらっている人います。また、パウダリーさが強く出て「オバチャン臭い」「上品な感じだけど、マダムがいっぱい集まったときのような感じ」と感じる人もいます。

香りの強さ自体は使用シーンによって良し悪しありますが、今主流の香水と同じ要領で付けてしまうと強く出てしまうので、付け過ぎには気を付けた方がよさそうですね。

適度に付ければ上質な香り

適度に付ければ上質な香り

香りが強めであることを把握していれば、あとは強く出ないように付ければいいだけのこと。

「足に付けるようにしています。」「空中にミストしたものを浴びるようにして、付ける量を調整しています。」
「今まではメンズものばかりでしたが、ひょんなことから貰う機会があり、当たり前のように会社に付けて行っています。香水変えたんだ?これはこれでいい匂いと誉めてもらえました。」

ちゃんと職場環境に馴染めているようです。特にこの香水は、パウダリーで包み込んだ中から出てくる奥ゆかしさが魅力でもありますので、ちょっと弱めに感じるくらいが適量ではないでしょうか。

若い世代よりはちょっと大人な香り?

若い世代よりはちょっと大人な香り?

幅広い年代で愛用者がいるのですが、若い世代に「自分にはまだ早い」と感じる人もいます。「子どものころ母親が付けていて、自分も似合大人になりたい」と思っていた人が、自分で香水を買うようになって試したところ、「自分にはまだ早い」と感じるようです。

本人の中で似合う理想像ができあがっていると、まだ自分自身がそれに追いついておらず「似合う女性になりたい」と思うのではないでしょうか。「もうすぐ30だけど、まだ自分では着こなせていない。」と感じる人もいるようです。

似合うようになりたいと思わせてくれることで、自分自身を成長させてくれる香りとも言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は歴史に残る世界一の名香『シャネルの5番』についてお届けしました。シャネルの第一弾の香水でありながら、今なお人気であり続ける至極の逸品です。

歴史がある分クラシカルな印象ですが、古臭い印象にはならずに、現代の女性にも通じる「女性の魅力」を纏わせてくれる香水です。

冒頭でも紹介したように、シャネルは「香水を付けない女性に未来はない」と強気な発言をしましたが、それくらい自信がある『No.5』という香水あってこそのものだったのでしょう。

時代を越えた、流行に左右されない確かな実力。そんな世界一の香水、試してみる価値ありです。本質が分かるその奥深さ、ぜひ一度は感じてみてくださいね。

シャネルのレディース香水関連記事