「京都の四季を感じさせてくれる香水」とSNSで評判の【舞妓夢コロン3種(金木犀・桜・山梔子)】

「京都の四季を感じさせてくれる香水」とSNSで評判の【舞妓夢コロン3種(金木犀・桜・山梔子)】

「京都の四季を感じさせてくれる香水」とSNSで評判の『舞妓夢コロン』。実はこれ、かなり人気アイテムなんです。特に金木犀は、本物の花を嗅いでいるようだと評判です。

舞妓さんをコンセプトにした京都限定のオーデコロンということや、今時珍しい昭和レトロなデザインの小瓶が可愛らしいこともあって、SNSで拡散されて話題になりました。

今回は、舞妓夢コロンの香りと特徴、使用者の口コミを紹介していこうと思います。それではまず舞妓夢コロンがどんな製品なのかからみていきましょう。

PR:【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

京都の舞妓さんから香ってきそうな「舞妓夢コロン」

京都の舞妓さんをコンセプトにした、マミーサンゴの「京都コスメシリーズ」。20mlの小さめのボトルに艶やかな舞妓さんが描かれていて、和風な印象を与える可愛らしいつくり。自分で使うのもいいですし、ちょっとしたお土産やプレゼントとしても喜ばれています。

優しくナチュラルで使いやすいオーデコロンで、その季節に咲く花の匂いをそのまま詰め込んだかのような芳香。その上品でやわらかな印象は、舞妓さんからふんわりと漂ってきそうなフレグランス。

さりげなく漂わせられるので、まだ香水に慣れていない人や香りの強いタイプは苦手という人にもおすすめできるタイプ。

強く出てこないので、学校や会社に付けて行っても大丈夫です。さりげなくほのかにいい匂いを漂わせることができますよ。ただその分、持続時間は短めなので、一日中楽しみたい場合は持ち歩いて何度か付け直すことをおすすめします。

ボトルが小さいから持ち運びがしやすいですし、舞妓さんのイラストも可愛らしいので、付け直しに関係なく持ち運びしたくなるかもしれませんね。

香りのバリエーションですが、「金木犀(きんもくせい)」「桜(さくら)」「山梔子(くちなし)」の3種類が展開されていています。

金木犀…京の秋

一番人気は「金木犀(きんもくせい)」。ツイッターなどのSNSで、その見た目も香りの良さも注目・話題となりました。

金木犀の香りがする香水は、ありそうで意外と少ないのが現状。香料に使われていることはあっても、しっかりと「らしさ」を感じられるものは数が少ないです。その上自分が嗅いで納得できるものとなると、見つけるのは本当に困難。

舞妓夢コロンの金木犀は、いろいろと調べて試してみて、ようやく自分が嗅いで納得できるものにたどり着けた、という人が少なくありません。「まさに私が求めていた金木犀そのまま!」という人がいるほど、再現性・完成度の高さが人気の秘訣です。

秋に外を歩いているときに、どこからか感じられる金木犀。それを季節に関係なく好きなタイミングで嗅げるのは、好きな人にはとても幸せなことですよね。優しくて甘みのある匂いに包まれてリラックスできることと思います。

桜…京の春

日本の春のイメージと言ったら桜。その甘酸っぱくて爽やかな、気持ちを高めてくれる匂いを表現した製品です。ピンク色のボトルも可愛らしいですね。

新年度を迎える春先の、期待と不安が入り混じった高揚感ある独特な雰囲気。それを彩ってくれる桜の匂いを、春だけでなく一年中楽しむことができます。

ほんのりと優しいフレグランスなので、嫌みな感じはなく、気分はまるで大和撫子。清楚な女性らしさを出したい時におすすめです。

山梔子…京の初夏

初夏の訪れを教えてくれる山梔子(くちなし)の白い花。その爽やかで甘い香りは、沈丁花(じんちょうげ)・金木犀と並んで三大香木と呼ばれるくらい愛されています。

清潔感ある甘さだから季節に関係なく使いやすいですが、初夏の花だけあって、夏にサッパリした気持ちになりたい時に特におすすめ。気持ちも落ち着かせてくれますよ。

ちなみに京都コスメシリーズには、『舞妓さんの練り香水「うさぎ饅頭」』という練り香水があり、こちらも金木犀がありますので併せて使ってみてはいかがでしょうか。種類は他に、桃と沈丁花があります。

口コミから分かる舞妓夢コロンの特徴

ここからは舞妓夢コロンシリーズを使用した人の口コミを紹介していきます。どんな特徴があるのかチェックしていきましょう!

強くなく、ふんわりとして優しい

うちの仕事場は香水のような強い匂いのものを付けてはいけないのが暗黙のルールとなっています。少しくらいのものだったら大丈夫なので、何かいいものがないかなぁと探していた時に舞妓夢コロンを発見。オーデコロンだし花のナチュラルな匂いのようなので試してみました。

ちょうど季節が秋口で、購入したのもキンモクセイだったこともあり、「近くにキンモクセイ咲いてたっけ?だれか持ってきたとか??」みたいな話題になりました。ネタ明かしをした後、匂いを褒めてもらえて、強すぎるとかそういうダメ出しはありませんでした。それ以降、この舞妓シリーズを愛用するようになっちゃいました。(20代女性)

最初はちょっとだけきつい印象がありました。オーデコロンはアルコール比率が高めらしいので仕方ないかな。でもすぐアルコール臭はなくなり、軽やかな匂いに変わりました。購入したのはピンクの桜ですが、嫌味は全くなく遠くから漂ってくるようなナチュラルな感じです。自分に付けるのもいいですが、ハンカチなどに付けて取り出したときに感じるのも悪くないですね。(30代女性)
これのキンモクセイを木村カエラさんも使っていると聞いて購入してみました。ボトルから直接嗅いでもきつすぎないし、実際に肌に付けてみると、少し時間を置いたら優しいキンモクセイのにおいを感じられました。バイト先でも好評で、秋っぽい雰囲気だねって言ってもらえました。周りにきつく出ないのでかなり使いやすいと思います。(10代女性)

オーデコロンなこともあって、ふんわりと優しいのが特徴。強めのものが苦手な人、職場などに付けて行けない人、まだ香水になれていない人から高い評価を得ています。

フレグランスアイテム自体が苦手だという人もいますが、そんな人でもこれだったら「ウッ」とくる感じがなくて使いやすいと人気です。

持続時間は短め

優しくて嫌味がない、使いやすいアイテムなのに持続時間が短いのが難点かな。朝付けて出発すると、目的地に着いた頃には匂いが弱くなっていて、気が付いたらもうわからなくなってしまいます。いままで使っていたものの中で一番持続しないので、気に入っているだけにちょっと残念です。コロンだから仕方ないんだろうけど…。(40代女性)
小さい瓶に入っているので、持ち運んで匂いを感じなくなったら付け足すようにしています。大体1日に3回ぐらいかな?もうちょっと持続してほしい気持ちもありますが、この香り方を出すためには、この濃度ではないといけないのだろうな、と勝手に納得するようにしています。(30代女性)

オーデコロンなので長続きしないのは仕方がないことですが、やはり気になる人が多いようです。今まで使っていたものが長時間持続するものだった人にとってはやや物足りないようですね。持続時間は使う環境や付ける量にもよりますが、目安としては1時間~2時間といったところです。

プレゼント・ギフトにおすすめ!

姪っ子が高校に入学する時に、入学祝として3種類セットでプレゼントしてあげた思い出の品です。匂いも強くないし持続もあまりしないので、学校でも使いやすいかなと思って選びました。あげた時に、舞妓さんだ~って喜んでくれていたのを覚えています。

使い終わった後のボトルも飾っておいてくれるほど気に入ってくれたので、あげた方としても大満足です。そんな姪も大学に進学して今は一人暮らし。流石にボトルは持っていていませんが、まだ実家に残っているようです。(50代女性)

友達の京都旅行のお土産でもらいました。もらったのは「きんもくせい」で私が大好きな匂い。本物に近い素晴らしい匂いで、気が付いたらもうなくなりそうになっていました。友達には京都限定のレアものだよと言われていたのですが、なんとAm〇zonで売っているではないですか。もちろんすぐにまとめ買いしました。(20代女性)
海外に住んでいる友達がいて、私が旅行でそっちに行くときに会うことになりました。日本土産とか持って行った方が喜んでもらえるかなと思い、いくつか購入したお土産のひとつがこのコロンです。日本的なデザインの箱やボトルが彼女の友達にウケたようで、舞妓について聞かれて説明に困ったと言っていました。(30代女性)

ボトルデザインが和風で可愛らしく、ちょっとした飾り物のような印象でサイズも小さめ。香りもきつくなくて不快に思う人はほとんどいないので、プレゼントとして贈られることもよくあるようです。価格もリーズナブルなので、3種類セットでプレゼントしてもお財布に優しいのがうれしいですね。

肌以外に付けている人もいます

家の中でソファーや枕に付けたりして使っています。やんわりとした香りが広がって、いつもよりくつろげます。初めてソファーに試したときは、帰宅した旦那が、もうキンモクセイが咲く時季だっけ?ときょろきょろしていたので、まるで本物のようだと感じたのは私だけではないようです。(40代女性)
気分転換として、部屋の布製品に付けて嗅いでいます。カーテンならきつくなってしまうこともないし、布製品の方が体よりも持続するような気がします。外に出歩くときは他の香水を使って、夢コロンはハンカチなどで楽しむ小物として使うようにしています。(30代女性)
枕周辺やベッドに数滴たらして、いい匂いを感じながら眠りにつくように活用しています。最初はアルコールの臭いがちょっと強めに出てくるので、寝る直前ではなく15分くらい前に垂らしておいてから眠るようにしています。他のでも同じようなことを試しましたが、香りの強さとかを考えるとコレが一番寝つきが良かったように思えます。(20代女性)

肌に付けるのはもちろんですが、自宅でソファーやカーテンに付けて楽しんでいる人も多くいるようです。持続時間がやや短いのが難点ですので、香水としてはちょっと物足りないと感じてしまうこともあります。だからでしょうか、ルームフレグランスがわりに使用して楽しんでいるようです。

金木犀の香りが素晴らしい

まさに金木犀の匂いですね。夏の終わりごろに感じられるあの甘さを、みごとに再現してくれています。会社に付けて行ったら同僚からもいい匂いって言ってもらえて、それをきっかけに田舎の思い出話に花を咲かせてしまいました、花だけに。(40代男性)
友達が持っていて、とてもいい匂いだったので私も買いました。キンモクセイが好きでただ嗅ぎたかっただけなので、自分に付けずにボトルから直接嗅いで楽しんでいます(笑)芳香剤にあるような感じではなく、ほぼ本物の匂いです。(30代女性)
今まで手に入れた香水の中で一番本物に近いと思いました。付ける量にもよると思いますが、花の間近で嗅ぐというよりは、離れたところから漂ってくるような雰囲気です。(40代女性)
実家のお隣さんの庭に咲いた金木犀を毎年のように嗅いでいました。そのころを思い出させる懐かしい匂いです。嗅いでいると気持ちが落ち着くというかリラックスできる上品な匂いです。(30代女性)

まとめ

今回は京都の四季をテーマにしたオーデコロン『舞妓夢コロン』について紹介してきました。

四季を感じさせるという謳い文句なだけあって、展開されている3つの花のフレグランスはとってもナチュラル。オーデコロンなので強すぎることなく、周りを不快にさせない使いやすい香水です。

舞妓さんのような上品でしなやかな自分を演出したいときには、このほのかな香りを纏ってみるのがいいのではないでしょうか。

併せてこちらもチェック!

タイトルとURLをコピーしました