【いまどきの香水の付け方】体のどこに付けるのが流行りなの?

男女ともに香水は体の一部と言われているぐらい大切な存在です。なぜなら、その人が身にまとっている「匂い」というのは、その人を印象付ける大きな要素のひとつだからです。

香りは自分がリフレッシュできるだけではなく、周りにも大きく影響させるもの。スメルマネジメントなどと言われるようになりましたが、逆に体臭や口臭はマイナスの印象でしかありません。

そこで今回は、香水の付け方をメインに、正しい使い方と注意点、使い分けについてもご紹介していきます。


香水の付け方、間違えていませんか?

【いまどきの香水の付け方】体のどこに付けるのが流行りなの?

香水の付け方にもいろいろなルールがあります。ファッションはその時代のトレンドにも左右されがちですが、愛用者であるなら基本的な使い方の知識は抑えておきましょう。

テレビドラマや芸能人の影響なのかはわかりませんが、以前はこんな香水の付け方が流行った時代がありました。

手首に2~3プッシュし、しっかりと擦り合わせてから首筋に付ける。

最近では、この付け方は典型的なNGとされています。「香水なんて別に好きに使えばいいじゃん…」という気持ちもわかりますが…。

具体的になにがNGなのかというと、まず手首で擦り合わせること。手首に付けるのは問題ありませんが、擦り合わせることがダメなんだそうです。なんでも、摩擦によって成分が破壊されてしまうんだとか。

香りはふんわりと漂わせることが最大のポイントとされています。なので、擦り合わせるのではなくポンッポンッと叩きながら伸ばして、香りを落ち着かせることが良しとされています。

首筋に付けるのもNG

首筋に付けることもNG。

香水はアルコールが主成分で出来ています。アルコールは温度が高いと揮発しやすくなるため、香りがたちやすいと言われています。このため、顔に近い場所に付けると、揮発する香りを思いっきり吸ってしまうことになり、自分の匂いに酔って気分が悪くなる可能性があります。

そして首筋は鼻から近いため、直に嗅ぎ続けることになり、鼻が効かなくなってさらに足してしまうんだとか。これではせっかくの香りが台無しです。昔流行ったように『手首で擦り合わせて首筋に付ける』なんて一番やっちゃいけない使い方だったんです。

デコルテゾーンも避けた方が良いとされている場所です。特に夏場は直射日光が当たる服装になることがありますし、比較的鼻に近い場所なので嗅覚が麻痺したり、匂いで酔ってしまうことがあります。

直射日光の影響を受けやすいところ、汗が出やすい脇の下なども避けましょう。汗と混ざると予想外の臭いになります。

香水を付ける際のポイントと注意点

香水を付けるときの基本的な注意点

香水を付けるときに注意すべき基本的なこと、それは「清潔な肌」に付けるということです。ここでちょっと余談になりますが、香水の歴史をひも解くと、本来の目的は3つあると言われています。

  • いい香りを楽しむもの
  • 性的な魅力をアピールするもの
  • 体臭を和らげるためのもの

特に体臭予防の目的で使われていた過去が長く、ヨーロッパでは水が非常に貴重であったため、シャワーや入浴が頻繁にできず、貴族であっても簡単に済ませたりするだけだったということはよく聞くことです。

だからこそ、香水は水の貴重な地域や国で盛んに作られ、発達してきたのでしょう。

しかしながら、汗ばんだ肌に香水を付けるということは、自分の体臭と混ざってしまい、本来の香りとは違うものになってしまいます。それをわざと狙うのであれば話は別ですが、気に入った香りを変化させずに楽しみたいときには、清潔な肌に使うことが大事です。

つまり、脇の下などの汗をかきやすい部位に付けたりすると、汗と混ざってしまい、本来とは違うものになってしまいます。このため、現代においては汗をかきやすい箇所は避けるのが本来の楽しみ方といえます。ただし、どんなに清潔な肌でも個々の体臭と反応するのはいたしかたありません。

ここで言いたいのは、汗をかきやすい箇所は極力外すようにして、できるだけ本来の香りを楽しめるようにということです。


プッシュ回数・使用量も気を付けて!

いい匂いと感じるようなものであっても、匂いが強いと「香害」になってしまいます。付ける量が少ない分にはあとから足して行けばいいのですが、最初からいきなり付け過ぎてしまった場合は洗い流したりエタノールを染み込ませたコットンなどで拭いたりしなければ落ちません。

最初に強いものを嗅ぎとってしまうと自分の嗅覚が鈍るため、必要以上に付け過ぎることになりかねません。まず10cm~20cm離れたところからプッシュしましょう。そのあとで足りないようだったら足す感じです。くれぐれも少しずつ足して行くイメージを持ちましょう。

ノズルが長いボトルだとワンプッシュで出る量も多いので、いくつかの香水をローテーションで使っている人は、ボトルによってプッシュする力をちゃんと調整しましょう。

香水の香りは3段階に変化する

香水の香りは3段階に変化する

香水を付けていると、時間の経過とともに次第に香りが変わっていくことをご存じでしょうか。付けてすぐを「トップノート」、次第に「ミドルノート」「ラストノート」というように3段階の香調に分けることができます。

トップノートは「ヘッドノート」、ミドルノートは「ハートノート」、ラストノートは「ベースノート」と表現をされることもあります。ちなみにこの「ノート」というのは「香調(香りの調子)」のことを意味しています。

  • トップノート…香水を付けてから10分くらいの間の香調
  • ミドルノート…10分くらい経ってから3時間くらいの間の香調
  • ラストノート…3時間以降の香調

香るメカニズムは「揮発性」です。このため製品によってもトップノートやミドルノートの香る時間には違いがあります。上の時間はあくまで目安としてみてください。ミドルノートが一番綺麗に芳香しますので、待ち合わせの30分から1時間くらい前だとちょうどいい香りで相手と会うことができますよ。

付け直す時は4~5時間はあける

香水を付けてから時間が経過すると、自分ではなんとなく弱くなったと思いがちですが、実は自分の鼻が慣れてしまっただけのことが多いです。

そのため1回目から2回目までの時間をしっかりと意識してあけましょう。朝付けてお昼休みに付け直す、退社する前に軽く付ける、これぐらいが時間としてちょうどいいサイクルになります。

 

では、次のページで香水の正しい付け方を解説していきます。