虹をテーマにした香水!フェラガモ『インカントシャイン』の香りの特徴と口コミ

サルヴァトーレフェラガモ(Salvatore Ferragamo)のレディース香水『インカントシャイン(incanto shine)』は女性らしさを表す華やかなボトルが特徴的です。

その印象通りのフレグランスで、フルーツの爽やかさが人気です。女性らしい甘さはありますが、くどくないので甘さが苦手な人でも問題なく使えます。良い意味で自己主張が激しくないなので、ちょっとワンポイントで香りをつけたい時にもおすすめできるアイテムです。

今回は、フェラガモの香水『インカントシャイン』についてその香りや使用者の口コミを紹介します。

フェラガモ『インカントシャイン』のコンセプト

虹をテーマにした香水!フェラガモ『インカントシャイン』の香りの特徴と口コミ

『インカントシャイン』の意味は、魅力的な輝き。虹のようにきらめくフレグランスがコンセプトです。オリジナルにあたる2003年に発売された「インカント」のシリーズとして、「ドリーム」「チャーム」に続いて、2007年に発売されました。

セルジュ・マンソー氏がデザインした、オリジナルの「インカント」のボトルフォルムをそのまま継承し、さらにそれを可愛らしく彩っているデザイン。華やかさもあるこのボトルのデザインに惹かれる人もいるでしょう。

見ているだけで楽しくなるような見た目はフェラガモらしさが溢れています。インテリアとしても重宝しそうなデザインなので、使い終わった後はそのまま飾る人も多いそう。

日常的な香水として使う人がほとんどですが、寝香水として使う人も少なくありません。枕やパジャマに軽くふきつけて、心地よいフレグランスに包まれながら眠る人もいるのです。ほのかに甘く、爽やかさもあるので安眠効果もあるのかもしれませんね。実際に安眠効果があるのかは分かりませんが、眠りに落ちやすくなったという意見も出ています。

アニバーサリーとして発売された『インカントチャーム』。こちらも人気の香水となっています。

インカントシャインの香り

  • 香調:フルーティ、フローラル
  • トップノート…パイナップル・パッションフルーツ
  • ミドルノート…フリージア・ピーチ
  • ラストノート…シダーウッド・アンバー

トップノートは若々しさと瑞々しさがあふれるフルーティノートです。ミドルノートはフリージアの柔らかいフローラルにピーチの甘さが加わり可愛らしさを出します。ラストノートは全体の少女っぽさを落ち着けて、ちょっぴりセクシーな雰囲気に包まれます。

香り自体は強すぎず、ほのかに香る程度なので日常にちょっとしたアクセントをつけたい人におすすめです。その分というわけではありませんが、持続力は弱めな傾向です。ただ、その「ほのかさ」が魅力のひとつでもありますので、「物足りないから多く付けちゃえ!」なんていうことはしない方が良いかと思います。



インカントシャインの口コミ

『インカントチャーム』の口コミ

インカントシャインの口コミをご紹介します。購入を検討している人は、愛用者の声を参考にしてみましょう。

ボトルに一目惚れ!

この口コミはかなり多かったです。香りを確かめないまま、ボトルのみで購入した人も少なくありません。虹色のボトルに可愛いキャップは香りの好みなども忘れさせるほど、インパクトの強いものだったのでしょう。

もう「ボトルが可愛い!」の一言。インカントシリーズは他の物も使ったことがあってどれも気に入っているんですが、シャインが一番好きです。そしてその理由がこのボトルです。

他のボトルもいいんだけど、シャインの花と虹のようなデザインに心奪われました。お部屋に飾っているだけで自分も魅力的になれた気がします

初めて香水を使う人向け

初めて使うフレグランスはその後の生活に影響を与えると言っても過言ではありません。香りがきつすぎるものを買ってしまったがために苦手意識を持ち、その結果、香水と縁遠くなったという人もいるのです。

その点、インカントシャインはふんわりと香る程度なので、初めて使う人、どちらかと言えば香水が苦手な人でも安心して使えるものです。

高校に入る直前の3月に姉にお祝いで買ってもらいました。その時はまだ、こういったフレグランスアイテムを使ったことがなくて、姉にいろいろ教えてもらいながら選びました。

インカントという見た目がキュートなシリーズがあって、私はそれに興味津々。そこで姉が「インカントたちはどれも初心者向けだけど、特にシャインが一番いいかな。パイナップルの甘さがあって、あと変な癖もなくて使いやすい。」と教えてくれました。

それならとシャインをプレゼントしてもらうことに。高校入学後、さっそく付けて行ったんですが、仲良くなった人たちからいい匂いって言ってもらえました。特に嫌がられることもなかったので、使いやすいのは確かです。

男性でも使える香り

レディースラインでありながら、男性の愛用者もいます。その理由としてはフェミニンさが強調されていないからだと思います。フルーツの爽やかさがメインで、甘さは控えめなので男性にも好まれています。量をつけすぎるとくどくなってしまいますが、ワンプッシュ程度であれば男性が使っても違和感はありません。

基本的には「女の子」なフレグランスなんですけど、意外と男の人が使っても大丈夫なんじゃないかなって思います。付けすぎちゃうと違和感あると思うけど、もともとが強くないから、少しだけ付ければさりげない爽やかさでいいと思う。

リピート率が高い!

どの香水にも10年単位で愛用しているヘビーユーザーがいますが、インカントシャインにももちろんいます。販売初期から使用し続けているという人もいるようです。

10年経っても色あせない安定した香りというのが人気の理由。一時は別のものに移ってしまったとしても、しばらくするとインカントシャインに戻ってくる人がほとんどのようです。

使い始めてからどれくらい経っているんだろう。初めて使ったのは高校2年の時ですね。その時好きだった男子から「いい匂い」って言ってもらえて、それから高校時代はずっと使っていました

大学に入ってからはたまに違うものを使う時もありましたが、やっぱりメインはインカントシャインでした。今でもメインというほどではないですけど、たまに付けています。優しい甘さで嗅ぐと癒されますね。

ボディローションタイプも使いやすい!

インカントシャインは香水だけでなく、ボディローションも発売されています。

香り付けに加え、肌が乾燥しやすい時期のボディケアが同時にできるので使いやすいという口コミもあります。

塗りごこちはさらっとしていて、ちゃんとお肌が潤います。寝る少し前に付けると布団に入ったときにいい匂いがほんのりとしてきて、とっても幸せな気持ちのまま夢の世界に行けます

彼氏とのデートにピッタリ

若い世代の人に多いのですが、彼氏とのデート用に購入している人もいるようです。普段使いができるカジュアルさもあるのですが、ほのかに香る女性らしさをデートの時に表現したいと考える人も多く、デートの雰囲気を醸し出すのにちょうど良いフレグランス。

確かにインカントシャインが表す女性らしさは大切な人と過ごす時にピッタリです。

彼氏と付き合い始めたときに言われたんですが、「香水って苦手だったんだけど、この匂いはいいって思える」らしいです。強いのが苦手なようなので、さりげないレベルの強さなのがよかったんだと思います。

フルーツ系の甘さが少しあって、どこかシャンプーっぽい爽やかなところもあるから、可愛らしい女の子っぽくできます。デートのときには毎日付けています。

プレゼントに最適

彼女や奥さんに対してのプレゼントとしても人気があります。可愛いパッケージとボトルは、プレゼント向きですからね。

すべての人に受け入れられるものはありませんが、どちらかと言えば万人受けするタイプのほのかな香りなので、誰かに贈りやすいというメリットもあります。

友達からプレゼントしてもらったのをきっかけに使い始めて、2本目を買ったところです。もともとは、フレグランスアイテムっていうのかな?匂いを付けるものは使っていなかったんだけど、「これだったら大丈夫だと思うから、試してみて」って言われて使い始めました

使い方もよくわからなかったからレクチャーしてもらいながらだったんですけど、鼻にウッとくるところもなくて、すっきりとした甘さで気に入っちゃいました。

それにボトルも綺麗でいいですよね。見ているだけでも楽しめるから、プレゼント向きのデザインだと思います。

キャップは可愛いけど…。

ここからは少しマイナスな意見をご紹介していきます。ボトルの可愛さは定評がありますが、キャップも少々変わった形をしています。もちろんその点を含めて可愛いボトルとなっているのですが、個性的な形のせいか閉めづらいという意見もあるようです。

他にもネットで購入したら、キャップ部分が壊れていたなどという意見もあります。繊細なデザインだからこそ。余計に壊れやすさというデメリットがあるのでしょう。

ボトルの見た目はとても好きなんですが、実用性という面ではそこまで優秀じゃないかな。キャップの形が特徴的で、少し雑に扱っただけで壊れちゃいそうです。持続時間も短めだから付け直しをするんですが、このボトルのまま持ち歩くとバッグの中で壊れそうだからアトマイザーというものを買って、それに入れ替えて持ち運んでいます。

アトマイザーを使うのが普通なのかもしれないけれど、ちょっとそれを面倒に感じちゃう性格でマイナスポイント。できることなら、この可愛らしいボトルのまま持ち歩いて、外出先でも見て癒されたいのに。

金額が高めなのが…

ボトルデザインも香りも問題はないと答える人で、マイナス意見をつけているのが価格についてでした。どうしても高めの設定となっているため、気に入ったからといって継続しづらいと指摘しています。

ただ、ネットで購入すれば店頭で販売されている時よりもかなり安く買えるのが実情です。

友達がおすすめと言っていたので気になって調べてみました。おそらく公式販売しているであろうサイトを見つけて、そこに書いてある説明を読んでいたんですが、下の方にスライドしていくと価格が書いてあるところがあって、そこを見てビックリです。

50mlで一万円以上する価格だったので、とてもじゃないけど気軽には買えない。友達が付けているのを嗅いでいい匂いだとは思ったけど…。

だけどその後、またビックリです!少しでも安く売っているサイトはないかなって探していたら、同じサイズがなんと3000円くらいで販売されていました!「並行輸入品」ってなっていたんだけど、こんなにも変わるものなんですね。

持続性が弱い

先述したように、インカントシャインはほのかに香るため、持続性が弱いという欠点があります。予め持続性が弱い点について知っておかなければ、購入後にがっかりしてしまう可能性もあります。

他の人の口コミでもあるように持続性はそんなにありません。だから一日中楽しみたかったら何回かつけ直しをする必要があります。私は友達からもそのことを聞いていたので、ボトルは持ち運びには不便な形だからアトマイザーで持ち歩くようにしました。

付け直しは面倒に思うこともあるけれど、付けるたびに爽やかな匂いをはじめから楽しめるので、これはこれでいいのかもしれませんね。

クセがないので良くも悪くも万人向け

良く言えば安定した香りなのですが、逆に言うと平凡と答える人もいました。万人受けを狙いすぎているというなかなか厳しい意見もありましたね。

しかし、フェラガモのファンであるからこそ、余計に高い期待を寄せてしまうのではないでしょうか。いい意味での冒険心をコアなファンは期待しているのかもしれませんね。

嫌いではないんですが、そこまで大好きっていうレベルでもありません。強さもきつくなくて、フルーティで誰からも好かれやすい万人受けするタイプだとは思いますが、ちょっと物足りないかな。

やっぱりこれは若い子向けだと思います。大人になってくると「女性の色気」的なものを出したくなるんですが、その面ではちょっと弱いです。これだという自分の個性を出したい時には向かないかもしれません。



さいごに

今回はフェラガモの香水『インカントシャイン』についてご紹介しましたが、いかがでしたか?くどくない甘さと爽やかさが特徴的ですが、口コミを見る限り、かなりの愛用者がいることが分かります。

可愛いデザインのボトルで、まず目を惹き、ほのかな香りでグッと心を掴むのでしょう。

フェラガモのレディース香水関連記事

スポンサーリンク
レディース人気香水
スポンサーリンク
香水人気ランキング

香水の歴史上『名香』と呼ばれた名作、殿堂入りにふさわしい香水を厳選。

【メンズ】【レディース】に分けてあります。

新たな香水を探している方はぜひチェックしてみて下さい。

香水人気ランキング.com