マレーシア生まれの香水『ジミーチュウオードトワレ』の香りと口コミ

マレーシア生まれの香水『ジミーチュウオードトワレ』の香りと口コミ

今回は、特に靴で有名な世界的ファッションブランド「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」から発売されている、口コミで人気のレディース香水『ジミーチュウオードトワレ』と、簡単ながらメンズバージョンの『ジミーチュウ マン オードトワレ』について紹介していきます。

その前にまずはブランドとしてのジミーチュウについて少しおさらいしてみましょう。

ジミーチュウのブランドルーツ

ジミーチュウのブランドルーツ

「ジミーチュウ」は、マレーシア生まれの靴職人ジミーチュウとイギリス版モード・ファッション誌VOGUEの編集者タマラ・メロンによって、1996年にイギリスで立ち上げられました。

ジミーチュウが作る靴はデザイン性が素晴らしいだけでなく、履き心地や品質もクオリティがとても高いので、セレブを中心に瞬く間に世界中に広がっていきました。そして高級な靴だけでなく、財布やバッグ、そしてファッションへと様々なジャンルに展開の幅を広げていきます。また2010年には大英帝国勲章を受章しています。

靴を愛用しているセレブには、故ダイアナ妃を始め、アンジェリーナ・ジョリー、ニコール・キッドマン、ナタリー・ポートマンなどがいます。特にピンヒールはエレガントでありながらも歩きやすく、レッドカーペットを歩く女優を虜にしています。

また、アメリカで社会現象を起こした人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」や、映画でも「プラダを着た悪魔」の作中に登場したことで、さらに知名度を高めることになりました。

ジミーチュウオードトワレ(レディース)

全体の印象としては、トップはスッキリとした早朝から午前中の澄んだ空気感を思わせるフレッシュな印象があります。ミドルは女性らしいフローラル、最後は落ち着いて森林のような雰囲気で静かに消える香水です。発売は2012年になります。

世代的には20代から40代あたりまでにおすすめの香水だと思います。若い人には大人の印象高年あたりでは若すぎない感じですね。

ジミーチュウは同じボトルデザインで、2011年に「オードパルファム」もリリースしているので、幅広いシチュエーションで使えるシリーズとなっています。ベネチアン・グラスをイメージしたボトルデザインは、気品がありながらも華やかさを忘れず、輝きのある女性にはピッタリなデザインでしょう。



ジミーチュウオードトワレの香り

  • トップノート…ジンジャー・ペア(洋ナシ)・グリーンアコード
  • ミドルノート…タイガーオーキッド・ティーローズ
  • ラストノート…シダーウッド・ヴィヴラントウッド

立ち上がりは、万人向けの柑橘系は一切なく、代わりに鋭さを抑えた瑞々しさを感じさせるトップノートです。香りを通じて目覚めにアピールするので、朝から使える香水です。

ミドルノートはカトレア系に近く、印象としてはローズに近い成分のある種類から抽出されている香料を使用しています。従って、女性らしさを最も活動的な時間に合わせて香るように設計されているようです。

最後の針葉樹(シダーウッド)の香りは、一息を感じさせる非常に弱いフレグランスですから、メイクをしている状態ならワーキング中でその魅力を引き出せるのかもしれません。

西洋に多く見られるリッチな香りというよりも、軽さのあるふんわりとしたボリュームで、これが日本人の素肌には相性が良いので人気があるのでしょう。

続いて、香りについてもう少し補足を入れたいと思います。

洋ナシとジンジャー

トップノートの役割は、揮発性の成分が気化する際に邪魔になる人工的な香りを如何に打ち消すかと、香水をつけた時の満足感をいかに引き出すかにあります。そのため、柑橘系が非常に多いのです。

ジミーチュウのオードトワレは、青い未成熟のセイヨウナシの表皮とジンジャーの香りが最初に立ち上がります。拡散する強さとしては、この成分はそれほどの広がりを持っていないでしょう。

一方の柑橘系はミカンやオレンジが特徴的なように、離れていても香りは結構強いです。そういった意味では、ジミーチュウはやや控えめなので、これから香水にチャレンジしたい方は良い選択肢の一つになると思います。

タイガーオーキッドとは?

ミドルノートにあるタイガーオーキッドとは、世界最大のランの種類で、東南アジア原産であるためにジミーチュウの特徴として典型的なものです。シンビジウムの近縁で、もちろんマレー半島に自生しています。花色が黄色に濃茶の班模様があるため、”タイガー”と名付けられているのですね。

しかし種類としては野生種に近いランなので、シンビジウムとは違った甘さがあります。交配種とは違った印象に加え、多くの人に好かれるティーローズの香りと相まって、女性らしさを引き立てます。

シダーウッド

ラストノートのシダーウッドとは、針葉樹の葉ですから、他のウッド系よりも爽やかです。従ってルーム・フレグランスでも多用されるのは、リラックス効果があるからです。

そう考えると、午前中につけたあとに、午後ようやく仕事もひと段落した時にリラックスの香りに到達する時間が6時間から8時間程度ですから、あくまで日中用と考えて良いですね。



オードトワレだからこその使いやすさ

香水はアルコールや蒸留水に香料を溶かし込んで作る液体です。その香料の割合を賦香率と呼び、高い順に香料の濃度が最も高い、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンに分かれます。

パルファムは高価であるばかりか、香りもかなり濃厚なので、滅多に使えるシチュエーションは無いでしょう。

次のオードパルファムも、持続性が非常に高いのですが、ドレッシーな場面以外では、グレードとの相性が良くありません。日本のように公的なパーティーシーンが少ない場合では、日常使いにオードトワレやオーデコロンが頻繁に使われ、人気も高いのです。

オードトワレは香水の中では中位となるグレードですが、程よく1日の中で最も気温が高い時間に香りが頂点となって消えていくので、非常に使いやすい香水であると言えます。

ジミーチュウオードトワレは香りの中心も植物系であり、汗や皮脂などとの干渉もあまりありません。ある程度は、香りを後から追加しても、基本的なミドルノートは維持されるので、非常に使いやすいオードトワレとなります。

ジミーチュウ マン オードトワレ(メンズ)

メンズバージョンは2014年の発売で、ブランド初のメンズフレグランスになります。

  • トップノート…ラベンダー・マンダリンエキス・ハニーチュウメロン
  • ミドルノート…パイナップルリーフ・ゼラニウム
  • ラストノート…パチュリ

トップノートではアクアティックなフルーティーにちょっとスパイスが感じられます。ミドルノートになると、すっきりとしたアロマティックな香り。ラストノートではダンディーな魅力を醸し出します。爽やかですっきりとした中に、甘さと色気がある大人の男のかっこよさを演出できるフレグランスです。

ボトルや箱も、クラシカルながらスタイリッシュでクールな男らしさを感じるデザインになっています。男性へのプレゼントにもいいかもしれません。



ジミーチュウオードトワレの口コミは?

ジミーチュウオードトワレの口コミは?

ここからは「ジミーチュウオードトワレ」の使用者の口コミをチェックしていきましょう。

甘さは控えめ

友達がサンプルをどこからかもらって来て、それを私にくれたのが存在を知ったきっかけです。女性的ではあるけれど甘さがそれほど強くなくて嫌味がないですね。とっても使いやすい。
少し甘さがあるけれど、上品で大人のしっとりとした落ち着いた雰囲気を出せます。強さも程よくて、日常使いとして活躍しています。どことなくマリーミーに似てるかな?
フルーティーフローラル系になるんでしょうか。洋ナシとジンジャーが入っているんですね。それの組み合わせがちょうどよくできているのか、甘ったるくはならないし、スパイスが利きすぎてキツイということはありません。フローラルが出てくると可愛らしさが出てきます。それがまたいいんです。
最初はフレッシュだけど、だんだんと甘さがちょうどよく出てきます。それが柔らかいし、その後のフローラルと混ざってフェミニンになります。オードパルファムも試したことありますが、あっちはちょっと甘さが強かったので苦手です。でもこっちなら大丈夫。

柑橘系じゃないのがいい

トップが爽やかなんだけれど、よくあるようなシトラス系の爽やかさじゃないのが気に入りました。シトラス系だと、全部じゃないけど受け付けないものがほとんどで…。でもこれは違う、何だろう?
フローラルに爽やかさもあって周りからも好評です。柑橘系のフレッシュ!っていう感じじゃなくて、もっと品がある爽やかさですね。なので付けた時にきついっていうのもなくて、気兼ねなく使えます。

石鹸のような清潔感

シャンプーやボディーソープのような、お風呂上がり的な清潔感がありますね。なんかリラックスと安心感もあります。これが私よ!みたいな個性を主張していくタイプじゃなくって、いろんな人に馴染んでいけるタイプだと思います。年代も関係なく、いろんな人が使えるんじゃないかなぁ。
ちょっと甘みがある石鹸のような柔らかいフレグランスです。よく言えば万人受け、悪く言うと無難っていうところかな。強めのものを付けて出しゃばっちゃうと困るようなところに行くときにおすすめですね。清潔感があるから嫌われることはあんまりないんじゃないかと思います。
サンプルを使って、それで一発で好きになっちゃいました。お風呂上がりのようなすっきりした中にも女らしいところもあって、上品に香ってきます。いかにも付けています、というような強さじゃないので使いやすさも◎若干持続が短めなのはトワレだから仕方がないか。

男性から好評

テスターを付けて帰ったときに、普段はフレグランスとかに無頓着な旦那が「なんかいい匂いがする」って言って来てビックリです。今まで他のものを付けている時は何も言ってこないし、私から聞いても「あぁ、いいんじゃない」くらいしか答えないのに。
最初から最後までとてもきれいな香水だと思います。爽やかだし甘さもあるし、だけど全部強すぎない。苦みだなんだと嫌な要素も感じませんでした。そんなところがよかったのか、会社に付けて行っているんですが、上司から「社内で一番好感持てる香り」、なんて言われました。普段から大袈裟に褒めてくれる人なので社交辞令の部分が大きいと思うけど嬉しかったです。
上品なんだけどセクシーさもあるっていうのかな。ただ万人受けするっていうありきたりなものじゃなくて、ちょっとした色気が感じられます。彼氏が特に気に入っていて、私をハグしてくれた時にクンクンしてくるし、たまに「アレ付けてよ」ってリクエストされることまであります。

非常に幅広い世代の女性に人気があり、多くは香水を使い初めてまだそれほどセンシティブな域まで達していない方が多く見受けられます。これから香水を使いたい人には、失敗の少ないのがオードトワレかもしれません。

「甘すぎない」という口コミが非常に多いので、これもフルーツ系でベリー・テイストを採用しない、このオードトワレは日本人に相性が良いみたいです。清潔な爽やかさを感じ、身にまとわりつく落ち着いたローズ的な雰囲気を楽めます。

口コミの中にあった、「甘すぎない香り」の根本は、やはりチャイニーズ・ローズの種類、ティーローズの香料を加えてあるのが影響しているでしょう。四季を通じて咲くこのバラは、その名の通り甘い紅茶の香りが特徴です。口コミにあるような安心感や落ち着いた大人感はここからきていると思います。

背伸びしすぎない、かといって子供じみてもいない、女性の魅力として活気を感じさせるのも、ジミーチュウオードトワレと言えます。