*

愛と自由を象徴する香り!ミスディオール『アブソリュートリーブルーミング』の口コミ

      2018/06/06

愛と自由を象徴する香り!ミスディオール『アブソリュートリーブルーミング』の口コミ

「恋に効く香水」として定評のある「ミスディオール」の香水のひとつ『アブソリュートリー ブルーミング』。@Cosmeの「ベストコスメアワード2016フレグランス新人賞」を獲得した香水です。

同シリーズの人気香水『ブルーミングブーケ』と名前は似ていますが、またそれとは異なった「美味しい」香りへと進化し、「愛と自由を象徴する香り」とも言われています。

そんな美味しさあふれる『アブソリュートリー ブルーミング』の香りやブルーミングブーケとの比較、使用者の口コミを紹介していきます。

アブソリュートリー ブルーミングのコンセプト

 

ミス ディオール アブソリュートリー ブルーミングは、瞬く間にあなたを魅了する、美しい贈り物です。フランソワ・ドゥマシー

製品名にある「アブソリュートリー」。日本語で言うと「完全な・絶対的な」というような意味です。「アブソリュートリーブルーミング」をあえて日本語にすれば「完全に咲いた花」となり、咲き誇る花の様子を再現した香水ということでしょうか。もしくは咲く花を完全に再現したという開発側のメッセージでしょうか。香料の抽出方法でもあるアブソリュートは濃厚で深い香りを抽出できる方法でもありますので、それを掛けているのかもしれませんね。

ミスディオールのコアとなるローズに、レッドベリーの甘さを纏った、甘美なローズのフローラルノートに仕上がった香水です。ホワイトムスクの甘さもあり、とても美味しそうな香りとなっています。

アブソリュートリー ブルーミングの香り

  • 香調:デリシャスフローラル
  • トップノート…レッドベリーアコード・ピンクペッパーコーン
  • ミドルノート…グラースローズアブソリュート・ダマスクローズ・ピオニーアコード
  • ラストノート…ホワイトムスクアコード

公式サイトでは香りをこのように表現しています。

いきいきと弾けるカラフルなミス ディオール アブソリュートリー ブルーミングは、ずっと香っていたくなるほど甘美なフローラルの香り。みずみずしいピオニー アコードに、甘酸っぱいレッド ベリーが刺繍されました。グラース産ローズとダマスク ローズの華麗なデュエットが、永遠に咲き誇るフレッシュな花々を際立たせ、全体をホワイト ムスクが支えます。いたずら好きな、人々を魅了してやまないミス ディオールのための、ポジティブで幸せあふれるハーモニー。

トップノートではレッドベリーのフレッシュで甘さのあるフルーティーノート。続くミドルノートでは、ローズの香りと「5月のバラ」と言われるピオニーの香りが優雅に重なり合います。ラストノートではホワイトムスクが包み込むように香り立ちます。

ベリーの甘酸っぱい印象とローズの瑞々しさから、とても元気な陽気な印象です。

可愛らしくて人気のあるボトル

可愛らしくて人気のあるボトル

ミスディオールシリーズに共通して言えることですが、とてもボトルがチャーミングなのも特徴です。見た目の可愛らしさだけで思わず買ってしまう人もいます。ボトル形状や色合いの可愛らしさから、男性が恋人へのプレゼントとして購入することもあるようです。

持っているだけで女子力が上がると、女性陣からも好評です。

アブソリュートリー ブルーミングの口コミ

甘くて美味しそう

挙がっている口コミで多いのが「甘さ」に関するものです。「優しくて甘い」「甘くて、匂いがしっかりとしている。果物感がある。」「甘いけど安っぽい感じにはならない。」「甘いシュガーっぽいところもある。美味しそうなベリーを感じます。」などの口コミが挙がっています。

ただ単に甘いだけでなく「大人っぽい甘さ」「嫌味にならない程度で、爽やかさもある甘さ。」「子供っぽくならない適度な甘さ。」「ちょっと苦みもある、大人な甘さ。」など、大人な雰囲気も併せ持った甘さのようです。

可憐なフローラル

バラやピオニーの香りも可憐に香ってくることをうかがわせます。「女性的なエレガントと可愛らしさを感じるローズのフレグランス。」「甘いだけでなくフローラルも感じます。」「可憐でありながらセクシーさもあります。」「ローズ・ピオニーがふんわりと香ってくる。」等の口コミがありました。

「女子力を出したい時、甘いものを纏いたいときに付けています。」という人もいましたよ。

とても女性らしい香り

甘さとフローラルでとても女性らしい雰囲気を出してくれる香りです。「女子力を出したいときに」という人がいるのも納得のアイテムです。

「とっても高品質な印象の香りです。優しく、そしてふんわりと甘い感じです。」「甘い。だけど少ししたら甘さが弱まって、女性らしい素敵な香りになりました。」「甘めのものを探している人にはおすすめできる香水です。」「柔らかいフローラルから、最後のムスクっぽいところまで可愛らしい印象が続きます。」などの口コミが挙がっていました。

周りからも好印象

付けた時の周りの印象も概ね良好のようです。「コレを付けているときには、ほぼ確実に、いい匂いしてますねって言われます。」という人もいます。甘いけれども甘さだけではないエレガントな雰囲気もあるので、子供っぽい印象にはならないようで、「芯の強さと柔らかさも感じられる印象です。」という口コミもありました。

男性受けもいいようで、「いい匂いと言ってもらえます。」というものだけでなく「コレを付けてるときは、なんかモテる感じです。」「コレの時は優しくしてもらえてる感じがする。気のせいかもしれないけど。」という口コミもありました。

香りの持続時間

持続時間は長めのようです。「朝付けて夕方まで持続しています。」「1プッシュで6時間くらいは持続します。」などの声が挙がっています。

他にも「売り場でテスターを付けてもらったら、家に帰っても香りが持続していて、家族からいい匂いと言われました。」「ムエットを貰いましたが、帰宅してからもかなり匂いが続いていました。」など、持続時間が長いことをうかがわせる口コミが挙がっていましたよ。

 

その分香りがきつめな傾向も

持続時間が長持ちする分、香りの強さもきつめな傾向があるようです。同じムエットを貰った人でも「ムエットにたくさんつけてもらえました。そのせいか、気持ち悪くなってしまいました。。。」という人もいるくらいです。どんな香水でも付けすぎは香害になりますので気を付けないといけませんね。

特にトップノートをきつめに感じる人が多くいます。「付けたては甘いです。」「最初の甘さがきつめです。」という人も多くいました。その反面「時間がたつといい匂いになります。」「時間がたってからの方がいい匂いです。」「最初は、甘っ!って思いましたが、時間がたつと優しくいい感じになります。」といった、そのあとの香りがいいという口コミも多くありました

トップノートがきつめに感じてしまった人は付ける場所などを調整して、トップノートが弱まったところをうまく感じられるように調整してみましょう。

甘さがきついと感じる人もいます

甘さを特に強く感じてしまう人もいます。「バラとベリーを煮詰めたジャムみたい。」「とろみがあるようなまとわりつく甘さ。」「甘さとくどさしかない。バラとベリーが行方不明です。」と、甘すぎるだけでなく、バラやベリーの香りも感じない人もいるようです。

甘さが好きな人には、甘さとフローラルが合わさって「美味しそうなバラの匂い。」などの表現をする人もいるのですが。。。

苦手に感じる人の印象

甘さがくどいというような口コミ以外にも、「化粧品売り場のような匂いです。」「悪い意味でお香というかお寺というか、そんな感じでした。」「オバチャンっぽい感じになってしまいました。」「マダムの化粧品棚のようなイメージ。」といった印象を受けるようです。ムスクあたりを強く感じてしまったのでしょうか。

夏よりは冬向き

一年中問題なく使えるという人もいましたが、傾向としては「秋冬向き」という人が多く、「夏ではくどくなってしまう」という人が多かったです。きつめの傾向ですので、苦手に感じた人でなくても、夏には甘さが重く感じてしまうようです。

「冬の澄み切った空気に似合いそう。」「秋冬に映える雰囲気です。」「秋冬のとっておきの香水として使ってます。」と涼しい時期に似合うと思わせてくれる口コミも多く挙がっていました。

温度のによる影響を受けやすい

香りの感じ方に、体温・気温は大きく影響します。同じ香水でも夏と冬で大きく印象が変わるのも、このためです。秋冬に似合うという声があると同時に「10月の気温が高い日に付けたら、ちょっと気持ち悪く感じてしまいました。」という人もいます。

きつく感じてしまった人も、体温の影響で強く出てしまったのかもしれません。他の香水と同じ感覚でいつも通りの分量で付けてしまうと、香りが強く出てしまうのかもしれませんね。

「体温と相まって、とっても素敵な香りになりますよ。」という人もいますので、強めに出てしまう人は付け方や付ける量を変えてみましょう

付け方を調整してみましょう

香りが強めの傾向で、さらに温度の影響も受けやすいのであれば、付け方には気を付けないと香害になったり、自分自身が気持ち悪くなってしまいます。

「足元に付けるだけで、綺麗に良い匂いがしてきます。」「甘さが強めなので、腰回りにワンプッシュにしています。」「空中にミストを出して、それを軽く浴びるようにしています。」などの付け方をしている人が多くいました。

また、アトマイザーを活用している人も多くいました。アトマイザーは持ち運びの利便性もありますが、細かいミストで噴霧してくれるものも多いので、それを目的に愛用している人も多いです。他には衣類にふわっと吹きかけて使っている人もいます。

参考:香水を携帯するならコレ!おすすめのアトマイザー8選

最初は苦手に感じた人の中には「最初はちょっと甘さがきついなと思いましたが、それでも数日使っていたらいつの間にかハマってしまい、逆に他のものが物足りなくなってしまいました。」という人もいます。慣れてくると感じ方が変わるということもありそうですね。

まとめ

今回はミスディオール『アブソリュートリー ブルーミング』について紹介しました。

シリーズ品の『ブルーミングブーケ』とよく比較されますが、こちらの方が香りが強く持続性もあります。その分甘さも出て、好き嫌いが分かれる傾向が強いと言えます。甘い系統が好きな人には好まれていて、「ベリー系を探していてこれに出会って、迷わず即購入!」という人もいました。

逆に『ブルーミングブーケ』は、比較的万人受けする傾向ですが、その反面持続性も弱くなっています。

選び方としては、ほのかな香りが好きな方はブルーミングブーケ、甘さがハッキリした香りが好きならアブソリュートリーブルーミングといったところでしょうか。ミスディオールの愛用者は両方をシチュエーションに合わせて使い分けている方もいます。

 

 

こちらも併せてチェック!

参考:幸せを呼ぶフレグランス!Dior『ミスディオールブルーミングブーケ』の香りと口コミ

ミスディオールの香水関連記事





【女性におすすめの香水】



【男性におすすめ!】



  関連記事





  • 【香水人気ランキング】
    ▼メンズ・レディース▼
    香水人気ランキング(メンズ・レディース)