プラダのセカンドライン『MIU MIU(ミュウミュウ)』の人気香水5選!

プラダのセカンドライン『MIU MIU(ミュウミュウ)』の人気香水5選!

プラダ(PRADA)のセカンドラインとして始まった「MIU MIU(ミュウミュウ)」。ファッション以外に香水も発売していて、そのフレグランスはフレッシュフローラル。

ちょっと意外性を演出しているのが魅力的な香水でもあります。だからでしょうか、周りとは違うちょっと大人びた雰囲気を出したい若い世代に特に人気。

今回はそんなMIU MIUの人気香水を詳しく見ていきましょう。まずは簡単なブランド紹介から!

PR:【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』


ミュウミュウってどんなブランド?

プラダの創始者マリオ・プラダの孫娘である「ミウッチャ・プラダ」が、1993年に立ち上げたのが始まり。ブランドネームの由来は、ミウッチャの幼少期のニックネームからだとか。

アパレル以外にもバッグ、レザーグッズ、靴、ジュエリー、メガネとレディースファッションを幅広く展開しています。

デザイナーとしてのミウッチャ・プラダは、個性豊かで意外性に富み、ありふれたものと洗練されたものを掛け合わせて、今までになかったものを生み出すデザイナーとして定評がある人物です。女性の内面を表現できるデザイナーとしても高く評価されています。

ミュウミュウのアイテムは、ミウッチャの個性豊かで斬新なスタイルとデザインから素材までこだわることで、他のブランドとは違った輝きを見せます。

ミュウミュウの香水の特徴は?

香水は、プラダと同じくダニエラ・アンドリエ氏が調香を担当。個性あるミウッチャにインスパイアされて、で2015年に『ミュウミュウ オードパルファム』が発表されました。ボトルもバッグに使われるマテラッセをイメージしたデザインになっています。

香料に他社製品ではほとんど使われることがない「アキガラウッド」を使っているのが特徴的です。これはどことなくパチュリに似ていて、土っぽさとスパイシーさがある香り。フローラルと重なり合うことで、他にはないミュウミュウ独特の個性を出しています。周りの人とちょっと違うフレグランスを使ってみたい人にピッタリ。

「スズラン」もよく使われる香料です。スズランは、ジャスミン・ローズと並んで「三大フローラルノート」と呼ばれている花です。青々しさがあるものの、清潔感ある石鹸のようなパウダリーが出てくるのが特徴的。

これらの香料を使いながら、爽やかで使いやすく、それでいて意外性のある魅力を出す、女性らしい華やかなフレグランスを作っています。

それではその作品を見ていきましょう。

ミュウミュウ オードパルファム

2015年に最初の香水として発表された作品。第一弾なので今後のミュウミュウフレグランスの在り方に大きく影響する作品といえますね。

そういう重要な作品のボトルに、ブランドアイコンともいえるマテラッセをイメージしたボトルデザインを使ってきました。色合い柔らかいブルーで、キャップの上のレッドが存在感を表します。口コミサイト@コスメでは☆5.6と高評価を得ています。

  • トップノート…スズラン・ベルガモット・レモン
  • ミドルノート…ジャスミン・ドッグローズ・グリーンノート・ブラックカラント・ピーチ
  • ラストノート…アキガラウッド・ホワイトムスク

トップノートではエレガントで官能的な雰囲気もあるスズランのフローラルが香り立ちます。続くミドルノートではローズをメインに少しグリーンが加わり、柔らかくもフレッシュに。ラストノートではアキガラウッドが深みのあるウッディでスパイシーな印象にまとめます。

アキガラウッドは、上でも少し触れましたが、パチュリに似ている香料です。これによって、きらめきのある中にもちょっと挑発的なスパイシーさを感じられます。

ナチュラルで清潔感がある香り。甘さがあって女性的ではありますが、凛とした雰囲気。フェミニンな中にもモードなアクセントを付加しています。

オードパルファムなので持続時間は長め。体温などの影響もありますが7時間前後は持続します。香りも濃くなっているので付けすぎないように注意が必要です。

ですが、きついわけではないので初心者でも使いやすい傾向です。爽やかさがあって万人受けする香り。会社や学校にも付けて行けます。

ボトルの可愛らしさも人気で、飾って見ているだけでも気分が上がるという人も大勢います。どことなくクラシカルでありながらも現代的。女の子っぽいところもありながらエレガンスを感じさせる洗練されたボトル。少女と大人の女性の間を行き来するような、自由奔放なミュウミュウらしさを発揮しています。

ミュウミュウ オードパルファムの口コミ

女の子らしい香りだけど、それだけじゃない

甘さもあってフローラルも感じられるところから、女の子らしい印象を受けます。ですが、ただ単に女の子らしい・女性的というだけではなく、一味違った印象も受けるようです。

表現は人それぞれですが、いわゆるフェミニンにはならない独特の個性があるようです。やはりこれはラストノートにあるアキガラウッドによるものでしょうか。

ミュウミュウのイメージから、ガーリーで若い子向けの香水かなって思っていました。でも爽やかさとか甘さはあるけれども、どこか芯が通ったところがあって、いかにも女の子ではない大人な感じがあります。(20代女性)
可愛らしさもあるけれど、可愛いだけじゃない一筋縄ではいかなそうなしっかりした部分も持った人っていうイメージです。(10代女性)
女の子的はあるんだけど、どこかクールに構えている雰囲気もあって、いわゆるガーリーではない印象。でも近寄りがたい空気ではない不思議な魅力を持った香りです。(20代女性)
男性的とはまではいかないけれど、フェミニン全開とかでもないです。ある意味中性的なのかな?女性らしさもあるけれど、媚びた感じにはならない、ちゃんとした大人な感じもあります。(30代女性)

甘いレディース香水が苦手な人に

レディース香水によくある、甘い香りが苦手な人におすすめという口コミもたくさんありました。これもアキガラウッドの影響でしょうか、甘い雰囲気が出すぎないように抑えてくれるようです。中には男性でも使えるのでは?という声もあるくらいです。

甘さを抑えながらもフェミニンを演出、メンズ香水っぽさはほとんど出てこない、バランスのいい香水と言えますね。

テスターを嗅いで気に入った買ってしまいました。はじめはどこのブランドか気にせずに嗅いでいました。甘さがあるものの、そんなに強くなく爽やかさとスパイシーさがあって私好みでした。いざ買おうという時に改めてブランドを確認したらミュウミュウで、ちょっとイメージと違ってびっくりしました。(30代女性)
甘さ控えめだけど、メンズ的な印象があるというほどのものでもない、バランスがいい香水です。ラストにパチュリ的なものがありますが、程よく引き締めてくれる感じで使いやすいです。(30代女性)
全体的に爽やかで甘さが強くなくて使いやすいです。ラストにあるパチュリみたいなところがスパイシーなウッディな感じで、中性的な印象の男性なら使いこなせるかもしれませんね。(20代女性)

香りがとっても素敵

香りの感じ方や表現の仕方は人それぞれですが、中には説明できないようなレベルで「好き」と思ってしまうこともありますよね。

嗅覚は本能に直接働きかけるといいますので、本人にも何故かわからないくらい、香りの魅力にハマるのでしょうか。

何故かわからないけれど、この匂いが気に入ってずっと嗅いでいます。外に出る時よりも、帰宅してから付けて、自宅で嗅いでいる感じです。オードパルファムで香りの持続がいいのも嬉しいです。(20代女性)
何故か忘れられない香りで、ついに買ってしまいました。発売当初テスターを付けてもらって、その時は買わずに友達との待ち合わせに向かいました。その時からずっと、この香りが気になっていました。先日ようやく購入にいたり、自分の中でひと区切りつきました。(30代女性)

ロー ブルー(L’EAU BLEUE) オードパルファム

2017年3月に発売された、ミュウミュウ第二弾のレディース香水。ボトルのイメージはそのままに、前作のマット調から透明なつくりに変更。透明になったことで、よりマテラッセの洗練されたデザインの素晴らしさが際立ちます。キャップの上のイエローが、フレッシュさを連想させます。@コスメでは☆5.3とこちらも負けじと高評価。

  • トップノート…スズラン、など
  • ミドルノート…ハニーサックル・ジャスミン・ワイルドローズ・グリーンノート、など
  • ラストノート…アキガラウッド・ホワイトウッド、など

春の訪れを告げるような、フレッシュで透明感ある香り。ボトルイメージに合った、清々しい印象です。瑞々しく軽やかなスズランに透明感あるハニーサックルがきらめきを加え、アキガラウッドのウッディが柔らかい深みを与えてくれます。

生き生きとした女性的なイメージで、春の予感を纏わせてくれるエレガントで軽やかな香り。甘さもそんなになく全体的に爽やかサッパリ。癖もないので初心者にも使いやすくなっています。

美しく透明感があり清楚な印象。前作の『ミュウミュウ オードパルファム』よりも爽やかさが増していて、まるで春風のよう。くせもなく甘すぎないので男性でも使えそうなユニセックスよりの作品です。

服装もカジュアルでもコンサバでも合う、使い勝手のいい香水。甘すぎない女性らしさをアピールできる、とても好印象を与えられる香水です。

ロー ロゼ(L’EAU ROSEE) オードトワレ

2018年2月に発売された、第三弾のレディース香水。ボトルデザインは、今までのラインを踏襲したマテラッセ調。色合いは今までのブルーからピンクに変わって、よりキュートで、よりフェミンにな印象に変わりました。キャップの上のホワイトで更にモダンな印象に。@コスメでは☆5.3を獲得しています。

  • トップノート…ブラックカラント・ベルガモット・レモン・ライム
  • ミドルノート…スズラン・ピーチ・ペアー・ピオニー・ローズ
  • ラストノート…ムスク・サンダルウッド・バニラ

今までの2作品は、スズランがトップノートでしたが、本作品ではミドルノートになっています。ブラックカラントやスズランの優しいフローラルにムスクが重なり、洗練された爽やかな香りに。瑞々しくて若々しい印象を与えてくれます。

フローラルでフェミニンなフレグランスですが、フルーティもあり癖が強くなく、普段使いにも適した万人受けするタイプ。初心者にも使いやすいと思います。

ボトルがピンクになったことで、もともと評価が高かった見た目がさらに高評価になりました。ボトルを見ているだけで楽しめる可愛らしさ。香り自体も癖がなく万人受けする傾向なので、プレゼントに贈るのもいいかもしれませんね。

フルール ダルジャン アブソリュ(FLEUR D’ARGENT ABSOLUE)  オードパルファム


【ミュウミュウ】フルール ダルジャン アブソリュ EDP・SP 100ml
【Amazonで見る】

2018年に発売されたホワイトフローラルノートの香水。これまでのミュウミュウとは違った、濃密なフローラルで始まります。

  • 香料:チュベローズ・アキガラウッド・ムスク

大人っぽく官能的でありながらも、軽やかで洗練されたフレグランスです。口コミの件数こそ少ないものの、評価は他の製品に引けをとりません。@コスメでは☆6.3もありますし、他のサイトでも5段階中4.4を獲得しています。

ツイスト(TWIST) オードパルファム


MIUMIU(ミュウミュウ) ツイスト オードパルファム 30mL
【Amazonで見る】

2019年に発売された新作。現代の女性を表現した、クリエイティブでエネルギッシュな魅力を併せ持つ官能的なフレグランス。

  • トップノート…ベルガモット・アップルブロッサム・レッドベリー
  • ミドルノート…ピンクムスク・バイオレット
  • ラストノート…シダーウッド・トンカビーン・アンバー

フレッシュで適度な甘さがあるトップノートは、付ける人に元気を与えてくれます。そこにフローラル・ウッディが重なってきて官能的な魅力と深みのある穏やかさを感じさせます。製品名と同じくひねりが利いた個性的な作品です。

さいごに

今回はプラダの妹分的な存在のブランド:MIU MIU(ミュウミュウ)の香水を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

若い女性向けにみえながら、大人にも似合う、独特な感性を持つミュウミュウの世界観。そのアイコン的なデザイン「マテラッセ」をモチーフにしたボトルで香水が展開されています。

そのボトルがとても可愛らしく、年齢を問わず女性人気が高くなっています。部屋に飾っている人だけでなく、ボトルに一目惚れして購入する人が続出するほどです。

また、発売されて年月が経っていないため、日本での使用者がそれほど多くないのも、ミュウミュウの香水のおすすめのポイント。人とは違った個性を纏ってみたい人は、是非お試しください。

併せてこちらもチェック!

タイトルとURLをコピーしました