ヴェルサーチの人気メンズ香水『ヴェルサス ブルージーンズ』はジーンズによく似合う香り!

個性的なデザインの缶と、その中に入ったこれまた特徴的なボトルが目を引く、ヴェルサーチのメンズ香水『ヴェルサス ブルージーンズ』

ヴェルサーチは言わずと知れたイタリアの有名ファッションブランド。同ブランドのセカンドラインとして位置づけられているのがヴェルサスです。ヴェルサーチの「ジーンズ・クチュール・コレクション」に、洋服とは別の表現方法で加わったのが、今回紹介するこの香水『ヴェルサス ブルージーンズ』です。

ジーンズのように、気楽に自由に纏える自己表現。そんな『ヴェルサス ブルージーンズ』の香りと口コミを紹介します。

ヴェルサーチの香水『ヴェルサス ブルージーンズ』の香り

ヴェルサーチの人気メンズ香水『ヴェルサス ブルージーンズ』はジーンズによく似合う香り!

商品名の通り、「若々しさ」「活動的」「快活さ」を連想させる、とっても能動的な、アグレッシブな印象を受ける香りです。スッキリとした爽快感が、普段着感覚で気負うことなく使える親しみやすさを印象付けます。

  • 香調:アロマティック、ウッディー
  • トップノート…シトラス・ベルガモット・ガルバナム・ジュニパー・ローズ・ゼラニウム
  • ミドルノート…ラベンダー・ジャスミン・バイオレット・ナツメグ
  • ラストノート…シダー・イリスウッド・サンダルウッド・ベチバー・ムスク・アンバー・バニラ

トップノートはウッディーの中にさっぱりとしたシトラス系が香り立ちます。それと同時にスパイシーさも出てきます。

ミドルノートではウッディーが残っている中にグリーン系が、そして柑橘系が弱まるとそに変わるかのようにバイオレットなどのフローラルが上品に出てきます。

ラストノートではウッディーとバニラ・ムスクが出てきます。温かく、そして甘さもありながらセクシーな雰囲気。

ヴェルサス ブルージーンズの個性的な缶とボトル

ジーンズを連想させる青色の円柱型の缶。缶の上部にはブランド名と商品名が、その下側には太陽を思わせるイラスト。その中央には赤いTシャツに青いジーンズを履き、ギターをつま弾いている少年が描かれています。

商品イメージをそのまま表したような少年です。缶自体はそれほど丈夫なものではありませんが、とても個性的です。

ボトルの形状も一風変わっていて、炭酸飲料を思わせるような形状と色合い。ボトルを開けたら噴き出してきそうな印象です。ですがキャップを外すと顔を出すのは、普通の香水のようなシンプルなノズル。キャップにはなぜかライオンが彫られています。

ヴェルサス ブルージーンズの口コミ

ヴェルサス ブルージーンズの口コミ

爽やかな柑橘系

見た目が炭酸飲料のようで甘ったるいと思われがちですが、トップノートはシトラス系でとっても爽やか。爽やかな夏空に、ジーンズにTシャツで街を歩く若者のような、爽やか好青年のような印象を受ける香りです。

「爽やかなシトラスとウッディー。」「爽やかさとセクシーさを醸し出す。」と爽やかな印象を受けた口コミが多くありました。

甘さもある

爽やかさ以外にも適度な甘さがあります。甘ったるくならない甘さで、好感が持たれています。「少し甘めで爽やかで嫌味がない。」「甘さもあって男女ともに使いやすくていいと思います。」

爽やかさと甘さがある分、「ダンディーな大人の男」を演出したい場合は、他の香水を選んだ方がよさそうです。

周りからは好評

付けているときの周りからの評価は、「好評!」という口コミも少なくありません。「周りの女子から、いい匂いって言われます。」「特に不快に思われたことはないです。」「子供たちからも好評です。」「女子社員から、何付けってるか聞かれました。」

ただ付けすぎてしまうと香害になるようで、「学校で臭いよって言われちゃいました。」という人もいました。付ける量には気を付けましょう。



香りは強めの傾向

上にあげたように、付けすぎてしまうと周りに不快感を与えてしまうようです。香りは強めのようなので、付けずぎ注意を促す口コミがありました。

「思ったよりきつめなので、付けすぎると香害になります。」「1プッシュで充分、付けたとしても2プッシュまでにしないと、確実に香害。」「満員電車で、この匂いとは出くわしたくない。」「日本人には合わない、いかにも外国な香水。」など、強めであることを思わせます。

持続力もある

強いことに比例するのか、持続時間も長めのようです。「1ワンプッシュで充分持つ」「朝付けて、夕方まで持続します。」

また、強さと持続を調整するために「一度コットンに付けてから肌に付けるようにしています。」という人がいました。この方法で強く出るのを防いで、無駄に長く持続しないように調整しているようです。

一年中使える傾向

似合う季節に関しては、付ける量を間違えなければ一年中使えるという口コミが多いです。

ですが一方で、「夏はちょっときついかもしれないです。」「夏に扇子に付けて仰いでみたらよかった。」「冬に付けたときに、友達からいい匂いって褒められた。」との声も。

甘さが出てしまうのが嫌な人は、夏は避けて冬に付けた方がいいかもしれませんね。

女性でも使っている

甘さもあり、あまりメンズ感が強くないので女性でも使っている人が少なくありません。「彼氏が使っていて、私も借りてつけるようになりました。」など周りの人の影響を受けて付け始める人がいる印象です。

「フローラルやフルーティーの甘さが苦手な人にいいと思います。」「爽やかな中にもセクシーさがあるものを探している人におススメです。」

嗅いだだけでは良さはわからない

他の香水に比べて多かった口コミが、「ムエットなどを嗅いだだけでは良さがわからない。肌に直接乗せてみなければ本性が見えてこない。」との内容です。

体温の影響を受けるので、肌に乗せたときとムエットなどで確認した時で香り方が違うことはありますが、違いの差が他の香水よりも大きく出るようです。せっかく店頭に行ったのであれば、実際に肌で試した方がよさそうですね。「肌に実際に乗せないと良さがわからない香水の五指に入ります。」という人もいるくらいです。

プレゼントで贈られる

見た目が個性的なところも受けてか、プレゼントで贈られることも多いようです。予防線を張るわけではありませんが、仮に中身自体が合わなくてもその個性的な見た目からネタにできる側面もあるようです。

「誕生日でもらったので付けてみました。ハマるほどではありませんでしたが、たまに付けて遊びに行っています。」



好き嫌いが大きく分かれる

どんな香水でも好き嫌いは分かれるものですが、この香水は分かれる傾向が強いようです。「好き嫌いはハッキリわかれると思います。」「いい匂いなんだろうけど、自分には無理だった。」相性が悪かっただけの人もいれば、「悪臭」と香りそのものの悪い印象を受けた人もいます。

悪い印象を受けた人は少数派ですが、合わない人はとことん合わないことをうかがわせます。

その分ハマった人はとことんハマるようで、「父親が持っていたので勝手に借りて使いました。父親はもう使っていないようなので、そのまま借りパクしてます。」なんて人までいるほど。

周りであまり使われていない

「会社で付けているのは自分だけのようです。」「今まで他の人付けているのを嗅いだことがないです。」「周りで使っているのは私と彼氏だけです。二人だけの絆の香りです。」

「他の人と被るのを避けたい人にはおススメかもしれません。」という人もいますので、爽やか甘めを探している人は狙い目かもしれません。

あまり店頭で見かけない

使っている人が少ないことと関係がありそうですが、取り扱っている店舗が少ないようです。「リピートしようとしたら、以前買った店舗に置いてなかった。」「昔使っていたけれど、そういえば最近見かけませんね。」

通販や海外で購入することが多くなるかもしれませんが、その分レアものを付けていることにもなりますね。

まとめ

今回はヴェルサーチのメンズ香水『ヴェルサス ブルージーンズ』について紹介しました。

商品名の通り、元気な若者の印象を受ける爽やかな香水で、男女ともに好かれるユニセックスな香水です。

見た目もとても特徴的で、お菓子が入っているような缶・ジュースのようなボトルです。これも好評で「店頭で見て一目ぼれして、そのまま買っちゃいました。」という人もいるくらいです。

香り自体は、好き嫌いが分かれる傾向はありますがとってもカジュアルで、付ける量さえ気を付ければいつでもどこでも使える使い勝手のいい香水です。

こちらも併せてチェック!