透明感あるオゾン系フレグランス【イッセイミヤケ】の人気香水まとめ(レディース・メンズ)

透明感あるオゾン系フレグランス【イッセイミヤケ】の人気香水まとめ(レディース・メンズ)

日本のファッション界に大きな影響を与えたブランド『イッセイミヤケ』。ファッションに興味がない人でも、この名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。立ち上げたのはもちろん、デザイナーの三宅一生氏です。

「プリーツ・プリーズ・イッセイミヤケ」というラインに代表される、美しくかつ機能的なデザインで、日本だけでなく世界中で愛されているブランド。プリーツ・プリーズの技術を生かしたファッションアイテムや時計、そして香水も発売されています。

香水は透き通るような瑞々しさ、爽快感があるものが多く展開されています、特に『ロードイッセイ』は「オゾンノート」というジャンルを確立した作品と言われています。

今回は、そんなイッセイミヤケの人気香水をレディース&メンズまとめて紹介していきたいと思います。まずはレディースからみていきましょう。


イッセイミヤケの人気レディース香水

ロードイッセイ

  • トップノート…ロータス・シクラメン・ローズウォーター・ピオニー、など 
  • ミドルノート…カーネーション・ホワイトリリー・スズラン、など
  • ラストノート…オスマンサス・チュベローズ・アンバー・ムスク、など

1992年に発売された作品で、冒頭で触れたように「オゾンノート」というジャンルを浸透させたフレグランスです。製品名を日本語にすると「イッセイの水」で、三宅一生氏の考える水のイメージが込められています。

水のような清らかさ、森林を流れる清流のような心地よさ、そんな清々しさを演出。ラストノートでは官能的でロマンティックな雰囲気もあるフレグランスです。

レディースですが、男性でも使えそうとの声もチラホラとあります。

ロードイッセイの口コミ

清潔感があって上品です。それでいながら甘さとセクシーさもあります。まわりからもいい匂いって言われます。基本的には女性的なんですが、どこか男性的な部分も感じられるので、中性的な男性なら使えると思います。持続時間はそれなりにありますね。(20代女性)
見た目も香りも洗練されたエレガントな女性、といった印象です。甘さも控えめでいかにも香水という感じがしません。かなり使いやすいと思います。(30代女性)
アクア系が好きなので、見事にハマってしまいました。逆にアクアが苦手な人には無理かもしれませんね。ホントに水のような軽やかさ、それでいて芯の強さ、みたいな雰囲気があります。(30代女性)

清潔感、清涼感、透き通った、といった感想がたくさんありました。名前の通りにまさに水をイメージしたものです。

ロードイッセイ リフレクション イン ア ドロップ

  • トップノート…オレンジ・マンダリンオレンジ・レモン、など
  • ミドルノート…ローズ・ロータス・ミモザ、など
  • ラストノート…アンバー・バニラ・ムスク、など

2008年に限定発売されたレディース香水です。今では小売店で見つけるのは難しいかもしれませんがネットではまだ買えるところが残っています。

雨上がりのすっきりと晴れた中、まだ花や葉に残っている水滴が輝いている様子を現しているようなフレッシュな始まり。次第にフローラルが瑞々しさをまといながら存在感を出してきます。

ロードイッセイ リフレクション イン ア ドロップの口コミ

名前を日本語にしたら、水滴の中の光の反射といったところでしょうか。柑橘系のフレッシュさが光輝いているような雰囲気を出しています。通常のロードイッセイに比べると、若干甘さが強くて、持続が短めです。ですが上品さはちゃんとあり、爽やかさはこっちの方があると思います。(30代女性)
アクア系、つまり瓜系。使う気はなかったのですが妹が買ったのを借りてみました。すると何故かこれは大丈夫でした。ノーマルのロードイッセイは苦手だったのに、これは気に入ったので何回か妹に借りています。(20代女性)
とても使いやすい。爽やかで瑞々しい。フローラルでほんのりと甘い。ラストも重くなることなく上品に香ります。とっても清楚、さすがイッセイミヤケ!かなり気に入った香水です。夏前くらいの季節に丁度いいと思います。(40代女性)

ロードイッセイの限定バージョンですが、オリジナルとは香料も変わっている点が多いです。そのためかロードイッセイはダメだったけどコレは大丈夫だったという人は結構いました。気に入ってリピートしている人も多くいたので、無くなる前に確保してしまった方がいいかもしれませんね。

ロードイッセイ フローラル

  • トップノート…マンダリンオレンジ、など
  • ミドルノート…ローズ・イエロージンジャーリリー、など
  • ラストノート…ホワイトウッド、など

ロードイッセイのフローラルフレグランスへのアレンジバージョンといったところでしょうか。発売は2011年。オゾン系ではなく、瑞々しさや透明感を残したフローラルになっています。

ロードイッセイ フローラルの口コミ

オリジナルに比べるとフローラルになったせいでしょうか、少女のようなイメージになっています。透明感はそのままなので純真無垢な穢れを知らない少女といった雰囲気です。(30代女性)
ノーマルのロードイッセイにあったオゾンをあまり感じなくなっていて、その分フローラルの甘さやオレンジの爽やかさがとてもバランスよく香ってきます。可愛くて上品な甘さ。さりげないので清楚な女性を演出できます。男性受けも良く、いい匂いだと言ってくる人が結構います。(30代女性)
オリジナルの上品さを残しながらも、これ独自の上品なフローラルが香り立ちます。強く出てこないフェミニンないい匂いなのでオフィスにも大丈夫ですね。周りと被らないのはうれしいです。(20代女性)
ロードイッセイはオゾンノートだったこともあり、清々しさや透明感がありながらもどこか固い雰囲気もありました。でもこのフローラルではそういった部分も和らいでフェミニンな印象が強くなっていて。より使いやすいです。(30代女性)

甘さの出てくる度合いで大人っぽく感じるか少女っぽく感じるか分かれる傾向がありますが、強く出てもきついというほどではないです。

プリーツ プリーズ オードトワレ


ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ) プリーツプリーズ オードトワレ スプレー 50ml/1.6oz
【Amazonで見る】

  • トップノート…ペア・アップル、など
  • ミドルノート…ピオニー・スイートピー・インドール(フローラル合成香料)、など
  • ラストノート…バニラ・シダー・パチュリ・ホワイトムスク、など

ウェアのラインである「プリーツ・プリーズ」を名前に冠した製品で2012年に発売されました。そのプリーツを思わせるかのようなデザインは、光の反射もあいまって、どこか宝石のようです。ヘッドの部分もヒダになっているのはさすがですね。

トップノートの元気なフルーティーで始まり、ミドルノートでは朗らかなフローラルが出てきます。ラストノートでも甘さがあり、ガーリーなイメージのフレグランスです。

プリーツ プリーズ オードトワレの口コミ

上品で爽やか。きつすぎることもない、とっても素敵なフルーティー&フローラルです。ラストノートのバニラの甘さも好きです。(20代女性)
甘すぎないので子供っぽくならずに使えます。爽やかさもあって大人な可愛らしさです。ボトルデザインの可愛くてきれいなところは流石ですね。(30代女性)
衣類のプリーツ・プリーズを身にまとった人から香ってきそうです。女の子というよりは大人の女性のほうがしっくりきます。(20代女性)
イッセイミヤケは苦手だったのですが、これは違いました。ロードイッセイのアクア系の先入観でみていましたが、こちらはフローラルとフルーツの爽やかさです。(30代女性)

イッセイミヤケの香水と言ったら「ロードイッセイ」というイメージがあり、オゾン系フレグランスを連想する人が多いですが、このプリーツ プリーズのように、フローラルも出しています。苦手な方はこちらを試してみてはいかがでしょうか。

ロードイッセイ ピュア オードパルファム


【イッセイミヤケ】ロー ドゥ イッセイ ピュア EDP・SP 90ml
【Amazonで見る】

2016年に発売された「ロードイッセイ」の新しいバリエーション「ピュア」。元祖のシリーズと同じく水をイメージしていますが、ピュアと名付けるだけあって、より透明感が増してナチュラルなフレグランス。

  • トップノート…シーノート
  • ミドルノート…オレンジブロッサム・ジャスミン・リリー・ダマスクローズ
  • ラストノート…カシミアウッド・アンバーグリス

最初はシーノート(マリンノート)で始まり、アクアティックで透き通るような印象。そこにジャスミンやローズが加わり、フレッシュさを残しながら女性的な色気を出します。ラストになるとウッディが出てきて魅惑的に包み込みます。

ロードイッセイ ピュア ネクター ド パルファム


【イッセイミヤケ】ロー ドゥ イッセイ ピュア ネクター ド パルファム EDP・SP 90ml
【Amazonで見る】

2018年に発売されたピュアシリーズ。香調はフローラルウッディですがアクアティックな透明感は健在。

  • トップノート…ペアー・ハニー・ベルガモット
  • ミドルノート…ローズ・アクアノート・ピオニー
  • ラストノート…カシュメラン・アンバーグリス・サンダルウッド・ホワイトムスク・バイオレット

洋梨と蜂蜜の甘さにベルガモットが加わって甘いながらもフレッシュな出だし。そこにフローラルが重なることで、まるで花の蜜を嗅いでいるかのような甘さ。アクアノートがあることで透明感があり、朝露が光る花を想わせます。次第にウッディが出てきますが瑞々しさは残したまま、なめらかに漂います。


イッセイミヤケの人気メンズ香水

ロードイッセイ プールオム

  • トップノート…ユズ・コリアンダー・マンダリン・サイプレス・セージ・バーベナ、など
  • ミドルノート…サフラン・青スイレン・ゼラニウム・ナツメグ・シナモン、など
  • ラストノート…ムスク・アンバー・タバコ・サンダルウッド・ベチバー・シプリオル、など

ロードイッセイのメンズバージョンとして1994年に発売されました。レディースと同じく水をイメージしていますが、オゾン感は若干弱くなっているようです。

大人の色気、そして神秘的な雰囲気のあるメンズフレグランス。爽やかさが程よいので女性の愛用者も多くいるユニセックスな香水です。

トップノートからラストノートにかけての境目があまり感じられないのが特徴的。

ロードイッセイ プールオムの口コミ

甘い香りが苦手なので重宝しています。柚子とかの爽やかな香りがとても気に入っています。付けすぎてもきつく出ないのもいいですね。会社に付けていっても問題ないです。(30代男性)
上品な爽やかさでありながら、甘さやセクシーさも満載。サッパリ系なのに、それなりに持続してくれるのもポイント高いです。(20代男性)
柚子とサンダルウッドが合わさった、爽やかな香水。彼氏にプレゼントしたら喜んで使ってくれています。男性用ですが、たまに私も借りて、おそろいの香りでお出かけしています。(20代女性)
私が付けた時と旦那が付けた時だと雰囲気が違います。私だと甘さが出るのに旦那だと柚子系の爽やかさの方が出てきます。どちらもいい匂いなので、二人とも使っています。(30代女性)

メンズですが女性の愛用者も多く、またカップルや夫婦で共有の人も多くいます。女性でも使いやすいという声が大部分ですが、やはりメンズなので「私だとおじさん臭くなる」「タバコが入っているので合わない女性もいるでしょう。」という口コミが挙がっていました。

ロードイッセイ プールオム インテンス


【イッセイミヤケ】ロー ドゥ イッセイ プールオム インテンス EDT・SP 125ml
【Amazonで見る】

2009年にリリースされたロードイッセイ プールオムのニューアレンジバージョン。シトラス・スパイシー・ウッディの3つが調和して、いろんな表情を見せてくれるフレグランス。

  • トップノート…マンダリンオレンジ・ユズ・オレンジ・ベルガモット
  • ミドルノート…ナツメグ・ロータス・シナモン・サフラン・カルダモン
  • ラストノート…アンバー・パピルス・ベンゾイン・インテンス・アンバーグリス

オレンジなどの甘くフレッシュなトップで始まって、ミドルではフローラルが出てきます。そこにナツメグなどがアクセントとなってスパイシーさを感じさせます。最後はウッディ調で温かみと色気のある残り香が包み込みます。

ロードイッセイ プールオム スポーツ


イッセイミヤケ ロードゥイッセイ プール オム スポーツ EDT SP100ml/3.3oz
【Amazonで見る】

2013年に発売された新しいバージョン。スポーツの時はもちろん、日常使いもできるエネルギッシュなエディション。香りのテーマは「深呼吸」。

  • トップノート…ベルガモット・グレープフルーツ
  • ミドルノート…ナツメグ・レザー
  • ラストノート…ベチバー・バージニアシダー・アンバーグリス

キラキラとしたシトラスで元気いっぱいに始まるトップ。ミドルでスパイシーさを加え清々しい雰囲気を作り出します。このシトラス・スパイシーでリフレッシュした後は、エレガントで落ち着きのあるウッディに優しく包まれます。

ロー ブルー ドゥ イッセイ オーフレッシュ


イッセイミヤケ ロードゥイッセイプールオムフレッシュオードトワレスプレー 100ml/3.3oz
【Amazonで見る】

名前の通りにフレッシュで癒しのあるフレグランス。発売は2006年。

  • 香料…ローズマリー・ベルガモット・ミント・ペッパー・ムスク・パチュリ、など

ミントやベルガモットで爽やかさをまとったフローラル。そこにペッパーなどでスパイシーさが加わりキリっとした印象が強まります。最後はウッディでお香のような落ち着きのある残り香に。

イッセイミヤケ ニュイドゥ イッセイ プールオム


【イッセイミヤケ】ニュイドゥ イッセイ プールオム EDT・SP 75ml【Amazonで見る】

2014年に発売された作品。「ニュイ」は夜を意味していて、それに似合ったミステリアスで魅惑的なフレグランスです。ウッディ&スパイシーでスタイリッシュな男性を演出します。

  • トップノート…ベルガモット・グレープフルーツ
  • ミドルノート…レザー・ブラックペッパー・ベチバー・ウッディノート・スパイス
  • ラストノート…トンカビーン・パチュリ・インセンス・エボニーウッド

フレッシュシトラスのトップノートではじまり、ミドルでスパイシーさを加えながら、レザー・ウッディで男性的な力強さが加わります。ラストになるにつれて洗練された中にも色気がある雰囲気に包まれていきます。

ロー マジュール ドゥイッセイ オードトワレ

2017年9月に公式発表され、10月から販売開始された作品。海が持つ力強さにインスピレーションを得て作られた香りで、海の力強くもありながら静けさを持つ一面をバランスよく表現しています。

  • トップノート…ベルガモット・グレープフルーツ・ミント
  • ミドルノート…シーノート・へディオーネ・ティー
  • ラストノート…カシュメラン・ウッディノート・シダー・アンバーウッド・クマリン

トップは爽やかで瑞々しいシトラスアロマ。波に反射する光のように明るく輝いた印象を受けます。次第に荒々しい波の力強さを感じさせながら、徐々にウッディ調になり、まるで海を漂う流木が波にもまれてなめらかになったかのような柔らかみを感じます。

さいごに

今回はイッセイミヤケの人気香水を紹介しました。ファッションだけでなくフレグランスアイテムにも定評のあるイッセイミヤケ。

香水の基本ラインはオゾン系フレグランスであるロードイッセイのシリーズで、男性用もあればフローラルにアレンジした女性用もあります。シリーズ品にはシャワークリームやボディクリームなどなど。

イッセイミヤケの香水、ぜひ一度試してみて下さい。

併せてこちらもチェック!

タイトルとURLをコピーしました