個性的でクラシックな『ポールスミス』の人気香水まとめ(レディース・メンズ)

ブランドとしての「ポール・スミス」

万人受けするオーソドックスなデザインで、誰にでも着こなしやすいファッションを展開しているポールスミス(Paul Smith)。しかしながらオーソドックスとはいっても、単純なありふれたものではなく、しっかりとした個性のある表現をしています。

個性を強調できるそのデザインは、昭和のバブル時代にはポールスミスを持っていることがひとつのステイタスでした。だからといって古臭い存在ではなく、今もなお最先端を走り続けるファッションのパイオニア的存在として君臨し続けています。

そんなポールスミスは香水も手掛けています。ファッションと同じく万人に馴染みやすくて汎用性が高い製品を手掛けています。

今回はポールスミスの人気の香水(レディース・メンズ)をまとめて紹介していきたいと思います。

まずはポールスミスとはどんなブランドなのか、そしてその香水にはどんな特徴があるのか、ここで知識を深めていきましょう。



ポールスミスのブランドルーツ

ポールスミスのブランドルーツ

ブランドの始まりはポールスミスが24歳だった1970年です。英国・ノッティンガムに「ポールスミス リミテッド」を設立し、マーガレット・ハウエル、ケンゾーなどを扱うファッションショップを始めました。

その傍らファッションを学び、1976年にはパリ・コレクションに参加できるまでになります。

1979年にロンドンに店舗をオープン。そして1984年には東京・青山店、1987年にニュヨーク店と着実に世界へと進出していきます。特に90年代の飛躍は目覚ましく、衣服だけでなく靴や時計・財布そして香水と取り扱いアイテムを次第に増やしていき、一大ブランドを築き上げます。

そして1991年に英国産業デザイナー賞を受賞、1994年には大英帝国勲章(CBE)を受勲。そして2000年にはエリザベス女王よりナイトの爵位(SIR)を授与され、正真正銘「英国王室が認めるブランド」になりました。同じく2000年に、フレグランスブランド「ポールスミス パルファン」が発表されています。

余談ですがポールスミスは大の親日家で、1980年代から何度となく日本を訪れています。来日はビジネスだけではありません。

2011年の東日本大震災から一か月しかたっていない、まだ他の外国人が日本から離れて行ってしまう時期に、単身で来日しました。そして同年10月「I LOVE JAPAN」をテーマに、東京でファッションショーを開催するほど日本のことを愛しています。

ポールスミスの香水の特徴

ポールスミスの香水の特徴

ファッションの特徴が「ひねりのきいたクラシック」をスローガンにしてるように、誰にでも手を出しやすいオーソドックスなものでありながら、ありきたりにならない独自の個性を発揮しています。

香水も同じく誰にでも手を出しやすいものとなっています。そして、爽やかさ・甘さ・スパイシーさ等のバランスがよく、付ける人にも周りで嗅いだ人にも心地よさを与えてくれます。それはまさに礼儀正しく上品・知的で洗練された英国紳士のよう。

ラインナップにはメンズとレディースの両方ありますが、メンズであっても男性を強調しすぎない紳士的な香り。ユニセックスで女性の愛用者も多くいます。年齢を問わず男女ともに受けが良く、プレゼントで贈り合うこともあるくらいです。

このあたりも「ひねりのきいたクラシック」が表現できているのではないでしょうか。

 

それでは、ここからポールスミスの人気香水をまとめて紹介していきます。まずはレディースから紹介していきます。

メンズはこちらからどうぞ



ポールスミスの人気レディース香水

ローズ オードパルファム

バラ好きのポールスミスのために、妻がバラを開発しました。その名も「ポールスミスローズ」。そのバラからインスピレーションを受けてつくられた作品です。花を収穫せずに生きた花の香りを科学的に再現する「セントトレック(SCENTTRECK)法」が使われています。

  • 香調:フローラル、ローズ
  • トップノート…ポールスミスローズ・グリーンティー
  • ミドルノート…ターキッシュローズオイル・マグノリアフラワー
  • ラストノート…シダーウッド・ソフトムスク

ローズの香りがとても上質でエレガント。バラ好きにはたまらないと言われる新世代ローズフレグランスです。

トップノートは明るくアロマティックなローズフローラル。ミドルノートになるとさらにフローラルが加わりとても優雅な印象に。ラストノートになっても雰囲気を損なわずにムスクの甘さを感じられます。

箱には一輪のバラ、そしてクラシカルでありながらエレガントなボトル。そういった見た目も人気のひとつです。

ローズ オードパルファムの口コミ

「透明感がある上質なローズです。ローズは強いものだとオバサン臭くなるというイメージがあったのですが、これはそんなことはありませんでした。瑞々しくて爽やかなローズで、重さとかケバい感じがなくてとても使いやすかったです。友達からもいい匂いって言ってもらえています。」
「イメージしていたローズとは、いい意味で違いました。本物のローズを思い出させるフレッシュさというか瑞々しさがあります。ローズをそのまま使っているのかと思ったら、香りを科学的に再現しているんですね。だからなのでしょうか本物っぽいのにきつい感じがしなくて、上品なのにとても使いやすいです。」
「大人っぽい上品なイメージで、優しさを感じられます。甘さもあるけれど、それよりもさっぱりとした清涼感もあり、フローラルが重く出てしまうこともありませんでした。ラストまで柔らかく香りが続きます。男性から女性からも好評でした。」
「特にバラ好きというわけではありませんが、気に入ってしまいました。最初は青臭いところもありますが、ある意味リアルなバラの葉や茎といったところでしょうか。その後で甘さも出てきてフェミニンな印象になってきます。バラにありがちなむせ返る感じがなくてとても使いやすいです。年代も関係なく使えそう。」

エクストリーム ウィメン オードトワレ

箱とボトルにはブランドのアイコン的存在となっているマルチカラーのストライプが描かれています。レディース版はメンズと違って女性らしいなめらかな曲線で描かれています。

  • 香調:センシュアル、フローラル、フルーティー
  • トップノート…イタリアンマンダリン・ブラックカラント・フリージア
  • ミドルノート…ヘリオトロープ・バイオレット
  • ラストノート…アンバー・ムスク・サンダルウッド・シダーウッド

フルーティーとフローラルが重なるトップノートに始まり、ミドルノートでもフローラルが出て柔らかい雰囲気に。ラストノートでは落ち着きと甘さ、そしてスパイシーさもあるので大人な印象に。

エクストリーム ウィメン オードトワレの口コミ

「意外と甘さがあります。さほど強くないので夏以外なら大丈夫かなと思っていましたが、妹に貸したら甘さが強いねって言われました。感じ方の違いが出るようですね。」
「柔らかい甘さなので、夏でも付けられるかも。香り自体はエレガントでどこか芯が通ったイメージです。落ち着く感じもあって、ふと嗅いだ時に癒されています。」
「スパイシーさと甘さが冬向きです。バランスがとてもいいので女っぽいところもありながらカッコいい雰囲気になります。重くもないので普段使いにしても問題ないと思いますよ。」
「甘すぎない大人の女性らしさを出してくれます。寒い時期じゃなくても使えると思いますが、結構口コミでは秋冬向けっていう人が多いみたいですね。キリッとした印象もあるので会社に付けて行くのにちょうどいいかも。」

ポートレイト フォー ウィメン オードパルファム

旅が好で写真にも情熱を注いでいるポールスミスの、その大事な思い出や情熱を想起させるフレグランスを再現している逸品。ボトルは旅を連想させる携帯型水筒のヒップ・フラスコをモチーフにした形状です。

  • 香調:フローラル、グリーン
  • トップノート…ベルガモット・ブラックティー・カルダモン・ブラックカラント・ピーチ
  • ミドルノート…ワイルドローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ミルラ・ムスク

フルーティーとスパイシーさを織り交ぜた深みのあるフローラルが、まるで庭園にいるかのような雰囲気を醸し出し、そこにミルラやムスクが優雅さを加えてくれます。

ポートレイト フォー ウィメン オードパルファムの口コミ

「スパイシーさやグリーンぽいところもありますが、甘さやお花もしっかりしていて、とても女性的です。」
「大人な女性の雰囲気ですね。甘さ控えめなので会社に付けていっても問題ないと思います。ちょっと個性的なので、好き嫌いは出ちゃうかも。」
「トップノートがきついです。ですが時間がたつと優しくなります。長く続いてくれます。」
「スパイシーながらフェミニン、ちょっと変わった香水です。仕事ができるお姉さん的なイメージでしょうか。」

 

次のページでは、ポールスミスの人気メンズ香水をまとめて紹介していきます。