個性的でクラシックな『ポールスミス』の人気香水まとめ(レディース・メンズ)

個性的でクラシックな『ポールスミス』の人気香水まとめ(レディース・メンズ)

万人受けするオーソドックスなデザインで、誰にでも着こなしやすいファッションを展開している『ポールスミス(Paul Smith)』。オーソドックスとはいっても、単純でありふれたものということではなくて、しっかりと個性を表現できるデザインで人気です。

そんなポールスミスは香水も手掛けています。ファッションと同じように万人に馴染みやすく、それでいて個性もしっかり出せる品のあるフレグランスがそろっています。

香りというのはどうしても好みが出てしまうので、万人受けするとは言ってもそれなりに苦手な人が出てしまいます。ですが、ポールスミスは苦手に感じる人が少なく、シチュエーション問わずオールマイティに使える傾向です。

たまたま1つの香水がそうなのであれば他のブランドでもよくあることですが、ポールスミスは作品全体を通して「苦手」という口コミが少ないのが特徴的です。まさに万人ウケするフレグランスですね。

初心者の方や、なにか無難な香水を1つ確保したい方にはおすすめできるブランドです。

今回はポールスミスの人気の香水(レディース・メンズ)を厳選して紹介していきたいと思います。強い癖があるわけじゃないけどちゃんと個性も出せるフレグランスを探している人は特に要チェックですよ。

まずはポールスミスとはどんなブランドなのか、そしてその香水にはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

ポールスミスのブランドルーツ

ブランドの始まりはポールスミスが24歳だった1970年です。英国・ノッティンガムに「ポールスミス リミテッド」を設立し、マーガレット・ハウエル、ケンゾーなどを扱うファッションショップを始めました。

その傍らファッションを学び、1976年にはパリ・コレクションに参加できるまでになります。

1979年にロンドンに店舗をオープン。そして1984年には東京・青山店、1987年にニュヨーク店と着実に世界へと進出していきます。特に90年代の飛躍は目覚ましく、衣服だけでなく靴や時計・財布そして香水と取り扱いアイテムを次第に増やしていき、一大ブランドを築き上げます。

そして1991年に英国産業デザイナー賞を受賞、1994年には大英帝国勲章(CBE)を受勲。そして2000年にはエリザベス女王よりナイトの爵位(SIR)を授与され、正真正銘「英国王室が認めるブランド」になりました。同じく2000年に、フレグランスブランド「ポールスミス パルファン」が発表されています。

個性を強調できるそのデザインは、昭和のバブル時代にはポールスミスを持っていることがひとつのステイタスでした。だからといって古臭い存在ではなく、今もなお最先端を走り続けるファッションのパイオニア的存在として君臨し続けています。

余談ですがポールスミスは大の親日家で、1980年代から何度となく日本を訪れています。来日はビジネスだけではありません。

2011年の東日本大震災から一か月しかたっていない、まだ他の外国人が日本から離れて行ってしまう時期に、単身で来日しました。そして同年10月「I LOVE JAPAN」をテーマに、東京でファッションショーを開催するほど日本のことを愛しています。

ポールスミスの香水の特徴

ファッションの特徴が「ひねりのきいたクラシック」をスローガンにしてるように、誰にでも手を出しやすいオーソドックスなものでありながら、ありきたりにならない独自の個性を発揮しています。

香水も同じく誰にでも手を出しやすいものとなっています。そして、爽やかさ・甘さ・スパイシーさ等のバランスがよく、付ける人にも周りで嗅いだ人にも心地よい雰囲気に浸れます。それはまさに礼儀正しく上品・知的で洗練された英国紳士のよう。特に爽やかメンズを表現したい男性に人気です。

ラインナップにはメンズとレディースの両方ありますが、メンズであっても男性を強調しすぎない紳士的な香り。ユニセックスで女性の愛用者も多くいます。年齢を問わず男女ともに受けが良く、プレゼントで贈り合うこともあるくらいです。

このあたりも「ひねりのきいたクラシック」が表現できているのではないでしょうか。

それでは、ここからポールスミスの人気香水をまとめて紹介していきます。まずはレディースから紹介していきます。

ポールスミスの人気レディース香水

ローズ オードパルファム

バラ好きのポールスミスのために、妻がバラを開発しました。その名も「ポールスミスローズ」。そのバラからインスピレーションを受けてつくられた作品です。花を収穫せずに生きた花の香りを科学的に再現する「セントトレック(SCENTTRECK)法」が使われています。

  • 香調:フローラル、ローズ
  • トップノート…ポールスミスローズ・グリーンティー
  • ミドルノート…ターキッシュローズオイル・マグノリアフラワー
  • ラストノート…シダーウッド・ソフトムスク

ローズの香りがとても上質でエレガント。バラ好きにはたまらないと言われる新世代ローズフレグランスです。

トップノートは明るいローズフローラル。ミドルノートになるとさらにフローラルが加わりとても優雅な印象に。ラストノートになっても雰囲気を損なわずにムスクの甘さを感じられます。

箱には一輪のバラ、そしてクラシカルでありながらエレガントなボトル。そういった見た目も人気のひとつです。

ローズ オードパルファムの口コミ

透明感がある上質なローズです。ローズは強いものだとオバサン臭くなるというイメージがあったのですが、これはそんなことはありませんでした。瑞々しくて爽やかなローズで、重さとかケバい感じがなくてとても使いやすかったです。友達からもいい匂いって言ってもらえています。(30代女性)
イメージしていたローズとは、いい意味で違いました。本物のローズを思い出させるフレッシュさというか瑞々しさがあります。ローズをそのまま使っているのかと思ったら、香りを科学的に再現しているんですね。だからなのでしょうか本物っぽいのにきつい感じがしなくて、上品なのにとても使いやすいです。(20代女性)
大人っぽい上品なイメージで、優しさを感じられます。甘さもあるけれど、それよりもさっぱりとした清涼感もあり、フローラルが重く出てしまうこともありませんでした。ラストまで柔らかく香りが続きます。男性から女性からも好評でした。(20代女性)
特にバラ好きというわけではありませんが、気に入ってしまいました。最初は青臭いところもありますが、ある意味リアルなバラの葉や茎といったところでしょうか。その後で甘さも出てきてフェミニンな印象になってきます。バラにありがちなむせ返る感じがなくてとても使いやすいです。年代も関係なく使えそう。(40代女性)

ウーマン オードパルファム


【ポールスミス】ウーマン 30ML EDP
【Amazonでチェック】

2000年に発売された作品。ピンク色のスクエアボトルがクラシカルな雰囲気をだしつつエレガントさを感じさせます。

  • トップノート…クレメンタイン・ブラックカラント・ピンクペッパー・ペアーリーフ・マンダリンオレンジ・ベルガモット
  • ミドルノート…フリージア・グリーンティー・スズラン・ローズ・ゼラニウム
  • ラストノート…トンカビーン・パチュリ・ベチバー・シダーウッド

元気を与えてくれるようなフルーツから始まり、次第にフローラルでフェミニンな雰囲気に。グリーンティーがアクセントとなって、ただ甘いだけじゃないクールさも出てきます。ラストに近づくと大人っぽさが出て、カッコイイ女性を想わせます。

ウーマン オードパルファムの口コミ

付けた最初はちょっときついんじゃないかって思ったんだけど、意外とこれがハマって、今では逆に嗅ぐたびにスッキリした気分になります。そのきついと思ったフルーツもすぐに馴染んでお花の匂いが混じってきます。お花なんだけど女の子っぽい感じと一緒に強さも秘めているというか、芯のある感じ。オードパルファムだからちょっと強め。付けすぎないように注意が必要です。(30代女性)

甘さとか爽やかさとかウッディとか、いろんな要素があるんだけど、どれもバランスが良くて素敵なフレグランス。人によって出方が変わるとは思うんだけど、私にとってはどんな服装の時にも合わせられるオールマイティな香水です。

男女どっちからもウケがいいから、会社でもプライベートでも活躍しています。(30代女性)

学生時代に姉が使っているのを借りて、気に入っちゃったのでそのまま貰って今でも愛用しています。甘い匂いだと気持ち悪くなっちゃうんだけど、コレは普通に使えました。程よい甘さの中にかっこよさみたいなのが混じっていて、スーツみたいなピシッとした格好の時に特にしっくりきます。仕事だけじゃなくて冠婚葬祭の時にも使えると思います。(20代女性)
甘さを含んだ大人の女性のフレグランスだと思いました。女性らしさはあるけれど、媚びたような女っぽさじゃなくって、清楚で凛とした女の人って感じです。なんていうか、付けるだけで仕事ができるスマートなお姉さんになれる気がしますw(20代女性)

エクストリーム ウィメン オードトワレ

箱とボトルにはブランドのアイコン的存在となっているマルチカラーのストライプが描かれています。レディース版はメンズと違って女性らしいなめらかな曲線で描かれています。

  • 香調:センシュアル、フローラル、フルーティー
  • トップノート…イタリアンマンダリン・ブラックカラント・フリージア
  • ミドルノート…ヘリオトロープ・バイオレット
  • ラストノート…アンバー・ムスク・サンダルウッド・シダーウッド

フルーティーとフローラルが重なるトップノートに始まり、ミドルノートでもフローラルが出て柔らかい雰囲気に。ラストノートでは落ち着きと甘さ、そしてスパイシーさもあるので大人な印象に。

エクストリーム ウィメン オードトワレの口コミ

意外と甘さがあります。さほど強くないので夏以外なら大丈夫かなと思っていましたが、妹に貸したら甘さが強いねって言われました。感じ方の違いが出るようですね。私にはちょうどいいんですけどね。(30代女性)
柔らかい甘さなので、季節は気にすることなく一年中使うことができると思います。香り自体はエレガントでどこか芯が通ったイメージで、会社とかに付けて行っても場違い感はありません。(20代女性
スパイシーさと甘さが冬向きです。バランスがとてもいいので女っぽいところもありながらカッコいい雰囲気になります。重くもないので普段使いにしても問題ないと思いますよ。(30代女性)
甘すぎない大人の女性らしさを出してくれます。寒い時期じゃなくても使えると思いますが、結構口コミでは秋冬向けっていう人が多いみたいですね。キリッとした印象もあるので会社に付けて行くのにちょうどいいかも。(30代女性)

ポートレイト フォー ウィメン オードパルファム

旅が好で写真にも情熱を注いでいるポールスミスの、その大事な思い出や情熱を想起させるフレグランスを再現している逸品。ボトルは旅を連想させる携帯型水筒のヒップ・フラスコをモチーフにした形状です。

  • 香調:フローラル、グリーン
  • トップノート…ベルガモット・ブラックティー・カルダモン・ブラックカラント・ピーチ
  • ミドルノート…ワイルドローズ・ジャスミン
  • ラストノート…ミルラ・ムスク

フルーティーとスパイシーさを織り交ぜた深みのあるフローラルが、まるで庭園にいるかのような雰囲気を醸し出し、そこにミルラやムスクが優雅さを加えてくれます。

ポートレイト フォー ウィメン オードパルファムの口コミ

トップノートはスパイシーさやグリーンぽいところがあってちょっときつめかな。でも、時間がたつと優しくなってきます。甘さやお花もしっかりしていて、とても女性的です。持続時間も長めですね。(20代女性)
スパイシーながらフェミニン。ちょっと変わった香水で、大人な女性の雰囲気ですね。甘さ控えめなので会社に付けていっても問題ないと思います。仕事ができるお姉さん的なイメージでしょうか。ちょっと個性的なので、好き嫌いは出ちゃうかもしれないです。(30代女性)

ポールスミスの人気メンズ香水

エクストリーム メン オードトワレ

男性だけでなく女性からも支持されている、ユニセックスな傾向の作品。ライトな香りで明るく元気がいい印象なのでビジネスシーンにもおすすめです。

箱やボトルは、もはやブランドアイコンとなったマルチカラーのストライプが力強く描かれています。

  • 香調:スパイシー、ウッディ
  • トップノート…ローズマリー・ベルガモット・ナツメグ・カルダモン
  • ミドルノート…ゼラニウム・ローズウッド
  • ラストノート…トンカビーン・モダンムスク

トップノートは清涼感あるシトラスノートにちょっぴりスパイシー。ミドルノートではウッディが出てきて、甘さを感じさせながらどこか安らぐ雰囲気を醸し出します。そしてラストノートでは温かみが出てきます。

エクストリーム メン オードトワレの口コミ

旦那と一緒に何年か愛用しています。最初、私は対になっているレディースの方を使おうと思っていたのですが、口コミを見ていたら女性でも使えるということで借りてみました。メンズ的な要素がそれほど強くなくて、爽やかで使いやすかったです。それ以来二人で一緒に使っています。(40代女性)
最初はツンと来るところがあって、やっぱりメンズっぽいなぁって思いました。でも数分でそのツンとくる感じはなくなってきて、その代わりに甘さや優しさがありました。女性が付ける場合はトップで好き嫌いが分かれそうですけど、総合的には女性でも使いやすい方じゃないかなと思います。(30代女性)
男女どちらが付けても落ち着いた雰囲気で万人受けする匂いだと思います。香水嫌いと言っている父が、唯一使うもの(とは言っても親戚の結婚式とかそういうときくらいだけですが…)。めったに使わないので僕も借りて使ってみたんですが、きつさがなくて使いやすかった。(30代男性)
彼女が言うには、僕が付けると「とても私好み」の匂いになるんだとか。特にウッディが出てくるところが好きのようです。試しに彼女が付けたことがあるのですが、ちょっとスパイシーな感じが強く出てきてしまって、ウッディが僕と同じように出てきませんでした。まさメンズ香水だからそれは仕方ないかな。たまに「アレ嗅ぎたいから付けて」ってお願いされることがあります。(30代男性)

ポールスミス メン オードトワレ

いまやエクストリーム メンに人気が集中していますが、グリーン系ノートが好きな方は初期のポールスミス メンもおすすめです。こちらは残りの在庫が限られているようです。

ポールが愛用しているアロマオイルとローションにインスピレーションを得て作られました。エクストリームよりもさっぱりとした爽やかさで、特に春夏には使いやすいと人気です。

  • 香調:ウッディ、グリーン、アロマティック
  • トップノート…ベルガモット・ブラジリアンオレンジ
  • ミドルノート…グリーンフィグ・ラベンダー・バイオレットリーフ
  • ラストノート…オークモス・ベチバー・サンダルウッド

トップノートは柑橘系のフルーティー。ミドルノートではグリーンやウッドが出てきて心地よさが感じられます。ラストノートでは落ち着いた雰囲気に包まれていきます。

ポールスミス メン オードトワレの口コミ

メンズですが癖がそんなに強くないので、女の私でも比較的付けやすいです。新緑のような爽やかなグリーンが特にお気に入りです。エクストリームも試したことがありますが、このノーマルの方が軽いので気に入っています。新緑の春から初夏にかけてがちょうど似合う時期かな。(30代女性)
最初はメロンのような瓜系というのでしょうか、そういった匂いに感じられました。でもすぐにグリーンとフローラルに包まれて、気になるほどではありません。そのあとはサンダルウッドで落ち着いた雰囲気になっていきました。(20代男性)
仕事場に付けて行っても問題ない好感を持たれる香りです。爽やかさの中に甘さもあって比較的若い人向けかなと思いますが、ウッディもあるので30代の僕でも問題ないです。付けすぎてしまうとおじさんぽくなって台無しになってしまうので、そこは注意が必要ですね。(30代男性)
男性的なカッコいい爽やかさではじまりますが、いわゆるメンズ的な臭いはそんなに強くなかったので、女性でも使えるかも。ということで彼氏のコレクションをたまに借りています。彼氏が付けると爽やか好青年になります。私が付けた時は、彼氏からパンツスーツが似合うお姉さんと言われました。なのでピシッと決めたいときに付けるようにしています。(30代女性)

エクストリーム スポーツ オードトワレ

もともとはロードレーサーを目指していたポール。事故によってその夢は諦めることになりましたが、この香水にスポーツへの思いが込められているのではないでしょうか。スポーツに適している爽やかな香りを採用しています。

  • 香調:シトラス、ウッディ、スパイシー
  • トップノート…オレンジ・ベルガモット・ナナミント
  • ミドルノート…ゼラニウム・ラベンダー・ブラックペッパー
  • ラストノート…イノセンス・シダーウッド・トンカビーン

フレッシュでクールなシトラスのトップノートで始まり、ミドルノートではラベンダーもありながらもブラックペッパーでスパイシーな刺激。ラストノートではトンカビーンの甘さもありながら、シダーウッドで落ち着いた雰囲気になっていきます。

箱やボトルには、ポールスミスコレクションのクロノグラフウォッチが描かれています。

エクストリーム スポーツ オードトワレの口コミ

爽やかでいい感じです。付けたてもいいですが、ミドル以降も気に入っています。特にスポーツに限らず、普段使いできると思います。会社に付けて行ってもスマートさを出せて好感触でした。(20代男性)
ボトルも個性的で気に入っています。もちろん中身もいいですよ。ポールさながら、サイクリングの時に付けていっています。汗を結構かいたのに変な臭いにならなかったのがよかったです。(40代男性)
高校の時に使っていて、大学で実家を離れるときに弟にあげました。弟も気に入っているようで、大学に行ってからも使い続けているようです。キリっとしたイメージに合っているからか女子から褒めてもらえているようです。(20代男性)
あまりきつくなくて使いやすい香水だと思います。爽やか・クールな印象がメインですが、花のような匂いとかもあって、なにげにちゃんといい匂いです。人に不快感になる感じではないので、無難な一手として持っているのもいいかもしれませんね。(30代男性)

さいごに

今回はポールスミス(Paul Smith)の人気香水(レディース・メンズ)を紹介しました。

ファッション同様に、万人に使いやすいフレグランスを展開していますが、ありきたりにはならずにそれぞれの個性を持った作品に仕上がっています。

こちらも併せてチェック!

タイトルとURLをコピーしました