格調高いクラシックな香りでダンディに!プラダのメンズ香水『プラダ マン』の口コミ

イタリアを代表するファッションブランド、プラダ。そのプラダから初のメンズ香水として発売されたのが『プラダ マン』です。

プラダが作り上げてきたクラシカルな伝統、それを現代風に解釈を加えた「新しい時代へとつながるクラシックな香り」となっています。

リッチなアンバーの石鹸を思わせるような清潔感と、古典的なフゼアが織りなす、まさに「新しい時代へとつながるクラシックな香り」が、自然で魅惑的な余韻を残します。

エレガントなジェントルマンの香水ですが、爽やかで清潔感もあり、フルーティー・フローラルもあることから女性でも愛用者がいます。

男女ともに惹かれる魅力を持つ、プラダのメンズ香水『プラダ マン』の香りと口コミを紹介します。

プラダ マンのコンセプト

格調高いクラシックな香りでダンディに!プラダのメンズ香水『プラダ マン』の口コミ
相対する要素の昇華。クラシカル・トラディショナルに対する現代的解釈。フレッシュでありセンシュアル。クリーンでありながらレザー感もある。

このような同時成立しなさそうな要素がうまい具合に折り重なり合い、複雑さと同時に独特な魅力を醸し出します。

歴史がありながらも、型にとらわれずに新しいファッションを生み出していくプラダならではのスタンスと言えるのではないのでしょうか。

プラダ マンの香り

通常の香水は、トップノート・ミドルノート・ラストノートと3つのノートからなりますが、このプラダ マンはコロン香・アンバー香・フゼア香・スエード香の4つのノートからなります。

  • コロン香:ベルガモット・ネロリ・マンダリン・カルダモン
  • アンバー香:バニラ・トンカビーンズ・ラブダナム・パチュリリーフ
  • フゼア香:ゼラニウム・ベチバー・オレンジブロッサム・ミルラ・ムスク
  • スエード香:バルサミック サンフランオイル・サンダルウッド

付けた時の、いわゆるトップノートの段階では4つの香りが出てきます。どの香調が強くなるかはその人の体温等で変わるようで、同じ人でも「付ける日によって香り方が違う」という人がいて、それがまたこの香水の魅力だそうです。

和らいでくるとアンバー香の甘さが出てきて、そこにウッディな落ち着いたセクシーさが絡んできます。



プラダ マンの口コミ

複雑で深みがある香り

4つの香調からなっていて、相対するような香りが混ざっています。そのことから、「複雑な香り」や、「いろんな種類の匂いがする」という口コミが多くあります。それに続いて「深みがある」との口コミもあります。

  • ナチュラルだけど魅惑的です。
  • 爽やか、かつスパイシー。
  • スパイシーで、ウッディーで、スイートな感じ。
  • 爽やかでいて、それでいて大人っぽい。
  • 爽やかな柑橘系と可愛らしいお花と男性的なスパイシーがあります。
  • 柑橘系とフローラル、ちょっとスパイス。隠し味にレザーがある。
  • 重厚感と軽快さの融合。
  • 甘さとウッディーでセクシーになる。
  • 様々なテイストの香りが存在している香水です。

…といった口コミが挙がっていて、いろいろな香りの複合、ものによっては相対する要素があることを感じさせます。「日によって印象が変わる」と思わせるのも、こういったところが理由でしょう。「付けこなせている人は、とてもセンスがあると思う。」という人がいるのも納得です。

高級感がある上品な香り

好印象を持った方の中には「上品なお線香」「高級なお香」と印象を持つ人も多くいました。「お香のような安らぎ・甘さを感じました。」「高級感と懐かしさを感じる、お線香的な雰囲気があります。」「格調高い存在感。」と、口コミがありました。

「シックでありエレガントでもある。トラディショナルな印象。」と、お香的な印象からこのような感想を持った人もいました。

爽やかで程よい甘い

「清涼感とわずかな甘さがある。」「石鹸のような爽やかさ。」「爽やかすぎず、甘すぎない、ちょうどいい感じ。」「レディース的な甘さではなく柔らかい感じ。」「爽やかであっさりとした上品な甘さ。」といった口コミが挙がっております。

嫌味な感じがなく、仕事の時でも問題なく使えると男女ともに好評です。

女性でも使える

そういったところから、女性でも使っている人が多くいます。「レディース香水の甘さやフローラルに飽きて、もっと洗練された印象のものを探していた時に出会いました。」それ以来この香水を使っているようです。

他にも「今までメンズ香水をいくつか試しましたが、プラダ マンを使ってからはメンズ香水はコレ一本になりました。」という女性もいました。「メンズ香水だけど清涼感とわずかな甘さがありすっきりとしている。女性もで使えると思います。」などの口コミも多くありました。

「クールビューティーな女性」「ワンランク上の女性」になれると、かなり好印象のようです。

男性に付けてほしい

メンズ香水ですから、基本は男性が付けるものです。「旦那が愛用しています。」「主人にプレゼントしました。」という口コミは多くあります。

自分で付けている女性でも、「旦那からの方がいい匂いに感じる。」という人もいます。「旦那にあげたけど、匂いに惹かれてこっそり私も使うようになりました。」と男性から香るのを気にいって自分も使うようになったなんて人もいました。

「誰かが付けていたら、思わず近くによって行ってしまう。」ほど、女性に好まれるようです。



男性が付けた時の印象は!?

女性が男性に付けて欲しいと思わせる香水。実際に付けたらどのような印象になるのでしょうか。「洗練された、センスがいい人という印象を受ける。」「上品でビジネスシーンで活躍してくれる。」「爽やかで大人っぽい。女性からの印象もいい。」「心地よいアンバー」と言った口コミが挙がっています。

女性受けもさることながら、ビジネスシーンでもいい印象を与えられそうですね

大人に似合う印象だけど

似合う年代は大人世代だと声が多く挙がっています。「大人向けなので、40代からは良く香らせられると思う。」「30になったばっかりの若造な自分には、まだ着こなせない。」とミドル世代から似合うような印象です。ダンディな大人の魅力を引き出す香りなので、さもありなん、と言ったところです。

ですが一方で「大人の男の印象のある香水なので、逆に若い男性や女性が付けても、ギャップも相まっていい感じになりそうです。」という人もいました。女性が付けていることは上でも紹介しましたが、若い男性でも似合うと声もあるようです。

また他にも「年齢や性別を気にせずに使えると思います。」「似合うかどうかは年齢よりは、付ける人のキャラクター・雰囲気だと思います。」などなど。

あまり年齢は気にせずに、自信を持って堂々としていれば自然と似合ってくるのではないでしょうか。

苦手に感じる人もいます

どんな香水でも苦手に感じる人はいます。「ポマードというかメンズトニック、そういう感じです。」「床屋の匂い。」と、苦手に感じた人は言っています。

中には「線香のような匂い。線香がない文化だと、この手の匂いは違和感を感じないのでしょう。」という人もいます。

好印象を持っている人でも「理髪店のような匂い」「お線香のような芳香」と言っている人がいるのが面白いところです。香りの複雑さがそうさせるのでしょうか、好き嫌いは結構分かれる傾向が強い印象です。

「はじめは苦手な嫌な感じでしたが、何回か使っていたら気にならなくなりました。」「主人が買ってきて私に匂いを嗅がせてきました。その時はポマードじゃん。と言って一蹴しましたが、主人が付け続けていたら、自分でも好きになってしまって、たまに借りています。」

複雑で独特な個性のため、第一印象が悪い人は多いようですが、このように徐々に良く感じる人も一定数いましたので、数回で見切りを付けずに何回か試してみた方がよさそうです。

それでも合わない人は「あまりにオッサン臭かったので、父親にあげました。」のように、身近な男性にあげることになりそうですが。。。

持続性はある

持続性に関しては長持ちするようです。「朝付けて夕方まで持ちます。」「付けすぎると持続力がある分、大変なことになる。」「持続するので香害注意です!」付ける量には十分注意した方がよさそうですね。

スタイリッシュなボトル

ファッションブランドだけあって、とてもスタイリッシュなボトルです。クラシカルなどっしりとした重厚感と、現代的なシンプルで直線的、クリーンな印象のボトル。キャップをあえて中央からずらす前衛的なつくり。ボトルでもクラシカルと現代的の両面を表現しているのはさすがですね。

このスタイリッシュさも人気の一つで、「化粧品売り場で他の物を試していた時にボトルが目に入り、思わず試してしまいました。そこで気にいって購入しました。」なんて方もいました。

まとめ

今回はファッションブランド「プラダ」が手掛けるメンズ香水『プラダ マン』について紹介しました。

クラシカルな部分と現代的な部分といった、相反する要素をうまく織り交ぜた、複雑かつ格調高い香水となっています。さすがプラダと言ったところでしょうか、「プラダというだけで思わず買ってしまいました。」と、パケ買いならぬブランド買いをした人も少なくありません。

ファッションブランドであることからボトルもスタイリッシュにまとめられていてプレゼントとして贈られることも多くあります。「父の日にプレゼントしてあげました。」「彼氏の誕生日にプレゼントしてあげました。」という声も。

「使い続けていると飽きてしまう香水が多い中、コレは飽きることなく使い続けられる。」とリピーターの方も多くいるこの香水、あなたも試してみませんか。

関連記事