自分に合う香りはどのタイプ?香水の種類と選び方を再確認してみよう!

大人になったらファッションの一環として香水にもこだわりたい…誰しも一度は憧れを抱いた経験があるかと思います。香水は良い香りをさせるのは当たり前ですが、体臭対策や身だしなみ、そして自分の個性を表現するためにも活用されています。

いま、世の中は“いい香り”に対して敏感な人が多くなってきている傾向にあります。フレグランスはもちろんのこと、化粧品やシャンプー・ボディソープ、柔軟剤、ヘアフレグランス…など、こだわった商品がたくさん発売されていますよね。



逆に言えば、“嫌な香り”に敏感な人が増えたとも言えそうです。体臭・口臭・タバコ臭があると百年の恋も冷めるなんて言われているほど。いくら見た目や中身が良くても恋愛対象にならないんだとか。対人関係において、「香り」によって第一印象が変わってしまうほど強い影響力があるとされています。

そういったことから、上級者は平均して3パターンも香水を使い分けていると言われています。TPOに合わせたり、その時の気分で変えたり…。時には印象操作まで。

でも初心者さんは、どんな種類があるの?好き嫌いで選べばいいの?どれを選んでいいのか分からない…ということもあるかと思います。自分の直感だけを信じて選ぶのも良いですが、最低限抑えておきたいポイントもいくつかあります。

そこで今回は、香水の種類と選び方を紹介します。自分に最適なタイプを選ぶためにもぜひ参考にしてみて下さいね。まずは香水の種類の知識から紹介していきます。

香水・フレグランスの種類(濃度と持続時間)

自分に合う香りはどのタイプ?香水の種類と選び方を再確認してみよう!

まず、香水と一口に言っても濃度別に4種類あります。これは基礎知識になりますのでぜひ覚えておきましょう。この香料濃度は「賦香率(ふこうりつ)」とも言われます。

  • パルファン…香料濃度:15~30%、持続時間:約7時間
  • オード・パルファン…香料濃度:10~15%、持続時間:約5時間
  • オード・トワレ…香料濃度:5~10%、持続時間:約3時間
  • オーデ・コロン…香料濃度:2~5%、持続時間:約1時間

濃度や持続時間の数値に関しては厳密なルールがあるわけではありません。メーカーそれぞれのルールで製作しているので、上の数字はあくまで1つの目安としてご理解ください。

ここでの注意点として、香料濃度と香りの強さは必ずしもイコールではないということです。濃度が高くても甘く柔らかい香りであれば弱く感じるし、濃度が低くても柑橘系のようにツンとしたものであれば強く感じるという特徴があるので、香料の種類によっても強さの感じ方は異なってきます。

ただ、香料の種類を抜きにすれば、一般的には香料濃度が香りの強さに比例します。

パルファン(パルファム)

フランス語で「香水」を意味します。スペルは「Parfum」で、「P」と略されることもあったり、「パルファム」と表記されていることもあります。ちなみに「パフューム(Perfume)」は英語での「香水」です。日本で「香水」と呼ばれるものは”厳密に言えば”このパルファンのことを指しており、最も濃度が高いものです。

“厳密に言えば”と前置きしましたが、「パルファン」はあまりにも強い香りのため日常使用として実用的でなく、現代において「香水=パルファン」ではなくなっています。つまり一昔前の区分けということですね。今ではパルファンからオーデ・コロンまでを含むことがほとんどとなっています。

パルファンの濃度はメーカーや製品によって多少のバラつきがあるので一概には言えませんが、概ね15%~30%程度で、持続時間は7時間~半日ほどです。濃度が高いだけあってハッキリと香ります。価格的にも最上級の分類になります。

パルファンはスプレータイプはなく、液体状となっており、1滴でしっかりと香ります。ただ、パルファンはもうほとんど日本では販売されていません。

オード・パルファン(オーデ・パルファン)

スペルは「Eau de Parfum」で、「EDP」と略されます。「オード」の部分は「オーデ」と表記されていることもあります。「オード」は「水の」という意味で、これがついているものは濃度も薄くなります。つまりパルファンを水で薄めてあるということですね。現代日本においてはこのオードパルファンでも強い香水に分類されています。

濃度は10~15%、持続時間は3~5時間ほどです。パルファンに近い品格もあり、後述するトワレのような爽やかさもあります。パルファンよりも使いやすく、種類も豊富。価格もお手頃。日本人はこのオード・パルファンも強いと感じる人も多いので、付け過ぎには注意が必要です。

他の人よりも個性を主張したい人におすすめと言えます。こちらはスプレータイプが多いので1~3プッシュが適量。



オード・トワレ(オーデ・トワレ)

スペルは「Eau de Toilette」で「EDT」と略されます。濃度は5~10%、持続時間は2~4時間ほど。上記2つに比べてカジュアルな位置付けなので、普段使いには最適と言えます。日本で販売されている香水では一番スタンダードなタイプです。

オード・パルファンでもきついと感じる人はオード・トワレを試すといいでしょう。弱めと言っても付けすぎてしまえば周りに迷惑になってしまいますので付けすぎには注意が必要です。種類にもよりますが、2~4プッシュほどがベスト。1プッシュでもほんのりと香らせることができます。

持続時間も短めなので、一日中香らせたいという方は、バッグに携帯して、4時間後くらいを目安に付け直しをしましょう。持ち運びしにくいボトルも場合はアトマイザーに移して持ち運ぶといいでしょう。

オーデ・コロン

スペルは「Eau de Cologne」で「EDC」と略されます。濃度は2~5%、持続時間は1~2時間ほどです。販売されている香水で最も弱い香りとして位置付けられています。いかにもという感じはないので類似品のようなイメージですが、ちゃんとした香水の種類です。

余談ですがオーデ・コロンのもともとの意味は「ケルンの水」です。ドイツのケルン(フランス語でコローニュ)で売り出された薄めの香水が起源となっています。

オーデ・コロンは少し汗をかいたときやスポーツの後など、体臭を抑えてほのかに香らせたいときにいいと思います。気分転換にもGood。強さは弱めなのである程度多めにつけても問題ないと思います。

ちなみに「フレグランス」というのもよく聞きますよね。これは濃度・強さの分類ではなく、ルームフレグランスといった雑貨などの香り物商品を含めた呼び方だそうです。

 

では、次のページでは香りの時系列香調について解説します。