モテたい男の武器に!メンズに人気のフェロモン香水って?

モテたい男の武器に!メンズに人気のフェロモン香水って?

「異性にモテたい!」これは古今東西、男女問わず人間が持つ願望ですよね。モテるために、見た目を整えたり、仕事を頑張ってお金を稼いだり、なにかしらの特技を身につけたり、といった努力を重ねます。それでもなかなかうまくいかないというのが実情。

男性の場合、美人・可愛い女性のように「ウザいぐらいみんなからアプローチされる」「自分が好きになった人から必ず告白される」なんて超絶イージーなことはありません。

やっと好きな女性ができても周りを見渡せば20人も30人もライバルがいるのは当たり前で、その中から選ばれるのは至難の業。生まれつき顔が良いイケメンや金持ちでもなければ、男としての何か特別な魅力がないと恋愛することさえままなりません。

恋愛市場においては圧倒的に女性有利の時代。そういったことからでしょうか、昔から一定の需要がある「フェロモン香水」「もう手段なんて選んでる場合じゃない」そんな気持ち、分かります。



モテる女からすれば「そんなのに頼ろうとしてること自体、マジ気持ち悪い」と思うかもしれませんが、それは勝者の理論。容姿が良いという、生まれつきイージー過ぎる恩恵を受けて全力で調子に乗っている中身のない女には男の切実さを理解できるはずがありません。

敗者が成功するためには、敗者なりの泥臭くて地道な努力をしなければ現状を何も変えられないのです。…とは言え、「フェロモン香水なんて効果あるわけないじゃん」と思うのは当然のこと。しかしその反面、特にイケメンというわけでもないのに多くの女性からアプローチを受けている奴がいる。そんな光景を垣間見てしまうとフェロモンの効果を信じてみたくもなります。

上手く使えば最強の武器になる、それが分かっているのに剣を抜かない漢はいません。男の本能は遺伝子を残すために必至なのです(・ω・)

今回は、そんなモテたい男に贈る、メンズの人気フェロモン香水を厳選して紹介していきます。まずはその前にフェロモン香水についての正しい知識を把握しておきましょう。

フェロモン香水の「フェロモン」って一体なに?

フェロモンってなに?

フェロモンは動物や昆虫が体内から出す分泌物質で、仲間を一つの場所に集めるためだったり、道標にするためだったりと、様々な目的で使われます。同じ生物内での伝達手段の物質と言えます。

その役割の中で一番大きな役割が「異性を自分のところに引き寄せる」というものです。例えば蛾の雌がフェロモンを出すことで、蛾の雄が数キロメートル先から誘われてくると言われています。

もともとヒトには動物のようなフェロモンはないと信じられてきましたが、1987年デービッド・バーライナー博士によって、ヒトにもフェロモン、およびそれを感じ取る器官があることが発見されています。これはアメリカの学術誌で正式に研究発表されています。

そんなフェロモンを自分の意のままに纏うことができたら、世界が広がりそうな気がしますよね。そんな願望を叶えてくれるアイテムが「フェロモン香水」なのです。



メンズ用フェロモン香水って本当に効果があるの?

フェロモン香水って本当に効果があるの?

ちまたには「異性にモテる」ことに関しての情報が溢れすぎていて、そして大げさな効果を謳っているものも多く、なんだか胡散臭く感じてしまうことの方が多いのではないでしょうか。

実際のところどうなのかというと、マンガの主人公のようにたくさんの女の子がひっきりなしにやってくる、なんてことはないでしょう。人間には理性や感情があり、本能だけで生きているわけではありませんし、昆虫のように単純な生物ではないので、「フェロモン香水を付けただけで、劇的にモテる」なんてことは期待できません

だからといって「効果がない・意味がない」ことではありません。猫にまたたびみたいな劇的な反応がないだけであって、「香り」は相手に好感触を与えたり、どこか話しやすい気持ち・雰囲気を作りだす要素のひとつになります。

その証拠に、脳科学の分野では、嗅覚は他の五感(視覚、聴覚、味覚、触覚)に比べて、脳により直接的に強く印象付けられる(記憶される)ことが判明しています。

例えば昔の彼女が付けていた香水の香りを嗅いだ途端、その時の良い思い出が甦り、恋しい気持ちになったりしませんか?また、フェロモン香水で代表的な香料のひとつ「ムスク」の匂いを嗅いだら、何となく官能的な気分になったり、甘えたくなって心を許してしまうなんてこともあるようです。

このように、香りと印象・記憶は強く結び付けられています。一緒にいる異性が「良い香り・心地良い香りが落ち着く」と感じたとすれば、その良い印象はその香りを放っている相手と強く結び付きます。その人にとって相手が良い印象になるのは言うまでもありません。

ただ、香りはあくまでモテるためのひとつの要素に過ぎません。モテる要素はルックスや性格、相性などもありますから、過度の期待はしすぎないようにしましょう。モテるためにやれることは全部やる気持ちで、フェロモン香水は自分の魅力を何割り増しかにしてくれるオプション的なものだと思ってください。

また、付けたことによって「今日はイケる」自信にもつながって積極的に行動できる、心に余裕が生まれることでより魅力的に映ることもあります。距離感が近くなりコミュニケーションがとりやすくなることで、より一歩「モテ」に近づけますね。

フェロモン香水には香りがあるタイプとないタイプがあります

フェロモン香水には、有香無香があります。

  • 有香は、普通の香水にフェロモン成分も含ませたもの
  • 無香は、フェロモン成分だけ水・アルコールに溶かしたもの

たまに無香のものでもわずかに香りがする微香タイプがありますが、香水と言えるほど香りを楽しめるものではありません。ですが、逆に匂いが気になるほど強いものでもありません。

香水が苦手な人は無香タイプ、香水を使っている人は香りがあるタイプ、もしくは普段使っている香水に無香タイプを併用して使用するのが一般的です。

メンズにおすすめのフェロモン香水

それではここからは、人気のあるメンズ用フェロモン香水を厳選して3つ紹介していきます。

ソシア『ボディセンス』



「女性にモテる香り」のみを徹底追及して開発された男のブースター香水『ボディセンス』。男性の体にもともとある性フェロモン「アンドロスタジエノン」をサポートしてくれる、他のフェロモン香水とは一風変わったタイプのアイテム。

他のフェロモン香水は、フェロモン成分が含まれた液体を吹きかけて、それが異性に働きかける仕様ですが、ボディセンスの場合はフェロモン成分を吹きかけるのではなく、もともと体にあるフェロモンをサポートしてくれるのです。

その秘密は、独自の配合でできている成分「センスフィール」。これによってアンドロスタジエノンの働きがサポートされ、男性自身が持つもともとの魅力をさらに引き上げてくれます。そんなところから「男のブースター香水」とも言われているくらい。

練り香水タイプなのでセンスフィールもしっかりと体に密着します。香りは女性受けがいいムスクの香りで微香性。会社や学校にも問題なく付けて行けるでしょう。

Aさん(20代前半:男性)の体験談

あまり話をするのが得意ではないので、いいなと思った女性とも会話が弾まないことが今までに何度となくありました。学生時代も雑談をする程度のお友達で終わってしまいましたし、合コンに参加しても周りの友達のおかげで盛り上がることができただけで、一対一で盛り上げることができませんでした。

だから、そこから二人だけの付き合いに勧める、なんていうことはとてもできませんでした。

自分はずっとこのままなのかなと思っていた時にボディセンスの存在を知りました。胡散臭い気持ちは正直ありましたが、何もしなければこのままになってしまうので、藁にもすがる気持ちで購入しました。

微香性のいい匂いできつくもないので、初心者の僕でも使いやすそう。さっそく手首に塗って会社に行くようにしました。

ですが、周りからの反応は特に変化がなく、今まで通り。さすがに1日では効果がないかと思いましたが、一週間たっても何も変化がありません。

自分には効果がないのかなと思っていたのですが、ある時女子社員に書類を手渡したときに、「あ、なんかいい匂い」って言ってもらえました。

それからでしょうか、他の女子社員からも匂いを誉めてもらえましたし、雑談も今までよりもしてもらえるようになった気がします。効果が出るまで多少時間がかかるのかもしれませんね。

今までは同僚が相手であっても雑談がぎこちなかったのですが、今はもうスムーズにできるようになりました。

Bさん(20代後半:男性)の体験談

接客業をしているので、いろいろと身だしなみに気を使っています。そのうちのひとつが匂いです。きつめの香水を使ってしまうとお客様に不快感を与えてしまうのでご法度。

ですが、誰にでも好かれるようなさりげないものだったら、きっと自分のことを、ひいてはお店のことを気に入ってくれるだろう、と思いでいいものはないか探している時に目に付いたのがボディセンスでした。

微香性のほんのり香るタイプだし、何といっても女性に好かれる・惹きつけるというのが気に入りました。客層に女性が多いので、女性に好かれた方が良いと思ったからです。

会社についてから出勤前に首筋と耳の裏に塗って、勤務開始。特に変わりもなくいつも通りの日常が過ぎていきました。劇的に変化することを期待していたわけではありませんが、同僚からも何も言ってもらえないのでちょっと残念な気持ちになっていました。

付け始めてから1か月ころでしょうか。「おにいさん、いい匂いねぇ。」と、お客さんに唐突に褒められました。最初に褒められたのが中年女性なのはちょっと残念な気持ちもありましたが、褒められたのは素直に嬉しかったです。

その後、女子スタッフが数人近づいてきて「ほんとだ、いい匂い。」などと褒めてくれるじゃないですか。そこでようやく効果を実感できました。もしかしたら至近距離じゃないとわかってもらえないのかな?

 

メンズに人気のフェロモン香水をあと2つと、付け方についても紹介します。ちょっと長くなってしまいましたので、次のページに続きます。