幅広い年代から人気の香水!『エンジェルハート』&『ライオンハート』の香りと口コミ

幅広い年代から人気の香水!『エンジェルハート』&『ライオンハート』の香りと口コミ

エンジェルハートライオンハートは、まずボトルの可愛さに定評がある香水です。エンジェルハートは赤いハート、ライオンハートは青いハート、使い終わった後はインテリアとして重宝しそうな可愛いデザインですね。

エンジェルハートは女性向け、ライオンハートは男性向けとなっていますが、基本的にユニセックスなフレグランスなので性別や年代に関係なく楽しむことが出来ます。

どちらも幅広い世代から不動の人気を誇っていることからも、個性はあるけれどクセはなく、安定していて万人受けすること間違いなし。初めての香水として使うにもおすすめです。

「初めての香水、新しい香水が欲しいけどどれにしよう…」など、悩んだらこれを買えばいいと答える人もいるほどです。

そんなエンジェルハートとライオンハートについて、それぞれの香りの特徴や口コミを紹介します。

エンジェルハート

コンセプトは、無邪気で明るいピュアな天使。その赤いハートは小悪魔的な雰囲気も兼ね備えていて、明るさを強調したボトルとなっています。ガーリーでありフェミニン、そしてクールな印象も感じます。

エンジェルハートの香り

特徴は瑞々しい南国のフルーツです。ラストに近づくと、ホワイトムスクの甘く大人っぽいセクシーさを引き立てます。フレッシュな無邪気さからセクシーに移り変わるため、小悪魔な雰囲気を持つのがエンジェルハートなのです。

アプリコットとピーチから始まり、時間が経つにつれてムスクが広がるようになります。それは少女から大人へと変わっていくような感覚を味わわせてくれます。

ライオンハート

セクシーで静かな自己主張、まるで海を連想させる爽やかなマリンのフレグランスが甘く広がるライオンハート。

赤は小悪魔、青は静かな海、どちらも顔となる香りがあり、様々な人を魅了します。

自分好みなどを考えてから、どちらを買うか検討してみるのもいいかもしれませんね。もしくはあえて、自分のイメージとは違うタイプに挑戦するのも楽しいのではないでしょうか。

ライオンハートの香り

マリンの爽やかさと、男性を引き立てるワイルドさが特徴的です。アプリコットやベルガモットなど、温かみのある爽やかさの後にサンダルウッド、シダー、アンバー、ムスクなどの官能的な香りへと移り変わります。昼の海から夜の海に変化するような感覚を覚える人もいます。

マリンとアプリコットがメインとなっていてユニセックスな印象なので、愛用者は男性だけではなく女性も多いのが特徴と言えます。

エンジェルハートの口コミ

香りは弱いけど、ちょうどいい

60代の愛用者は長年使っているとコメントをしていました。エンジェルハート自体が香りが弱いという弱点もあります。しかし、年齢的に強いものは苦手なのでちょうど良いと書きこまれていることからも、幅広い年代から愛用されています。

男性の愛用者も多い!

エンジェルハートは女性に好まれる香りではありますが、男性の愛用者も少なくありません。ライオンハートも女性の愛用者が多いので、この2つはユニセックスで楽しめるということなのでしょう。

ただ、デメリットとしてつけすぎると一気に女性っぽくなるので控えめにつけているようです。あまり強いと周りを不快にさせるので、控えめの方がいいかもしれませんね。

香りが持続しない

先述したように持続性が良くありません。そのため、年齢が高めの方にはちょうどいいとされていましたが、若い人には物足りなさを感じてしまうようです。

香り自体は好みだからこそ、すぐに消えてしまうのが残念だとコメントしています。だからといってつけすぎると胸やけを起こしそうな強さになるので、調整が難しいようですね。

ライオンハートの口コミ

爽やかな香りがいい!

最大のメリットは爽やかさ。エンジェルハートよりも持続性がいいと答える人が多く、ライオンハートにシフトチェンジする人も珍しくないようです。

香水の中でも定番と称されることが多く、メインターゲットは20代~30代ですが、10代や40代以降の人達からも愛されていて、幅広い年齢の愛用者がいます。

主にビジネス用として使用!

爽やかなので日常使いも出来るタイプですが、ビジネスマンの多くは仕事用として使っていることが多いようです。取引先からも印象が良く見えるようになるとコメントしている人がいました。

昔と香りが違う?

エンジェルハートの方はマイナス意見がほとんどなかったのですが、ライオンハートはいくつかありました。その中でも最も多かったのが、昔と香りが違うような気がするというものでした。

昔好きだったから再度購入したけど、こんな香りだっただろうか、と首を傾げる人が多いようです。好きなものは美化される傾向にあるので、もしかしたら好きという感情のみが一人歩きしてしまったのかもしれませんね。

香料を変えたなどの情報は出ていないので、再使用者達が美化しているという方がつじつまが合うような気がします。

ネットショップの方が安かった

店舗販売のものは割引などがなく、定価販売となることがほとんどのようです。

アルコール臭はきつくてくらくらした

ボトルのサイズによって、アルコール臭が少々変わってくることがあるようです。50mlでは問題なかったのに100mlを買ったら、アルコール臭がやや強く感じたとコメントする人もいました。

実際には量の変化があるだけのような気もしますが、もしかしたらサイズによって多少変わってくる部分もあるのかもしれませんね。

まとめ

今回はエンジェルハートとライオンハートについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

赤と青、それぞれ対照的な顔を持つ香水です。エンジェルハートは女性が持つ小悪魔な部分を引き出し、無邪気な香りを纏わせます。ライオンハートは静かな海のような落ち着いた香りで、男性の持つ魅力を引き出します。

ライオンハートはエンジェルハートに比べて、ややマイナスな口コミが多い傾向にありました。しかし口コミはあくまで他人の感想なので、口コミが悪かったからと言ってあなたが気に入らないというわけではありません。

価格も手ごろなので、興味を持った方はぜひ試してみて下さい。