爽やかさと官能的な甘さ!ジバンシィのメンズ香水『π(パイ)』『π NEO(パイネオ)』の香りと口コミ

香水と言えばジバンシィと言っても過言ではないほど、知名度の高いブランドです。超有名どころで言えば、プチサンボンウルトラマリンなどがあります。

ちょっと背伸びしたい人、自分の魅力をもっと演出したいメンズには、今回紹介するジバンシィ『π(パイ)』がオススメ!

高級感溢れるボトルは心をくすぐり、ゴールドのゴージャズさは気持ちに余裕を持たせてくれます。そのゴージャスさから、大人が使う香水という印象が強いようですね。

ジバンシィ『π(パイ)』のコンセプト

爽やかさと官能的な甘さ!ジバンシィのメンズ香水『π(パイ)』『π NEO(パイネオ)』の香りと口コミ

男性が持つ世界観の魅力を引き出す…と言っても過言ではないパイ。フレッシュさから始まり、繊細さを印象付けて、男性の官能的な魅力を引き出す。それがコンセプトであり、最大の魅力でもあります。

まるで人生のすべてを香水で表しているような、そんな感覚にさえ陥らせてくれます。何気ない日常に飽きた人、生活に刺激を求める人にこそピッタリと言えるでしょう。

静かで落ち着いた雰囲気を感じさせながらも、人を包み込むような暖かさは高い評価を得ています。

主に仕事用の香水として愛用している男性が多い傾向にあります。プライベート用として使う人もいますが、香りの傾向から仕事面の方が向いていると答える人が多いようです。もちろん、仕事もプライベートも分けずに一貫してパイを使っている人も少なくはありません。



π(パイ)の香り

ジバンシィ『π(パイ)』の香り

爽やかさを持ちながらも、官能的な甘さを持つのが特徴的です。

トップノートはフレッシュな柑橘系から始まり、ハーブ系やウッディの個性的でありながら繊細な印象を与えるミドルノート、ラストノートはバニラの甘くも官能的な部分で男性の魅力を引き出します。様々なタイプの香りに変化することで、男性が持つ無限の可能性を表現しています。非常に奥が深く重み・落ち着きがあります。

  • トップノート…バジル
  • ミドルノート…ナインニードル
  • ラストノート…アンフィニウム

若い人でも年配の方でも似合う万能的さを持っているので、愛用者の年齢は幅広いのも特徴です。しかし、どちらかと言えば年齢層が高い人の方が似合うという意見の方が多いですね。大学生や20代前半の男性では、逆に大人っぽすぎる印象があるらしく、若くても20代後半から愛用している人がいます。

なお、新しくジバンシィ『π NEO(パイネオ)』も発売されています。その軽快なデザインからも分かるように、パイと比べてより爽やかさが増している印象です。

パイネオの香りの詳細は以下の通り

  • 香調:フューシング、ウッディ
  • トップノート…トスカノル・ベルガモット・マンダリンオレンジ
  • ミドルノート…サフラレーヌ・マートル・シダーウッド
  • ラストノート…コスモーヌ・パチュリ・バニラ

π(パイ)の口コミ

π(パイ)の口コミ

ここでは、パイの口コミを集めてみました。香りや使用感について参考にしてみて下さい。

サイズが大きい!

ボトルサイズが大きく、使いきるまでに時間がかかるという意見が多くありました。リピートして購入している人は特に問題意識ないようですが、初めて購入する人はなるべく小さめのサイズからの方がいいかもしれませんね。

特にに飽きやすい人は大きめのボトルを買ってしまうと、使いきらないうちに別の香水を買うということになるかもしれませんので、まずは様子見で小さめのサイズを買いましょう。

ただ、50mlと100mlで価格があまり変わらないので、悩みどころかもしれません。

甘い香りが好きな人におすすめ!

様々なタイプの香りに変化するパイですが、ラストノートのバニラの甘さが強く、甘さを好む人には強くオススメできます。アイスクリームのような甘さが、童心を残しながらも大人っぽさを感じさせてくれるので、高い評価を得ています。

ボトルがゴージャス!

黄金のボトルは見た目もゴージャスな雰囲気を与えてくれます。どちらかと言えば、女性的なボトルのデザインに見えるのですが、ゴールド一色のゴージャスさは女性よりも男性に人気が高いです。

元々がメンズなので当然かもしれませんが、こういったゴージャスなボトルの香水を使用することでワンラク上の男性になった気がすると答える人が多かったです。

キャップのデザインもオシャレなので、ちょっとしたインテリアに使っている人もいます。ボトル自体がインテリアにピッタリなデザインの物が多い傾向にありますが、パイのボトルは豪華さを感じさせながらもシンプルな雰囲気が人気の秘訣です。



買いやすい金額!

香りやボトルにも定評がありますが、価格設定にも高い評価があります。他の香水は意外と高かったりしてなかなか続けられない人もいますが、パイは100mlで5千円いかなかったりする金額で販売されています。

ネットを利用して幅広く販売されているので、価格が抑えられているのかもしれませんね。基本的に安い部類に入るので、リピートしやすく、まだ使ったことがない人でも、気軽に試せる親切価格設定になっています。

豪華な外見とは裏腹に買いやすいことで、初めての香水でパイを選ぶ人もいます。そこからリピートし続けているという意見も少なくないので、香り良し、価格良し、外見良し。

複雑な香りだけど、クセになる!

様々なタイプのフレグランスに変化するパイは、シンプルではなく、どちらかと言えば複雑なフレグランスと言えます。

特にトップからミドル、ミドルからラストにタイプが変化する時は、それぞれが絡み合い、言葉にはしづらい魅力的で深みのある濃厚さを醸し出します。その変化がクセになるという人が続出しています。その変化に魅せられて長年リピートしている人もいるほどです。

若い人向けではないかも?

若い人が好んで纏うのは、爽やかなものが多いです。パイは柑橘系はありますが、すべてを通して爽やかなわけではなく、どちらかと言えば大人の魅力を感じさせる濃厚な香りです。

愛用者は若い人ではなく、少々年齢層が高くなっています。ラストのバニラと、変化した後のウッディながさらに大人の魅力を引き上げてくれます。

夏場向けではなく、秋冬用の香水

推奨されている季節は指定されていませんが、愛用者のほとんどが秋冬に一番合うという意見を出しています。

春夏は軽めの香りの方が合うのですが、秋冬はパイのようにちょっとこってりとした重厚感ある香りの方が合います。

ただ、付ける量を間違えると自己主張が激しくなってしまいますので注意しましょう。

まとめ

今回はジバンシィ『π(パイ)』についてご紹介させて頂きました。総合的にはかなり評判の良い香水でした。

使用者の中で年齢層が高い人は、加齢臭を気にして使用している人も少なくはありません。年齢を重ねていく上で、そういった匂いの悩みは誰もが通る道なのですが、やはり少しでもいい香りを出していたいと願うのは当然です。そういった場合にパイを選ぶ人が多いです。

基本的にはメンズですが、女性が愛用しているケースも少なくありません。男性の魅力を引き出す香りなのですが、そこまで男臭い香りでもないため、レディース香水特有の甘さなどが苦手な人は使用しているようですね。

口コミの評価はあくまでそれぞれの感想でしかないので、すべて鵜呑みにはしないようにしましょう。自分に合うか合わないかは、自分で試して初めて分かることでもあります。

ジバンシィの香水関連記事