*

天然香料100%のアロマ香水!パームツリー『パシャグレープフルーツ』の香りと口コミ

      2018/06/13

天然香料100%のアロマ香水!パームツリー『パシャグレープフルーツ EDP』の香りと口コミ

パームツリー『パシャグレープフルーツ』は、100%天然由来の優しい香水。ネーミングのまんま、「グレープフルーツ」の香りがとっても爽やかで、男女問わず・年齢問わず人気があり、自然派志向の方におすすめのアロマ香水と言えます。

化学合成された香料が入っていないので「いかにも香水」というようなキツさがなく、「香水を付けるのが苦手」「ナチュラルな清潔感が欲しい」という方からも好評の商品です。そういったところから、香水デビューとしてプレゼントされたり、香水嫌いのパートナーの前で使われたりしているようですね。

今回はそんな、グレープフルーツの瑞々しい甘酸っぱさをそのまま詰め込んだ、パームツリー『パシャグレープフルーツ』の香りと口コミを具体的に紹介していきます。

なお、中身はそのままにパッケージのリニューアルもされているので、購入を考えている方はそちらも併せて要チェックです!

 

『パシャグレープフルーツ』のコンセプトと香り

『パシャグレープフルーツ EDP』のコンセプトと香り

グレープフルーツ。以上!…というくらいにそのままグレープフルーツです。もぎ立て・採り立て・剥きたて・絞り立てで新鮮なグレープフルーツ、柑橘系の爽やかな瑞々しさで「身も心もリフレッシュできる!」と人気です。

それもそのはず、合成香料を一切使っていません。グレープフルーツから採った精油に、植物由来のエタノールで造り上げた、100%天然由来のアロマ香水。自然由来だからこそ出せる、本物のフレッシュさ、生のグレープフルーツ感。

まるでグレープフルーツ果樹園で深呼吸をしたような清々しさです。香料そのものがグレープフルーツの精油だけなので、トップ・ミドル・ラストといった時系列による変化がないシングルノート

柑橘系は持続時間が短いという傾向がありますが、パシャグレープフルーツは合成香料も含まれていないため、良くも悪くもより一層持続時間は短いです。一般的にオードパルファン(EDP)は香料濃度が高めで持続性も良いとされていますが、パシャグレープフルーツは例外と考えた方が良いかもしれません。

逆に、普段オーデコロンやオードトワレ程度の微香を愛用している方にはちょうどいいですね。

愛され続けて15年、2017年にリニューアル!

冒頭でも触れましたが、香りはそのままでリニューアルされました。変わったのはパッケージとボトルデザイン、それに合わせて中身の容量が50mlに。

持ち運びやすさでみたらリニューアル版が便利だと思いますが、旧型は旧型でそのシンプルなボトルデザインと大容量80mlに定評があります。

製造ロットの関係でまだしばらくの間は旧型の在庫があるようですが、ゆくゆくはリニューアル版に統一していくと思われます。

香水は消費期限がかなり長いので、「旧パシャが好き!」という方は今の内に買いだめしておくといいかもしれませんね。こういった商品は急に廃盤になってしまうことも珍しくありませんので。

『パシャグレープフルーツ』の口コミ

『パシャグレープフルーツ EDP』の口コミ

爽やかなアロマの香り

まずなんと言ってもあがってくるのは「グレープフルーツの爽やかさそのもの!」というコメント。多くの方が、爽やか・瑞々しい・フルーティー・甘酸っぱい等々、「グレープフルーツ感」をコメントしています。

この柑橘系の爽やかさが、もぎ立て・剥きたてのおいしそうなグレープフルーツを連想させます。職場などでこれを付けたら、「グレープフルーツでも食べてきた?」と聞かれるほどのグレープフルーツの再現度。合成香料を使っていないアロマ香水だからこそ醸し出される、ナチュラルなグレープフルーツの爽やかな香りです。

ダイエット効果もある??

「グレープフルーツダイエット」という言葉はいたるところで目にします。その中には、香りにも効能があるというものがあります。香り成分が中性脂肪を減らしたり、貯めにくくするというものです。

食べて体内に摂取するのと、匂いを嗅ぐだけでは同じ効能は得られないでしょうが、「気休め程度だけど、ちょっと期待しています。」というようなコメントも、それなりの数で寄せられています。

天然由来の本物のグレープフルーツですから、合成香料でグレープフルーツの香りを作った香水よりは効果があるのかもしれませんね。ですが、あくまで気休めです。本当にダイエットをしている方は、もっと健康的に・建設的に行っていきましょうね。

場所を選ばずに使える

柑橘系の爽やかさが、きつくなく好感が持てます。合成香料が入っていないので、いかにもな香水ではありません。なので、普段「香水臭い」といって香水を敬遠している人からも受け入れられているようです。

「彼が、美味しそうないい匂いだ、と言ってくれました。今までの香水は良い匂いではなかったんだろうか・・・?」という方がいました。普段はコメントしない人がするというくらい自然ないい香りがしたんでしょうね。

食事などの際も特に気にすることなく付けられそうです。「お寿司のような匂いに敏感になるような食事の時でも、これなら大丈夫そう。」というコメントも寄せられています。

ビジネスシーンで活用

爽やかな香りはビジネスシーンでも活躍しています。この爽やかさと甘酸っぱさが、場のリフレッシュに活用されています。普段の個人仕事でリフレッシュしたいときはもちろん、数人数でのミーティングでも使われています。

「5人でのプチ会議でちょっと休憩をはさんだ時に、リフレッシュしようということでミーティングルームに撒きました。みんないい匂いだと言ってくれました。それ以来、プチ会議の必需品です。」という方がいらっしゃいました。

後日談もあり、「チームリーダーが経費で買うといって本当に申請を通しました。それ以来会社のミーティングルームには常備されるようになりました。」みんなが気に入ったというのが大きいと思いますが、アロマの香りでリフレッシュ効果が期待できると会社にも判断されたのでしょう。

他にも、対人関係等で好印象を与えられるという面もあります。「付けたら、いい匂いだねって言われました。」というコメントも少なくありませんでした。ビジネスシーンにおいても「香り」の影響力は絶大と言えそうです。


ルームフレグランスとして活用

フレッシュな香りで気分転換をしたいのはオフィスだけではありません。自宅でのリフレッシュの時に使っているという方も多数います。

  • 掃除が終わった後のリビングに使用しています。爽やかに香らせて、仕上げてやったという達成感を演出しています。香りは長続きしませんが、十分に爽快感を味わえます。
  • 玄関先で空中にシュッとひと吹きしています。靴のにおいとかそういったものの嫌な感じをリフレッシュさせています。
  • 寝室にひと吹きしています。アロマな香りでリフレッシュでき、よく寝れます。

といったもの。本来の香水とは違う使い方ですが、こういった使い方やその効果に満足している方は多くいらっしゃいました。

消臭剤に使っている

ルームフレグランスと使い方は似ていますが、トイレや車の消臭剤として使っている方もいました。芳香剤や食器洗剤の類で柑橘系の香りをさせているものはよくあります。

ものによっては芳香剤・消臭剤の柑橘系は、なんかきつくてイヤ、という人もいるのではないでしょうか。その点この『パシャグレープフルーツ』は自然由来なので、そういった不快感はありません。持続時間が短い分、必要以上に香り続けることがないのもいいようです。

お風呂上がりに付ける

お風呂上がりの火照った体に付けて爽やかに締めています、というようなコメントもそれなりの件数であります。

夏場などはお風呂のあともすぐにまた汗をかいてしまうことが多々あります。その場合は、コイツで気持ちをリフレッシュしてクールダウン。万が一汗が臭ってしまってもそれを隠すことができます。

冬場であっても、お部屋の暖房の具合ではお風呂上がりの火照った体には暑いと感じてしまいます。この場合も夏同様にフレッシュさを纏っておくといいかもしれませんね。

「お風呂上がりの彼女が付けていると、なんかイイ。」という男性もいました。

一年中使える香り

一年中使える香り

合う季節としては、夏・初夏という声が一番多かったのですが、それに準じて一年中使える・冬でもイイといったコメントも挙がっています。特に季節を問わず使える香りだと思われます。

夏場などでは「暑いときの気持ちのレフレッシュにちょうどいい。」「汗をかいたときとかに、爽快感を感じるために使っている。」という気持ちから使われています。

他の季節でも、「新緑を思わせるフレッシュな感じ。春先に合いそう。」「秋冬でも違和感なく使える。」「寒い時期に付けてピシッと締める感じもアリかも。」「冬もなにげに脇汗とか気になるので、それの対応とかで使える。」といった気持ちから使われているようです。

男女年代問わず好かれる香り

男女問わず使えるユニセックスな香水で、年代も問わず好まれています。特に、匂いを嗅いだ側の人に、いい匂いだと言われたというコメントが多く寄せられています。

  • 彼氏いい匂いだと言ってくれた。
  • 部屋に置いておいたら、姉がかってに使ってた。
  • 母にプレゼントしたのに、いつの間にか父用になっていた。
  • 自分用に買ったが、嫁もたまにつけている。
  • 小さな姪っ子が、グレープフルーツのおじちゃん、といってなついてくる。

といったように、いろいろな人たちが付けたり、好んだりしています。

このようなご家族も。「旦那が好きな匂いなんですが、小学生の息子二人も好んでいて、付けたときはいつものだって反応します。同居している義父も爽やかでいいと言ってくれます。また、たまに遊びに来る義理の弟にもいい匂いですねと言われるので、義妹(義弟嫁)にも教えました。うちの男どもを虜にしています。」

香りの好みも遺伝するのでしょうか?果汁100%のグレープフルーツジュースがあれば幸せな食卓になりそうですね。


苦手な香り

どの香水も合う合わないはあります。これにも御多分に漏れず苦手な方はいらっしゃいます。大きく分けて2通りのタイプがありました。

一つ目は「イメージと違う」というもの。細かいところはそれぞれの方で違うのですが、まとめると「合成香料が入っているグレープフルーツ」がその人にとってのイメージだというところです。

合成香料が入っている「いかにもな香水」が好みの方のようですね。好みは人それぞれですし、害があるものが入っているわけではありませんので、これは人それぞれとしか言いようがないですね。

二つ目は「アルコールがきつい」というもの。精油とエタノールしか使われていませんので、合成香料が入っている香水よりもアルコール感が際立ってしまうのかもしれません。一つ目の理由とつながってくるところでもあります。

鼻から距離が近いところに付けずに、空中にプッシュしてそれを浴びるなどすれば多少は変わるかもしれません。また、保存状態によって劣化する可能性はありますので、直射日光が当たらない、冷暗所で保管してください。

持続時間が短い

爽やかさと同じくらい上がっているのが「持続時間が短い」というものです。それをわかっていて購入する人は特に気にしていないようでしたが、「オードパルファンなのに、持続時間が全然ない!!」という内容のものも多く挙がっています。

持続時間に関しては人によってさまざまでした。「2時間は持たない」「1時間くらいでなくなる」「30分持てばいい方」「5分くらいでなくなる」「2~3分で飛ぶ」「つけた瞬間に無くなる」など。

その時の気温・湿度、付けた人の体温などの影響を受けますが、一日中香るタイプではないことがうかがえます。

「アトマイザーに入れて持ち歩いて、一日何回も付け直す」という人もいれば、はじめから長続きすることを求めていないので「職場でリフレッシュしたいときに、そのたびに付けている」という人もいます。

「それなりの時間続いて、ふわっと香るのを楽しみたい」という一般的な香水の使い方ではなく、「ピンポイントで、人と会う直前・リフレッシュしたいとき」に吹きかける使い方になるものだと思われます。

持続時間は、その香水の個性です。その個性をわかったうえで使い分ければいいだけの話です。状況に応じて対応していきましょう。

参考:【いまどきの香水の付け方】体のどこに付けるのが流行りなの?

まとめ

今回はパームツリーの香水『パシャグレープフルーツ』を紹介いたしました。

合成香料を一切使っていない、とってもナチュラルで嫌味のない香水です。持続時間が短いのは良くも悪くもですし、それをわかったうえで使いこなせば問題ありません。

男女ともに幅広い年代に好感を持たれ、香水が苦手な人にも嫌味なことなく接することができるので、様々なシーンで活用できます。香水をつけていくのがはばかられる場所でも、この香りなら非難されることはないでしょう。

爽やかな瑞々しいグレープフルーツにはリフレッシュ効果もあります。職場で・自宅で、気分転換・リラックスしたいときに、自分にあるいは部屋にひと吹きして、それこそ空気を入れ替えてみませんか?

フレッシュな気持ちをいつもそばにおいておきたい人におすすめです。

 





【女性におすすめの香水】



【男性におすすめ!】



  関連記事





  • 【香水人気ランキング】
    ▼メンズ・レディース▼
    香水人気ランキング(メンズ・レディース)