部屋がオシャレでいい匂い!shiroの人気のルームフレグランス(リードディフューザー)


SHIRO サボン ルームフレグランス 200mL

やわらかくてナチュラルなフレグランスで注目を浴び、人気も上昇中のブランド「shiro(シロ)」。強い香りが苦手な人でも使いやすいから、女性だけでなく男性の愛用者もたくさんいます。

主に香水や練り香水に注目されがちだけれど、それ以外にも様々なアイテムを展開しています。

今回はshiroが展開している人気のルームフレグランス(リードディフューザー)をまとめて紹介していきたいと思います。「shiro製品についてもっと知りたい」という人や「名前は聞いたことあるけど、詳しくはわからない」という人の参考になればうれしいです。

それではまず、shiroというブランドの簡単な紹介から始めていきたいと思います。

shiroは北海道発祥の自然派志向ブランド

shiroはもともと北海道で始まったコスメブランド。当初の名前は「ローレル(LAUREL)」と言いました。海藻やアロエ、酒かすなどの自然の素材を活かすことにこだわって製品づくりをしてきた、生粋の自然派ブランドです。

この記事ではルームフレグランスについて紹介していきますが、他にもコスメやスキンケア、食材なども展開しています。

はじめのうちはOEMブランドとしていろんな企業の製品を作っていましたが、次第に「自分たちが毎日使いたいものを作りたい」と考え始め、自社ブランドをスタートさせたそう。製品の企画・開発から製造・販売まですべて自社で行っています。

2015年に名前をローレルから変更。今では本社を東京・青山に構え、日本国内だけでなく海外にも出店する企業になっています。

shiroのルームフレグランス

スティックを挿して使うリードディフューザータイプのルームフレグランス。優しく柔らかい匂いが部屋の中に広がって、癒しの空間を演出してくれます。

お洒落で人気!ルームフレグランスにおすすめのディフューザー6選
飾っておくだけで部屋が良い香りになって、しかもお洒落。ルームフレグランスには手軽なものから本格的なものまで様々な種類がありますが、今人気のあるおすすめのディフューザーを厳選して紹介します。

shiroのフレグランス自体が男女関係なく万人受けするし、デザインもインテリア的に使えるものなので、男性・女性関係なくどんなお部屋にもピッタリ。プレゼントとして贈っても喜ばれそうでいいですね。

使用期間の目安は訳2か月半。お部屋の広さに応じてスティックの数を減らして強さを調節できるのもリードディフューザーの便利なところですね。詰め替え用レフィルもあります。

shiroのメインになる定番の香りは「サボン」「ホワイトリリー」「ホワイトティー」の3つ。まずはこの3つについて簡単に説明していきたいと思います。

サボン


SHIRO サボン ルームフレグランス 200mL

一番人気のフレグランスが、このサボン。名前の通りに石鹸を連想させる清潔感ある匂いに、花とフルーツが優しく混ざって香ります。

上品で透明感があって、苦手に感じる人はいないと言っていいくらい万人受けするフレグランスです。老若男女関係なく使いやすいと思います。

特に石鹸は香水でも人気のジャンルなので、シャボンフレグランスを探している人におすすめです。

香調は次の通りです。

  • トップノート…レモン・オレンジ・ブラックカラント・ライチ
  • ミドルノート…ローズ・ジャスミン・スズラン・プラム
  • ラストノート…ムスク・アンバー・ウッディ・スウィート

ホワイトリリー


SHIRO ホワイトリリー ルームフレグランス 200mL

サボンに負けずに高い人気なホワイトリリー。リリーの他にローズなどを組み合わせた花の香りに、サッパリとした甘さが加わったフレグランス。

こちらも清潔感があり、サボンと同じように「お風呂上がりのような雰囲気」と口コミがあがるほど。好みによっては「サボンより石鹸っぽい」と感じるようです。スッキリとしているのでメンズ愛用者も多くいます。

香調はこのようになっています。

  • トップノート…ベルガモット・ブラックカラント・グリーン
  • ミドルノート…リリー・ジャスミン・ローズ
  • ラストノート…アンバー・サンダルウッド・ムスク

ホワイトティー


SHIRO ホワイトティー ルームフレグランス 200mL

柑橘系の香料が使われていて、さながらレモンティーのようなリフレッシュできるフレグランス。口コミ件数では上の2つよりも下回るものの、愛用者からの評価は引けを取りません。

「サボンを買いに行く予定だったのに、テスターを嗅いだらホワイトティーの方が好きになっちゃった。」という人が少なくない、クオリティの高いフレグランス。紅茶の香りが好きな人に、ぜひ試してもらいたいです。

こちらも強くない爽やかな匂いなので、性別に関係なく使えますよ。

香調は下のようになっています。

  • トップノート…グレープフルーツ・レモン・グリーン
  • ミドルノート…グリーンティー・ジャスミン・ローズ・リリー
  • ラストノート…ムスク・ウッディ・アンバー

ポピー(限定)


shiro POPPY ポピー ルームフレグランス 200ml (限定)

2020年5月に発売されたポピー。酸味があるフルーツ系のトップノートで始まって、深みのある甘さのフローラルのミドルノートに変化。ラストノートでも軽やかながら特徴的な甘さを感じさせます。

ミモザ(限定)


shiro MIMOSA ミモザ ルームフレグランス 200ml (限定)

他にもあるshiroのフレグランスアイテムまとめ

ここからはshiroが発売しているフレグランスアイテムをおさらい!過去記事も参考にしてみてください。

香水(オードパルファン)

定番中の定番アイテムですね。天然素材を活用しているからなのでしょうか、一般的な香水よりも香りが優しくて使いやすいのが特徴。

口コミサイトなどではレディースに分類されていますが、メンズとして使っても違和感がないものがほとんどで、個人的にはユニセックスとみていいんじゃないかなと思っています。実際、男性の使用者も多く、カップルで使っている人の口コミも見られます。

食事の席でも邪魔にならない強さで、万人受けしやすいフレグランス。

練り香水

最近、注目が集まってきているのが練り香水。自分の指でつけるから、スプレー式で中身が出るオードパルファンよりも匂いの調整がしやすく使いやすいと好評。容器が小さいから持ち運びしやすく、付け直しにも便利。

アルコールを使っていないから、「香水のアルコール的なところがどうしてもダメで…。」という人にも使いやすいです。

ガーナ直輸入の未精製シアバターを使っているから、指先の保湿ケアとしても使えるのも人気の理由のひとつ。

ボディコロン

プッシュすると細かいミストが出てきて、ふんわりとした優しい匂いをまとうことができます。オードパルファンよりも軽やかなのが特徴で、外での付け直しもしやすいです。その分持続時間が短めになりますが、付けすぎても迷惑にならない自然な香りです。

オードパルファンよりもさりげなく香らせたい人におすすめですよ。

ヘアミスト&ヘアオイル

個人的にはヘアミストとヘアオイルを併せて使うのがおすすめ。

ヘアミストにはカゴメエキスなどの保湿成分が入っていて、髪の乾燥を抑えながらいい匂いを楽しめます。

ヘアオイルにはクランベアビシニカ種子油が保湿のために使われています。ヘアオイルでも潤いと艶のある髪に仕上げます。

ヘアオイルの公式ページに、下のようにおすすめの使い方が載っています。

(1) 『ヘアミスト』とあわせて

『ヘアミスト』を髪全体につけたあと、毛先を中心に『ヘアオイル』をなじませるとさらにまとまりのよい、つややかな髪に仕上がります。

(2)ヘアスタイリング剤として

スタリングの最後に髪になじませると、美しいツヤのある仕上がりを楽しめます。

多めに手に取り、髪全体になじませると、トレンド感のあるウェットな質感に仕上がります。

引用:shiro

洗濯洗剤&柔軟剤

ランドリーアイテムも癒されるいい匂いと人気があります。洗剤は「ランドリーリキッド」、柔軟剤は「ファブリックソフナー」という名前で販売されています。

shiroの香水がいくら優しい香りでも、それでも苦手なものな苦手。っていう人もいるんじゃないでしょうか?そんな人におすすめなのが、このランドリー系の製品。

普通に洗濯するだけで洗濯物に香り付け。強さも程よいから香水がダメな人や他の柔軟剤の匂いでもきつい、っていう人でも使いやすくなっています。

洗濯ものを干しているときに匂いが広がるから、ちょっと面倒な洗濯タイムもこれで少しは楽しめるはず。部屋干しの嫌な臭いも気にならないし、ちょっとしたルームフレグランス代わりにも使えそうですよね。もちろん洗浄力などがイマイチ、なんてことはありません。

shiroのルームフレグランスまとめ

この記事ではshiroが展開する、主だったフレグランスとフレグランスアイテムの紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?意外と知らない製品があったんじゃないですか?

自然素材の魅力を活かした製品づくりで定評のあるshiro。これからもっともっと注目を浴びるブランドなんじゃないかなぁと私は思っています。

嗅覚は本能に直結するから、身の回りにいい匂いをさせておくのは結構大切なことだと思っています。日常のちょっとしたものを切り替えるだけで気持ちも上向きになるかもしれませんよ。

普段の生活を少しでも快適にしたいなと思っていたら、まずはこういった日常品から変化させていくと、意外といい変化があるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました