足の臭いの原因はコレだった!でも、簡単に対策できるんです!

足の臭い、自分は大丈夫なのか、なんとなく気になってしまうことありますよね。仕事帰りの飲み会で御座敷だったりすると、思わずドキっとしてしまう人いるのではないでしょうか?

自分でも臭いと感じてしまった場合、「周りの人にバレてしまっているのでは?」という気持ちになって、食事どころではなくなってしまいます。

体臭は特に強くないのに、足だけは異様に臭い!なんてこともあります。しっかりお風呂で洗っているのに、なぜか足の臭いは軽減されないと悩んでいる人も多くいます。ブーツやストッキングなど通気性が悪いものを履いている女性は、特にこういった悩みを抱えているのではないでしょうか。

今回は足の臭いの原因と対策を紹介します。ふとした瞬間に足の臭いが気になってしまったり、恥ずかしい思いをしないためにも、ここでしっかりと対策していきましょう。

嫌な臭いが発生する原因

足の臭いの原因はコレだった!でも、簡単に対策できるんです!

まず嫌な臭いが発生する仕組みを把握しておきましょう。むやみやたらにデオドラントアイテムを使ったりするよりも、仕組みを把握して原因に対処していった方が、効率よくそして効果的に消臭・防臭ができるようになります。

足だけでなく、ワキなどの臭いが気になる部分はいくつかあると思います。どの部分でも出てしまう基本的な仕組みは一緒で、関係するのは、皮脂細菌です。

まずは汗。汗自体は無臭なのですが、これが皮膚にいる細菌が活動するための、言わばエサになっています。普段は体臭が気にならない人でも汗をかいたときは臭いがする、というのは汗によって細菌の活動が活発になってしまったためによるものです。

続いて皮脂。汗とともに流れ出てくる古い皮脂や角質といったものを、細菌が増殖する時に分解するのですが、その時に嫌な臭いが出てしまいます。

そして細菌。ここでいう細菌は病気の原因になるものではなく、「皮膚常在菌」という人間の皮膚に常に存在している細菌のことです。病気になるどころか病原菌から守ってくれる役割を持っています。ですが、その数が増えてしまうと汗や皮脂を分解する量が増えて悪臭となってしまうのです。

こうみると、人間が生きている以上はある程度してしまうのは仕方がないこととも言えます。ですがそれぞれを適度にすることで「悪臭」というレベルにならないようにすることができます。


足の臭いの原因を部分別に把握していきましょう

一口に「足がクサイ」と言ってもいくつかパターンがあります。部分ごとに大きく分ければ「足の裏」「足の指の間」「足の爪」の3つになります。これらはそれぞれに原因が異なりますので、順番にみていきましょう。

足の裏の臭い

足の裏が臭い

一番多いのは、足の裏が臭い人です。その原因は「エクリン腺」という汗腺が多く存在していること。汗は体温調整の機能を持っていて、汗をかくことで上がり過ぎた体温を下げる役割を持っています。

足で全体重を支えるためかかる負担はかなりのもの。だから汗もたくさんかいています。そしてワキなどと違って汗に気付きにくいので拭き取ることもほとんどありません。靴や靴下を履いていることで蒸れてしまい、汗が乾きにくい環境になっています。このように汗をかきやすく、さらにその汗を取り除きにくい環境が足の裏には整ってしまっています。

そして角質層が分厚いのも特徴。体重を支える部分なので仕方ないのですが、それによって細菌が活動するためのエサとなる皮脂や角質が多く存在します。

このように細菌にとってはとても活動しやすい環境が足の裏なのです。靴という密閉された空間なので、繁殖した細菌もそのままとどまったままになってしまいますし、発生した臭いも靴にこもったままになってしまいます。

足の指の間の臭い

足の指の間が臭い

見落としがちなのが足の指の間です。意外だと思うかもしれませんが、足の裏以上に指の間から臭いが発散されている人がけっこういます。

指の間の臭いが特に気になる場合に原因として考えられるのが、足の洗浄不足と、保湿クリームなどの付けすぎです。

足の指の間は、洗うのがおろそかになりがちです。一日中仕事で歩き回り汗をいっぱいかいた足。当然指の間にも汗や汚れが溜まっています。もしお風呂で汚れを綺麗に落とし切れていなかったら、細菌や皮脂などが多いままの状態で翌日を迎えることになり、それが翌日以降の臭いの原因につながっていってしまいます。

また保湿クリームも原因と考えられます。クリームの成分をエサにして細菌が繁殖することもありますし、保湿することで汗なそ水分がが残ってしまい細菌の活動が活発になることも考えられます。指の間は蒸れるのでクリームを付ける量は少なめに、あるいは付けないようにするといいでしょう。

指の汚れをしっかり落とせていない状態でクリームを付けるのは、必要以上に残った細菌にエサを与えているような状況です。汚れが残っていると美容効果も落ちてしまうので、清潔にすることを心がけましょう。

足の爪の臭い

足の爪が臭い

指の間以上に意外と思われるのが爪の臭いです。試しに足の爪の垢を取って嗅いでみてください。もし何かが腐ったような臭いがしたら要注意です。

足は手と違って蒸れた環境になっている時間が長く、手のように日常で頻繁に洗うことができません。特に男性の場合、足の爪なんてたまに切る以外ケアすることはない、なんていう人も多いのではないでしょうか。気付かないうちに伸びっぱなしになった爪の中には、たくさんの細菌が…なんてことも。

定期的に爪を切るのが、まず重要。そしてあまりに垢がたまっている場合は、毛先の細い綿棒や爪専用のブラシで優しく取り除きましょう。つまようじで垢を取る人がいますが、内部を傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。

水虫や他の皮膚炎がおこっていると、よけいに環境が悪くなります。皮がむけている、かゆみがあるなどの場合には医者に掛かって早めに対処することをおすすめします。

 

足の臭いの原因が理解できたところで、次のページでは足の臭い対策について詳しくみていきましょう。