男の体臭ケア+香水!プラウドメン『グルーミングバーム』の香りと口コミ

男性は女性より皮脂分泌が多い傾向にあり、そのため体臭などもキツくなる人がいます。そんなお悩みを抱えている男性におすすめしたいのが、プラウドメン(PROUDMEN.)『グルーミングバーム』シリーズです。これは男性のニオイをケアする塗るフレグランスクリームで、今ではamazonでベストセラーになるほどの人気になっています。

ワキガや汗などの体臭を抑えてほのかな良い香りが長時間続くため、普段香水を付けない男性からも人気があり、その品質は高く評価されていて多くの愛用者がいます。

ということで今回は、プラウドメン『グルーミングバーム』シリーズについての製品概要とその香り、使用者の口コミをまとめました。


プラウドメン『グルーミングバーム』のコンセプト

男の体臭ケア+香水!プラウドメン『グルーミングバーム』の香りと口コミ

コンセプトは男性の『ニオイ』『香り』をケアするというグルーミングツールです。簡単に言えば、「体臭ケア+香水」。営業などで外に出ることが多い仕事であれば、ニオイが気になった状態で取引先などには行けません。もしかしたらそれが取引に影響するかも、と考えれば余計に不安は増していくばかりです。

そんな男性の悩みを解決する製品として開発されたフレグランスクリームが、グルーミングバームです。分類はボディクリームですが、高いニオイケア機能を備えており、営業マン・ビジネスマンからのリピート率がとても高いです。ターゲット層を明確にし、それに特化させた製品であることも高い評価を得ている理由です。

身だしなみの一環としてグルーミングバームを愛用している人は多く、これを使うことでニオイに対して安心感を持つことができ、それが仕事にも繋がるのでしょう。

使い方のポイント

いい香りを身に付けることができますが、やっぱり第一の目的はニオイケア。だから、体臭が気になる個所、首筋やワキなどに塗ってください。もちろんそれ以外の箇所に付けても大丈夫ですよ。付ける量の目安は小豆大くらいです。

付けるタイミングは、汗をかく前です。朝着替える時にワキや首筋に塗ったり、スーツを着た後に手首に塗ったりするのがおすすめです。朝にシャワーやお風呂に入る人でしたら、その後がまさにベストタイミングです。

まさに「ビジネスツール」な、いろんなところに馴染むデザイン

ビジネスマンをターゲットにしたグルーミングツールですから、ビジネスマンの生活スタイルに馴染まないといけません。そのためには製品の見た目も重要な要素です。もしこれが「見るからに体臭を消すためのアイテム」とバレバレだとしたら、持ち運んで使いたいとは思いませんよね。

その点はしっかり考えられているので安心です。クールでスタイリッシュな容器になっているので、持っていて様になります。会社のデスクに置いてあっても違和感はありませんし、カバンの中にしのばせておける大きさです。取引先に入る前に、カバンからサッと取り出して首筋にひと塗りするというのも、できる営業マンぽくてカッコいいですね。

グルーミングバームの香りラインナップ

グルーミングバームは、「香り付け」という側面から見ると練り香水に近い存在と言えます。まずバーム状ですから付ける量を調整しやすいので、簡単に自分好みの強さにできます。

それに液体の香水と違って強くありませんので、臭い消しのために多く付けすぎたとしても、いわゆる「香害」にはなりにくいです。ビジネスシーンにはうってつけですね。

そしてトップノートからラストノートと時間経過による香りの変化も楽しめます。

グルーミングシトラスの香り

グルーミングシトラスは、以下の3つから構成されています。

  • トップノート…地中海シトラス
  • ミドルノート…マリンフローラル
  • ラストノート…ウッディムスク

爽やかさに重きを置いていて、夏場は汗だくになってしまうビジネスマンから高い人気を集めています。海を思わせる爽やかさなので、ビジネスシーンだけではなく、プライベートでも気兼ねなく使うことが出来ます。

また男性の『体臭』を軽減するために、どうしても必要不可欠なのが『カキタンニン』。これは消臭効果が高いことで知られている成分です。こういった『ニオイ』に対して理にかなった効果的な成分を配合することで『ニオイ』に悩まされない日々へと導きます。

なお、グルーミングバームシリーズには、他に「シトラスムスク」と「グリーンウッド」があります。自分の好きなものを使ったり、季節によって使い分けるなど、色々アレンジできます。

シトラスムスクの香り

  • トップノート…アロマシトラス
  • ミドルノート…ウッディフローラル
  • ラストノート…スウィートムスク

瑞々しい透明感とほのかな甘さを兼ね備えた女性にも人気の「シトラス・ムスク」の香り。

グリーンウッドの香り

  • トップノート…ハーバルグリーン
  • ミドルノート…フローラルブーケ
  • ラストノート…ウッディムスク

清々しさと男らしい落ち着いた香りが信頼感を演出する「グリーン・ウッド」の香り。

グルーミングバームを使用した方の口コミは?

口コミの評価は?

グルーミングバームを使用した方の口コミを集めてみました。

思っていた以上に香りがキツくなかった

一番多かった口コミが『香りがキツくなかった』ということです。強い体臭に対抗する製品ですから、フレグランスアイテムをまったく使ったことがない人は、プラウドメンもキツい香りがするというイメージがあったようです。

実際にはほのかな香りで、嫌味を感じさせないのも評価が高い理由の1つ。体臭を強いにおいで隠すわけではなく、消臭した上で香りを付けます。だから周囲にも不快感を与えません。

体臭を隠すために強い香水やコロンを使用する人もいますが、強すぎる場合は周囲に不快感を与える場合があり、さらには体臭と混ざってより強烈な臭いを発してしまうことも少なくありません。その点、グルーミングバームは体臭を抑制した上でほのかな香りを付加し、ニオイケアを実現してくれるのでおすすめです。

この手のものを今まで使ったことがないので、「体臭を感じさせなくする=いい匂いを付けることでわからなくする」という先入観がありました。でも実際は違うんですね、お恥ずかしい限りです。

購入したのは「グルーミングシトラス」で、爽やかな柑橘系のにおいがしました。付けるのは主に脇なので服を着ている時はほとんどにおいがわかりません。これだったら周りの人に何か思われる心配もないです。

ベタつきがない

「キツくなかった」という口コミと同じぐらい「ベタつきがない」という声もありました。多少のベタつきは覚悟していた人が多いようですが、一切ベタベタせずに、肌をすべる時も心地よさを感じるほどです。

グルーミングバームの他にも、スーツリフレッシャーなどと併用すると更にニオイ軽減の効果が期待出来ます。夏場などに使用する場合、ベタつかないのは大きなメリットです。

ただでさえ汗でベタついているのに、グルーミングバームでさらにベタつくとなったら、その時点で使用者が減ってしまうことは一目瞭然です。汗をかきやすい夏場にベタつかず、サラッとした感触なのが高評価を得ていると言えます。

いい匂いで気に入っているんですが、期待していたよりも持続が短くて弱めです。だからちょっと多めに付けるようにしているんですが、ちゃんと体に伸ばせば「つけすぎてベタベタする」ということはほとんどありません。汗をかいた後でも、しっかり汗を拭いた後だったら大丈夫です。

少量でOK

グルーミングバームを使用している人のほとんどは、少量で使っているケースが多いようです。少量でも充分香りが出るので、多少のニオイが気になる人は指に取って首周りなどに塗っている人もいます。

ただ、汗をかいていると香りは薄れてしまいます。逆に汗をかかない部分であれば、長時間に及ぶフレグランスを実感できると思います。

汗臭とか加齢臭が気になるわけじゃないんだけど、エチケットのひとつとして使うようにしています。練り香水に該当するのかな?この形式は使うのが初めてなので最初は勝手がわからなかったんですが、慣れてくると意外とコスパが良いということがわかりました。

はっきりとした匂いを付けたい、という人にとっては違うのかもしれないけど、僕みたいに「さりげなく、爽やかに」というスタンスの人なら重宝すると思います。

豆粒くらいをとって半分ずつ耳の後ろに付けているんですが、昼過ぎでも少し残っているし、同僚と話をしている時に「どこからかいい匂いしない?」って言ってもらえています。

どこにでも塗れるのがいい

どこにでも塗れるのがいいという意見も多いです。首や腕はもちろん、足やワキにも塗ることが出来るので男性としては大助かりのようです。

特にビジネスマンは営業の際に革靴を履く人がほとんどです。冬場でも蒸れてしまうのに、夏場は更に蒸れが酷くなります。靴を履いたままであればともかく、座敷の食事などで靴を脱がなくてはいけない時、少し塗るだけで、十分な消臭が期待できます。

そのため、グルーミングバームを使用しているビジネスマンは、持ち歩いている人がほとんどのようです。ビジネスマンは主に足やワキに使用している人が多い傾向にあります。それだけ外を出歩くのですから、汗をかいてニオイが気になるのは当然かもしれません。蒸し暑い時などは予想以上に役に立つはずです。

はじめは夏場の脇汗の臭い対策で購入したんですが、帰宅した時の足の臭いが気になって付けてみたところ、こちらにも効果がありました。まぁ、臭いがでる仕組みは体の部位が違っても、根本的なところは同じだろうから当然と言えば当然ですね。

なので今は脇と足の指の間、それに意外とクサイらしい耳の裏に付けるようにしています。足は靴の中が蒸れるので完全無臭にはなっていませんが、かなり軽減しています。

脇に関してはほとんど臭いを感じないし、汗をかいても変なにおいにならないのが良いですね。

1年中使えるのがいい

季節を感じさせない香りで、1年中使えるのがいいという口コミもたくさんありました。スッキリとしていて爽やかなので、使用している人も飽きません。飽きさせないのは簡単なようですが、実際はかなり難しいものです。同じものばかりだと慣れて別のものを使いたくなる人もいると思います。

飽きさせない工夫をしながらも、シンプルで爽やかだからこそ、他の製品が目に入らないほど気に入っているということです。

加齢臭っぽいものが出て来た主人のために、一年ちょっと前に購入して、それからほぼ毎日付けてもらっています。消臭効果がしっかりしていて、汗をかいた後でも「悪臭」と感じることはありません

それにほのかな爽やかさが良いですね。香水だと夏向きとか冬向きとかあるけれど、これの場合香り自体が弱めだから季節を気にする必要もない

まとめ

プラウドメンのグルーミングバームは、他社のフレグランスクリームを使ったけれど物足りなかったから購入したという人が多いようです。amazonの口コミを見れば納得ですが、かなりの高い確率でリピーターが増えているので、他の製品と比べても高い品質を誇っているのが分かります。やはりベストセラーにはそれなりの品質があるということですね。

価格は40gで3千円程度と、どちらかと言えば高い方に入るかもしれません。それに、好みが合わないという人もいるかもしれません。爽やかな香りだからと言って全ての人に受け入れられるわけではないのと同じです。

しかし、買って満足していると答えている人がたくさんいます。まだ使ったことがない人はぜひ1度試してみて下さい。

併せてこちらもチェック!

スポンサーリンク
体臭・口臭対策
スポンサーリンク
香水人気ランキング

香水の歴史上『名香』と呼ばれた名作、殿堂入りにふさわしい香水を厳選。

【メンズ】【レディース】に分けてあります。

新たな香水を探している方はぜひチェックしてみて下さい。

香水人気ランキング.com