*

アロマ生活におすすめ!人気のアロマオイル11選

      2018/06/13

アロマ生活におすすめ!人気のアロマオイル11選

日常生活の質をより良くするためにアロマを活用している人も増えていると言います。リードディフューザーなどでお手軽に楽しんでいる人もいれば、対応している加湿機にアロマオイルを数滴入れたり、上級者なら本格的なアロマオイルとディフューザーを使ってアロマテラピーを楽しんでいる人もいるそうです。

それもそのはず、香りは私たちの生活とは切っても切り離せない存在だからですね。食べ物のおいしそうな匂いや花の芳しい匂いで癒されたり、幸せな気持ちになったりするものです。生活をより豊かなものにするためには香りの力はあなどれません。

日々の疲れやストレスを感じている人、気分が落ち込んだりしやすい人は、リラックスタイムにアロマを取り入れてみてはいかがでしょうか?マッサージにアロマオイルを使ったり、ディフューザーを使って部屋に芳香するだけでもかなりリフレッシュになるのでおすすめ!

ということで今回は、アロマ生活に欠かせないアロマオイルについての効果や用途による選び方などの概要と、「いい香り!」と口コミで人気のアロマオイルを厳選して紹介します。

 

アロマの効果とは?

人間は古来から植物を薬草として使ったり、森林浴などでリラックスしたり、お花の香りで癒されたりと、自然の力を活用してきました。

アロマの効果は、その植物の香りや含まれる成分を活用して、日常生活を送っている時に感じてしまう様々なストレスを緩和して、癒しや幸福感を得たりするものです。そのことで心が健康になり、寝つきがよくなったりすることで体の健康にも役立ったりもします。

また最近ではそれ以外にも、殺菌効果などを利用して掃除に活用する人、香りによる食欲減退効果でダイエットに活用する人もいます。

アロマは香りによって効果が違うので、TPOに合わせて選ぶのがおすすめです。

アロマオイルの種類

アロマオイルの種類

一口に「アロマオイル」と言っていますが、それにはどんな種類があるのでしょうか。

代表的なものが「エッセンシャルオイル」「精油」とも言います。これは「100%天然素材」のものです。植物によってどの部分を使うのかは変わりますが、花・葉・茎・根・果皮・種子などから成分を集めたものです。

マッサージなどで体に直接触れる使用の場合は、このエッセンシャルオイルを使ってください。

エッセンシャルオイル以外には「ポプリオイル」「フレグランスオイル」、オイルではありませんが「アロマウォーター」などがあります。これらはエッセンシャルオイルではありませんので、合成香料を使っているか、天然香料をアルコールや溶剤で希釈している人工香料です。

人工のものでもそれが粗悪品ということではありません。リードディフューザーなどではエッセンシャルオイルだと粘度が高く吸い上げにくいので、フレグランスオイルを使ったりします。用途によって使い分けているのですね。

ただ、人工香料は肌に悪影響を及ぼす可能性がありますので、マッサージや入浴など体に触れる使用はしないでください。香りを楽しむだけでの使用でしたら何の問題もありません。ですが、より質の高い効果を楽しみたい場合は、香りのみの使用でもエッセンシャルオイルを使った方がいいでしょう。

ちなみに「アロマオイル」という言葉は、このエッセンシャルオイルと他の人工香料を併せた、香りのするオイルの総称です。ですが人によっては「エッセンシャルオイル以外のものをアロマオイルと呼ぶ」という使い分けをする人もいます。天然香料か人工香料かを解りやすく区別するための使い分けだと思われます。

自分はエッセンシャルオイルの意味合いでアロマオイルと言ったのに、友達に「それはアロマオイルじゃなくてエッセンシャルオイルでしょ。」と指摘されるということもあるかもしれません。「どっちも同じものでしょ?」みたいなことが起こらないように、使い分けをする人・しない人がいることを記憶にとどめておくといいかもしません。


エッセンシャルオイルを購入する場合の注意点

実際にエッセンシャルオイルを購入する場合、確認しておくことがあります。

商品に表示されているものが、単に「アロマオイル」と記載されているものではなく「エッセンシャルオイル」「100%ピュアナチュラル」などが記載されているものを選びましょう。「100% Pure & Natural」「Pure Essential Oil」など英語表記のものもあります。その他学名や原産国、抽出方法なども明記されているはずです。

ボトルは容器の劣化を防ぐためにガラス容器になっています。日光の影響を受けないように遮光性のある容器になっていて大部分が青色か茶色です。

肌に使用したり、強いこだわりを持って選ぶ人は、このあたりに留意しましょう。

ペットがいる場合は要注意

ペットがいる場合は要注意

ペットを飼っている人も多いと思いますが、アロマがペットにとって危険になることもありますので、細心の注意をしてください。犬や猫は人間より嗅覚が強いので、人間がちょうどいいと思っていてもペット達には強烈な刺激臭になります。

香りの成分が呼吸を通して体内に入った場合、その成分は酵素によって代謝で体外に出ますが、動物は人間と同じ酵素を持っているとは限りません。体外に排出されずに中毒に至る可能性があります。飼っていた猫が、アロマが原因で知らぬ間に肝機能が悪くなってしまったということもあるらしいです。

犬はコレがダメ、猫はコレがダメ、と、害になりうる香り成分は動物によって違います。複数の動物を飼っている方はさらに注意が必要です。

アロマの楽しみ方

アロマの楽しみ方

それではここからは専門的なアロマテラピーではなく、もっと気軽に楽しめるアロマの楽しみ方を紹介していきます。

芳香浴とその方法

香りを浴びることで癒されるタイプで、いわゆる「アロマテラピー」でイメージされるのがコレですね。部屋の中に自分の好きな香りを充満させて、ゆったりと時間を過ごすものです。

アロマポット(オイルウォーマーとも言います)やアロマランプ(アロマライトとも言います)など、火や電球の熱でアロマオイルを垂らした水を入れた受け皿を加熱して香りを出すものや、アロマファンなどアロマオイルを染み込ませたマットなどに風を当てて香りを出すものがありますが、一番有名どころで人気なのは「アロマディフューザー」ではないでしょうか。

アロマディフューザーには、アロマオイルを入れた水を加熱して蒸気を出す「スチーム式」と超音波振動で冷たいミストを出す「超音波式」が有名です。他には圧縮空気でオイルを微粒子にして飛ばすものもあります。

商品によっては加湿機能があったりインテリア性が優れているものが多いのも人気のポイント。

 

空気清浄機などについている加湿機(アロマ非対応)にアロマオイルを入れている人がいますが、発火や故障の原因となりますので、必ず専用のアロマディフューザーを使いましょう。通常の加湿器でアロマを楽しみたい方は、加湿器対応のアロマウォーターを用意します。

参考:アロマディフューザーは今これがおすすめ!タイプ別人気製品9選

また、道具を使わない方法だと、ハンカチなどに染み込ませて枕元に置いたり、お湯を入れたコップなどに数滴アロマオイルを入れて蒸気を楽しむという方法もあります。この場合、肌に触れたり飲んでしまったりしないよう気を付けてください

アロマバスとその方法

文字通りお風呂にアロマオイルを入れてゆったりするもの。肌に触れるので、エッセンシャルオイルを使用してください。

全身浴や半身浴など、好みや気分に応じて楽しみましょう。入れる量は3~5滴ほど。オイルとお湯ですので溶け合うことはありません。ですので肌が弱い人は入れる量を減らすか、あらかじめキャリアオイルなどで薄めたアロマオイルを使いましょう。柑橘系のオイルだと、肌に刺激を感じてしまうこともありますので注意が必要です。

洗面器やバケツを使った足湯などもいいかもしれません。その場合はオイルは2~3滴ほど。香りで癒されながらお風呂でマッサージなどをして身も心も癒されましょう。

アロママッサージ

アロマテラピーの中でも一番の醍醐味とまで言われるアロママッサージ。行うのであれば血行が良くなっているお風呂上りがいいでしょう。

肌に直接触れるのでエッセンシャルオイルを使い、そして原液をそのまま使わないようにしてください。ホホバオイルなどのキャリアオイルで濃度を1%以下に薄めてから使ってください。目安はキャリアオイル50mlに対してエッセンシャルオイルが10滴ほどです。

口コミで人気!おすすめアロマオイル

それではここからは、口コミで人気のアロマオイルを厳選して紹介します。いずれも高評価なのでおすすめですが、選ぶ際は上記で説明したように、用途によってはエッセンシャルオイルを使わなければいけないことに注意して下さい。

芳香を楽しむだけであれば人工香料で問題ありませんが、マッサージや入浴など、肌に触れる可能性があるものは必ずエッセンシャルオイルにしましょう。

価格も大して変わりませんので、いずれにも使える用途の広さから言えば、とりあえずエッセンシャルオイルにしておくのが無難ですね。もちろん人工香料には人工香料の良さもあるかと思いますが。

NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル お試しセット

 

5mlの6本セットになっています。「セルフケア」「センチメンタル」「ダイエット」「ハウスクリーニング」「リラックス」などの目的別でセットが用意されていて、それぞれ6種類のオイルがセットとなっている商品です。

例えばリラックスでは「ラベンダー」「ローズゼラニウム」「オレンジスイート」「ベルガモット」「メイチャン」「タンジェリン」の6本セットです。セット商品でも2~3種類しか入っていない商品がある中6種類も試せるのは、なかなかコスパもいいのではないでしょうか。

お手頃価格で6種類のオイルを試せるのでとても人気のセットです。試しに買ったリラックスセットに入っていたベルガモットにとてもハマり、それ以来ベルガモット好きになった、というような人もいます。少しだけ試せて、そのあと気に入ったものを多めの量で購入する。お試しセットの醍醐味ですね。

単品販売もあり、5ml・10ml・50ml・100mlと展開されています。

NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル お試しセットの口コミ

  • 「友達と違うセットを購入して、お互いのもので気になったものと交換し合いました。6種類もあるとこういう交換会もできていいですね。」
  • 「3つが気になった香りで、他の3つは興味がありませんでした。気になった3つ分のでこの金額だと考えても損した気分にはならないクオリティです。ついでに興味がなかった3つも試せると考えれば、かなりお得ではないでしょうか。」

インセント人気エッセンシャルオイル5本セット

 

残留農薬の厳しいチェックをクリアした材料だけでつくられたブランドです。

5mlの5本セット。セットの組み合わせは3種類あってインセント社のエッセンシャルオイル人気ランキング「1位~5位」「6位~10位」「11位~15位」のセットになっています。普段買わない香りが含まれているかもしれませんが、その分新たな出会いがあるかもしれません。

こちらも単品販売があり、容量は10ml・20ml・50ml・100mlとあります。

その単品の中でも注目なのが「吉野ひのき」です。セット対象の上位15位には入っていませんが、切り立ての材木のような清潔感あるいい香りが感じられると根強い人気です。ヒノキは昔から建造物に使われたりヒノキ風呂に使われて馴染みのある材木ですよね。

吉野ひのき以外にも「木曽ひのき」「四万十ひのき」もあります。

ちなみに私は自然の香りが好きなので、これが一番好きです。大容量があるのでコスパもかなり良いですよ。

 

 

インセント人気エッセンシャルオイル5本セットの口コミ

  • 「お値段も高くないですし、その割にはしっかりした香りで満足しています。嗅いだことない香りが意外といい匂いという発見もあって、なかなかうれしいセットでした。」
  • 「同じ香りでもメーカーが変わると産地も変わるので香り方が違いますよね。なのでこういうセットでこのメーカーの〇〇はこういう感じという予習ができてとてもありがたいです。」

GAIA (ガイア) エッセンシャルオイル

 

 

空気に触れると酸化が進んでしまうため、それを防ぐためボトル内の空気を残さないよう窒素ガスを充填していて、よい品質のまま長期保存できる商品となっています。

容量は5mlと10ml。香りによっては3mlなどもあるようです。

GAIA (ガイア) エッセンシャルオイルの口コミ

  • 「エッセンシャルオイルはピンキリですが、ここのものは品質もしっかりしていてまたリピートしたいと思いました。」
  • 「ここのラベンダーが一番好きです。お風呂や手作りのクリームにも使えてとても便利です。10mlだとすぐになくなっちゃうくらい使ってます。」

ASH エッセンシャルオイル

 

厳選された良質の原材料から作ったエッセンシャルオイル。

容量は5ml・10ml・50ml・100mlで、さらに業務用の1kgまであります。

オーストラリアの精油会社から中間業者を介さずに輸入。無駄なコストもかけず鮮度も保って販売しています。過剰在庫にならないように計算して仕入れていいるので、オイルの鮮度は折り紙付き。

ASH エッセンシャルオイルの口コミ

  • 「品質も価格も安心して使えるので、何年もこの会社の商品を購入しています。我が家のアロマディフューザーで活躍してくれているオイルです。」
  • 「妻がアロマにハマっていて、自分でキャンドルやソープまでつくっています。そんな妻が、ここのオイルが一番仕上がりがよかったとリピートしているのが、このASHさんで購入したものです。」

ease エッセンシャルオイル

 

植物本来の力を届けたいというこだわりを持ち、鮮度を保つため、ほぼ毎月空輸で商品を仕入れています。アロマトリートメント中心のリラクゼーションサロンも経営、使っているのはもちろん自社のもの。アロマスクールも運営している会社です。

容量は5ml・10ml・50ml・100mlです。

ease エッセンシャルオイルの口コミ

  • 「いろんな会社のラベンダーを試しましたが、この会社のものは他社に比べてあっさりした感じです。ラベンダー畑を思い出されます。他社ものが少しきつく感じてしまうくらいです。」
  • 「油分が少なめなのか、蒸発した後の残りが少なくてきれいです。他の会社のものだと油分が残っていたりして、汚れを取るのに手間がかかりましたが、ここの製品はそんなことなく使い終わったあとのメンテナンスも簡単でうれしいです。」

女子のおまもり エッセンシャルオイル

 

女性ホルモンプランナーの鳥山ますみさん提案のエッセンシャルオイル。女性のお悩みに合わせた「柔:自律神経タイプ」「安:セロトニンタイプ」「艶:卵巣お悩みタイプ」の3種類展開です。3つとも6種類のオイルをブレンドしたブレンドオイルです。

容量は10ml。

女子のおまもり エッセンシャルオイルの口コミ

  • 「買ったばかりなのでお悩み解決効果があるかはわかりませんが、香り自体は良い香りでお風呂に入るときに使っています。」
  • 「今の自分のリズムに合わせて、それにあったオイルを使うというのはありそうでなかった。とりあえずセットで買いました。今後体調に合わせてお部屋で使ってみたいです。」

US Organic エッセンシャルオイル

 

2011年にニュージャージーで誕生したオーガニックケアブランド「US Organic」。日本で言う農林水産省に該当する、アメリカのUSDAの認証を受けています。この認証を受けるにはとても厳しい基準を満たさなければいけないので、世界一厳しい認証と言われています。

その分価格に反映されがちですが、高地栽培されたラベンダーのエッセンシャルオイルが、Amazon限定の販売にすることで、お手頃価格で販売されています。

US Organic エッセンシャルオイルの口コミ

  • 「日本で普通に手に入るラベンダーのオイルよりも濃厚で癒されました。甘さが強めかもしれませんがとても好みです。」
  • 「濃厚で上品な芳香。一回使い切ったので他の物にしたら寝つきが悪くなってしまいました。ずっとこのままの価格で販売してほしい、私の必需品です。」

ブルーラベル アロマエッセンス

 

こちらはエッセンシャルオイルではありませんので、アロマディフューザーやリードディフューザーに使用したり、ハンカチなどに付けて香りを楽しんでください。

容量は8mlで、香りはラベンダー・ローズ・サンダルウッドなど合計28種類。

ブルーラベル アロマエッセンスの口コミ

  • 「人工的な感じは少なからずありますが、ちゃんといい匂いがします。購入したのはサンダルウッドですが、ちゃんとサンダルウッドを感じられます。」
  • 「お香に比べると質は落ちますが、悪いものではありません。サンダルウッド好きだと物足りないかもしれませんが、そんなにがっつりしたものでなくてもいい人には問題ない質だと思います。」

フェルナンダ アロマオイル

 

こちらもエッセンシャルオイルではなくフレグランスオイルとなっていますので、フェルナンダのリードディフューザーをはじめ、ディフューザーのアロマオイルなどに使ってください。

容量は10mlで、マリアリゲル・ピンクエウフォリア・ケリーダテレーザの3種類があります。

(公社)日本アロマ環境協会資格試験対応セット

 

こちらは商品名の通り、試験対策用のセットです。アロマに興味を持ったなら資格も取ってしまおうという人や、そこまでではなくてももっと知識を深めたい、香りの嗅ぎ分けをもっとできるようにしたい、という人におすすめ。オイルだけでなくムエットもついています。

1つあたりの容量は少ないので、本格使用目的で買うのはやめた方がいいでしょう。知的好奇心と向上心を満たす教材として活用してください。

(公社)日本アロマ環境協会資格試験対応セットの口コミ

  • 「実際に試験を受けるので、勉強用で購入。嗅ぎ分けが難しいのを思い知らされた反面、実際に試せるのでかなり役に立ったと思っております。」
  • 「検定は受けませんが、普段嗅がないような香りも試せるので試しに買ってみました。今後の精油選びのための知識や嗅覚がそれなりに身につけられたと思っています。」

Johns Blend アロマウォーター 加湿器用

 

手軽に楽しめる加湿器専用のアロマウォーター。お手持ちの加湿器に入れるだけで加湿とルームフレグランスが楽しめます。

水道水で200倍に希釈して加湿タンクに入れるだけなので、使いやすさとコスパの良さで人気があります。加湿器に使う水道水が1000mlだったらアロマウォーター5mlなので1本で約100回分ぐらいあります。

さいごに

今回はアロマオイルについての説明と人気アイテムを紹介しました。かなり身近な存在となったアロマテラピー。本格的なものでなければ個人でもお手軽に楽しむことができます。

マッサージや入浴など肌に付ける使い方の場合はエッセンシャルオイルでないといけませんが、アロマディフューザーでしたら他のアロマオイルでも大丈夫です。むしろ常にエッセンシャルオイルを使うようにしていれば、同じオイルで入浴にもディフューザーにも使えますね。

同じ香料でも原料の産地によって香り方は違います。特にエッセンシャルオイルは人工物でない分素材そのものが生かされるので、その特徴も分かりやすいでしょう。ラベンダー好きならA社B社C社と利きラベンダーをしてみるのもいいかもしれません。

奥深い香りの世界に足を踏み入れてみれば、新しい自分に気付けるかもしれませんね。心身ともにリラックス&リフレッシュできるアロマ生活、おすすめです!

こちらも併せてチェック!




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事