*

ローラさんプロデュースの人気香水『Vasilisa(ヴァシリーサ)』の香りと口コミ

   

ローラさんプロデュースの人気香水『Vasilisa(ヴァシリーサ)』の香りと口コミ

タレント・モデルなどマルチに活躍する芸能人、ローラさんがプロデュースしたフレグランスブランド『Vasilisa(ヴァシリーサ)』。ここから発表されている香水は、彼女自身が持つハッピーなオーラを纏わせてくれると人気を博しています。

ブランド名は古代ギリシャ語で王妃を意味する単語「Basilisa」からとったもの。その言葉通りにエレガントな雰囲気も一緒に纏わせてくれます。

それでは、そんなハッピーでエレガントなヴァシリーサの人気香水を紹介していきます。

リトルシークレット

 

ヴァシリーサのROSY LINEの商品。エレガントでキュートなボトルに、とても意匠を凝らしたキャップ。レザーカット技術が駆使された、とても美しく作り上げられた鳥かごです。その上にとまるのは、このラインの象徴、小鳥の「Rosy」。それは自由奔放に自分らしく楽しむ現代女性を表現しています。

  • 香調:スウィート、グルマン
  • トップノート…マンダリン・ペア・ストロベリー・ブラックベリー
  • ミドルノート…フリージア・ジャスミン・オレンジブロッサム
  • ラストノート…プレミアムバニラ・ウッディノート・ムスク

最初はフルーティーな甘さが、そして続いて爽やかな甘さがでてきます。さらにバニラの甘さも加わります。甘ったるい感じにはなりませんが、甘いものが苦手な人にはちょっと重いかもしれません。

グルマン系なので夏よりは秋冬の涼しい時期向け。

リトルシークレットの口コミ

  • 「中身も外身も可愛らしい。持続はそんなに長くないですが、逆にこまめにつける楽しさが出てくる、そんな可愛らしさがあります。」
  • 「とても気に入っていて、何回かリピートしてます。使い終わったボトルも大切に飾っています。甘い匂いなので、私は気に入っているけど苦手な人はそれなりにいると思います。」
  • 「朝付けて夕方くらいまで持続するかな。さっぱりとした甘い匂いで、ちょっとセクシーさもあります。男子受けもいいです。」
  • 「それなりにきついので、付けすぎは注意ですね。少量で十分です。甘いものが苦手な人には向かないでしょう。そのへんの好き嫌いははっきり出ると思います。」

甘めの香りで強さもしっかりしているようですので、付けすぎには注意が必要のようです。甘いものが苦手な人など好き嫌いは出るようですが、少し香らせれば印象は良いようです。中には男性の使用者もいたくらいです。

ガーデンワルツ

 

こちらもROSY LINEの商品です。ボトルデザインは同じで、色が淡い青色になっています。優しくふわっと癒しの香りです。

  • 香調:フレッシュティーノート
  • トップノート…チェリー・レモン・ベルガモット・アールグレイ
  • ミドルノート…ミュゲ・リリー・ホワイトフラワーズ
  • ラストノート…アンバー・ムスク・パチュリ

紅茶のような香りのあとにフローラルがエレガントに出てきます。レモンなどの甘酸っぱさも感じられます。その分甘さは控えめです。

ガーデンワルツの口コミ

  • 「爽やかな感じで、清潔感がある感じです。夏に合いそうです。周りからもいい匂いって言ってもらえています。」
  • 「あまり紅茶は感じないかな。フローラルの方が強いです。リトルシークレットほど甘さは強くないので、それを期待している人には合わないかもしれませんね。」
  • 「体温のせいでしょうか、フローラルもきつめに出てきました。爽やかというレベルを越えて、青臭い?っていう感じです。ちょっと好みは分かれるのではないでしょうか。」
  • 「柔らかくて優しいフローラルで、全然重くないです。甘すぎることもなくて普段使いにもいいと思います。」

甘さ控えめで、爽やかさをメインとしたフローラルのようです。紅茶的なところは最初だけという人が多くいました。体温が高めだと強めに出てしまう傾向のようですが、夏に合うという人もいますので、付ける場所や量で調整できるかもしれません。

ロージーロージー

 

こちらもROSY LINEの商品で、色は淡いピンクとなっています。上品でエレガントなローズとフレッシュなグリーンやフローラルの芳醇な芳香です。

  • 香調:フルーティー、フローラル
  • トップノート…リーフィーグリーン・レモン
  • ミドルノート…イングリッシュローズ・ピオニー・ミュゲ
  • ラストノート…ムスク・ウッディーノート

とても女の子らしい甘さのある香り。リトルシークレットの甘さが重たいと感じる人でも、こちらは大丈夫という人が多くいました。

バラの香りや他のフローラルもとてもフェミニンで、男性からの受けもいいようです。

ロージーロージーの口コミ

  • 「甘すぎず爽やかすぎずでちょうどいい感じ。持続性が低いのが玉に瑕。見た目が可愛いのもおすすめ。香りも容器も女の子って感じです。」
  • 「若い世代向けの匂いですが、安っぽい感じではないです。長く持続しないでほんのりと香るのもいいです。」
  • 「上品な感じできつさもありません。甘すぎることもなく使いやすいです。初心者さんでも大丈夫なのではないでしょうか。」
  • 「彼氏が気に入ってくれている香水です。会社でも好評です。甘さがあって可愛らしいけれど、爽やかで清楚なお嬢様な印象も感じさせてくれます。」

3種類の中では甘さは真ん中の強さのようです。比較的癖はなく使いやすく男性受けもいいようです。フローラルと適度な甘さで女性的な部分をアピールできそうです。

オードグレイス

 

ヴァシリーサのEAU DE LINEの商品。シンプルに、かつエレガントに洗練されたボトル。スタイリッシュでありながら女性的な曲線美もあります。その中に、真ん中に走る金色のラインは芯の強さの象徴。無駄を省いた本物の美しさを表現しています。

  • 香調:スウィート、フローラル
  • トップノート…マンダリン・チェリー・ラズベリー・ペア
  • ミドルノート…オーキッド・ガーデニア・バニラ・ココナッツ・マシュマロ
  • ラストノート…サンダルウッド・オーク

瑞々しい透明感のあるトップノートではじまり、ミドルノートでは優雅なガーデニアとマシュマロなどの甘さが重なり、とても個性的。ラストノートではそれらを少し落ち着けた雰囲気に。

オードグレイスの口コミ

  • 「バニラやマシュマロとあったので、もっと甘ったるいのかと思っていましたが、そんなことありませんでした。きつくない品のある甘さで大人の色気という感じ。」
  • 「バニラのような甘さがちゃんとあり、でも甘すぎず強すぎずでとても気に入っています。妹も気に入っているようで、勝手に使っています。」
  • 「可愛らしい女の子な感じ。付けすぎると甘さが重く感じるので注意が必要ですね。周りで使っている人もいなくて、被らないのもうれしいですね。」
  • 「お花とバニラが合わさった、なんか不思議な個性がある匂い。女の子っぽいところもありながら、大人の色気とかも感じます。」

マシュマロやバニラなど甘いものを入れておきながら、フルーツやフローラルで甘すぎることないように抑えて、品のある大人の色気を出してくれます。若者向けに思えますが大人でも使えるという声も多かったです。

マイウェイ

 

ヴァシリーサのMY WAY LINEの商品。商品名と商品ラインの名称が同じということは、このラインを代表する作品ということでしょう。名称の通り自分の道・自分の生き方を進む女性に贈られる香水。まさにローラさんをイメージしていますね。

香りの印象もマニッシュな傾向ですが、ボトルも直線的でどこか男性的な印象を与えます。三角柱という形状。さらに底面には三角錐がしつらえてあります。

  • 香調:フルーティー、フローラル
  • トップノート…ラズベリー・アセロラ・ピンクペッパー
  • ミドルノート…レッドローズ・マグノリア・ガーデニア・ピーチ
  • ラストノート…シダーウッド・サンダルウッド・ムスク

トップノートではラズベリーなどの酸味がある甘さ。そこにスパイシーながらも甘みのあるピンクペッパーが加わります。ミドルノートではフローラルで女性的な雰囲気が出ます。ラストノートではシダーウッドやサンダルウッドもありますが、メンズっぽくなることはなく落ち着いた雰囲気に。

マイウェイの口コミ

  • 「旦那からプレゼントしてもらいました。名前が今の自分を受け入れてもらえているようでうれしかったです。落ち着いた感じで身も引き締まります。」
  • 「甘すぎることもないので仕事場に付けていっても大丈夫です。重くもないので多少暑くても邪魔にならない感じです。」
  • 「きつくなくて癖も特にない、とても使いやすい印象です。きりっとしたイイ女、みたいな感じです。」
  • 「とても好きで何回かリピートしています。甘すぎず柔らかい感触。女性らしい雰囲気もありながら、しっかりとした大人という雰囲気も与えてくれます。

マニッシュというほど男性的な要素が出るわけではなく、落ち着いた大人の雰囲気を与えてくれるという印象です。甘さやフローラルがありますが、それらが出すぎないように自然な感じで押さえているようです。

ヌードワン

 

こちらもMY WAY LINEの商品です。ボトル形状は同じで、色合いはこちらの方がオレンジがかっています。

  • 香調:スウィートグルマン
  • トップノート…アップル・シトラス
  • ミドルノート…ハニーサックル・ガーデニア
  • ラストノート…プラリネ・バニラ・サンダルウッド

はじめはフルーツ系の香りと甘さ。次第にフローラルが出てきてフルーツ感が引いて行っても甘さは残り、だんだんと優しい印象に。サンダルウッドの影響でしょうか、あまり自己主張しすぎない落ち着いた甘さになります。

ヌードワンの口コミ

  • 「甘いものが好きなのでとても気に入っています。周りからも何を使ってるか聞かれるくらい好評です。女子力上がる感じ。」
  • 「甘いけれど重くない落ち着いた感じなので、付けすぎなければ会社に付けていけます。今のところは臭いとかきついとか言われたことはないです。」
  • 「結構甘いので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私的にはとても気に入った香りです。落ち着きのある甘さで、比較的使いやすいと思います。」
  • 「アップルパイ的な、リンゴのお菓子にお花の香りを添えたような感じです。ちょっと濃い目なので付けすぎると酔ったり香害になるかもしれません。」

グルマン系のわりには「甘ったるく感じた」というような口コミは少なかった傾向です。シトラスやサンダルウッドがうまく抑えているのでしょうか。ですが甘いことには変わりはないので、付けすぎてしまうと重くなってしまうので注意しましょう。

さいごに

さいごに

今回はローラさんがプロデュースしたフレグランスシリーズ「Vasilisa(ヴァシリーサ)」から発売されている人気の香水を紹介しました。

香水には3つの商品ラインがあります。そして香水以外にもボディスプレーとパフュームスティック(練り香水)も、同ブランドから発売されています。ローラさんのマルチな才能がここでも発揮されているようですね。

ボトルもオシャレで人気があり、プレゼントにも贈られています。香りの持続は短い傾向がありますが、その分香りが邪魔になりにくく使いやすいという口コミも多くあります。

特に人気があるのは最初に紹介したリトルシークレットのようですね。一度あなたも手に取ってハッピーな気持ちを纏ってみませんか。

 

こちらも併せてチェック!




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事

ロクシタンのオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りと口コミ

ロクシタンのオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りと口コミ

ハンドクリームやリップクリームなど、香りに定評があるスキンケアブランド「ロクシタン」。ここではロクシタンからリリースされているオーガニック香水『ヴァーベナオードトワレ』の香りや愛用者の口コミを紹介しています。

資生堂ブランド「マジョリカマジョルカ」の香水『マジョロマンティカ』の香りと口コミ

資生堂ブランド「マジョリカマジョルカ」の香水『マジョロマンティカ』の香りと口コミ

資生堂のブランド「マジョリカマジョルカ」。中でも人気の香水『マジョロマンティカ』のコンセプトや香り、口コミをご紹介します。

恋が叶う香水!?イヴサンローラン『ベビードール』の香りと口コミ

恋が叶う香水!?イヴサンローラン『ベビードール』の香りと口コミ

男性が選ぶ、女性に付けて欲しい香水ランキング1位のイヴサンローラン『ベビードール』。恋が叶う香水として人気です。その香りと口コミを紹介します。

ほのかに香るバラ!ジョーマローン(JO MALONE)の香水『レッドローズコロン』の口コミ

ほのかに香るバラ!ジョーマローン(JO MALONE)の香水『レッドローズコロン』の口コミ

ほのかに香るバラが人気のジョーマローン(JO MALONE)の香水『レッドローズコロン』。トップノートやラストノートにはレモンやハチミツの要素も。その香りの特徴を口コミから参考にしてみましょう。

アランドロンの人気レディース香水『サムライウーマン ホワイトローズ』の香りと口コミ

アランドロンの人気レディース香水『サムライウーマン ホワイトローズ』の香りと口コミ

アランドロンから発売されている人気レディース香水『サムライウーマン ホワイトローズ』。「花の女王」と言われているバラの中でも、最も気品があるとされているのがホワイトローズ

結婚を引き寄せる婚活香水!ランバン『Marry me!(マリーミー)』の香りと口コミ

結婚を引き寄せる婚活香水!ランバン『Marry me!(マリーミー)』の香りと口コミ

ランバンのレディース香水『Marry me!(マリーミー)』は世界共通の普遍的なテーマ『恋愛・結婚』をテーマにした、言わば「婚活香水」です。 その香りの特徴や愛用者の口コミを紹介します。

匂いフェチにはたまらない!ディオールの香水『アディクト』の香りとラインナップ

匂いフェチにはたまらない!ディオールの香水『アディクト』の香りとラインナップ

アディクトとは「中毒になる」という意味があり、ディオールの香水の中でも代表的な存在である『アディクト』。匂いフェチにはたまらない香り。