*

モテたい男の武器になる!?人気のメンズ用フェロモン香水7選

      2018/04/25

モテたい男の武器になる!?人気のメンズ用フェロモン香水7選

「異性にモテたい!」これは古今東西、男女問わず人間が持つ願望ですよね。モテるために、見た目を整えたり、仕事を頑張ってお金を稼いだり、なにかしらの特技を身につけたり、といった努力を重ねます。それでもなかなかうまくいかないというのが実情。

男性の場合、美人・可愛い女性のように「ウザいぐらいみんなからアプローチされる」「自分が好きになった人から必ず告白される」なんて超絶イージーなことはありません。

やっと好きな女性ができても周りを見渡せば20人も30人もライバルがいるのは当たり前で、その中から選ばれるのは至難の業。生まれつき顔が良いイケメンや金持ちでもなければ、男としての何か特別な魅力がないと恋愛することさえままなりません。

恋愛市場においては圧倒的に女性有利の時代。そういったことからでしょうか、昔から一定の需要がある「フェロモン香水」「もう手段なんて選んでる場合じゃない」そんな気持ち、分かります。



モテる女からすれば「そんなのに頼ろうとしてること自体、マジ気持ち悪い」と思うかもしれませんが、それは勝者の理論。容姿が良いという、生まれつきイージー過ぎる恩恵を受けて全力で調子に乗っている中身のないクソ女には男の切実さを理解できるはずがありません。笑

敗者が成功するためには、敗者なりの泥臭くて地道な努力をしなければ現状を何も変えられないのです。

…とは言え、「フェロモン香水なんて効果あるわけないじゃん」と思うのは当然のこと。しかしその反面、特にイケメンというわけでもないのに多くの女性からアプローチを受けている奴がいる。そんな光景を垣間見てしまうとフェロモンの効果を信じてみたくもなります。

上手く使えば最強の武器になる、それが分かっているのに剣を抜かない漢はいません。男の本能は遺伝子を残すために必至なのです(・ω・)

今回は、そんなモテたい男に贈る、メンズ用人気フェロモン香水を厳選して紹介していきます。まずはその前にフェロモン香水についての正しい知識を把握しておきましょう。

フェロモンってなに?

フェロモンってなに?

フェロモンは動物や昆虫が体内から出す分泌物質で、仲間を一つの場所に集めるためだったり、道標にするためだったりと、様々な目的で使われます。同じ生物内での伝達手段の物質と言えます。

その役割の中で一番大きな役割が「異性を自分のところに引き寄せる」というものです。例えば蛾の雌がフェロモンを出すことで、蛾の雄が数キロメートル先から誘われてくると言われています。

もともとヒトには動物のようなフェロモンはないと信じられてきましたが、1987年デービッド・バーライナー博士によって、ヒトにもフェロモン、およびそれを感じ取る器官があることが発見されています。これはアメリカの学術誌で正式に研究発表されています。

そんなフェロモンを自分の意のままに纏うことができたら、世界が広がりそうな気がしますよね。そんな願望を叶えてくれるアイテムが「フェロモン香水」なのです。



メンズ用のフェロモン香水って本当に効果があるの?

フェロモン香水って本当に効果があるの?

ちまたには「異性にモテる」ことに関しての情報が溢れすぎていて、そして大げさな効果を謳っているものも多く、なんだか胡散臭く感じてしまうことの方が多いのではないでしょうか。

実際のところどうなのかというと、マンガの主人公のようにたくさんの女の子がひっきりなしにやってくる、ということはないでしょう。人間には理性や感情があり、本能だけで生きているわけではありませんし、昆虫のように単純な生物ではないので、「フェロモン香水を付けただけで、劇的にモテる」なんてことは期待できません

だからといって「効果がない・意味がない」ということではありません。猫にまたたびみたいな劇的な反応がないだけであって、「香り」は相手に好感触を与えたり、どこか話しやすい気持ち・雰囲気を作りだす要素のひとつになります。

その証拠に、脳科学の分野では、嗅覚は他の五感(視覚、聴覚、味覚、触覚)に比べて、脳により直接的に強く印象付けられる(記憶される)ことが判明しています。

例えば昔の彼女が付けていた香水の香りを嗅いだ途端、その時の良い思い出が甦り、恋しい気持ちになったりしませんか?また、フェロモン香水で代表的な香料のひとつ「ムスク」の匂いを嗅いだら、何となく官能的な気分になったり、甘えたくなって心を許してしまうなんてこともあるようです。

参考:付けると本当にモテる!?『フェロモン香水』の効果と口コミ

このように、香りと印象・記憶は強く結び付けられています。一緒にいる異性が「良い香り・心地良い香りが落ち着く」と感じたとすれば、その良い印象はその香りを放っている相手と強く結び付きます。その人にとって相手が良い印象になるのは言うまでもありません。

ただ、香りはあくまでモテるためのひとつの要素に過ぎません。モテる要素はルックスや性格、相性などもありますから、過度の期待はしすぎないようにしましょう。モテるためにやれることは全部やるという気持ちで、フェロモン香水は自分の魅力を何割り増しかにしてくれるオプション的なものだと思ってください。

また、付けたことによって「今日はイケる」というような自信にもつながって積極的に行動できる、心に余裕が生まれることでより魅力的に映るということもあります。距離感が近くなりコミュニケーションがとりやすくなることで、より一歩「モテ」に近づけますね。

メンズ用フェロモン香水の使い方

フェロモン香水の使い方

使い方は普通の香水と同じで、使用量は1~2プッシュを目安にして下さい。アルコールが揮発する時に一緒に香り成分が空中に放出されるので、付ける部位は腰や太ももの裏、背中などの体温が高いところがおすすめです。

一か所にたくさん付けるよりは全体にまんべんなく付けて、ふんわりと香る程度に抑えるのが上手な付け方です。香りは持続時間が限られていますので、ここぞという時の直前に付けたり、2~3時間ごとに付け直すのが理想的です。

なお、付ける量を多くすればその分効果も強くなるというわけではありませんので、付け過ぎには注意しましょう。キツい香りは逆効果になったり、不快感を招くことも少なくありません。

参考:【いまどきの香水の付け方】体のどこに付けるのが流行りなの?

メンズ用フェロモン香水の種類

フェロモン香水には、有香無香があります。

  • 有香は、普通の香水にフェロモン成分も含ませたもの
  • 無香は、フェロモン成分だけ水・アルコールに溶かしたもの

たまに無香のものでもわずかに香りがする微香タイプがありますが、香水と言えるほど香りを楽しめるものではありません。ですが、逆に匂いが気になるというほど強いものでもありません。

香水が苦手な人は無香タイプ、香水を使っている人は香りがあるタイプ、もしくは普段使っている香水に無香タイプを併用して使用するのが一般的です。

それではここからは、人気のあるメンズ用フェロモン香水を紹介していきます。

ソシア『ボディセンス』



「女性にモテる香り」のみを徹底追及して開発された男のブースター香水『ボディセンス』。男性の体にもともとある性フェロモン「アンドロスタジエノン」をサポートしてくれるという、他のフェロモン香水とは一風変わったタイプのアイテム。

他のフェロモン香水は、フェロモン成分が含まれた液体を吹きかけて、それが異性に働きかけるというパターンですが、ボディセンスの場合はフェロモン成分を吹きかけるのではなく、もともと体にあるフェロモンをサポートしてくれるのです。

その秘密は、独自の配合でできている成分「センスフィール」。これによってアンドロスタジエノンの働きがサポートされ、男性自身が持つもともとの魅力をさらに引き上げてくれます。そんなところから「男のブースター香水」とも言われているくらい。

練り香水なのでセンスフィールもしっかりと体に密着します。香りは女性受けがいいムスクの香りで微香性。会社や学校にも問題なく付けて行けるでしょう。

公式:93%の女性が絶賛した男のブースター香水「ボディセンス」

詳細:モテる男の必需品!メンズ用練り香水『ボディセンス』の香りと口コミ

&GINO『プレミアムパフューム GINO STORIA』



思わず女性が振り向いてしまう香り。女性が選んだ、男性につけてもらいたい香水No.1。

香水・フレグランス部門でNo.1を獲得した実績のあるメンズ香水です。

公式:女性が選んだ男性につけてもらいたい香水!プレミアムパフューム『ジーノストーリア』

詳細:女性が振り向く、現代版メンズ用フェロモン香水!?プレミアムパヒューム『GINO STORIA』の香りと口コミ

セントネーションズ『ブルーフェロモン』

 

セントネーションズと言えばレイヤードフレグランスで有名ですが、フェロモン香水もリリースしています。こちらは香りの着こなしよりも女性からのモテを意識した香水です。女性へのアンケートを取りながらつくられた香水ですので、香り自体も女性に好まれるものと言えるでしょう。

  • トップノート…グリーンアップル・カリフォルニアレモン
  • ミドルノート…フリージア・オレンジフラワー・クラシックオスモフェリン・オリエンタルムスク
  • ラストノート…チークウッド・ベチバー・アンバー・シダーウッド

問題なくビジネスシーンで使うこともできます。爽やかさのある柑橘系の香りですので、それだけでも相手に好印象を与えられるでしょう。商談相手が女性だったらダブルの効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

フェロモン成分として特筆すべきものは、ミドルノートのクラシックオスモフェリンです。香料の会社と特別に作成した成分。フェロモンとして有名なオスモフェリンのイメージをさらに強調するような香料として配合されています。

また、フェロモンそのものではありませんが「フェロモン香料」として有名なムスク。そのムスクを更に魅惑的な印象に仕上げたオリエンタルムスクという成分も配合されています

ブルーフェロモンの口コミ

  • 「純粋に香水としていい匂いで気に入っていて、2回ほどリピートしました。フェロモン効果に関しては、コレだ、って証明できるものではないので何とも言えませんが、職場では男女問わず仲良く仕事ができています。」
  • 「コレを付けていたら取引先の女性スタッフに、男性からの香水って苦手なんですけど、〇〇さんはなんかいい感じですね、って言われました。効果アリじゃないですかね?」
  • 「職場で女子社員とやり取りをするときの距離感が、コレを付けてからは近くなった気がします。相手のいい匂いが間近で感じられて、自分の方がドキドキしてしまいます。」
  • 「爽やかな感じで彼女も気に入ってくれています。デートのときに付けないで行くと、いつもの香水してないって突っ込まれます。部屋に来たときは、ルームフレグランスみたいに勝手に部屋にひと吹きしています。」

香り自体が好印象のようなので、かなり評価は高いと言えるのではないでしょうか。あからさまに「モテた」というものよりも距離感が縮まったというものの方が信憑性もありますね。

フェロモン香水ラボ『ラブアトラクション・プレミアム』

 

世界で唯一、特許を取得したヒトフェロモンを配合。発売からずっと売れているロングセラーアイテム。通常版よりも濃度2倍のプレミアムタイプです。無香料タイプですが、原料の関係で人によっては若干においを感じるかもしれません。

先に、

デービッド・バーライナー博士によって、ヒトにもフェロモン、およびそれを感じ取る器官があることが発見されました。

とお伝えしましたが、その発見されたフェロモンが「ヒトフェロモン」です。公式サイトではこのように紹介されています。

ヒトフェロモンの存在を発見したバーライナー博士は、その後ヒトフェロモンのメカニズムを研究し、人工的にヒトフェロモンを作り出すことに成功。

そのヒトフェロモンは、1991年、学術誌においてヒトに対してはたらきかけることが正式に研究発表され、1992年にはアメリカで、2000年には日本で特許を取得しています。

また、2001年8月には、ワシントンポスト誌上で改めて、ヒトフェロモンとそれを感知する 鋤鼻(ジョビ)器官の存在が世界中に発表されたことで、博士のヒトフェロモンは世界的に注目を集めるようになりました。

ラブアトラクション・プレミアムの口コミ

  • 「妻の反応がよくなった気がします。別に冷え切った家庭だったわけではありませんが、コレを付けてからは食後にコーヒーを入れてくれた時隣に座ってきたり、寝る時も私の方を向いた体制で寝ていたり、ということが増えました。」
  • 「最初はアルコール臭がしますが、少ししたら気にならなくなります。なので香水付けて女の気を惹こうとしていると思われません。逆に香水を付けたい人でも、一緒に使って大丈夫だと思います。」
  • 「小さいのでポケットに入れて毎日持ち歩いています。女子社員が多い会社ですが重宝しています。手を出したりはしませんが、騒がしいコでも私の前ではおとなしく、コミュニケーションがとりやすくなった気がします。」
  • 「無香のはずですが、彼女がいい匂いと言ってくっついてきます。猫にマタタビを嗅がせたように、うにゃうにゃとじゃれついてくることまであります。職場の女の子ではここまでの反応はありませんが、雑談が弾むようになった気はします。」

ヒトフェロモンを使っているだけあって効果がありそうです。もともと仲が良かった間柄でも、隣に座ってきたり、猫のようにじゃれてきたりと、より一層仲良くなれているようですね。

なお、こちらには女性用もあります。

 

フェロモアアルティメイトリキッド『Phermore-M』

 

ヨーロッパで有名なフェロモン香水。名前の最後にある「M」は女性を惹きつけたい男性用を表しています。女性用もあります。

フェロモン以外にも、オキシトシンという安心感・信頼感を与える効果がある物質が入っていています。これにより、コミュニケーションがよりスムーズになるのではないでしょうか。他にはコピュリン・ブレメラノチド・PT141などが配合されています。

無香タイプですが、「ほのかに香ります。」「香り自体は上品」と弱めな香りを感じる人もいるようです。

フェロモア-Mの口コミ

  • 「コレの効果なのかはわかりませんが、あいさつ程度しかしなかった人とも雑談をするようになりました。落ち着く感じがするので、それの影響かもしれません。」
  • 「普段から使うのはもったいないので、デートのときだけ付けています。今まで以上に打ち解けて来た感じがあります。ペットのネコ(♀)も付けてるときはよくなつきます。」
  • 「海外出張時に買いました。現地で飲みに行くときにコレを付けていきましたが、一緒に飲んだ女の子たちにモテましたよ。」
  • 「女の子の方から話しかけられることが多くなった気がします。以前より話しかけやすいような雰囲気にでもなったのでしょうか。オキシトシンの効果かもしれませんね。」

フェロモンで女性へアプローチする側面の他に、オキシトシンで安心感を与えてコミュニケーションを円滑にしやすくする側面もあるようですね。付けた本人に落ち着きが出て自信が持てるという効果もあるのではないでしょうか。

『REALM MEN(レルム メン)』

 

B’zの稲葉浩志さんが愛用していたと言われています。ヒトフェロモンを配合した、爽快感の中にも落ち着きのある香水。女性用もあります。

  • トップノート…ベルガモット・カリフォルニアオレンジ・マンダリン
  • ミドルノート…ジンジャー・ローズウッド
  • ラストノート…サンダルウッド・ガイアックウッド・パチュリ

柑橘系の爽快感あるトップノートから、スパイシーさがあるセクシーなミドルノートに。ヒトフェロモンもこのミドルノートに含まれています。ラストノートはサンダルウッドなどで官能的で落ち着きのある雰囲気に。

レルム メンの口コミ

  • 「お香のような香りがします。サンダルウッドでしょうか。落ち着きがある安らぐ感じです。フェロモン効果はわかりませんが、落ち着きのある男は魅力的にみえるものではないでしょうか。」
  • 「人によっての好き嫌いは出るかもしれませんが、僕は好きな匂いですよ。B’zの稲葉さんが使っているとかなんとか。ああいった色気が出せるようになりたいものですねぇ。」
  • 「いい意味でおじさんぽい感じ。落ち着いた大人の色気がある雰囲気の人には似合うのではないでしょうか。フェロモン効果かどうかはわかりませんが、年頃の娘にも臭いとは言われてないです。」
  • 「兄が付けていた香水ですね。官能的な大人な男性的な匂いです。セクシーさを感じるのがヒトフェロモンとかいうヤツの効果でしょうか。自分も男だったら付けたいかも。」

香り自体は個性的で好き嫌いが分かれる傾向が強いようです。付ける際は量にも気を付けましょう。ハマる人にはハマるようで、女性からもコレを付けている人からは色気を感じるという声が多くありました。

ホレスX『ボディローション』

 

さいごに

さいごに

今回は男性用の人気フェロモン香水を紹介しました。レビューを見てもわかるように、フェロモン香水は賛否両論です。否定して諦めることは簡単ですが、行動に移さないと現状は何も変わりません。

フェロモン香水だけでモテるということは難しいと思いますが、これをきっかけにして自分に自信を持てれば、周りの反応が少なからず好転していくのではないでしょうか。

まずは女性から好感を持ってもらえるために基本的なこと、身だしなみを整える・清潔感を出すなどをした上で、プラスアルファでフェロモン香水を活用する。これにより、心の余裕・自信を持った堂々とした立ち振舞いをできるようにしていきましょう。例え顔に自信がなくても、雰囲気イケメンになれればそれだけで女性からの見え方は違ってきます。

きっかけは何であってもそこから自分自身の意識改革を始め、地道な努力を積み重ねることで成長していく。フェロモン香水がモテるための第一歩になれば良いかと思います。

公式:93%の女性が絶賛した男のブースター香水「ボディセンス」




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事