*

異性を誘惑する香り!『ムスク』を配合している人気の香水13選

      2018/06/15

レディース香水・メンズ香水問わず、多くの香水の原料として使われているムスク。またの名を麝香(じゃこう)といいます。

ムスクは香水を付ける本来の意味・目的として適している動物性香料で、色気を感じさせる官能的で濃厚な香り。古くからその香りには異性を惹きつける・誘惑する効果があるとされています。ほのかな甘さと色気のある大人な雰囲気があり、また香りを長持ちさせる作用もあるため、昔から香水に使用されています。

今回は、ムスクが配合されている人気の香水(メンズ・レディース・ユニセックス)を紹介していきたいと思います。その前に、まずはムスクそのものについての知識をおさらいしてみましょう。



ムスクについて

異性を誘惑する香り!『ムスク』を配合している人気の香水13選

ムスクとは中国では麝香(じゃこう)とも呼ばれていて、ジャコウジカの雄から採れる香料です。ジャコウジカの雄が雌をおびき寄せるために放つ香り。そんなことからムスクは「フェロモン香料」といった呼ばれ方もしています。

ジャコウジカの雄の香嚢(こうのう)から取り出した分泌物を乾燥させてつくり、一頭当たり30gほどしか採れません。取り出したときはアンモニア臭がする不快な臭いですが、乾燥させることでアンモニアが飛び甘美な香りになります。それが薬や香料の原料として使われていました。

参考:付けると本当にモテる!?『フェロモン香水』の効果と口コミ

ヨーロッパに伝わることで香水にも使われるようになりましたが、その甘美な香りのためかジャコウジカが乱獲されるようになり、今では絶滅の危機に瀕しています。ワシントン条約で商業目的の取引に制限がかけられています。

市場に出ているムスクは『合成ムスク』

このような状況から、現在の市場に出回っているムスクはほとんど合成ムスクが使われています。いい香りではあっても、そのためにジャコウジカを絶滅させていいわけにはなりませんからね。

よく聞く「ホワイトムスク」も合成ムスクの通称のひとつです。正式なひとつの香料ではないので「ホワイトムスク」となっていても物によっては花の香り、他のものではフルーツの香り、ということもあります。つまり、ムスクが配合されている香水だから「いかにもムスクの香りがする」というわけでもなく、そこは製品によってマチマチで一概には言えないということです。

「〇〇ムスク」と付いているムスクはもちろん、単に「ムスク」だけの記載のものでも、現在市場に出ているものは合成ムスクと考えて間違いないでしょう。ですが、合成であるとはいえ、それが粗悪なものということではありません。甘美な香りはしっかりと再現されていますので、その香りを存分に堪能しましょう。

 

お待たせしました。ここからはムスクが配合されている人気の香水(メンズ・レディース)を紹介していきます。いかにもムスクというゴリゴリな香りのものもあれば、ほどほどにムスク感のあるものもありますので、選ぶ際は注意して下さいね。

【メンズ】プレミアムパヒューム『GINO STORIA』




女性ウケの良さを追求して開発されたメンズ香水。女性が選んだ「男性につけてもらいたい香水No.1」という製品です。ポケットサイズで持ち運びしやすいのも好評。

  • 香調:シトラス、フローラル、ムスク
  • トップノート…オレンジ・レモン・グリーンティー
  • ミドルノート…ジャスミン・イランイラン・ミュゲ
  • ラストノート…ウッディ・アンバー・ムスク

女性を誘惑するその香りはムスクをベースにし、かつムスク感が強くなりすぎないようにシトラスやフルーティー、ジャスミンなどのフレッシュ系の香りでちょうど良く爽やかに仕上げています。

「難しいことは分からないけど、とりあえず付ければ女性ウケする香水」を探している男性におすすめの香水です。

公式:プレミアムパヒューム ストーリア

詳細:女性が振り向く香り!プレミアムパヒューム『GINO STORIA(ジーノストーリア)』の口コミ

【メンズ】ソシア『ボディセンス』



「美の祭典」という美容の女性専門家が集まる場でアンケートを取り、93%もの人が「いい匂い・魅力的」と回答したほどのメンズ用練り香水。一般の女性よりも香りに対して知識も経験もあり、ハードルも高いであろう人たちに認められた逸品です。

香料としてのムスクも入っていますが、独自成分「センスフィール」によって、「アンドロスタジエノン」というフェロモンをサポートするのも特徴的。このアンドロスタジエノンもムスクの香りがする物質で、もともと体にある成分です。それをサポートすることで、体内にある天然のムスク臭も加わることが期待できます。

微香性なので付けすぎて周りを不快な気持ちにさせることはないでしょう。練り香水なので量の調節もしやすいですよ。

公式:93%の女性が絶賛した男のブースター香水「ボディセンス」

詳細:モテる男の必需品!メンズ用練り香水『ボディセンス』の香りと口コミ

【メンズ】ブルガリ『ブルガリ プールオム』

 

言わずと知れた王道の人気香水。メンズ香水ですが女性愛用者が多いのも特徴的。「サムライELO」2014年12月号において、「ベストメンズコスメ グランプリ2014」に掲載された人気香水です。

  • 香調:シアームスク
  • トップノート…シトラス・ダージリンティー
  • ミドルノート…ブラックペッパー・ローズウッド・グァヤックウッド
  • ラストノート…ムスク

フレッシュでエレガントなトップノート。ミドルノートではスパイシーさとウッディーな温かみが出て男性的な印象。ラストノートのムスクが心地よく包み込みます。

ブルガリプールオムの口コミ

  • 「仕事に付けていくにも邪魔にならないいい匂い。落ち着きある感じになるので、リラックスタイムにもちょうどいい感じ。」
  • 「嫁が昔プレゼントしてくれた香水です。気に入って付けていますが嫁の方が気に入ってしまい、今は二人で使っています。」
  • 「メンズですが上品なムスク系でとても気に入っていて、何本も使っています。ブルガリブラックも使っていますが、こちらの方が爽やかな印象です。」
  • 「メンズというかユニセックスですね。年代性別問わずに使える、とても使い勝手のいい万人受けの香水だと思います。とてもバランスのいい逸品ですね。」

人気香水だけあって様々な属性の人から高評価の口コミが挙がっています。香水デビューで迷ったらとりあえず試しておけ、と言われるくらいの王道の香水です。

詳細:口コミで人気のメンズ香水『ブルガリプールオム』とシリーズ『エクストレーム』『ソワール』まとめ!

【メンズ】セントネーションズ『ブルーフェロモン』

 

レイヤードフレグランスで人気のセントネーションズの香水。女性からのモテを意識したメンズ香水です。

  • トップノート…グリーンアップル・カリフォルニアレモン
  • ミドルノート…フリージア・オレンジフラワー・クラシックオスモフェリン・オリエンタルムスク
  • ラストノート…チークウッド・ベチバー・アンバー・シダーウッド

フレッシュな柑橘系で始まるトップノートから、フローラルなミドルノート。ラストノートではウッディーな落ち着いた大人の男の色気を出します。

そして大きな特徴は、ミドルノートの隠し味として配合されている「クラシックオスモフェリン」と「オリエンタルムスク」

フェロモンとして有名なオスモフェリンを意識してつくった「クラシックオスモフェリン」とフェロモン香料のムスクを更に魅惑的な印象に作った「オリエンタルムスク」が配合されています。

ブルーフェロモンの口コミ

  • 「フェロモンの効果なのかどうかは定かではありませんが、合コンの時に女性陣の印象は良かったです。同僚の女性からもいい匂いと言ってもらえています。」
  • 「強すぎないで爽やかな感じです。彼女も気に入ってくれています。ボディタッチも増えてきて、ますます仲良くなれた感じです。」
  • 「ムスク系のいい匂いですが、オッサン世代の私にはちょっときついかもしれません。若者向けかな?自分が20代半ばのころにあったら、これを付けてブイブイ言わせてたと思います。」
  • 「いい匂いだと思います。フェロモン効果的なものはよく解りませんが、それを抜きにしても、香水としてしっかりしていると思います。」

商品名にフェロモンと入れているだけあって、女性を惹きつける効果がありそうな口コミがそれなりにあります。その効果を実証するのは難しいかもしれませんが、いい香りのようなので、それで本人に自信が付いたという側面もあるのではないでしょうか。

【メンズ】アランドロン『サムライ』

 

アランドロンがプロデュースした人気のメンズ香水。香水を付けている男性で知らない人はいないぐらい有名な香水ですね。

  • 香調:セミオリエンタル
  • トップノート…ジャスミン・ローズ・へスぺデリック
  • ミドルノート…レッドペッパー・タラゴン・シダーウッド
  • ラストノート…サンダルウッド・ベチバー・バニラ・ムスク

全体的にはオリエンタルな香りですが、ラストノートでムスクやバニラ、サンダルウッドの香りが感じられます。しかしトップにジャスミンやローズが使われているのでムスクムスクしていない爽やかな香りに仕上がっています。

詳細:アランドロンプロデュースのメンズ香水『サムライ(SAMOURAI)』の香りと口コミ

【メンズ】ジョーバン『ムスク フォーメン』

 

ジョーバンはムスクを前面に押したシリーズをラインナップしています。その中でもいかにもムスクなのがこの『ムスク フォーメン』。メンズ香水ですが、ネーミングからしてもそのまんまですね。

  • トップノート…レモン・ライム、など
  • ミドルノート…ラベンダー・アンバー、など
  • ラストノート…サンダルウッド・ムスク、など

濃厚なフェロモンを纏った甘さを醸し出します。

なお、レディース香水もあり「フォーウーマン」のネーミングでラインナップされています。こちらは女性向けの『ホワイトムスク フォーウーマン』です。

 

他にも、『ホワイトムスク フォーメン』『ブラックムスク フォーメン』『ムスク フォーウーマン』『ホワイトムスク フォーウーマン』『ブラックムスク フォーウーマン』があります。メンズとレディースでしっかりと分けてラインナップしているので選びやすいですね。

この『ブラックムスク フォーメン』も特に人気のあるメンズ香水です。

 

ムスク フォーメンの口コミ

  • 「彼のをたまに借りています。付けすぎなければ会社にも付けていけます。でも彼からこの匂いがする方がすきだなぁ。」
  • 「メンズ香水なので、私が付けるとトップでは鼻につくような感じがあります。時間がたてばとてもセクシーな感じで素敵です。」
  • 「匂いはちょっと強めで、オッサン整髪料な感じがあります。スパイシーさや甘さも出てきますがメンズ感は残っているので、もし女性が使うなら量や付け方に注意です。」
  • 「ムスクのセクシーな感じがあるので、夜のデートとかにはちょうどいいのではないでしょうか。昼間会社に付けていくとなると、量を気を付けないとちょっとよろしくないのではないかと。」

セクシーさを感じられて男性から香ってくると好印象、思わず嗅ぎに行きたくなるという女性も多くいました。会社に付けていくという人もいましたが、基本はプライベートタイムで使用する方がいいでしょう。

【メンズ】CAROLINA HERRERA(キャロライナ ヘレラ)『 212 メン オードトワレ』

 

アメリカのファッションブランド「キャロライナ ヘレラ」のメンズ香水。女性の使用者も多くいます。

  • 香調:アクア、ウッディー
  • トップノート…グレープフルーツリーフ・マンダリンリーフ・グリーンリーブス
  • ミドルノート…アクアティック ミネラル・グリーンペッパー・ジンジャー・ガーデニア
  • ラストノート…サンダルウッド・トランスペアレントムスク・ウッディーコンプレックス

フレッシュなグリーンから始まり、次第にスパイスが利いた男性的な印象。ラストノートではサンダルウッドやムスクが落ち着きのある大人な男を醸し出します。

212 メン オードトワレの口コミ

  • 「色々な人からいい匂いだと言われる香水です。ですが誰も名前を言い当てたことがない香水でもあります。周りと被らないものを探している人にはいいかも。」
  • 「ムスク系も感じますがアクア系でスッキリ爽やか。トップが瓜系なので苦手な人はいるかもしれませんが、結構好感を持たれる方だと思います。女性ですが使っています。」
  • 「他にはない香りの香水なので、個性を出せるのではないでしょうか。強めに出てくるので付け方には注意ですが、ちゃんと使えば一年中使えると思います。」
  • 「持続が短いという人もいますが、私には充分な長さでした。アトマイザーで持ち歩けばそこはカバーできるのではないでしょうか。爽やかで夏でも冬でも違和感なく使えると思います。」

トップノートでそれほどツンと来ないので、女性でも比較的使いやすいメンズ香水だと思われます。自分では香りを感じなくても周りには出ていることがありますので、付けすぎや付け足しには注意が必要だと言えます。

【ユニセックス】アリサアシュレイ『アリサアシュレイ ムスク』

 

スキンケアのブランド「アリサアシュレイ」のユニセックス香水。歴史ある香水ですが、現在は小売店ではほぼ手に入らないレアものになっています。

  • トップノート…バイオレット・ジャスミン・ローズ
  • ミドルノート…ムスク・モス・トンカ・イリス・ウッズ
  • ラストノート…ウォームムスク

ムスク好きにはたまらないとされる由緒ある逸品。温かさと甘さがあります。

人によっては昔と今の製品では香りの印象が違うという人もいます。ワシントン条約が効力を発生した1975年以前以後で変わっているのかもしれません。ある意味それだけ歴史ある香水とも言えます。昔のものとは違っていても、いまだ人気があることには変わりはありません。

アリサアシュレイ ムスクの口コミ

  • 「20年以上愛用している香水です。とても癒される、甘さのある大人の芳香です。冬の愛用品です。」
  • 「父親の書斎から出てきました。もう使わないということでもらいましたが、ムスクがとっても素敵です。母親も懐かしいと言っています。二人の思い出を奪っちゃったかな?」
  • 「ムスクの甘さがとても気に入っています。私の中でムスク香水と言ったらコレです。きつくもなく持続もあってウレシイ香水です。」
  • 「父親が学生のころに使っていたという由緒ある(?)香水です。小売店で売っていないということで使うのをあきらめていたようなので、通販で買ってプレゼントしました。」

昔のものと違うという感想をもった長年の愛用者もいますが、今のものが「粗悪品」だとは思っていない様子でした。むしろあまり気付かずにすっと使い続けている人の方が多かった印象です。

それだけ合成ムスクのクオリティが高いということでしょう。それが解る愛用者はかなり繊細な嗅覚を持っていると思われます。そんな人達にもちゃんと現代版は受け入れられています。

なお、このアリサアシュレイ ムスクはユニセックス香水ですが、レディース向けにホワイトムスクもリリースされています。

 

【ユニセックス】カルバンクライン『ck-one』『ck-be』

 

 

ムスクの香りをベースにした香水で外せないのがこのカルバンクラインの『ck-one』と『ck-be』。男女で共用できるユニセックス香水の草分け的存在の香水です。

ck-oneはラストノートにムスク、ck-beはホワイトムスクが使用されており、女性にも男性にもちょうど良いぐらいにムスクの香りが漂います。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

さいごに

今回はムスクが使用されている人気の香水を紹介してきました。

今や本物のムスクは手に入らなくなりましたが、その代わりに合成ムスクができあがりました。むしろ合成ムスクのおかげで気軽にムスクの香りを楽しむことができるようになったと言えます。今では今回紹介した香水以外にもたくさんのムスクを使った香水があります。

ムスクには独特な温かさやセクシーさがあり、多くの方に好まれています。ぜひあなただけにハマるムスク香水を探してみて下さい。

関連記事




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事