*

香りにも注目!人気の洗濯用洗剤をおすすめ順にランキング!

      2018/05/19

香りにも注目!人気の洗濯用洗剤をおすすめ順にランキング!

人のにおいには敏感になってしまうものですが、逆に自分からのにおいに関しては気付きにくくなってしまうものです。香水でいい匂いをさせているつもりでも、強すぎて香害になってしまうこともしばしば。

「だから香水は使いにくい。でもいい匂いをさせたい。」という人が柔軟剤を利用していることもよくあります。柔軟剤は衣類を柔らかくしてくれる以外に「いい匂い」を付けてくれる役割があるからです。中には「まるで香水を付けているかのようです。」と言われるほど評判の柔軟剤もあります。

柔軟剤に関してはこちらの記事も参考にしてみて下さい。
参考:「いい香り!」で人気の柔軟剤はどれ?厳選しておすすめランキング!

その一方で、柔軟剤を使いたくない人もいます。「柔軟剤の必要性・使い方が分からない。洗剤だけで十分なのでは?」「柔軟剤も使うのはお金がかかる」「タオルの吸水性が落ちてしまう。」という人も多いようです。

そういった人におすすめなのが、「単品使用でもいい香りをさせてくれる洗濯用洗剤」です。もともと柔軟剤が含まれているものや、柔軟剤を入れなくても十分にいい香りを付けてくれる洗剤も出ているのです。洗剤だけ済めばこんな経済的なことはないですよね。



また、柔軟剤は使うけど「洗剤の香りと混ざって変になる。」「香水を使うから衣類からの匂いはない方がいい。」という人もいます。そういう人のためなのか、「無香」「微香」というタイプの洗剤もあります。これもまた、香りを楽しむために重要な視点ですよね。

洗剤と柔軟剤で同じメーカーの同じシリーズで合わせればいいのでしょうが、意外と別ものになってしまうこともしばしば。これだとシャンプーとコンディショナーを別物で使っているようなものになってしまうので、香りの統一感なんてあったもんじゃありません。

…ということで今回は、柔軟剤を使う人にも使わない人にも、香りにも注目し、人気の洗濯用洗剤をおすすめ順にランキングで紹介していきたいと思います。

1:ミマスクリーンケア『緑の魔女ランドリー』

 

少量でよく落ち、液体なので溶け残りもありません。手肌を痛めることなく安心して使えます。「蛍光剤無配合」なので、生成り・淡い色のものにも問題ありません。バイオの働きで洗濯槽や排水パイプも綺麗にします。環境保全に定評があるドイツ製だけありますね。

香りは「爽やかなフローラル」。これぞシンプル is ベスト。

緑の魔女ランドリーの口コミ

  • 「洗濯層のカビを綺麗にしてくれたのはうれしいです。洗浄力もちゃんとしています。」
  • 「においはありますが、嫌な臭いではありません。柔軟剤を併せて使う場合でも邪魔にならないと思います。」
  • 「洗濯層の変な臭いが無くなりました。洗濯物のほのかに香りますよ。」
  • 「汚れ落ちは充分。ですがちょっと洗濯物がゴワゴワするかなって感じです。香りは特にしないので柔軟剤を併せて使えば香り・柔らかさ・洗濯槽掃除と、いいとこばかりになります。」

香りに関しては強くない、あまりしないという人が多かったです。柔軟剤を併せて使うための洗剤という見方もできそうですね。洗濯槽が綺麗になるという人が多く、それを理由に購入している人もいるくらいです。

2:ミヨシ石鹸『無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん』

 

名前の通り、肌への優しさを考えたスキンケア発想の製品。洗浄力に注目されがちな洗濯洗剤の中で、体につけるものだからと肌への優しさに重点を置いている製品です。商品名も『無添加 衣類のせっけん』から変更し、肌へのこだわりを強調しています。

無着色・無香料・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済み・旧指定成分無添加です。生成り・コットン製品にも問題ありません。

香りは「無香」で、人によっては石鹸を感じるかも、という程度。香水や柔軟剤の香りをしっかり楽しみたい人におすすめの製品です。

無添加 お肌のための洗濯用液体せっけんの口コミ

  • 「洗い上りはふんわり柔らか。肌が弱い人にはおすすめではないでしょうか。洗浄力も悪くはないです。」
  • 「肌の弱い子供のために使っています。近隣で売っているところがなく、通販に頼るのが現状。逆に大容量でも運んでもらえるので手間がかからないですけどね。」
  • 「いろんなものが入っていなくて優しいので安心です。その分無臭です。なので柔軟剤を入れたときは柔軟剤の香りが引き立ちます。」
  • 「部屋干しでも臭くならなかったです。石鹸の匂いがするくらいです。特に匂いを求めない・いらない、という人にお勧めできる商品です。」

肌に優しいというところが一番のポイントで、それに対しての口コミが多かったです。「小さなお子様がいるご家庭に。」「アトピーで悩んでいる方は試す価値あり。」などの声もありました。洗浄力や柔軟性も問題なし。「あえて匂いを付けない」という場合にはよい選択ではないでしょうか。

3:ライオン「トップ」シリーズ『ハイジア』『スーパーナノックス』『部屋干しトップ』

ハイジア

 

確かな洗浄力もさることながら、抗菌・防臭にも高い評価の商品。「プレミアム抗菌」と言われるその抗菌力は、着た時に付いてしまう皮脂由来の臭いの原因菌、部屋干しの時などの生がわきの時に出てしまう嫌な臭いの原因菌、両方に効果を発揮します。洗濯槽の菌・カビにも効果があります。洗うたびに高まる抗菌効果と言われています。

香りは「ミンティーハーブ」でとっても爽やか。天然ハーブ、ティーツリーオイル配合です。

2017年2月にリニューアルした商品で、「@cosmeベストコスメアワード2017上半期新作 ベスト洗濯洗剤」で第2位を獲得しました。

ハイジアの口コミ

  • 「生乾きの臭い・部屋干しの臭い、というものは全く感じませんでした。柔軟剤の匂いもなくなることがなかったので良かったです。」
  • 「家族から香りが好評でした。香料が混ざって嫌な臭いになるということもありませんでした。抗菌効果はちゃんとあると思います。これだけでいい香りなので、柔軟剤は使っていません。」
  • 「嫌な臭いはしませんでした。洗浄力は普通なくらいですので、汚れが強いものは他の洗剤を利用しています。」
  • 「洗浄力はちゃんとしていますが、ツリーオイルの臭いでしょうか、それが私には合いませんでした。」

消臭・防臭効果はちゃんとしているという人が多かったですが、パームツリーの香りと相性が悪い人は中にはいました。洗浄力は可もなく不可もなくといったところでしょうか。強い汚れにはコレ単品ではなく、漂白剤を使用したり他の洗剤を使う人も結構いました。

スーパーナノックス

 

新成分「リフトアウト」で繊維一本一本から汚れを浮かし、独自の界面活性剤「MEE」でナノレベルで汚れを分解します。これぞスーパーナノ洗浄!ソースなど調味料の汚れも落とす、洗浄力に定評のある洗剤。

香りは爽やかで清潔感のある「クリスタルソープの香り」

スーパーナノックスの口コミ

  • 「爽やかな香りですが、旦那が強い匂いが苦手なので、そういう人にはちょっと強いかも。でも洗い上げはさすが!」
  • 「仕事着・作業着・部活帰りの息子のシャツなど、そういった汚れ物には最適。洗浄力がありすぎる分、自分の私服にはちょっと怖いかも(笑)。石鹸系のケミカルなにおい。私は好きですが、苦手な人はいるかも。
  • 「外干しした後でもしっかりと洗濯物の残り香が。ちょっときついかも。すすぎの回数によるのでしょうか。」
  • 「子供の服に染みついた汚れ(袖口とか首のところとか)が見事落ちました。他の洗剤では落ちなかったので、繊維の中から汚れを浮かして落とす、みたいのは本当のようです。梅雨の時でも部屋干しで嫌な臭いになりませんでした。」

洗浄力は抜群のようです。「メイクが付いてしまったのが落ちました。」「怪我した時の血の跡が取れました。」という人もいました。香りに関してはちょっと強く感じてしまう人も多い印象です。洗浄力がある分、少なめに入れて臭いを抑えても綺麗に仕上げられるかもしれませんので、強く感じる方は量の調節をしてみてはいかがでしょうか。

部屋干しトップ

 

商品名の通り部屋干しで実力を発揮するアイテム。酵素と抗菌成分を配合で嫌な臭いをもとから分解・除去。生乾き臭を徹底排除!「蛍光剤無配合」で、生成りや淡色の衣類でも安心。

香りは「フレッシュフローラル」です。

部屋干しトップの口コミ

  • 「梅雨の時期はこれなしじゃ生活できない。部屋干しでも嫌な臭いが全くしません。」
  • 「とってもいい匂い。洗濯ものっていう感じの爽やかな匂いです。」
  • 「うちの男衆の臭いもとれてありがたいです。部屋干しが基本の我が家では重宝しています。」
  • 「粉タイプよりも液体の方が馴染みやすくて使いやすいです。汚れもちゃんと落ちますよ。」

洗浄力も上々。部屋干しの生乾き対策は万全といったところでしょうか。香りは人によってはきつく感じてしまう人もいるようでした。

ライオンシリーズを持っていて、汚れがきついものには『スーパーナノックス』、部屋干しするときは『部屋干しトップ』、外に干せるときは『ハイジア』と使い分けてる人もいましたよ。

4:P&G「アリエール」シリーズ『サイエンスプラス7』『イオンパワージェル サイエンスプラス』『パワージェルボール3D』

サイエンスプラス7

 

粉状洗剤のサイエンスプラス7。この7は7つの特徴を表しています。泥汚れ、皮脂、黄ばみ・食べ物のシミ、ファブリーズ共同開発、99.9%除菌、24時間抗菌防臭、洗濯槽のカビに。 これらの効果で頑固汚れも落としてくれます。もちろん消臭効果も。

サイエンスプラス7の口コミ

  • 「液体洗剤よりも汚れが落ちて、コスパもいいです。冬は溶け残りする危険があるので液体にしますが、春先から秋口まではこれにします。」
  • 「もう落ちないと思っていた汚れまでとれました。靴下とかタオルとか。やっぱ、アリエールでしょ。」
  • 「旦那の汗や脂の臭いだけでなく、染みついたタバコの臭いまでとれました。夏場は大活躍、リピート確定です。」
  • 「汚れが気になるときは多めで、ということなので少し多くしたら、洗濯機の中までキレイになった感じです。その分匂いがきつくなりましたが、嫌な匂いじゃないので問題ないと思います。」

粉状洗剤は液体に比べて汚れが落ちるという声が多くありました。反面、冬には粉が溶け切らずに残ったり、湿気で固まってしまうという人も。ということで、液状洗剤と併用して季節で変えている人が多くいました。

香りに関してはメーカーサイトに記載はありませんでしたが、石鹸的な香りでしょうか。「ソーダっぽい匂い」と言っている人もいましたが。

イオンパワージェル サイエンスプラス

 

2017年10月にリニューアル。3日使ったタオルでも臭い戻りなしの、深層50倍抗菌。100種の汚れも洗浄するそのパワーは洗濯槽のカビまで対応。漂白剤なしでも白さも戻ってきます。

イオンパワージェル サイエンスプラスの口コミ

  • 「部屋干しが基本ですが、嫌な臭いはしません。柔軟剤との相性も特に問題なさそうです。よごれもちゃんと落ちてます。」
  • 「汚れもしっかり落ちるし臭いもしない。柔軟性はあんまり感じませんけど。洗剤自体は良い匂いで好きです。」
  • 「他の製品と比べて、汚れの落ち具合は同じぐらい。襟袖は落ちないかな。柔軟剤の香りの付き具合がちょっと弱まるかも、という気がするくらい。」
  • 「ペットの臭いとか生乾きの臭いとか、充分に対応できています。香りはちょっときつめかな?洗濯槽の防カビ効果もうれしいです。」

洗浄力は普通な感じですが、その分嫌な臭いを落とす力は抜群のようです。タバコ・ペット・皮脂などに対応しています。逆にその分、柔軟剤の匂いが付きにくいという声も。

香り関してはメーカーサイトに記載はありませんでしたが、「同じP&Gのレノアのフレッシュグリーンの匂い」「リンゴのような爽やかさ」という口コミがありました。きついと感じる人もそれなりいました。

パワージェルボール3D

 

2017年9月リニューアル。3層立体構造のジェルボールです。今まで以上に蓄積汚れを洗浄。イオンパワージェル サイエンスプラスと同様、100種の汚れに対応、深層50倍抗菌。さらにくすみや黄ばみにも効果あり。

香りは「シトラスグリーン」

見た目もカッコいいので、お子様がお菓子と間違えて誤飲しないようご注意ください

「ジェルボールだと液体や粉の洗剤より割高じゃない?」と思う人もいると思いますが、「ほぼ同じ回数使えます。」とメーカーサイトにあります。が、個人的にはやはり割高に感じます。18個入りでは18回しか使えません。量の調整ができないので、少量で洗濯をする単身者の場合には向かないのではないでしょうか。

パワージェルボール3Dの口コミ

  • 「計量する手間が省けて楽です。汚れもしっかり落ちて、香りも優しくなった感じですかね。」
  • 「ちょっと香りが強かった。柔軟剤の香りに影響する。汚れの落ちもなんか微妙。」
  • 「柔軟剤つかわなくても、部屋での生乾きの臭いはしなかったです。汚れもちゃんと落ちてました。」
  • 「入れる量を測らなくていいので、高齢者でも使いやすいのではないでしょうか。子供にも「1個入れて」っていうお手伝いをしてもらっています。もちろん食べないように厳重に注意してからですけど。」
  • 「液体とかだとつい入れすぎてしまうことがあるので、結果節約できてるかな、という感じです。香りも爽やかで気に入っています。」

計量しないで1個だけ入れればいいので楽。というのが、このタイプのメリット。毎回同じくらいの量で洗濯するのであればお手軽でしょう。その分量の調整ができないのが難点。香りの強さについて評価が分かれる傾向が他の洗剤よりも強かったのもそのせいではないでしょうか。

5:花王「アタック」シリーズ『アタックNeo 抗菌EX Wパワー』

 

ネーミングからわかるように「抗菌」に力を注いでいる製品。「洗濯水が抗菌水に変わる!」というキャッチコピーにするほどの自信!生乾き、汗、靴下などに臭いに効果があるだけでなく、洗濯槽のカビ・においにまで効果が。国内液体洗剤では唯一の「漂白剤配合」でもあります(2016年10月時点)。

香りは「リフレッシュアクアの微香性」。洗剤でいい匂いを出すというよりは、柔軟剤での香りを引き立てるための香りです。

アタックNeo 抗菌EX Wパワーの口コミ

  • 「生乾きの臭いで悩んでいたのですが、これにしてからは特に気にならなくなりました。抗菌はちゃんとしてい折るようです。汚れもちゃんと落ちます。」
  • 「洗濯後に洗濯機の中に一日放置してしまったことがありましたが、カビ臭さとか生乾き的な臭いはしませんでした。」
  • 「汚れはちゃんと落ちますが、匂いがちょっときつかった。生乾きの嫌な臭いはしなかったです。」
  • 「柔軟剤の匂いの邪魔をすることなく使え、さらに洗濯槽からは変な臭いがしなくなりました。」

抗菌に力を入れているだけあって、生乾きや洗濯槽の嫌な臭いをさせない実力を存分に発揮していることをうかがわせる口コミが多くありました。誤って一日放置してしまったものでも大丈夫というのは心強いです。香りは微香性ですが、中には強いと感じる人もいるようです。

6:P&G「ボールド」シリーズ『ボールド 液体タイプ プラチナピュアクリーンの香り』

 

 

ダブルデオドラントサプリ配合で、嫌な臭いを消臭。フレッシュな香りが続きますよ。柔軟剤配合で仕上がりもとっても柔らか。洗いあがりもしっかり綺麗に。柔軟剤の香りとの相性も良し。

香りは、消臭された綺麗な香りの「ピュアクリーン」他に「プラチナフローラル&サボンの香り」もあります

ボールド 液体タイプ プラチナピュアクリーンの香りの口コミ

  • 「柔軟剤入りですが、柔軟性はこれだけだと不十分なので追加で入れています。柔軟剤を使っていない人にとっては柔らかいと思いますが、使っている人はコレ単体だと物足りないと思います。洗浄力は普通で、きつい汚れには付け置きしています。」
  • 「香りが大好きで何回もリピートしています。柔軟剤を入れなくても、ゴワゴワした感じにはならないのでウレシイです。」
  • 「匂いがちょっと強いかな?洗った後の仕上がりはいいです。嫌な臭いはしないです。」
  • 「ちょっと甘ったるい感じがしました。化学繊維が多いものだと残ります。汚れはちゃんと落ちますので洗剤としては問題ないです。」

柔軟効果はそれなりにあるものの、これ単体だと物足りなく感じる人が多かったです。香りは好き嫌いが分かれる傾向です。強いと感じる人、動くたびにむわっと感じる人もいますし、好きな人は爽やかと感じるようです。

最後になりますが、洗濯槽の掃除も忘れずに!

最後になりますが、洗濯槽の掃除も忘れずに!

洗濯機を使っていれば洗濯槽も汚れてしまうのは当然のこと。汚れが付いたままだと、カビなどが発生して、汚れを落としたつもりが新たな汚れがついてしまったりすることも。香り成分もうまく機能せず変な香りになってしまうこともあります。

それを踏まえてなのか、洗濯槽を綺麗にする成分も配合という洗剤も増えていますが、あくまでそれはオプション的な効果です。洗剤の目的はあくまで洗濯物の洗浄。洗濯槽の洗浄は「洗濯槽クリーナー」に任せましょう。「洗濯したばっかりなのに、なんか臭いな」なんて感じた場合は、もう洗浄が必要なタイミングにとっくになっています

どのくらいの頻度で洗浄するの?

調べた中では個人差が大きく、3か月に1回、年末大掃除の時だけ、という人もいれば「何年かやってない。。。」という人まで。一番多いのは2か月から3か月に一回、という人でした。

ですが、ちゃんと清潔に保つためには「月に1回」が理想のようです。「給料日の次休日は洗濯槽掃除の日」「毎月第3日曜日にやる」のように自分の中でルーティーン化してしまうといいでしょう。特にお風呂の残り湯を使っている場合、お湯の中にある雑菌等が洗濯槽の汚れに繋がることもありますので、定期的に洗浄しましょう。

もし洗浄しなかったらどうなるの?

汚れた洗濯槽で洗濯を続けていると、洗濯物の汚れが取り切れません。それどころか、洗濯物にカビなどがついてしまいます。それが嫌な臭いの原因にもなりますが、もっと厄介なのが「付着したカビの飛散」です。部屋干しした場合、その衣類にカビも一緒に付着しています。乾いたことでそのカビが部屋中に舞っていきます

洗濯して綺麗にしたつもりが、新たな汚れを付けて部屋に広がってしまったら元も子もありません。しかもそれが目に見えない大きさだと気付けないのが厄介です。

柔軟剤にも同じことが言えますが、洗剤を使っても変な臭いがするという場合、使い方や分量もそうですが、洗濯槽の汚れの可能性があります。毎日身に着ける衣類にカビが付着していたら健康を害し、香りを楽しむどころではありません。そのためにも洗濯槽は定期的に洗浄しましょう。

クリーナーの種類と使い方

クリーナーには酸素系と塩素系があります。酸素系のクリーナーは塩素系よりも洗浄力が強く、その分殺菌効果が弱くなっています。毎月洗浄する人は毎回酸素系を使うだけで充分ですが、年一回という人は、菌を全部殺菌しきれないことが多いです。こびりついた汚れを落とすので、汚れが浮いていて「落としてやった感」を見て感じられます。

一方塩素系のクリーナーは殺菌効果に優れています。カビなどを分解して除去するので、見た目的には汚れが落ちたように見えませんが、正しく使っていればちゃんと機能しています。

ではどちらを使うのがよいのでしょうか。それは汚れ具合によります

年に1回洗浄する人の場合、かなり汚れが付いていることが想定されますので、「酸素系で2回洗浄した後、塩素系を使うといい」とされています。洗浄力が強い酸素系で汚れを落とし、そのあとで塩素系で生き残っているカビにとどめを刺す、というイメージです。

酸素系で2回洗浄するのは、それだけ汚れが付いているから。「もう数年洗浄していない」なんていう人は3回4回とやった方がいいかもしれません。

半年に1回くらい洗浄する人の場合は酸素系を使うのは1回で大丈夫でしょう。そしてそのあとで塩素系を使いましょう。心配なら酸素系を使うのを夏場には2回、冬場には1回とするのもいいかもしれません。

2~3か月に1回洗浄する人は塩素系を1回、毎月する人は酸素系を1回で充分です。それでも不安がある場合は両方使いましょう。使う順番は酸素系が先ですよ。いずれにしても、使用する際は製品裏面の注意書きをよく読んで正しく使いましょう。

口コミで特に人気の洗濯槽クリーナーを以下にまとめておきます。

 

 

 

 

 

関連記事

香りにこだわりのある方は、こちらの記事も併せてチェックしてみて下さいね。




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事