*

サルヴァトーレフェラガモの香水『インカントチャーム』の香りと口コミ

      2017/08/15

サルヴァトーレフェラガモの香水『インカントチャーム』の香りと口コミ

サルヴァトーレフェラガモの香水『インカントチャーム』は多くの人に愛用されていて、とても人気があります。

芸能人にも愛用者がいる香水。ブランド物のなかでも値段が手ごろであるということや、あまり香りが強くないフルーティーなものが多いという点なども支持されている理由になっています。

インカントチャームの香水は利用している人がたくさんいるため、口コミなどでもかなり詳しく参考になるものがあります。こうした情報をもとに購入していくことが、香水選びに失敗しない方法でもあります。

インターネットだと、実際に香りを嗅いで確かめるということが出来ないということから、レビューや口コミの意見というものはとても参考になります。

それほど、実際に利用している人の口コミというものは、貴重なものです。

香水は、多くの種類が様々なメーカーから販売されているということもあり、レビューや口コミを参考にして自分に一番合った香水を選ぶことが重要です。

インカントチャームの香り

 

数量限定の香水だけに若い女性を中心に、非常に関心が高く、後に限定品が発売されて以降からも、ボトルの可愛さで注目を集めています。

香りは「万人向け」とされるように、日本人女性では一般的に好まれる、フローラル中心の甘さのある花の香りです。ひとことで表現するなら、「フェミニン」の香りなので、女子を演出するには非常に良いタイプだと言えそうです。

ハニーサックルと呼ばれる独特の花の香りをトップに持ってきており、全体的に軽い感触のフローラルで、ムスク的なまとわりつく香りは持っていません。

ふわっとした感じの優しいオードトワレですね。仕事よりもプライベートで使用する事を想定したような、気分を変える香水の一つでしょう。

著名な彫刻家がデザインしたボトル、見た目は若い女性が思わず手に取りたくなる可愛らしさがあります。感触としてはやはり日本人向けのコンセプトで、最も好まれる花の香りを全面に出したような製品です。

可愛い服装や、周囲に合わせてスタイルを決めていくような20代前半から30代前半の女性がターゲットになっています。

香りの持続力

オードトワレなので、フローラルのミドルノートが長い香水ですね。価格も非常にお手頃です。ただしチャーム付の製品は数量限定なので、市場では既に希少価値が出ているはずです。限定品は可愛いチャームがあしらってあり、頻繁に使うのがもったいないと感じるでしょう。量も非常に少なく、とっておきの時に使うのが相応しいですね。

香りには持続性があり、持続性が短いものから長いものまであります。また、強い香りだとしても、持続性は短かったり、微香でも持続性が長いものもあるのです。

色々な商品が販売されているということから、選択肢もたくさんあるので香りの持続性も視野に入れて選びましょう。

よく言われていることですが、香水といっても直接的に香るというタイプではないということなどもインカントチャームの大きな魅力になっています。

例えば食事の席であれば、直接的に香ってくるような強いタイプの商品はせっかくの食事を台無しにしてしまうこともあります。

間接的に香ってくれるタイプのものであれば、どんな場面でも気にせずに利用するということが出来るようになっています。

実際に口コミでも、香りが強過ぎないという部分を気に入っているという人が多いです。

オードトワレの楽しみ方

香水のグレードでは、日本で最も使用頻度が高いジャンルですので、関心も高く、また製品数も非常に多いのが特徴となっています。

オードトワレは、パルファムに比べて香りの持続性はミドルノートに重点が置かれているので、大体6時間を目安にラストノートへ移行します。

従って午前中の体温がまだ低い時に付けて、日中の活動中に香水の特徴が発揮されてくるんですね。インカントチャームの場合は、どちらかと言えばワーキングでは余り相性が良いわけではなく、ワーキングホリデーやプライベートで使用するのが望ましいでしょう。

フェラガモの香水の特徴

靴職人の創業者によって設立されたサルヴァトーレ・フェラガモは、全般的にはグレードの高い総合ウェアのブランドです。貴族やハイグレードな映画スターのファンも多く、カジュアル過ぎず、自らのスタイルを貫くようなイメージがあります。

香水に関しても非常に種類が多く、オードパルファムからオードトワレ、様々なグレードの違いで比較的リーズナブルな価格で提供しています。

フェラガモの場合、全体的にフェミニンで可愛らしいイメージが多く、世代的には20代でも使える香水がラインナップされています。その一つがシニョリーナ・インフォーレですが、同じフルーティーでも柑橘系を使用しない香りをトップに持ってくるのが特徴です。

全体として瑞々しい爽やかな甘さを強調します。インカントチャームは、フェラガモが日本限定で発売した特別モデルの香水です。

 

【香水の種類と選び方】人気のあるおすすめの香りはどれ?

名香と呼ばれる殿堂入りの香水人気ランキング!メンズ・レディース




人気 Pick Up!
雑誌anan掲載


  関連記事

オーガニック香水?クヴォン・デ・ミニム『オーデクリスタル』の香りと口コミ

オーガニック香水?クヴォン・デ・ミニム『オーデクリスタル』の香りと口コミ

オーガニックやボタニカルをコンセプトにしている香水と言えばクヴォン・デ・ミニムの『オーデクリスタル』。その香りと口コミをご紹介します。

フィアンセのボディミスト『ピュアシャンプーの香り』は男女問わずオフィスでも使いやすいという口コミが!

フィアンセのボディミスト『ピュアシャンプーの香り』は男女問わずオフィスでも使いやすいという口コミが!

オフィスやデートなど、使うシーンを選ばず「爽やかな香り!」と口コミのある男女から人気のフィアンセボディミスト『ピュアシャンプーの香り』についてご紹介。

高級車で有名なフェラーリの香水『ライトエッセンス』の香りと口コミ

高級車で有名なフェラーリの香水『ライトエッセンス』の香りと口コミ

馬のエンブレムで有名な高級車『フェラーリ』からも香水が発売されています。それが『ライトエッセンス』。その香りと口コミをご紹介します。

強さと色気を追求したフレグランス!ライジングウェーブ『フリーライトブルー』の香りと口コミ

強さと色気を追求したフレグランス!ライジングウェーブ『フリーライトブルー』の香りと口コミ

強さと色気の追求をコンセプトにしたメンズフレグランス『ライジングウェーブ』。中でも人気の『フリーライトブルー』の香りや口コミをご紹介します。

オーガニック好きの香水『tokotowa(トコトワ)ピュアトリートメントパフューム』

オーガニック好きの香水『tokotowa(トコトワ)ピュアトリートメントパフューム』

数ある香水の中でも、意外と少ないオーガニック香水。オーガニック好きのための香水『tokotowa(トコトワ)ピュアトリートメントパフューム』を紹介します。

ほのかに香るバラが好きな人におすすめ!『ジョーマローン(JO MALONE)レッドローズコロン』の口コミ

ほのかに香るバラが好きな人におすすめ!ジョーマローン(JO MALONE)『レッドローズコロン』の口コミ

ほのかに香るバラが人気のジョーマローン(JO MALONE)『レッドローズコロン』。トップノートやラストノートにはレモンやハチミツの要素も。その香りの特徴を口コミから参考にしてみましょう。

男女問わず人気!アクアシャボンの香水『ホワイトコットンの香り』の口コミ

男女問わず人気!アクアシャボンの香水『ホワイトコットンの香り』の口コミ

男女問わず人気の高い香水…それがアクアシャボンの『ホワイトコットンの香り』です。その香りの特徴や、実際に使用した人の口コミなどを紹介します。