*

クリーン『ウォームコットン』の香りの特徴と使用者の口コミ

      2018/03/21

クリーン『ウォームコットン』の香りの特徴と使用者の口コミまとめ

石鹸をモチーフにした香水シリーズ「CLEAN(クリーン)」。その中で一番人気を誇るのが、今回紹介する『ウォームコットン』です。

ブランド名からも分かるように、清潔感があって好印象をもたれる香りで、性別・年齢問わずとても使いやすいユニセックス仕様になっています。使用シーンも選ばず、仕事場や学校などでも不快感を与えずに普段使いができると好評のフレグランス。

そんなクリーン人気No.1の香水『ウォームコットン』の具体的なその香りの特徴と口コミを紹介していきます。

クリーン『ウォームコットン』の香り

 

  • 香調:ソフト、センシュアル、グリーン
  • トップノート…シトラス、ウォータリーグリーンペアー、バーベナ、フルーツエッセンス
  • ミドルノート…フローラルエッセンス、マリーンエッセンス、ジャスミン、オレンジフラワー
  • ラストノート…ムスク、フジェール、アンバー

イメージは洗いたてのコットンタオル。とてもやわらかで優しい肌触り、そしてどことなくあったかい雰囲気。まるで洗いたてのタオルに包み込まれる「清潔感・安らぎ・ぬくもり」、そういったものを感じられる香りです。

トップノートはシトラスやバーベラで、新緑のような爽やかさのシャキッとしたグリーン系。徐々にミドルノートのフローラルが出てきて華やかさも思わせます。ラストノートでアンバー・ムスクから安らぎ・ぬくもりを感じられるでしょう。

甘さや花の香りもしますが、それらは強いものではありません。やはり石鹸をモチーフにした香水のため、例えられる香りのイメージキーワードは、『石鹸』『洗濯用洗剤』『洗濯もの』『柔軟剤』『入浴剤』『お風呂上がり』などです。

ウォームコットンの口コミ

ウォームコットンの口コミ

とっても爽やかな清潔感ある香り

口コミで挙がっているもので何といっても多いものが「爽やか」「清潔感」というものです。石鹸の香りをモチーフにしているシリーズですから当然ではあるのですが、それにしても多く挙がっています。

「きりっとした清潔感を感じます。」「爽やかで、強すぎることなくナチュラルに感じます。」「お風呂上がりのようなさっぱりとした、爽やかな清潔感。」といった口コミが多く挙がっています。

清潔感ある香りは好印象を持たれますので、どんな香水を付けていいかわからない人にはいいかもしれませんね。

香りを例えるならば…

石鹸をモチーフにしているので、「石鹸のような香りです。」という表現は多くあります。続いて、「洗濯ものの匂いがします。」「柔軟剤の匂いです。」「トイレの芳香剤のように感じました。」「入浴剤の匂いです。」と挙がっています。これはある意味石鹸系の香水のお約束で挙がってくる例えですね。

その中でも、この香水に関しては「入浴剤」「柔軟剤」の例えが多くありました。「付けた瞬間は柔軟剤っぽいけど、そのあとは入浴剤。ずっとお風呂に入ってる感じ。」という人もいるくらいです。

片方だけの例えだと、入浴剤に関しては「バスクリンのゆずです。」と商品名と香りまで限定した例えをしていて、しかもそれを結構な人数が挙げていました。

続いて柔軟剤ですが、「ダウニーのようです。」と言う人が多くいました。「ダウニーとはちょっと違う」という人でも「柔軟剤の匂い」というところは共通してしました。

柔軟剤や他のものに例える場合、それが良い意味か悪い意味かは人それぞれですが、「付けた人が感じた印象」であることがほとんどです。ですがこの香水に関しては、周りからも「なんの柔軟剤付けてるの?」と聞かれることが多いようです。

「いい匂いの柔軟剤付けてますね。って後輩に言われましたが、一応香水です。。。」「なんか柔軟剤ぽくて柔らかい香りですね、って言われました。」など、いい意味で柔軟剤という人もいれば、「遊びに来た妹に、柔軟剤きつくない?って言われました。。。」という悪い意味で言う人もいます。ちなみに、この悪い意味の例で挙げた人は「柔軟剤にしてはきつい」ということで「香り自体がきつい」ということではないと補足してありました。

寝る前に使う

枕などに寝るときに付けているという人も多くいました。優しく包み込むような雰囲気がリラックスさせてくれるのでしょうか。

「枕に付けてから寝ています。」「布団に向けて2プッシュしてから寝てます。」「枕元にいるぬいぐるみに付けてます。」など、様々です。入浴剤に例える人もいるくらいですから、くつろげそうな気はしますね。

香水が苦手な人でも大丈夫

特に変わった癖もなく、清潔感ある好印象の香りですので「香水が苦手な人でも大丈夫だと思います。」という口コミも多くありました。付けすぎてしまえば話は違いますが、香り自体の強さはそれほど強いものではないので、「いかにもな香水」が苦手な人でも大丈夫なのではないでしょうか。

「あんまりツンとこない。」「爽やかで主張しすぎないちょっと控えめな感じです。」「ナチュラルな感じ。」といった口コミが挙がっています。

そういう意味ではいい意味で無難と言えます。が、悪い意味で無難と感じる人もいるようです。「癖がなく、面白味がない。」「香り好きには物足りない。」という口コミもありました。好みがあるので仕方ありませんが、悪く言えばありきたりなのかもしれません。

 

周りからの受けもいい。特に男性受け。

付けた時の周りの反応もかなりいいようで、「いい匂いと言われました。」「なんの香水使ってるのか聞かれた。」という口コミは多いです。「めっちゃダウニーやん、って日本人に言われましたけど、外国人にはどこの香水か聞かれました。」という人もいました。

販売員をしている人は、お客様から褒められて香水名を聞かれたこともあると言っていました。

男性受けもいいようで、「旦那と息子が気に入っています。私自身はそこまで大好きというわけではないので、たまに付ける程度ですが、ママの匂いがいつものじゃない、と息子が一緒にお出かけするときに言ってきます。」という女性がいました。旦那さんの反応は「これを付けてる時だけ、今日は良い匂いのやつだ。って言ってきます。」とのことで、他の香水には反応しないのが不満のようです。

話が少しずれましたが、「この香りにだけ反応する」という人がいるくらい、男性受けはよさそうです。「男性は香水とかより石鹸の匂いの方が好き」とよくいわれますが、それを思わせる反応ですね。

そこを利用してか「清楚な女の子って思ってもらえるように、これを付けてます(笑)」という大学生もいました。

男女ともに使える

男性受けの話をしましたが、女性が「男性に付けてもらいたい」「男性でも使える」という口コミを挙げているのも特徴です。女性が男性に求める要素に「清潔感」がありますから、実際に清潔であることはもちろんのこと、香りからもそういうイメージが感じ取れると好印象のようです。

実際に使っている男性からは「同期の女子社員に、なんかいい匂いさせてるじゃん、って言われました。」と好感触であるという口コミが挙がっています。「彼氏と一緒に使っています。」という人達も結構いました。ユニセックスな香水として使えそうですね。

一年中使える。あえて挙げるなら梅雨。

「特に季節を気にせずに、年中使えます。」という口コミが多くありました。ですが中には特定の時季に対して合う・合わないの口コミが挙がっています。

「冬にはちょっと違う感じがした。」「春から夏にかけての時季にいい。」「暑くても大丈夫。」など、夏に合うイメージが多くありました。ですが実は一番多かったのが「じめじめした時でも使いやすい」「梅雨の時季でも問題なく使える。」「雨の時季でもこもった感じにならない。」と、梅雨に使えるという口コミでした。湿気が多いときでも不快感なく使えそうですね。スポーツのあとにもいいといいう人もいました。

持続時間は長い

持続時間に関しては長いという人が多くいました。「朝付けて夕方までもつ。」「朝に付ければ、その日はそれで充分。」などの口コミが大半でした。中には短いと感じる人もいましたが、全体としては7~8割が、持続時間は長い、充分にもつ、という口コミでした。

意外と好き嫌いが分かれる

香水が苦手な人にも大丈夫という反面、「好き嫌いは思ってるより分かれるようです。」という人もいました。上で紹介したように「悪い意味で無難」という人もいれば、「爽やかだけど、それだけ。」という人も。

また洗剤・入浴剤・柔軟剤的な感じを強く感じすぎてしまう人もいるようで、「いかにもバスクリンで、自分から匂いをさせるのには抵抗がある。」という人もいれば、「いかにもランドリー。瑞々しさとか爽やかとかそういうのを越えていった、水な雰囲気が強い。」という人もいます。後者の方に類似して、「オゾン系・瓜系を苦手と感じる人には合わないと思います。」という口コミもありました。

洗濯物の例えで言うなら、しっかりとすすぎ・脱水ができた洗濯物を干している感じではなく、すすぎも脱水も中途半端で、洗剤や柔軟剤が強く残っているものを掴むような印象でしょうか。「外国系の柔軟剤」という人もいます。おそらくこれも「ダウニー」を指しているんだと思いますが…。

付け過ぎた結果そのように感じてしまっているのかもしれませんので、付ける量や場所には気を付けた方がいいですね。「服に付けてしまったせいか、きつく感じました。」という人もいました。

参考:【いまどきの香水の付け方】体のどこに付けるのが流行りなの?

それ以外には「甘ったるい。」「古臭い感じ。」「おばあちゃんというか高齢者というか、そんなイメージ。」という人もいました。香りに対する否定は何とでも言えそうですが、逆に、好きな人の中には「甘ったるいものが苦手なので、これは使いやすいです。」という人もいるくらいなので、香りの好みは千差万別であることをつくづく感じさせますね。

まとめ

今回はクリーンの香水シリーズから、一番人気の『ウォームコットン』について紹介しました。

老若男女に広く受け入れられやすい万人受けする香りと言えます。上品で優しく、石鹸のように爽やかな清潔感があり、そして商品名の通り「優しく暖かく包み込んでくれる」、そんな雰囲気のある香りです。使用者を選ばないので、「父親にプレゼントしました。」という娘さんもいるくらいです。

中には苦手な人もいますが、比較的癖もなく普段使いがしやすい香水です。梅雨の時季でも使いやすいと好評ですので、コレクションに加えてみてもよいのではないでしょうか。

 

併せてこちらもチェック!




【殿堂入り!香水人気ランキング】
▼メンズ・レディース▼
香水人気ランキング(メンズ・レディース)



  関連記事